Menu
 >
 >
 > キャリー(1976)

キャリー(1976)

Carrie
1976年【米】 上映時間:98分
平均点: / 10(Review 201人) (点数分布表示)
ドラマホラーサスペンスシリーズもの青春もの学園もの小説の映画化オカルト映画
[キャリー]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-10-15)【S&S】さん
公開開始日(1977-03-03
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ブライアン・デ・パルマ
キャストシシー・スペイセク(女優)キャリー・ホワイト
パイパー・ローリー(女優)キャリーの母 マーガレット・ホワイト
エイミー・アーヴィング(女優)スー・スネル
ウィリアム・カット(男優)トミー・ロス
ベティ・バックリー(女優)コリンズ先生
ナンシー・アレン(女優)クリス・ハーゲンソン
ジョン・トラヴォルタ(男優)ビリー・ノーラン
プリシラ・ポインター(女優)スーの母 スネル夫人
エディ・マックラーグ(女優)ヘレン
潘恵子キャリー・ホワイト(日本語吹き替え版【TBS】)
里見京子キャリーの母 マーガレット・ホワイト(日本語吹き替え版【TBS】)
吉田理保子クリス・ハーゲンソン(日本語吹き替え版【TBS】)
幸田直子スー(日本語吹き替え版【TBS】)
三ツ矢雄二ビリー・ノーラン(日本語吹き替え版【TBS】)
武藤礼子コリンズ先生(日本語吹き替え版【TBS】)
原作スティーヴン・キング「キャリー」(新潮社)
音楽ピノ・ドナッジオ
撮影マリオ・トッシ
製作ポール・モナシュ
ブライアン・デ・パルマ
ルイス・A・ストローラー(製作補)
配給ユナイテッド・アーチスツ
美術ジャック・フィスク
ロバート・グールド〔美術〕(セット装飾)
編集ポール・ハーシュ
字幕翻訳高瀬鎮夫
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
41.フフフ・・・。
南浦和の赤い悪魔さん 5点(2003-05-13 22:31:30)
40.小学生の一時期、ふとした事がきっかけでいじめにあった時期があって(幸い軽いもので、一年足らずで収まったのですが)、その頃に見ました。キャリーにものすごい感情移入をしてしまって、ブルブル震えるほどでした。私にとっては、ホラーというより痛快活劇でした。今の小学生たちにも是非見て欲しいな。お涙頂戴の感動ものじゃないのが余計、胸にぐっと来るものがあると思う。血の雨が降るシーンでは泣きました。シシー・スペイセクってすごい女優だなぁ。
ともともさん 9点(2003-05-13 09:48:26)
39.シシースペイセクが可哀想でしょうがない。この映画で彼女が好きになりましたけどすでに54歳年齢差24同じ時代に生きていればこの俺が・・・
スムーズクリミナルさん 10点(2003-04-28 00:36:46)(笑:1票)
38.元いじめっ子だった私には最恐の映画。実はこの映画同様、私もいじめられっ子の逆襲をうけたのです。コンパス片手に泣きながら迫ってくる彼から、必死こいで逃げたを今でも鮮明に憶えております。あ~怖かった。
モモセギターさん 8点(2003-04-21 03:00:47)
37.ラストシーンしか覚えてない。でもその唯一の記憶がなんと鮮明なことか!
kettさん 7点(2003-04-02 01:31:52)
36.キャリーは「ローズマリーの赤ちゃん」だったのでは?。NYからLAへ越してきて、母親はその能力に恐れながら子供を虐待する、なんてのも想像すると、さらに続編っぽい怖さになるんですけど。作品そのものはデパルマ印爆発で、大変結構でございます。
FOXさん 8点(2003-03-23 23:41:58)
35.怖いというよりキャリーが可哀相でならない、おしゃれしたら可愛いのに・・・。心臓をわしづかみにされるようなあのラスト!アメリカン・ヒーローは今何をやってるのでしょうか?
ジェリービーンさん 10点(2003-03-21 00:22:10)(良:1票)
34.究極のストレス発散映画。虐げられ続けたキャリーが舞踏会で幸せを掴んだ瞬間、頭上から大量の豚の血を浴びブチッと切れる。その後の展開はキャリーに感情移入していれば実に気分爽快に見られる。他にも若かりし頃のジョン・トラボルタ、息が止まりそうに怖いラストの墓場のシーンなど見所が多し。
ゆたKINGさん 7点(2003-03-13 12:29:17)
33. トラボルタのいじめ役と、往年の美少女ぶりに比べ何とも不気味なパイパー・ローリーの母親役演技と、ヒロインと共に豚の血を浴びる気の毒なウィリアム・カットに5点。
へちょちょさん 5点(2003-03-06 14:47:17)(良:1票)
32.オカルト系は基本的に避けたいのですが、こちらは2、3度見ました。デパルマが好きということもあるのですが。怖かったですね。シーンがどうこう、というだけでなく、やはり主人公の悲しさに同調してしまうのか、気持ちが入り込んでいるため、マジに観てしまいました。
みんみんさん 6点(2003-02-26 19:19:54)
31.鈍感な私はあの先生はキャリーの見方だと思ってました。パーティのシーンで「はぁ~!?」って感じでした。なんとも悲しいのはキャリーが普通の女の子になっていこうとする姿です・・パーティで踊っている所涙がでました(悲劇をもうすでに知っていたので)最後はですねー。一気にホラーって感じ。70年代の古さ加減がさらにグッドでしたぁ。
白い靴下さん 9点(2003-02-02 14:34:01)
30.恐怖を超えた怖さだった。
M・R・サイケデリコンさん 9点(2003-01-11 20:36:56)
29.血まみれ劇での大爆笑は、血を浴びたキャリーではなく、バケツ落下で頭にガコンッ!が誘発したものでは?冷血な同級生といいサイコな母親といい、キャリーって、ほんと悲惨な環境での生活を強いられているねぇ。だからこそ、卒業パーティーでひとときの幸福感に包まれるキャリーの姿は、観ていてこちらも楽しくなってしまう(が、急転直下、例の惨劇へ)。それにしても、あのパートナー役の男子高校生は骨のあるいい男だ(巻き添え喰らってしまうが)。いい人悪い人区別なくキャリーの怒髪天攻撃の標的になるところが後味悪く、そこがかえってホラーらしくてよい。
しっとさん 6点(2003-01-03 05:04:29)(良:1票)
28.怖い!!
ほげさん 10点(2002-12-13 19:04:47)
27.スティーブン・キングのサイコ系の映画としては良く出来た内容だと思います。ホラーなのかサイコなのか良く分かりませんでしたが、両方合わせたような感じです。ラストはずるい・・風呂で髪洗う時思い出して怖かったです。
恥部@研さん 6点(2002-12-11 10:26:23)(笑:1票)
26.やっぱりあれはトラボルタだったのですね。キャリーの顔としぐさが怖かったです。最後も怖かったです。
ごはんですよさん 6点(2002-12-01 11:07:08)
25.え、そう? 別に恐いかどうかはどうでもよくて、化け物は哀しくなけりゃいかんだろう。フランケンシュタインの怪物とならんで、キャリーは哀しい化け物の二大巨頭だっつっ!! おれは大好きだね! むしろ、恐いと言えば、お母さんでは・・・。あ、そうそう、ラストシーンはあんまり好きではない。
おら、はじめちゃんさん 9点(2002-11-08 06:07:34)
24.え~と、前半から半ばにかけて、だらけるところが残念だと思った。私としては、キャリーよりキャーリーの母親の方が恐かったです。母親が包丁もって迫り来るシーンは、不気味だった。ラストのドッキリは、考えてるなあと思った。キャリーの墓にお参りに来る同級生。ほのぼのとした音楽。皆が油断してるところに、キャリーの血まみれの手が伸びてくる。これは私も、ビクっときた。
ジンタさん 5点(2002-10-13 14:50:41)(良:1票)
23.期待していたほどの怖さは感じず、キャリーに豚の血をかけた二人の死に方もよく分からない等、ストーリーも今一つだった。しかしながら、キャリーとその母親は、とても印象に残る。
チャベスさん 4点(2002-09-01 23:01:27)
22. おかんは死んだんちゃうんか?歩いてまっせ。まったく怖くなかった。
相対性理論2さん 4点(2002-08-17 23:53:54)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 201人
平均点数 7.09点
010.50%
110.50%
200.00%
352.49%
452.49%
5146.97%
63718.41%
75929.35%
84220.90%
92210.95%
10157.46%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.22点 Review9人
2 ストーリー評価 7.00点 Review12人
3 鑑賞後の後味 6.90点 Review11人
4 音楽評価 7.91点 Review12人
5 感泣評価 5.90点 Review10人

【アカデミー賞 情報】

1976年 49回
主演女優賞シシー・スペイセク候補(ノミネート) 
助演女優賞パイパー・ローリー候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1976年 34回
助演女優賞パイパー・ローリー候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS