ヤッターマン(2008)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヤ行
 > ヤッターマン(2008)
 > (レビュー・クチコミ)

ヤッターマン(2008)

[ヤッターマン]
Yatterman
2008年【日】 上映時間:111分
平均点:5.16 / 10(Review 75人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-03-07)
アクションSFコメディ特撮ものTVの映画化漫画の映画化
新規登録(2008-08-06)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2019-01-13)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督三池崇史
キャスト櫻井翔(男優)高田ガン  ヤッターマン1号
福田沙紀(女優)上成愛 ヤッターマン2号
深田恭子(女優)ドロンジョ
生瀬勝久(男優)ボヤッキー
ケンドーコバヤシ(男優)トンズラー
阿部サダヲ(男優)海江田博士
岡本杏理(女優)海江田翔子
たてかべ和也(男優)どくろ鮨の客
小原乃梨子(女優)どくろ鮨の客
笹川ひろし(男優)どくろ鮨の客
山寺宏一(男優)遊園地の職員
羽鳥慎一(男優)アナウンサー
平井善之(男優)
柳原哲也(男優)
ムロツヨシ(男優)
斎藤歩(男優)
水谷加奈(女優)
たかはし智秋オモッチャマ
滝口順平ドクロベー
山寺宏一おだてブタ/ヤッターワン/ヤッターキング/ナレーター
原作タツノコプロ
脚本十川誠志
作詞櫻井翔"Believe" (Rap詞)
主題歌"Believe"
挿入曲深田恭子"天才ドロンボー実写版"
生瀬勝久"天才ドロンボー実写版"
ケンドーコバヤシ"天才ドロンボー実写版"
撮影山本英夫〔撮影〕
製作笹川ひろし(監修)
日活(Yatterman Film Partners)
日本テレビ(Yatterman Film Partners)
松竹(Yatterman Film Partners)
ホリプロ(Yatterman Film Partners)
OLM(Yatterman Film Partners)
タツノコプロ(Yatterman Film Partners)
読売テレビ(Yatterman Film Partners)
ジェイ・ストーム(Yatterman Film Partners)
企画日活(企画制作)
プロデューサー奥田誠治(エクゼクティブ・プロデューサー)
制作タツノコプロ(監修)
配給松竹
日活
特殊メイク若狭新一
特撮坂美佐子(CGIプロデューサー)
美術林田裕至
寺田克也(メカ&キャラクターデザインリファイン)
柘植伊佐夫(キャラクタースーパーバイザー)
衣装伊賀大介(スタイリスト)
編集山下健治
録音柴崎憲治(音響効果)
照明小野晃
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(2点検索)】[全部]

別のページへ(2点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.下品さにセンスがない。
たいがーさん [インターネット(字幕)] 2点(2010-05-28 18:16:58)
2.「デビルマン」よりはまし。
えいざっくさん [地上波(邦画)] 2点(2010-05-27 12:32:26)(笑:1票)
1.《ネタバレ》 とにかく長い、だらだらと長い、いつ終わるのかと思ってしまったっす。まぁ、実はヤッターマン世代なのですが、当時からなんか合わんなぁ~と感じておりましたけど、やっぱりこの歳になっても合わないね(苦笑)ダジャレ?下ネタ?良くわからないストーリー?最後まで観るのがつらかったっす。まぁこの辺は相性の問題だと思いまーす。 良くできたCGおよび金かかってんなぁセット と今後の未来の邦画を担うであろう若い俳優さんの頑張りにこの点数デ
Kanameさん [DVD(邦画)] 2点(2010-02-19 08:50:01)
別のページへ(2点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 75人
平均点数 5.16点
000.00%
145.33%
234.00%
3912.00%
41216.00%
51216.00%
61418.67%
71216.00%
879.33%
922.67%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.16点 Review6人
2 ストーリー評価 3.87点 Review8人
3 鑑賞後の後味 6.44点 Review9人
4 音楽評価 8.00点 Review9人
5 感泣評価 1.00点 Review8人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS