マイケル・ジャクソン/THIS IS ITのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > マ行
 > マイケル・ジャクソン/THIS IS IT
 > (レビュー・クチコミ)

マイケル・ジャクソン/THIS IS IT

[マイケルジャクソンディスイズイット]
THIS IS IT
2009年【米】 上映時間:111分
平均点:7.49 / 10(Review 99人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-10-28)
ドキュメンタリー音楽もの
新規登録(2009-10-05)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2011-01-06)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ケニー・オルテガ
出演マイケル・ジャクソン
製作ケニー・オルテガ
配給ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
特殊メイクハワード・バーガー
録音ポール・マッシー[録音]
あらすじ
09年6月に急逝したKING OF POP マイケル・ジャクソンの幻のラストコンサート「THIS IS IT」のリハーサル・ドキュメンタリー・フィルム
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(9点検索)】[全部]

別のページへ(9点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
11.全盛期にマイケルからすると、やせ細り少し痛々しかった。ただ流石のステージ。豪華絢爛。事実無根の事柄で世間から非難を浴びながらも、ファンを大切にして、そして地球環境を本当に心配していた人。何もしていないオバマがノーベル平和賞とれるなら、MJにはもっとその資格があるだろうと感じた。あぁ、惜しい人を亡くしたな。BDで購入したこのディスクは永久保存版にします。
はりねずみさん [ブルーレイ(字幕)] 9点(2010-06-20 18:31:42)
10.営業戦略とわかっていたけど「期間限定!」と喧伝された最初の頃に見に行きました。感動とともに、天才の持っている悲劇=彼の宿命、運命のようなものを感じずにはいられませんでした。劇映画のレビューだと、ほかのレピュアーさんの書いてることに「おんやあ?」と首をひねることも正直ありますが、このフィルムについては、どなたが書いておられることにもうなずけます。映画と呼ぶこと、点数をつけることに抵抗はありますが、でもこれは多くの人、後世の人たちに見てほしい。リハーサルを公開されたことは彼にとって実は不本意ではないだろうか、という思いもあるものの、これを残すことによって本当の彼の姿、人柄を私たちが垣間見ることができたのはよかったと思います。
おばちゃんさん [映画館(字幕)] 9点(2010-03-30 12:43:22)
9.マイケルファンの俺にとっては、最高の映像の連続である。リハーサルシーンの迫力ある踊りや人間マイケルの素顔、エンターティナーとして血の滲むような努力をしているのも垣間見られドキュメンタリー映画としても楽しめた。レイトショーで見に行ったのだが、1200円が本当に安いと感じた。マイケルが来日しても地方に住んでるのでコンサートには、まず行けない。映画館の大きなスクリーンでマイケルのコンサートを楽しめるのだから鑑賞料を安く感じるのは仕方ないだろう。そう言う意味では、ある意味反則の映画である。だから、ちょいと減点した。レイトショーで満員の映画館なんてこの映画が最初で最後だろうね。
パオ吉さん [映画館(字幕)] 9点(2010-02-06 22:14:29)
8.《ネタバレ》 "Thriller"のメイキングシーンで,「ペロペロキャンディー」をほうばりながら楽しそうにしているMichaelがすごく非常に印象に残りました.
RTNEE USAさん [DVD(字幕なし「原語」)] 9点(2010-01-30 15:49:45)
7.《ネタバレ》 基本的にリハーサルの記録映像(ドキュメンタリー)。

感動したというよりも、勉強になりました。

King of POPS のステージはいかにしてつくられるか?
パフォーマー(表現者)というよりも、
クリエイター(創造者)としてのマイケル。
あの神経質で病的なマイケルではなく、
観客の満足を第一に考え、
自分の呼吸(リズム)に妥協しない、
鍛え抜かれた魂を持ったプロフェッショナルとしてのマイケルの姿。

この映画を大スクリーンで観られて、私は幸運でした。
伊達邦彦さん [映画館(字幕)] 9点(2010-01-10 18:53:34)
6.《ネタバレ》 スリラーの頃からマイケル・ジャクソンを知ってはいた。だけど特別ファンでもなく、人柄やゴシップ、子供や地球を救おうといったメッセージにも個人的に興味なし。話題となった「ウィー・アー・ザ・ワールド」学生当時見ても何も思わなかった。思い出されるのは廊下で皆でムーンウォークのマネしたり、体育館のマットの上でゼログラヴィティごっこをしてふざけてた。そんなんだった私が評判に後押しされて鑑賞。驚いた。圧倒されました。この映画の唄、ダンスとマイケルを筆頭とするスタッフ全員の意気込みに。皆コンサートを成功させるという思いに満ちている。ドキュメンタリーということもあり、その思いがひしひしと伝わってくる。だけどその思いはかなわぬものとなる事を既に知っているのです、見ている側は。この映画に登場する全員が、成功を信じて疑わなかったはず。そう思いながら見てしまうと、見続けるのがどんどんつらくなってくるのよね。皆一流すぎて。素晴らしすぎて。終盤の「ビリー・ジーン」なんてもう感極まって言葉に出来ません。マイケル信者だけじゃない、万人をも十二分に惹きつける力を持つ。スーパースターとは、こういう人の事を言うんだなと改めて思った。
はらへりさん [映画館(字幕)] 9点(2010-01-06 00:10:09)
5.《ネタバレ》 見に行ってよかったです。歌もダンスもマイケルもカッコよすぎました。
映画館のいたるところでリズムをとってる人がいてなんか嬉しかったですねー
マイケル全然わかんないという彼女も「マイケルすごい♪」って言ってくれてなんか感動です。
Earth Songのシーンで涙が出ました。
赤紫さん [映画館(字幕)] 9点(2010-01-04 22:21:19)
4.マイケルジャクソンは有名どころの曲しかしらないけど評判が良かったので映画館へ。
ドキュメンタリーでダンサー、バンド、ステージを作る人々のコメントが入ってて深いところまで見えた気がします。でもあくまで未完成のリハなのでマイナス一点。
知ってる曲が流れてくると一緒にリズム取りたくなるのを抑えるのが大変でした。
あんなすごいステージ見ることができたら素敵だろうなあ。
いい音、大きなスクリーンのある映画館で何度も見たくなる作品です。
srprayerさん [映画館(字幕なし「原語」)] 9点(2009-11-14 01:58:19)
3.エンドクレジットをじっくり見るために、本編中の飲み物は控えることをお勧めします。マイケルジャクソンはとてもかっこよかったです。一番印象的だったのは、ギタリストの女の子がソロで演奏する所でマイケルが声をかける場面です。『もっと高いキーをだしてごらん』『ここが君の見せ場だよ』『君がいちばん輝く所だ』『僕は隣にいるよ』普通の人はこんな事言いませんよね。マイケルは多くの才能を持った人で、自分が輝くのと同時に、自分の才能を周囲の人に与えて、成長する手助けをしてきたんだろうなと思いました。リハーサルでの細部までのこだわりを見ていると、マイケルが多くを求めて、実際に手にしてきた理由が分かります。世間を騒がせた何度にも及ぶ整形手術すら、マイケル本人からしたら、自分で求めた納得のいくものだったのではないのかなぁと思います。この人のいる世界はいつも輝いていたでしょうね。ご冥福をお祈りします。
キュウリと蜂蜜さん [映画館(字幕)] 9点(2009-11-12 01:59:38)(良:1票)
2.マイケルに長いこと心酔していた自分にとって、この作品を評価するのは難しい。
素晴らしいのはマイケルか作品としての映画なのかといわれれば、明らかにマイケルだから。
でも、そのマイケルジャクソンの真価が、もしかしたら
豪華仕様のステージを遠方から見るよりも
はるかに近距離から、はるかに本人に近い意味で見通せる。
そういう意味で、これは明らかに「あり」なドキュメンタリーです。
まるで優れた指揮者のように、場の空気を引き寄せ、指先一つ、少ない言葉の一つ一つで操り指示していくプロの演出家としてのマイケル。
これは初めて見る姿でした。
厳しさと柔らかさ、妥協を許さない姿勢と愛情が常に同居している。
そしてともに仕事するスタッフの尊敬と愛を一身に集めている。
歌とダンスが超一級なのは見れば明らかとしても
この稀有な存在感のすばらしさ。
淡々とした映像、ナレーションがほとんど入っていない、過去の栄光のダイジェストなど余計なものを混ぜ込まない、マイケル以外の余計なBGMが一切ない。
そういう「引き算の正解」が、この映画をありにしていると思います。
世界は彼に余計な仮面をかぶせ、スキャンダルのみを過剰に取り上げてこの天才のイメージを汚してきました。
彼はもう終わりだ、彼から得られるものはもう何もないと。
その罪の重さが、この作品を見ることによって浮き彫りになってきます。

より多くの人に見てほしい。
当たり前すぎるけれど、最後にはただそういうしかありません。
ありがとう、さようならマイケル。
あにさきすRさん [映画館(字幕)] 9点(2009-11-05 12:21:26)(良:1票)
1.これは正確にはドキュメンタリーなので映画としての評価は難しいところですが、マイケルが好きな人はもちろん、嫌いな人やゴシップでしか知らない人も、とにかくすべての人が一度は観るべきものだと思います。彼のコンサートに対する真摯な姿に、きっと心動かされ、彼の今までの悪いイメージが払拭されることでしょう。でも実際に完成した状態で見たかったとも思ってしまいます。急逝が本当に悔やまれるお方です。
秀吉さん [映画館(字幕)] 9点(2009-11-03 01:15:28)
別のページへ(9点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 99人
平均点数 7.49点
000.00%
122.02%
200.00%
311.01%
422.02%
588.08%
61313.13%
71414.14%
83333.33%
91111.11%
101515.15%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review10人
2 ストーリー評価 6.00点 Review13人
3 鑑賞後の後味 8.18点 Review16人
4 音楽評価 9.34点 Review23人
5 感泣評価 7.30点 Review13人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS