魔女の宅急便(1989)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > マ行
 > 魔女の宅急便(1989)
 > (レビュー・クチコミ)

魔女の宅急便(1989)

[マジョノタッキュウビン]
Kiki's Delivery Service
1989年【日】 上映時間:103分
平均点:7.69 / 10(Review 389人) (点数分布表示)
公開開始日(1989-07-29)
ドラマファンタジーアニメ青春もの小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-07-22)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督宮崎駿
ジャック・フレッチャー(英語吹替版監督)
演出片渕須直(演出補)
高山みなみキキ/ウルスラ
佐久間レイジジ
山口勝平トンボ
戸田恵子おソノさん
加藤治子老婦人
関弘子バーサ
山寺宏一おソノさんの旦那/警官/アナウンサー
丸山裕子
坂本千夏赤ん坊
土井美加ケットの母(マキの姉)
亀井芳子
小林優子先輩魔女
渕崎ゆり子ケット
辻親八ホテルのフロント係
井上喜久子マキ(デザイナー)
西村知道時計番のおじさん
池水通洋
大塚明夫飛行船の船長
信沢三恵子コキリ(キキの母)
浅井淑子ケットの祖母
土師孝也ケットの父親
斎藤昌ドーラ婆さん
鍵本景子ケーキの少女
田口昂デッキブラシのおじさん
キルスティン・ダンストキキ(英語吹替版)
デビー・レイノルズ老婦人(英語吹替版)
デビ・デリーベリー先輩魔女(英語吹替版)
マシュー・ローレンス〔男優・1980年生〕トンボ(英語吹替版)
ジャニーヌ・ギャロファロウルスラ(英語吹替版)
ルイス・アークエット補足音声(英語吹替版)
ジョン・デミータ補足音声(英語吹替版)
ジュリア・フレッチャー補足音声(英語吹替版)
原作角野栄子「魔女の宅急便」(福音館)
脚本宮崎駿
音楽久石譲
高畑勲(音楽演出)
作詞荒井由実「ルージュの伝言」/「やさしさに包まれたなら」
作曲荒井由実「ルージュの伝言」/「やさしさに包まれたなら」
久石譲「めぐる季節」
編曲松任谷正隆「ルージュの伝言」/「やさしさに包まれたなら」
主題歌荒井由実「ルージュの伝言」/「やさしさに包まれたなら」
挿入曲井上あずみ「めぐる季節」
製作徳間康快
徳間書店(「魔女の宅急便」製作委員会)
奥田誠治(「魔女の宅急便」製作委員会)
日本テレビ(「魔女の宅急便」製作委員会)
ブエナビスタ(英語吹替版)
企画山下辰巳
プロデューサー宮崎駿
鈴木敏夫(プロデューサー補)
制作スタジオジブリ
原徹
配給東映
作画近藤喜文
森田宏幸(動画)
金田伊功(原画)
近藤勝也(作画/キャラクターデザイン)
井上俊之(原画)
美術京都アニメーション(仕上)
真野薫(タイトル)
神山健治(背景)
金子英俊(背景)
男鹿和雄(背景)
保田道世(色彩設計)
高屋法子(ハーモニー処理)
編集瀬山武司
録音東京テレビセンター(録音スタジオ)
井上秀司(調整)
浅梨なおこ(録音演出)
その他電通(協力)
糸井重里(キャッチコピー【ノンクレジット】)
あらすじ
13歳のキキは古い一族の掟に従い、一人前の魔女になる修行のため自立の旅に出た。港町コリコにたどり着いた彼女は、黒猫ジジと共に宅急便の仕事を始める....。少女キキの冒険と成長をファンタスティックなタッチで描く。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(5点検索)】[全部]

別のページへ(5点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
14.子供と一緒に観た。哲学的な台詞が多くて子供らが退屈、つられて私も退屈してしまった。一人でもう一度観てみようという気がないでもないけど、嫌いな荒井由美の曲が立ちはだかる。
tottokoさん [地上波(邦画)] 5点(2011-11-15 11:12:16)
13.《ネタバレ》 まぁ無難 で無害な出来  黒猫のジジはかわいいけど 結局それは喋れたからで 話す言葉がわからなかったら ただの普通の猫な訳で  しかしまぁ宅急便で黒猫 …ほんと某会社そのまんま(苦笑)  美しい街並み・青い空&海 パン屋の豪快な女将さん かわいい絵描きの女の子 など宮崎アニメ色が満々ですね   全体的にあっさりとした描写はかなりソフトで 万人にお勧めできる内容かとオモイマス
Kanameさん [地上波(邦画)] 5点(2011-07-09 06:35:57)
12.伝えたいことがよく分かんない。この作品で印象に残すのは、絵描き少女がスランプについて話すところ。そこだけ印象深いけど、まぁ、あの子が言ったようにスランプ打破は簡単じゃないし、この映画はいかにも「本気になればできる!」と言いたげな、あっさりした主人公のスランプ打破を見せる。んー!! て感じ。見かけ大江千里みたいな、かつ何だか軽ーい感じの男の子のキャラも苦手でした。ところで外国語の吹き替えで、黒猫ジジの声がかなり大人のおっさんだったような気が・・・「なんでだろー???」と考えてみたのだけど、アメリカあたりじゃ子供を大人がちゃんと保護してるかってことにうるさいし、日本でやってる「はじめてのおつかい」みたいなことは、きっとあまり良くないことかもしれず、だから黒猫ジジは「保護者」の役割を担わされたのではないかと・・・。実のところは全く知らないけれど、ヤマトのおねだりで生まれたらしい黒猫キャラが、海外でそういうふうに予期せぬお役目を果たしたのだとしたら、面白いなとか思いました。
だみおさん [DVD(邦画)] 5点(2010-11-13 18:39:24)
11.
女性がほうきに乗って飛ぶのはサマになるが、オッサンがほうきに乗って空をとぶのが様にならないということは私にとって永遠のテーマだ。ちなみに豚が飛行機を操縦するのは様になるということは判明している。
くまさんさん [地上波(邦画)] 5点(2010-07-07 03:22:46)
10.なぜ当時の自分はこれを劇場に観に行ったのか。。。いや、面白くていい作品ですけど当時の自分がいかに純真だったのか、今レビューを書いて初めて自覚しました。。
HAMEOさん [映画館(邦画)] 5点(2010-02-02 16:33:36)
9.《ネタバレ》 オープニングから海の見える街に着くまでは文句無しの名作でした。でも、ラストあたりの展開が意味不明すぎ。魔法を日常的な特殊技能みたいに描くやり方は斬新だったけど、友の危機に直面して治る「スランプ」って何?ドラゴンボールじゃないんだから。これなら大活劇バカ映画に徹してくれた方がよかった。宮崎アニメは大好きだったけど、この作品から明らかなパワーダウンを感じ始めました。宮崎さんがついに(私にとっての)駄作を撮ってしまったのが正直ショックだったので、ちょっと辛いけど5点。
クレイバードさん [映画館(邦画)] 5点(2008-02-23 10:28:01)
8.雰囲気はいい作品です。
午後のコーヒーさん [DVD(吹替)] 5点(2005-11-26 09:15:14)
7.まず荒井由美が嫌いです.魔法使いのお話というのは多分女の子向けなんでしょう.歴史が証明しています.
マー君さん 5点(2004-07-05 00:24:29)
6.《ネタバレ》 大人から子供まで楽しめる作品。当時は主題歌にすごくハマっていた・・・リコーダーで演奏してたぐらいですから(笑)ラストでキキと話が通じないようにしたのはどうかと思うが・・・。
マーク・ハントさん [ビデオ(字幕)] 5点(2004-04-28 02:25:04)
5.普通しか云いようが無い。まあ仄々な作品です。
ボバンさん 5点(2004-03-27 00:44:11)
4.好きですが何かが足りない。
kureさん 5点(2003-12-08 01:17:06)
3.ユーミン嫌いの私も映画の中に使われてる歌は好きなので、大した効果を持ってますねえ。クロネコヤマト的CM映画なので減点。
亜流派 十五郎さん 5点(2003-09-12 15:28:51)
2. 宮崎駿の作品の中では、少し影が薄い感がある。当時小学生の私は何故かひねくれてこのアニメを見た記憶がある。
はにまるさん 5点(2003-01-28 00:06:33)
1.あのクロネコとそのキャラだけで基礎点7点 海や街が鮮やかなので+2 ストーリ--1 で8点
EJRさん 5点(2002-12-31 15:45:50)
別のページへ(5点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 389人
平均点数 7.69点
000.00%
120.51%
210.26%
351.29%
4112.83%
5143.60%
64712.08%
77619.54%
89724.94%
99023.14%
104611.83%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.30点 Review23人
2 ストーリー評価 7.38点 Review34人
3 鑑賞後の後味 8.21点 Review37人
4 音楽評価 8.58点 Review43人
5 感泣評価 6.08点 Review23人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS