Menu
 >
 >
 > キャリー(1976)

キャリー(1976)

Carrie
1976年【米】 上映時間:98分
平均点: / 10(Review 201人) (点数分布表示)
ドラマホラーサスペンスシリーズもの青春もの学園もの小説の映画化オカルト映画
[キャリー]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2013-06-04)【イニシャルK】さん
公開開始日(1977-03-03
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ブライアン・デ・パルマ
キャストシシー・スペイセク(女優)キャリー・ホワイト
パイパー・ローリー(女優)キャリーの母 マーガレット・ホワイト
エイミー・アーヴィング(女優)スー・スネル
ウィリアム・カット(男優)トミー・ロス
ベティ・バックリー(女優)コリンズ先生
ナンシー・アレン(女優)クリス・ハーゲンソン
ジョン・トラヴォルタ(男優)ビリー・ノーラン
プリシラ・ポインター(女優)スーの母 スネル夫人
エディ・マックラーグ(女優)ヘレン
潘恵子キャリー・ホワイト(日本語吹き替え版【TBS】)
里見京子キャリーの母 マーガレット・ホワイト(日本語吹き替え版【TBS】)
吉田理保子クリス・ハーゲンソン(日本語吹き替え版【TBS】)
幸田直子スー(日本語吹き替え版【TBS】)
三ツ矢雄二ビリー・ノーラン(日本語吹き替え版【TBS】)
武藤礼子コリンズ先生(日本語吹き替え版【TBS】)
原作スティーヴン・キング「キャリー」(新潮社)
音楽ピノ・ドナッジオ
撮影マリオ・トッシ
製作ポール・モナシュ
ブライアン・デ・パルマ
ルイス・A・ストローラー(製作補)
配給ユナイテッド・アーチスツ
美術ジャック・フィスク
ロバート・グールド〔美術〕(セット装飾)
編集ポール・ハーシュ
字幕翻訳高瀬鎮夫
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想(5点検索)】[全部]

別のページへ(5点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
14.《ネタバレ》 まあキング原作の中では良くできてる感じ。とにかくシシースペイセクの豚の血浴びた時の演技が最強!でもむしろそれしか記憶に残らない!!
HAMEOさん [ビデオ(字幕)] 5点(2010-08-12 21:08:56)
13.《ネタバレ》 昔ならこれが斬新でショッキングだったのかな。
ホラーのコーナーに置かれてたのでホラーだと思って観てたのが悪いのか。
当時の化粧とか髪型のせいだと思うけど
高校生達がおばさんにしか見えない。
後半やっと始まる殺戮タイムでは敵、味方関係無し。
良くしてくれてた人達まで殺さんでも。
虎王さん [DVD(字幕)] 5点(2010-08-05 11:43:04)
12.いじめのさかんな学校は揃ってみてください。
白い男さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2009-08-05 22:50:30)
11.《ネタバレ》 そんなに怖いと思わなかったな。若かりし日のトラボルタが出ていて驚いたwただあのラストは確かにビックリはしたけど、正に「最後っ屁」って印象。劇場で見た人は驚いただろうに。
悲喜こもごもさん [DVD(字幕)] 5点(2009-07-24 23:02:17)
10.《ネタバレ》 他の方も言っていることですが、この映画は純粋なホラー映画ではないですね。ちょっと不思議な能力をもった女の子の、青春ストーリーといった感じです。クライマックスシーンで、ちょっと気味の悪いシーンはありますが、全体的にそんなに怖いと感じたシーンもなかったですし…。ただ、音楽は怖かったですね(笑)必要最小限の効果音的なBGMは、恐怖を倍増させるのに一役買っていたと思います。キャラ的には、トミーとスーの描き方がイマイチ分かりづらかったです。最終的には、二人とも心からキャリーに親身になっていたのかな?ともとれるのですが、そこにいたるまでの心の動きがよく分かりません。パーティーの間だけ恋人を貸してあげても、本当にキャリーのためになるわけではないでしょう。キャリーがちょっとおめかしをしただけでやたら綺麗になるのも、ちょっと都合がよい感じがしました。
hum7en-j%:?#?さん [DVD(字幕)] 5点(2008-07-27 12:18:45)
9.《ネタバレ》 友人に進められて鑑賞しましたが、ホラーということとラストがびっくりするという予備知識があったため所々読めちゃいました。(母親を殺すところはびっくりしたが・・・。)かなり怖いと吹っかけられたので気合入れてみましたが敷居を高くしてしまったせいかあまり怖さを感じなかった。やっぱり鑑賞前に人からあれこれ聞くもんじゃないなぁとつくづく反省。映画自体はうまくまとまっていたんじゃないでしょうか。ただスー達カップルが本当にキャリーを助けたかったのかいじめたかったのかもう少しわかりやすくしてほしかったかな。
鼻くまさん [DVD(字幕)] 5点(2008-01-23 03:46:08)
8.「恐怖」というより「悲哀」
Syuheiさん [DVD(字幕)] 5点(2006-06-21 15:33:21)
7.小学校の頃、片手を上着の袖から抜いておいて、襟元からいきなり「わっ!」と手を出す「キャリーごっこ」が流行った。流行らせたのは、これをやりたいがために「道徳」の時間に延々と本作のあらすじを語ってきかせた担任。
えいざっくさん [ビデオ(字幕)] 5点(2004-07-21 00:13:21)
6.10年くらい前に見た時、トラボルタって今どうしてんだろうとか、そっちの方に気がいってた。人間じゃなくて豚の血でちょっと安心。でも気色わるい・・
たつのりさん 5点(2003-10-06 23:43:42)
5.見た目の怖さは少しありましたが、心理的には別に何も感じなかったです。キャリーの母親に問題があるからで、なんだか日常でもありえるような気さえしてきます。最後は血まみれだからいかにもホラーっぽくなりすぎです。
フィャニ子さん 5点(2003-05-14 22:12:05)
4.フフフ・・・。
南浦和の赤い悪魔さん 5点(2003-05-13 22:31:30)
3. トラボルタのいじめ役と、往年の美少女ぶりに比べ何とも不気味なパイパー・ローリーの母親役演技と、ヒロインと共に豚の血を浴びる気の毒なウィリアム・カットに5点。
へちょちょさん 5点(2003-03-06 14:47:17)(良:1票)
2.え~と、前半から半ばにかけて、だらけるところが残念だと思った。私としては、キャリーよりキャーリーの母親の方が恐かったです。母親が包丁もって迫り来るシーンは、不気味だった。ラストのドッキリは、考えてるなあと思った。キャリーの墓にお参りに来る同級生。ほのぼのとした音楽。皆が油断してるところに、キャリーの血まみれの手が伸びてくる。これは私も、ビクっときた。
ジンタさん 5点(2002-10-13 14:50:41)(良:1票)
1.シシー・スペイセクに尽きる!!、余りにハマリすぎてて怖い。
眼力王さん 5点(2002-02-14 18:29:16)
別のページへ(5点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 201人
平均点数 7.09点
010.50%
110.50%
200.00%
352.49%
452.49%
5146.97%
63718.41%
75929.35%
84220.90%
92210.95%
10157.46%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.22点 Review9人
2 ストーリー評価 7.00点 Review12人
3 鑑賞後の後味 6.90点 Review11人
4 音楽評価 7.91点 Review12人
5 感泣評価 5.90点 Review10人

【アカデミー賞 情報】

1976年 49回
主演女優賞シシー・スペイセク候補(ノミネート) 
助演女優賞パイパー・ローリー候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS