007/カジノ・ロワイヤル(2006)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > タ行
 > 007/カジノ・ロワイヤル(2006)
 > (レビュー・クチコミ)

007/カジノ・ロワイヤル(2006)

[ダブルオーセブンカジノロワイヤル]
Casino Royale
2006年【米・英・チェコ・独】 上映時間:144分
平均点:7.12 / 10(Review 195人) (点数分布表示)
公開開始日(2006-12-01)
アクションサスペンスアドベンチャーシリーズもの犯罪ものロマンス小説の映画化スパイもの
新規登録(2006-04-30)【ギニュー】さん
タイトル情報更新(2017-05-30)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マーティン・キャンベル
助監督アレクサンダー・ウィット(第二班監督)
キャストダニエル・クレイグ(男優)ジェームズ・ボンド
エヴァ・グリーン(女優)ヴェスパー・リンド
マッツ・ミケルセン(男優)ル・シッフル
ジュディ・デンチ(女優)"M"
ジェフリー・ライト〔男優〕(男優)フェリックス・ライター
ジャンカルロ・ジャンニーニ(男優)ルネ・マティス(連絡係)
カテリーナ・ムリーノ(女優)ソランジュ
サイモン・アブカリアン(男優)アレックス・ディミトリオス
イザック・ド・バンコレ(男優)スティーヴン・オバンノ
イェスパー・クリステンセン〔男優〕(男優)ミスター・ホワイト
イワナ・ミルセヴィッチ(女優)ヴァレンカ(ブロンド髪の女性)
クラウディオ・サンタマリア(男優)カルロス(空港シーンでの爆弾魔)
セバスチャン・フォーカン(男優)モロカ(マダガスカルでの爆弾魔)
エイド(男優)太っている黒人男性(ポーカー参加者)
ウルバーノ・バルベリーニ(男優)イタリアのメディア王トメリ(ポーカー参加者)
ツァイ・チン(女優)マダム・ウー(ポーカー参加者の中国人女性)
マイケル・G・ウィルソン(男優)警察署長
フィル・メヒュー(男優)財務省官僚
トビアス・メンジーズ(男優)ヴィラーズ
マーティン・キャンベル(男優)空港労働者(ノンクレジット)
小杉十郎太ジェームズ・ボンド(日本語吹き替え版【DVD】)
岡寛恵ヴェスパー・リンド(日本語吹き替え版【DVD】)
中田和宏ル・シッフル(日本語吹き替え版【DVD】)
辻親八フェリックス・ライター(日本語吹き替え版【DVD】)
菅生隆之ルネ・マティス(日本語吹き替え版【DVD】)
此島愛子"M"(日本語吹き替え版【DVD】)
江川央生スティーヴン・オバンノ(日本語吹き替え版【DVD】)
東條加那子ヴァレンカ(ブロンド髪の女性)(日本語吹き替え版【DVD】)
浦山迅(日本語吹き替え版【DVD】)
藤真秀ジェームズ・ボンド(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
冬馬由美ヴェスパー・リンド(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
藤原啓治ル・シッフル(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
沢田敏子"M"(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
西村知道ルネ・マティス(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
山像かおりソランジュ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大塚芳忠ミスター・ホワイト(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大友龍三郎スティーヴン・オバンノ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
石田圭祐フェリックス・ライター(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
横島亘(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
原作イアン・フレミング「カジノ・ロワイヤル」(東京創元社)
脚本ポール・ハギス
ニール・パーヴィス
ロバート・ウェイド〔脚本〕
音楽デヴィッド・アーノルド
作詞クリス・コーネル"You Know My Name"
作曲デヴィッド・アーノルド"You Know My Name"
モンティ・ノーマン「ジェームズ・ボンドのテーマ」
編曲ニコラス・ドッド
主題歌クリス・コーネル"You Know My Name"
撮影フィル・メヒュー
アレクサンダー・ウィット(第二班撮影監督)
製作バーバラ・ブロッコリ
マイケル・G・ウィルソン
デヴィッド・ミンコフスキー(共同製作)
マシュー・スティルマン(共同製作)
MGM
コロムビア・ピクチャーズ
ユナイテッド・アーチスツ
製作総指揮アンソニー・ウェイ
カラム・マクドゥガル
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
特撮ムービング・ピクチャー・カンパニー(視覚効果)
フレームストアCFC(視覚効果)
ダブル・ネガティブ社(視覚効果)
シネサイト社(視覚効果)
K.N.B. EFX Group Inc.(特殊効果)
グレゴリー・ニコテロ(特殊効果スーパーバイザー)
デヴィッド・ウィリアムズ(特撮)
美術ピーター・ラモント(プロダクション・デザイン)
スティーヴン・ローレンス[美術](美術監督)
ドミニク・マスターズ(美術監督)
ピーター・フランシス[美術](美術監督)
ダニエル・クレインマン(タイトル・デザイン)
衣装リンディ・ヘミング
ヘアメイククリスティン・ブランデル(ヘアドレッシング・スーパーヴァイザー)
編集スチュアート・ベアード
字幕翻訳戸田奈津子
日本語翻訳松崎広幸(日本語吹き替え版【DVD】)
その他ニコラス・ドッド(指揮)
マイケル・G・ウィルソン(ポーカーのコンサルタント)(ノンクレジット)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(9点検索)】[全部]

別のページへ(9点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
19.《ネタバレ》 すっげ面白かった。
娯楽作品はかくあるべしというお手本みたいな映画。
プラネットさん [ビデオ(字幕)] 9点(2017-04-21 23:58:08)
18.《ネタバレ》 明らかにボーンシリーズの影響でリアル路線に舵を切ったがコレが大成功!新ボンド、ダニエル・クレイグと個人的に史上最高のボンドガール、エヴァ・グリーンの色気が凄まじい。もはや歩くセッ〇ス状態で終始興奮しっぱなし。キレのあるアクションの連続、かと思うとカジノでの静かな緊張感、何故か笑える拷問シーンまで、結構な上映時間なはずだが一切退屈しなかった。そしてためにためて、完璧なタイミングでのキメ台詞&あのテーマ曲!決まった!
けんじマンさん [映画館(字幕)] 9点(2016-10-06 20:17:41)
17.《ネタバレ》 ボンド映画の中でも最高傑作。
カジノ愛さん [DVD(字幕)] 9点(2016-08-28 01:24:38)
16.《ネタバレ》 007最高傑作。
今回の「カジノ・ロワイヤル」は原作小説第1作目!
本作こそ紛れもない「最初の007」であり、娯楽スパイアクションになる前のハード・ボイルドタッチの渇いた作風が特徴だ。
本当に「ゴールデンアイ」の監督か?本作は完全にそれを超えた。
オープニングは歌詞の入ったカッコつけで嫌いなのだが、それ以外は完璧と言っていい。
何より動きだけで状況を読み取らせる戦闘が堪らない。
暗殺から始まるファーストシーン、たった一人の爆弾魔を全力で殺りに行く壮絶な追走劇、大使館なんざクソ喰らえ!爆破だ!!
セバスチャン・フォーカンとダニエル・クレイグの「障害物競走」が凄すぎる。パルクール習いてえー。
負けず嫌いで張り合うクレイグの顔。
いい加減スパイしろよ(褒めてる)
多分シリーズで一番スパイしないスパイなんじゃねえかコイツ?
女性関係はあくまで情報のためと割り切る姿勢、常に生傷が絶えない荒々しさが気に入った。
スパイしないスパイは戦ってなんぼ。
特に「お約束」を最後まで廃した展開が良かった!
今までの007は「どうせ死なねんだろ(舌打ち)」を楽しむのが恒例だったけど、今回のボンドはマジで死ぬんじゃないかとヒヤヒヤしまくった。
毒盛られた時の焦りまくるボンド。
「過去に大使館を吹っ飛ばしたスパイは亡命でもしたわよ」
堂々とボスの家で帰りを待つボンド。

捕まってもぶん取った“軍資金”のために殺されない。
どんな拷問を受けても屈しないボンドの頼もしさ。
奴の股間はチタンか?

二重、三重の駆け引きが明かされていく終盤も中々だが、やはりあの結末は悲しすぎる。
これほど言葉を介さずにメッセージが響いてくるボンドは久しぶりだ。
本作はあくまで「ボンドの過去」だが、ボンドが変わる度に全く別の映画として楽しんでいる俺にとっては「現在進行形」の後味なのだ。

最初と最後の出来事で見せるボンドの表情がより虚しさを漂わせる・・・この表情の変化。
本当今作のボンドは女運が無い・・・恐ろしく人間臭い。そこが良い。

ラストで「標的」を地に這いつくばらせて真の“007”となった姿が印象深い。

後味は悪いけど、完成度は文句なしの傑作。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2014-03-13 18:00:59)(良:3票)
15.《ネタバレ》 ダニエル・クレイグはカッコイイし、エヴァ・グリーンは凄く綺麗。ただ、ポーカーのルールが分からない自分には厳しい。それでもなんとなく楽しめた感じがします。拷問のシーンは私にはとても耐えれそうにないです。ラストはほんと悲しい結末ですね。「女王陛下の007」を思い出します。ボンドの誕生を表す名言をラストにもってきたのは上手いと思います。感情剥き出しだし、女性に対しても荒く出るボンドはちょっと紳士っぽくないかな? ル・シッフルを捕まえにいった、フェリックス・ライターはどうなったのでしょう??それだけが解らない。
マーク・ハントさん [DVD(字幕)] 9点(2009-07-28 00:27:53)
14.ボンドが「Mというのは」と切り出したところ、「それ以上続けたら殺すわよ」と言ったM。ボンドが彼女のプライベートの部屋を出入りし、彼女の叱責を感情的にならずに受け止め(むしろ叱られるのを望んで彼女の元へ戻るような気も)、「この仕事は早死にする」と甘えたことを言ったりし、危機に陥ればコンタクトを取り、「敬愛するM」と呼ぶ。MとはMotherの頭文字の意味もあるかも。それにしても、こんなに母性本能をくすぐられる007も初めて見た。
tonyさん [DVD(字幕)] 9点(2009-04-12 11:23:26)
13.ダニエル・クレイグ、かっこよすぎ。何あの冒頭の黒人さんとのアクション。テンポが良すぎて、最初から最後まで見入っちゃった。そしてラストでのアレ。思わずほくそ笑んでしまいました。それにしてもダニエル・クレイグって老けてませんw?もっとオジサマかと思ってたら意外に若い。とにかく青い目に金髪のボンドは素敵でしたw。ジェームス・ボンドがフォードに乗ってるのに、ちょっぴり違和感を感じたww。めーーっちゃ面白かったので、1日でDVD2回も見てしまいました。

ネフェルタリさん [DVD(吹替)] 9点(2007-09-24 21:20:57)
12.《ネタバレ》 多くの人が長年望んできたタッチで描けていると思う。緊迫感が持続し無駄のない展開に正直驚いた。携帯電話やAEDなど小物の使い方や、生身の撮影に徹したアクションも効果を上げており、セリフの一つ一つにも無駄がなく説得力を感じた。これは出来すぎだと思ったので、次はあまり期待しない方がよいかも。
YAKINIKU2929さん [DVD(字幕)] 9点(2007-07-22 23:47:01)
11.ピアース・ブロスナンの作品を1度だけ見て「これは俺には受け付けん」と思いつつ見てしまった。1発でダニエル・クレイグのファンになってしまった。しょうがないよ、カッコ良かったもん。
Dr.Teaさん [映画館(字幕)] 9点(2007-07-21 03:57:23)
10.ニューボンドはドM。
一番星☆桃太郎さん [DVD(字幕)] 9点(2007-07-20 16:06:10)
9.めっちゃマジメに作ってるやん! マッドサイエンティストが作ったふざけたヘンテコ兵器は一切なし。
くまさんさん [DVD(字幕)] 9点(2007-07-17 05:23:48)
8.人間味に溢れ、テクノロジーに頼った形でないアクションは見応え満点。さらにはストーリーが素晴らしかった。オープニング、カジノロワイヤルというタイトルがきちんと最後まで生きてるのが素晴らしいと思う。話のスケールが突飛でなく、理解出来る範囲で描かれてるのもその一員か。ピアース・ブロスナンボンドは今一好きになれなかったけど、このダニエル・クレイグボンドは一撃で好きになってしまった。あぁ、でも次作以降ではどんな感じになるんだろう。グロいシーンはないが男性諸氏には辛いシーンあり。
巷説犬福物語さん [映画館(字幕)] 9点(2007-01-06 22:53:05)
7.《ネタバレ》 今までの007シリーズがあまり好きでは無かった私の理由としては、
「ボンド、スカし過ぎ・・」ということが挙げられるんですけど(笑)そういった意味では、今回のボンドはと~~っても、人間くさくて、スカしてない(というかスカせない)、不器用なボンドで、そこがかえってセクシーで魅力的に見えました。これで、次回作からもしスカしたボンドになっていても、過去がわかってるから違和感なく観ることができそうです。
恋愛映画としても結構説得力があって、今までのどこか薄っぺらいお遊び的なボンドガール達との恋愛とは違って、今回のエヴァ・グリーンとの恋は真剣さが伝わってきました。エヴァは本当に適役だと思います。あの、フランス女優独特の「脱がなくてもセクシー、脱いでも安くならない」という高飛車で気難しい雰囲気が、一筋縄では行かない感じで、ボンドとのセリフのやりとりも、見事はまってましたね。実はツンデレ?で
頼りない所が、初心者ボンドのツボにはまって、恋に落ちていくさまが納得。
この役は、相当の美貌と、繊細な知的さが必要なため、なかなか他の人でははまらなかったと思います。エヴァにとってはこのカジノロワイヤルは当たり役ではないでしょうか。それはダニエル・グレイブについても同じことで、彼の元々持つ、「原始人(笑)」的ルックスを上手く逆手にとって、今までのボンドとは一味違うボンドを
作り上げたと思います。そう、ある意味、今までのボンドじゃ、もう、つまらなかったと思う。ピアースブロスナン的、ショーンコネリー的、「スマート?にやけてる?
やたらと万能ですね?」なボンドは時代遅れって事。
CGに頼り過ぎないアクションシーンも新鮮。走りまくるボンドが新鮮。
オールドスタイルに見えて、新しい映画。「初心にかえる」ってこういうことか。
やわらか戦車さん [映画館(字幕)] 9点(2007-01-01 12:25:11)
6.《ネタバレ》 兎に角!熱いから観に行けぇ。と友人より懇願され、じゃぁ猿顔ボンドを…と鑑賞。あらびっくり☆かっこいいし、走るの早いし、背筋はピン!と伸びていてステキ度満点。蝶ネクタイも良くお似合いで、若すぎて手に負えないかわいい坊やぶりにMが手を焼く様は、苛度増えましたが、そこが又ダニエルボンド君の若さゆえのア・ヤ・マ・チ。そこんとこ頭に入れて、脚本の良さにマティーニで乾杯♪
成田とうこさん [映画館(字幕)] 9点(2006-12-30 23:37:10)(笑:1票)
5.《ネタバレ》 オープニングアクションで、もんのすごい走っちゃったり跳んじゃったりして、スーパーマリオかと思っちゃたんだが、それはそれで斬新でよかった。後で考えると、よくこれだけ盛り込めたと思えるほどたくさんのエピソードがあるにもかかわらず、流れがあるので2時間飽きないで見ることができた。CIAに助けられちゃったりするのも世相なの?、気が利いてて、楽しい。ちっとだけ頭を使うのと、あまりに速い展開に、疲れているときに見るのはキツいが、元気なときにはおすすめの、俺的に今年一番の娯楽作。
ぽん太さん [映画館(字幕)] 9点(2006-12-30 21:34:54)
4.今までの作風を捨てて結構シリアスに作り上げているので、これは007映画とは呼べないんじゃないかと思いましたが、今までのマンネリ化したジェームス・ボンドのキャラより数段良いとおもいます。“私を愛したスパイ”以降殆ど同じ路線で作り上げてきた本シリーズでしたが、本作品はジェームス・ボンドの人間性が随所に出てきて素晴らしい出来だとおもいます。さらにアクションも全く過去のものとは引けを取らないし、物語もしっかりしている。あえてケチをつけるなら、ボンドガールが知的では有るけどお色気という部分では若干役不足かと思いました。
みんてんさん [映画館(字幕)] 9点(2006-12-10 00:14:01)
3.《ネタバレ》 オープニングの音楽とカードをあしらったシーンはおしゃれでした。
けれども、今までと違ってセクシーな女性のダンスではなく、新しいボンド、ダニエルさんをご紹介!という感じで。

ボンドガールもイメージ変わりましたね。
セクシーさを武器にボンドに迫るタイプではなく、知的でキュートなエヴァ・グリーンさん。
う~ん、007を観ているような気がしない(苦笑)
セクシーな人も出て欲しかったなぁ。

私の勝手な思い込みですが、この作品の功労者はマーティン・キャンベル監督ではないでしょうか?
最近の「マスク・オブ・ゾロ」「バーティカルリミット」「すべては愛のために」
どれも今ひとつでしたが、この「007/カジノ・ロワイヤル」は「007/ゴールデン・アイ」に匹敵する良い仕事でした!
この俳優ですよと言われたヒトを使って、その枠でこれだけ楽しませてくれるのですから。

しかし、「すべては愛のために」のクライヴさんさんアンジェリーナさんのコンビで「カジノ・ロワイヤル」を作ったら・・・
どんな豪華なものになったかな?とも考えました。

娯楽大作としてはとても良い出来でした。
カーチェイス、船、クレーン、建物の破壊・・・
見所満載ですぐには思い出せないほど。
今年一番のはらはらドキドキでした。
評判が良いのも肯けます。

ダイエルさんは思ったより可愛いかった。
007初心者ですが、金髪のムキムキな人って言うと・・・
ロッテ・レーニャさん扮するNO.3にお腹を殴られ合格したマッチョさんのイメージがありまして。
ボンドじゃなくて、ドイツかロシアの敵役かい!と突っ込みたくなったのも事実です。

ジェームズ・ボンドはおしゃれでスマートなイメージです。
ダニエルさんのカジノでのシーンで、チップ(と言うのかしら?)を粗雑に崩しながら賭けていたのが気になりました。
ブロスナンさんなら?ムーアさんなら?コネリーさんなら?
どんな振る舞いを見せてくれたのかなと。
新しいボンドのイメージなのでしょうが、ここはちょっと頂けないと思いました。

期待が大きかったので不満も出ましたが、面白かったしまた繰り返し観たいと思っています。
たんぽぽさん [映画館(字幕)] 9点(2006-12-07 22:44:54)
2. 007に出合ったのは高校1年。映画館で見た「ゴールデンアイ」。ここからあらゆるビデオレンタル屋を駆け巡り、007を借りた思い出があります(田舎だったので、全部の作品を置いている店がありませんでした)。ロジャー・ムーアの軽い感じも好きなのですが、繰り返し見たのは「女王陛下の007」「消されたライセンス」でした(「ロシアより愛をこめて」や「ユア・アイズ・オンリー」も好きです)。つまりリアル路線が好きだったのです。ボンドが人間的に感じるとき、それが最もアクションに力が入り、大きな映画的興奮を味わせてくれました。「消されたライセンス」のトラックのシーン。ボンドの怒りの感情がアクションに乗り移り、最高の興奮、そしてカタルシスを与えてくれました。さて近年の007。テクノロジーだけが進化し、ボンドはその波に飲まれたような印象です。ピアース・ボンドは、スマートでハンサムなのですが、スマートすぎて、人間的なリアルさを持ち合わせていませんでした。「トゥモロー・ネバー・ダイ」ではその良さが出ていたのですが、「ワールド・イズ・ノット・イナフ」ではピアースのボンド像が中途半端なために、作品も中途半端になっていたと思います。そして今回。
 リニューアルは私にはぴったり会いました。もうオープニングの銃口のシーンが、ハードに演出されていて大興奮!!。そして最高の主題歌!!ダニエル・グレイクのボンド起用は、斬新過ぎて不安だったのですが、今回の路線変更にはぴったりでした。リアルさやアクションで魅せてくれます。女性との絡みも思ったより悪くない。カジノシーンが退屈との意見もありますが、途中で挟まる殺しや毒のシークエンスはより緊張感を高めていたと思います。とにかくリアルなボンド、人間的なボンドが帰ってきたのが最大の喜びです。脚本も素晴らしい。後半はアクションでなく、ストーリーと俳優の演技で魅せるのだからたいしたものです。とにかくハードボイルド!拷問のシーンはダニエルだからできたもの。
 ここまでの傑作を作ったので、逆に次の作品がこれを超えられるか不安。でも次もボンドはダニエルでしょうから、この路線が続いていくことには一安心。
re-bornさん [映画館(字幕)] 9点(2006-12-04 22:10:12)
1.《ネタバレ》 21作目6代目ジェームズ・ボンドにダニエル・クレイグが選ばれた時は顔が悪役っぽくて大丈夫かと初めは心配したが蓋を開けると結構似合っていました。今作品新ボンドが15歳若くなったのでアクションにまずキレがありました。肉体派です。モノクロの時の便所での戦い、序盤の追跡劇、空港での戦い、階段での戦いなど肉体派のボンドなので楽しませてくれる。特に追跡劇は本当に凄い。悪役の人のあの俊敏な動きは観ている側をハラハラさせてくれる。ヤマカシの様な動きでした。調べたらセバスチャン・フォーカンが始めたスポーツ「パルクール」というものでヤマカシもその一種だそうです。どうりであの動きが出来たのかと納得。さすが創始者だけの事はある。シリアスなシーンの連続だったので少し笑えるシーンもありで拷問シーンのあのイカレっぷりの「右、もっと右だ」は最高でした。お決まりの銃を撃つ始まり方のタイミングと終わり方が上手い。最後は「ボンド、ジェームズ・ボンド」って今までそう言えば言ってなかったなと思ったらそこで名のるのかーみたいな。ダニエル版ボンド今回が良かっただけに果たして2作目はどうなる事か。
TRUST NO ONEさん [試写会(字幕)] 9点(2006-11-28 06:13:49)(良:1票)
別のページへ(9点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 195人
平均点数 7.12点
000.00%
100.00%
210.51%
321.03%
452.56%
5199.74%
63216.41%
74925.13%
86030.77%
9199.74%
1084.10%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.87点 Review24人
2 ストーリー評価 6.83点 Review36人
3 鑑賞後の後味 7.29点 Review37人
4 音楽評価 7.97点 Review35人
5 感泣評価 4.41点 Review24人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS