セントアンナの奇跡のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > セ行
 > セントアンナの奇跡
 > (レビュー・クチコミ)

セントアンナの奇跡

[セントアンナノキセキ]
Miracle at St.Anna
2008年【米・伊】 上映時間:163分
平均点:6.88 / 10(Review 17人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-07-25)
ドラマサスペンス戦争もの小説の映画化
新規登録(2009-05-14)【尻軽娘♪】さん
タイトル情報更新(2013-06-24)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スパイク・リー
キャストデレク・ルーク(男優)オブリー・スタンプス二等軍曹
マイケル・イーリー(男優)ビショップ・カミングス三等軍曹
オマー・ベンソン・ミラー(男優)サム・トレイン上等兵
オメロ・アントヌッティ(男優)ルドヴィコ
ルイジ・ロ・カーショ(男優)アンジェロ・トランチェッリ
ジョン・タートゥーロ(男優)アントニオ・“トニー”・リッチ刑事
ジョセフ・ゴードン=レヴィット(男優)ティム・ボイル記者
ジョン・レグイザモ(男優)エンリコ
ケリー・ワシントン(女優)ザーナ・ワイルダー
D・B・スウィーニー(男優)ドリスコル大佐
アレクサンドラ・マリア・ララ(女優)“アクシス・サリー”
ロバート・ジョン・バーク(男優)アーモンド少将
ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ(男優)ペッピ・“ザ・グレート・バタフライ”・グロッタ
ラズ・アロンソ(男優)ヘクター・ネグロン伍長
ウォルトン・ゴギンズ(男優)ノークス大尉
クリスチャン・ベルケル(男優)アイヒホルツ大尉
音楽テレンス・ブランチャード
編曲テレンス・ブランチャード
撮影マシュー・リバティーク
アーネスト・R・ディッカーソン(第二班撮影監督&第二班カメラ・オペレーター)
製作スパイク・リー
製作総指揮ジョン・キリク
配給ショウゲート
特撮ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
編集バリー・アレクサンダー・ブラウン
録音トム・フライシュマン
ユージーン・ギーティ
その他テレンス・ブランチャード(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(3点検索)】[全部]

別のページへ(3点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.《ネタバレ》 全体的に冗長で、非常に退屈な作品だった。なんだかテーマが搾りきれていないような印象。眠気を堪えるのに大変だったし、何より主人公の黒人に魅力が乏しい。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 3点(2013-04-20 17:07:44)
2.《ネタバレ》 郵便局の窓口係が、切手を買いに来た客を突然撃ち殺す。インパクトがあり、本編を見たくて仕方がなくなる素晴らしいイントロ、これは傑作に違いないと思いました。。。
そんな期待とは裏腹に、本編はかなりガッカリな内容でした。前半は山田洋二が撮りそうな人情喜劇で、「イタリア=のんびり」というアメリカ人のイメージをモロに反映したステレオタイプな描写が続きます。話の展開は非常にゆっくり、戦争映画を観るつもりで来た観客にとっては拷問に近いペースでチンタラと話が進んでいきます。
一転して後半はシリアスモードに突入するのですが、ここからはアメリカ人特有の思考に基づいたやりたい放題がはじまるので、観ていて腹立たしくなりました。本作の要となる「セントアンナの大虐殺」です。無抵抗の市民560人が犠牲になったセントアンナの悲劇は一応史実ということにはなっているのですが、いわゆる南京大虐殺という冤罪を背負わされている我々日本人としては、この手の虐殺ネタはどうも胡散臭く感じます。敗戦国を貶めるためのウソ・捏造・拡大解釈のいずれかではないかと。そんなデリケートな事件をスパイク・リーがどう料理するのかには関心があったのですが、これがあまりにベタベタな描写でガッカリしました。無抵抗の一般市民を機関銃で虐殺し、死体をガソリンで焼く。ご丁寧に赤ん坊を銃剣で突くという描写までがあるのですが、”第二次世界大戦当時の残虐行為”の絵面としてはあまりにもありきたりです。その結果、監督は史実をきちんと調べず「恐らくこんな感じだったはず」というイメージだけで撮っていることが丸出しとなっています。常に正義のアメリカ国民にはわからないかもしれませんが、こういう歴史映画で悪役にされると、その当事国の国民は傷つきます。だから、せめて歴史的事実くらいはきちんと調べてから映画を撮るということをいい加減覚えて欲しいものです。。。
そして映画は呆気にとられるラストへ。殺人犯となった主人公の裁判がはじまるのですが、金と権力と脅しによってこの殺人犯は保釈され、アメリカの司法の及ばない海外へと逃亡します。そこで、命を救ったかつての少年と再会してめでたしめでたし、、、って、これのどこが感動作なんですか。個人による処刑を認め、法を捻じ曲げることがハッピーエンドだなんて、私は受け入れられませんでした。性根が腐ってますよ、この映画は。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 3点(2012-05-08 01:44:59)
1.《ネタバレ》 皆さんものすごく高評価の中、申し訳ないのですが、私にはこの作品はどうしても冗長という感じをぬぐいきれませんでした。なんか、いろいろと入れてごちゃごちゃとしてしまった結果、骨格の部分が薄くなってしまった印象。時間を3分の2にしてメインストーリーのみで攻めきった方がよかったような。
θさん [DVD(字幕)] 3点(2010-05-04 23:56:26)
別のページへ(3点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 17人
平均点数 6.88点
000.00%
100.00%
200.00%
3317.65%
400.00%
500.00%
6317.65%
7423.53%
8317.65%
9211.76%
10211.76%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.00点 Review3人
2 ストーリー評価 7.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review3人
4 音楽評価 7.33点 Review3人
5 感泣評価 8.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS