ファイナル・デスティネーションのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ファイナル・デスティネーション
 > (レビュー・クチコミ)

ファイナル・デスティネーション

[ファイナルデスティネーション]
FINAL DESTINATION
2000年【米】 上映時間:98分
平均点:6.85 / 10(Review 249人) (点数分布表示)
公開開始日(2001-01-20)
ドラマホラーサスペンスシリーズものミステリーオカルト映画
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2009-06-05)【マーク・ハント】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジェームズ・ウォン〔監督・脚本〕
助監督ジャック・ハーディ
トーマス・J・ライト(第二班監督)
演出J・J・マカロ(スタント・コーディネーター)
キャストデヴォン・サワ(男優)アレックス・ブラウニング
ショーン・ウィリアム・スコット(男優)ビリー・ヒッチコック
チャド・ドネッラ(男優)トッド・ワグナー
アリ・ラーター(女優)クレア・リバース
カー・スミス(男優)カーター・ホートン
アマンダ・デトマー(女優)テリー・チャニー
クリスティン・クローク(女優)ヴァレリー・ロートン
トニー・トッド〔男優・1954年生〕(男優)ウィリアム・ブラッドワース
ダニエル・ローバック(男優)
ブレンダン・フェア(男優)ジョージ・ワグナー
三木眞一郎アレックス・ブラウニング(日本語吹替版)
小西克幸ビリー・ヒッチコック(日本語吹替版)
真殿光昭トッド・ワグナー(日本語吹替版)
朴璐美クレア・リバース(日本語吹替版)
石田彰カーター・ホートン(日本語吹替版)
落合るみテリー・チャニー(日本語吹替版)
山像かおりヴァレリー・ロートン(日本語吹替版)
銀河万丈ウィリアム・ブラッドワース(日本語吹替版)
原作ジェフリー・レディック(原案)
脚本グレン・モーガン
ジェームズ・ウォン〔監督・脚本〕
ジェフリー・レディック
音楽シャーリー・ウォーカー
撮影ロバート・マクラクラン
製作グレン・モーガン
ウォーレン・ザイド
クレイグ・ペリー[製作]
ニュー・ライン・シネマ
製作総指揮ブライアン・ウィッテン
配給ギャガ・コミュニケーションズ
特殊メイクジェフ・レッドナップ
レイチェル・グリフィン(メーキャップ・アシスタント)
ハーロウ・マクファーレン
特撮ピクセル・マジック社(視覚効果)
美術カーラ・スワンソン(タイトル・デザイン)
編集ジェームズ・コブレンツ
字幕翻訳森泉佳世子
日本語翻訳高山美香
スタントJ・J・マカロ
その他ブエナビスタ(発売・販売)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(4点検索)】[全部]

別のページへ(4点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.《ネタバレ》 サスペンス性はあったのでどうなるのかと見入っていたが、死への論理が強引すぎるこじつけでガッカリ。マイルールすぎて付いていけず。死の筋書きの克服も腑に落ちない。
途中まで惹きつけられてハードルが上がるほどに、結果が拍子抜けだとガッカリ度も増してしまう。SFとはいえもう少し理論武装したようなものが欲しかった。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 4点(2017-10-22 19:28:07)
7.引き込まれるのは最初の方だけで、話が進むにつれて怖さとサスペンス感が薄れてくるのと同時に退屈感が増してくる映画でした。この映画がシリーズ化されているのが意外でした。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2014-09-24 17:58:17)
6.《ネタバレ》 飛行機の爆破シーンはインパクトがありましたが、その後の理由付けが判り辛くて。。アリ・ラーターは可愛かった。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 4点(2008-05-17 06:55:58)
5.《ネタバレ》 深夜にやっていたので見ました。ほとんど知らない若い役者ばかりで新鮮でしたが、かなり早い段階からのめり込ませる割に、覚めるのも早かった。同じようなの前にも見たなーって感じです。火花パチパチのケーブルを掴むあたりも眠くなった。
♯34さん 4点(2004-11-10 18:04:40)
4.人に薦められて見たけど、やっぱりよくわからない...正直、こんなに高い評価5緩急がはっきりしてたのはよかったし、刺激的でもあったし、ラストシーンもまあまあ好きなのだが、見て得るものがないというか、心に長く留まるような映画じゃないしなあ。
●えすかるご●さん 4点(2004-07-05 20:02:09)
3.普通のホラーにおける怪物や殺人鬼を、「運命」というものに置き換えただけ。どこから来るか分からない唐突な死の恐怖は、いつ殺人鬼に襲われるか分からない類の恐怖とほとんど変わらない。「運命」や「予知」の捉え方が中途半端で、努力次第で避けられるものなのか、それとも不可避なものなのか、定義がはっきりしていないため、単にめちゃくちゃ理不尽な事故死としか見えない。主演がダチョウ倶楽部だったら、完全にコント。
FSSさん 4点(2004-01-02 09:55:09)
2.踏切での死から良くない。バスで死ぬ時が一番スカッっとした。 最後、まだまだ続きそうな終わり方がイヤだぁ。気になる!
トトロさん 4点(2002-11-01 03:25:27)
1.スクリームの人為的でないバージョンといった感じでした。人の死に方が思いがけなくて、そこが見所って感じ。見てる分には飽きないが、見た後の満足感に欠けるといった感じです。
けりいさん 4点(2002-10-18 07:47:01)
別のページへ(4点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 249人
平均点数 6.85点
000.00%
100.00%
200.00%
352.01%
483.21%
5239.24%
65923.69%
78032.13%
84317.27%
9249.64%
1072.81%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.62点 Review8人
2 ストーリー評価 6.93点 Review16人
3 鑑賞後の後味 6.40点 Review15人
4 音楽評価 5.33点 Review6人
5 感泣評価 3.66点 Review6人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS