セントアンナの奇跡のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > セ行
 > セントアンナの奇跡
 > (レビュー・クチコミ)

セントアンナの奇跡

[セントアンナノキセキ]
Miracle at St.Anna
2008年【米・伊】 上映時間:163分
平均点:6.88 / 10(Review 17人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-07-25)
ドラマサスペンス戦争もの小説の映画化
新規登録(2009-05-14)【尻軽娘♪】さん
タイトル情報更新(2013-06-24)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スパイク・リー
キャストデレク・ルーク(男優)オブリー・スタンプス二等軍曹
マイケル・イーリー(男優)ビショップ・カミングス三等軍曹
オマー・ベンソン・ミラー(男優)サム・トレイン上等兵
オメロ・アントヌッティ(男優)ルドヴィコ
ルイジ・ロ・カーショ(男優)アンジェロ・トランチェッリ
ジョン・タートゥーロ(男優)アントニオ・“トニー”・リッチ刑事
ジョセフ・ゴードン=レヴィット(男優)ティム・ボイル記者
ジョン・レグイザモ(男優)エンリコ
ケリー・ワシントン(女優)ザーナ・ワイルダー
D・B・スウィーニー(男優)ドリスコル大佐
アレクサンドラ・マリア・ララ(女優)“アクシス・サリー”
ロバート・ジョン・バーク(男優)アーモンド少将
ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ(男優)ペッピ・“ザ・グレート・バタフライ”・グロッタ
ラズ・アロンソ(男優)ヘクター・ネグロン伍長
ウォルトン・ゴギンズ(男優)ノークス大尉
クリスチャン・ベルケル(男優)アイヒホルツ大尉
音楽テレンス・ブランチャード
編曲テレンス・ブランチャード
撮影マシュー・リバティーク
アーネスト・R・ディッカーソン(第二班撮影監督&第二班カメラ・オペレーター)
製作スパイク・リー
製作総指揮ジョン・キリク
配給ショウゲート
特撮ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
編集バリー・アレクサンダー・ブラウン
録音トム・フライシュマン
ユージーン・ギーティ
その他テレンス・ブランチャード(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(9点検索)】[全部]

別のページへ(9点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 非常に長い作品ですが、鑑賞後は冒頭の殺人事件の謎の解明と感動のラストに至る為に全て必要だったのだと納得させられました。

冒頭で描かれる謎に戦争中のイタリア、トスカーナ地方。辛い描写も多いですが、イタリア人少年を助けた黒人のアメリカ兵、少年を逃がしたドイツ兵に、一人生き残ることになる黒人兵士の命を救ったドイツ軍将校。戦場で敵味方に分かれ殺し合う人間。その同じ人間の根底にある優しさが心に残る。

両国の兵士・パルチザン・戦禍に巻き込まれる人々それぞれの信仰、戦争や祖国に対する複雑な思いや心の葛藤などが見事に描かれ、そこにミステリーやファンタジー的要素と史実を織り交ぜながら、これら過去と今の人の思いが感動のラストの奇跡へとつながっていく構成が素晴らしく非常に見応えがある映画です。
戦争が終わってもそれを経験した人の心の中からその戦争が消え去ることは何十年経っても無い。そのラストシーンには心から感動しました。
とらやさん [DVD(吹替)] 9点(2010-06-14 00:10:07)(良:1票)
1.《ネタバレ》 スパイク・リー監督作はこれが初めてなので、今までの作品群と比べて本作がどうなのかは知りませんが、巧くてとても見応えあり、佳い映画でした。ファシスト(の残りっぽい爺さん)と以外のイタリア人との陰の反目もあれば、冷酷なドイツ軍人もいる一方で温情なドイツ軍人も存在し、責任と悔恨に揺れるパルチザンと裏切るパルチザンもいる。そんな中に、米軍での黒人の被差別的立場もある。登場人物全員、当たり前だけど、同じ国籍・同じ肌の色であっても、一人一人の持つ考えやら思いやら信条は異なる。その部分を巧みに描き、故にドラマがあり悲劇があり奇跡がある様を表現しており、いやはや何とも見応えありました。虐殺のシーンも少々キツかったですが、4人がパーラーで侮辱される場面も見ていて厳しかったです(色は違えど有色人種としてはね。劇中、時代背景を示す言葉ではあっても、ニグロ、ニガー、ジャップには抵抗感がありました)。その後の、イタリアのショットに変わっての4人の眼差しは、私たちに何かを問いかけてるような気も。オバマ大統領就任となった今、何かが変わっただろうし変わることを願いますが。しかし最後の海のシーンは、何となく読めはするものの、ホッとするしよかったという気持ちに。チョコレートの巨人と少年の場面も温かでした。上映時間2時間半強、内容は厳しいながらも優しさもあり、考えさせる一作。できれば劇場で鑑賞して下さい。あとジョン・タトゥーロ出てたんですね。気づかなかった…。
泳ぐたい焼きさん [映画館(字幕)] 9点(2009-07-30 11:28:06)
別のページへ(9点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 17人
平均点数 6.88点
000.00%
100.00%
200.00%
3317.65%
400.00%
500.00%
6317.65%
7423.53%
8317.65%
9211.76%
10211.76%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review3人
2 ストーリー評価 7.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review3人
4 音楽評価 7.33点 Review3人
5 感泣評価 8.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS