ドライブ・マイ・カーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > ドライブ・マイ・カー
 > (レビュー・クチコミ)

ドライブ・マイ・カー

[ドライブマイカー]
Drive My Car
2021年【日】 上映時間:179分
平均点:6.56 / 10(Review 25人) (点数分布表示)
公開開始日(2021-08-20)
公開終了日(2022-02-18)
ドラマ小説の映画化
新規登録(2021-07-18)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2022-03-31)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督濱口竜介
助監督大江崇允(監督補)
キャスト西島秀俊(男優)家福悠介
三浦透子(女優)渡利みさき
霧島れいか(女優)家福音
岡田将生(男優)高槻耕史
原作村上春樹「ドライブ・マイ・カー」(短編小説集「女のいない男たち」所収)(文春文庫刊)
脚本濱口竜介
大江崇允
製作ビターズ・エンド(製作幹事/「ドライブ・マイ・カー」製作委員会)
朝日新聞社(「ドライブ・マイ・カー」製作委員会)
配給ビターズ・エンド
あらすじ
家福とその妻は人も羨む仲睦まじい俳優夫婦だったが、幼児の愛娘が呆気なく亡くなった後に夫婦共にキャリアと夫婦関係の調整と模索を迫られる。共に成長していくつもりだった妻までが志半ばで病魔に倒れてから2年が過ぎ、チェーホフの「ワーニャ伯父さん」を多言語で演じる国際演劇祭のプロデューサーとして広島に赴いた家福は亡き妻の昔の共演者の高槻を主演に抜擢し、家福と高槻は家福の亡き妻が自分には見せなかった面を仕事後に語り合う近しい関係になる。また、亡き娘と同じ年に北海道で生まれた影のある若い女性が”ベテラン”運転手として瀬戸内海の小島にある家福の仮住居と広島の仕事場の間の送迎をすることになった。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(9点検索)】[全部]

別のページへ(9点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.居心地が良いのは「我が家」の私ですが、次にしっくりくるのは車の中です。
道路状況にはしっかり心を配りつつも、考え事したり音楽でリラックスしたり。
広くはない空間と、人には気を使わなくても平気な所が魅力。
登場人物たちが、車に肩入れするのがよく分かる。

愛車のサーブは助演道具賞。

渡利みさきほどではありませんが、母との関係ではちょっと複雑な育ちの私。
子供だから親の言う通りにしなきゃと思いつつ、腹の中では不満が溜まる。
いい子をやめちゃダメだと自分でも抑えるが、立場から逃げられないが、ストレス多い。
三浦透子さんの、控え目だが芯の通った演技に心を奪われました。
我慢してるけど、辛いんだよね。

西島さん三浦さん霧島さん他、俳優達の心の内面を感じさせる演技に引き込まれた。
ある時は分かりやすく、ある時は謎。
そこにはいつも愛車があり、チェーホフのセリフがある。

映画祭のくだりでは国際色豊か。
韓国の手話俳優を演じたパク・ユリムさんの可憐さに魅了された。
清々しく荒々しい演劇シーンも興味深い。
いつかチェーホフを観てみたいと思わされた。
たんぽぽさん [映画館(邦画)] 9点(2022-03-14 12:04:29)(良:1票)
別のページへ(9点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 25人
平均点数 6.56点
014.00%
100.00%
200.00%
328.00%
400.00%
500.00%
6416.00%
71144.00%
8624.00%
914.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 8.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 9.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

【アカデミー賞 情報】

2021年 94回
作品賞 候補(ノミネート) 
監督賞濱口竜介候補(ノミネート) 
脚色賞濱口竜介候補(ノミネート) 
脚色賞大江崇允候補(ノミネート) 
外国語映画賞 受賞(国際長編映画賞)

【ゴールデングローブ賞 情報】

2021年 79回
外国語映画賞 受賞(非英語映画賞)

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS