ファイナル・デスティネーションのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ファイナル・デスティネーション
 > (レビュー・クチコミ)

ファイナル・デスティネーション

[ファイナルデスティネーション]
FINAL DESTINATION
2000年【米】 上映時間:98分
平均点:6.85 / 10(Review 249人) (点数分布表示)
公開開始日(2001-01-20)
ドラマホラーサスペンスシリーズものミステリーオカルト映画
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2009-06-05)【マーク・ハント】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジェームズ・ウォン〔監督・脚本〕
助監督ジャック・ハーディ
トーマス・J・ライト(第二班監督)
演出J・J・マカロ(スタント・コーディネーター)
キャストデヴォン・サワ(男優)アレックス・ブラウニング
ショーン・ウィリアム・スコット(男優)ビリー・ヒッチコック
チャド・ドネッラ(男優)トッド・ワグナー
アリ・ラーター(女優)クレア・リバース
カー・スミス(男優)カーター・ホートン
アマンダ・デトマー(女優)テリー・チャニー
クリスティン・クローク(女優)ヴァレリー・ロートン
トニー・トッド〔男優・1954年生〕(男優)ウィリアム・ブラッドワース
ダニエル・ローバック(男優)
ブレンダン・フェア(男優)ジョージ・ワグナー
三木眞一郎アレックス・ブラウニング(日本語吹替版)
小西克幸ビリー・ヒッチコック(日本語吹替版)
真殿光昭トッド・ワグナー(日本語吹替版)
朴璐美クレア・リバース(日本語吹替版)
石田彰カーター・ホートン(日本語吹替版)
落合るみテリー・チャニー(日本語吹替版)
山像かおりヴァレリー・ロートン(日本語吹替版)
銀河万丈ウィリアム・ブラッドワース(日本語吹替版)
原作ジェフリー・レディック(原案)
脚本グレン・モーガン
ジェームズ・ウォン〔監督・脚本〕
ジェフリー・レディック
音楽シャーリー・ウォーカー
撮影ロバート・マクラクラン
製作グレン・モーガン
ウォーレン・ザイド
クレイグ・ペリー[製作]
ニュー・ライン・シネマ
製作総指揮ブライアン・ウィッテン
配給ギャガ・コミュニケーションズ
特殊メイクジェフ・レッドナップ
レイチェル・グリフィン(メーキャップ・アシスタント)
ハーロウ・マクファーレン
特撮ピクセル・マジック社(視覚効果)
美術カーラ・スワンソン(タイトル・デザイン)
編集ジェームズ・コブレンツ
字幕翻訳森泉佳世子
日本語翻訳高山美香
スタントJ・J・マカロ
その他ブエナビスタ(発売・販売)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(5点検索)】[全部]

別のページへ(5点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
23.《ネタバレ》 運命づけられた死からは逃れられない。このコンセプトは、かの”オーメン”を思い出させます。あの陰鬱名画をジュヴナイル化したら実にスピーディでライトな展開となりました。半世紀前の映画は陰気にじわじわと怖かったですけど、今作はもう少し陽性?の暴力死であります。なんか運命の神様もムキになっているような。
友人一人目がやられた時の、水がスルスルと引っ込む描写はいらないと思うな。ああなるとオカルトっぽくて悪霊ネタみたくなる。ラストはドリフみたいなコミカルさだし、「怖がらせたい」のか冗談なのかわかんなくなっちゃって、この軸のブレは惜しい。
出色なのは飛行機事故のシーン。あそこはすごく出来の良い恐怖パニック演出で、導入部としてはA級作にも引けをとらない迫力でありました。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-03-30 00:18:19)
22.《ネタバレ》 「そこそこ」の映画です。
そこそこおもしろい。そこそこつまらない。そこそこよくできている。という感じです。

脚本は、とてもよく出来てます。死ぬことが決まっている人が、とあることで死なないと死ぬはずだった人が順番に死んでいく。主人公は、そのことをなんとなく予知できる。という話です。

そこそこハラハラします。死に役もある程度分かるので、どうやって死ぬのか、そこそこ見どころ。
シャワーシーンがあれば、ハラハラとモヤモヤが混在する王道のB級映画といったところです。
杉下右京さん [地上波(吹替)] 5点(2015-10-26 23:53:56)
21. 怒濤のVFXで押しまくる近作とは違い、小ぶりにまとまっている本作。まだ死に方博覧会ではなく、良く考えられているB級ホラー。主人公や周囲の行動がなんかおかしい部分が終始あり、全体的に荒削りな感はあるけれども、時間つぶしに観るのには最適な気がする。
swamiziさん [インターネット(字幕)] 5点(2015-01-19 12:58:25)
20.《ネタバレ》 二人目が死ぬところで、ようやくどういう映画かということを理解した。
謎とか霊とか犯人とかそういうのは置いといて、登場人物がどう死ぬのか観るってことか。
悪い方に期待を裏切られたんでこの評価。
たんたかたんさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2013-02-08 23:31:16)
19."人間は死の運命から逃れられるのか?"
誰しも一度は漠然と考えたことのあるテーマで、目のつけどころがいいスリラーもの。
高校生が主役なので取っつき易く、推理要素や軽いオチもついて、ストーリーは中々面白かった。
ただ演出の方がかなりチープだったのは残念。それでもB級映画としては十分楽しめた作品だった。
MAHITOさん [地上波(吹替)] 5点(2011-07-25 17:15:58)
18.序盤の飛行機の爆発の予知夢は面白くドキドキしたが、それ以降運命による死にしてはあまりにも行き過ぎた感じありやや冷める。登場人物にも愛着がもてないので次ぎは誰が死ぬんだと言われても誰でもいいよって感じ。
茶畑さん [DVD(字幕)] 5点(2008-10-28 23:07:48)
17.導入を観ると、何という陳腐なB級映画と思ってしまうが、淡々と描かれる死の連鎖に妙に見入ってしまう。この薄ら怖さはよく出来ている。こりゃネタ切れせずにどんどんいけるだろ。4作目も作っちゃって。
えいざっくさん [DVD(字幕)] 5点(2007-09-19 11:24:27)
16.《ネタバレ》 最初の飛行機の爆発シーン(現実の方)の容赦なさにはびっくり。あれはなかなかインパクトがあったが、教師の惨殺シーンあたりから描写がしつこくなってきて、かえって緊張感を削いでしまっていた。ラストなんかは完全にコメディの世界ですね。
Oliasさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2006-04-29 00:58:20)
15.もっとありえそうに見せないとダメじゃん?
kさん [インターネット(字幕)] 5点(2006-03-12 22:37:15)
14.《ネタバレ》 人の「運命」はあらかじめ決められていて、それに逆らって生き永らうと「運命」が辻褄を合わせるためにあからさまに殺しに来る、という設定がすでにコメディー。 あとは、誰がどの順番でどうやって殺されるかを従来のホラー映画の方法に則って見せているだけ。 なかなか思った通りにならず、額に汗して意固地になってる「運命」様っていう存在も想像すると笑えるが、意味が分からないしそれが狙いではないでしょう。 前半の質の高い緊張感が、後半では別物になってしまった。 冒頭の事故シーンだけは圧巻でした。
Berettaさん [ビデオ(吹替)] 5点(2006-03-02 17:11:32)
13.《ネタバレ》 最初の飛行機が爆破するまでの過程が素晴らしい。そして、実際に飛行機が爆破する瞬間が更に素晴らしい。開始15分くらいは9点つけてもいいくらいの張り詰めた緊張感。しかし、そこからは右肩下がり。次々に人が死んでいく原因が謎のままなのはかまわんが、死に方にひねりがなくて萎える。近日中に続編観ます
永遠さん 5点(2004-06-20 02:28:00)
12.展開もよく,緊迫感もあります.でも,最後に「実は・・・」みたいなのを期待した私は少し残念賞でした.
マー君さん 5点(2004-06-13 16:34:22)
11.《ネタバレ》 これってホラーなのかな?確かにサスペンスでもないよなー。そういった意味では、新鮮味が感じられた作品。でもなんだかしっくりこない。風呂場で滑って首締められてっていうシーンとか、電線がビュンビュン飛び回るところなんか、物凄くご都合主義に見えてしまって・・・・。いいほうのご都合主義ならぬ、デッド・エンドへとつながるご都合主義。そこを割り切って見なくてはならないんだろうけど、人を死へ導く“何か”というのが見えなかったから感情移入できなかったんだと思う。だからといって、死神出すわけにもいかないんだろうけどね。難しいなぁ。
ダブルエイチさん 5点(2003-12-03 22:18:14)
10.運命ねぇ。何か無理やりな感じもするけど(最初のシャワールームの水とか)「運命」って言われれば「あ、そっか」とも思えるマジック。絶叫血みどろ系はダメだけど、たまには指の間からじゃないホラーを見てみよーか、という方に。そして辛口コメディー好きのアナタにも。
中山家さん 5点(2003-11-17 22:45:02)
9.法則のしつこさに少々引くのだが、やるときゃやるよって感じのハデさに思わずワォッ!って声を出してしまう。
亜流派 十五郎さん 5点(2003-09-09 00:55:43)
8.ラストもいいし、まあなかなか面白かったと思う。「次に殺されるのは誰か?」と、結構ドキドキしながら見れて良かった。だけど、見たあとなんかスッキリしないし、登場人物にもう少しお金をかけて欲しい。それに殺しすぎも少しいただけないなあ。まあソコは仕方ないと思うしかなさそうだな。
ピルグリムさん 5点(2003-08-12 22:41:02)
7.私は結構惹きつけられて見ました。テンポが良いし、間延びしないかったし退屈もしませんでした。
cocooonさん 5点(2003-02-28 09:37:47)
6.この映画、車にひかれたり首ちょんぎられたり首しめられたり包丁が腹に刺さったり、ずいぶんと死に方が印象的です。なぜなら、それを売りにしている映画であり、それのみでカタルシスを与える、ただそれだけの映画だからです。
あろえりーなさん 5点(2002-09-18 20:47:17)
5.<<ちょっとネタバレかも?>>ホラーとかスプラッタが苦手なのにこんな映画を観てしまい、目をそむけていたシーンも多かった。その割には退屈もせず一応最後まで観られたんだけど、あのラストシーン・・・で大笑い!コメディかと思いました。
mimicoさん 5点(2002-03-23 15:02:29)
4.はらはらされるしテンポが良いが、残酷なシーンがやたら多い。それに意味があれば良いけど、シュープサンと同意見でなぜあんな災難が降りかかったのか?なぜ主人公は次誰が死ぬのかを予測できたのか?科学的根拠は全く無く展開しているためこの評価です。
とめさん 5点(2001-09-27 12:13:38)
別のページへ(5点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 249人
平均点数 6.85点
000.00%
100.00%
200.00%
352.01%
483.21%
5239.24%
65923.69%
78032.13%
84317.27%
9249.64%
1072.81%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.62点 Review8人
2 ストーリー評価 6.93点 Review16人
3 鑑賞後の後味 6.40点 Review15人
4 音楽評価 5.33点 Review6人
5 感泣評価 3.66点 Review6人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS