バタフライ・エフェクト/劇場公開版のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > バタフライ・エフェクト/劇場公開版
 > (レビュー・クチコミ)

バタフライ・エフェクト/劇場公開版

[バタフライエフェクトゲキジョウコウカイバン]
The Butterfly Effect
2004年【米】 上映時間:114分
平均点:7.50 / 10(Review 308人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-05-14)
ドラマサスペンスSF
新規登録(2005-02-03)【rothschild】さん
タイトル情報更新(2010-12-19)【レイン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督エリック・ブレス
J・マッキー・グルーバー
キャストアシュトン・カッチャー(男優)エヴァン・トレボーン
メローラ・ウォルターズ(女優)エヴァンの母 アンドレア・トレボーン
エイミー・スマート(女優)ケイリー・ミラー
エルデン・ヘンソン(男優)レニー
ウィリアム・リー・スコット(男優)トミー・ミラー
ジェシー・ジェームズ(男優・1989年生)(男優)トミー・ミラー(13歳時)
キャメロン・ブライト(男優)トミー・ミラー(7歳時)
エリック・ストルツ(男優)ケイリーとトミーの父 ジョージ・ミラー
カラム・キース・レニー(男優)エヴァンの父 ジェイソン
サム・イーストン(男優)Theta Chi Pledge
ローガン・ラーマン(男優)エヴァン・トレボーン(7歳時)
イーサン・サプリー(男優)サンパー
ナサニエル・デヴォー(男優)レッドフィールド先生
ケンドール・クロス(女優)Mrs.ケーガン(レニーの母親)
ジョン・パトリック・アメドリ(男優)エヴァン・トレボーン(13歳時)
ロレーナ・ゲイル(女優)ボスウェル先生
アイリーン・ゴロヴァイア(女優)ケイリー・ミラー(13歳時)
ケヴィン・デュランド(男優)カルロス
ケヴィン・G・シュミット(男優)レニー(13歳時)
脚本エリック・ブレス
J・マッキー・グルーバー
主題歌オアシス"Stop Crying Your Heart Out"
撮影マシュー・F・レオネッティ
ヴァンス・バーバリー(第2班撮影監督)
製作クリス・ベンダー
製作総指揮トビー・エメリッヒ
アシュトン・カッチャー
配給アートポート
特殊メイクトビー・リンダラ
特撮トイボックス社(視覚効果)
録音ロン・ベンダー
字幕翻訳関美冬
動物エヴァンの飼い犬 クロケット
その他トビー・リンダラ(パペット操演)
あらすじ
とあるアメリカの片田舎。記憶をなくしがちなエヴァン少年は、近所のケイリー、トミー、レニーとなかよし四人組だったのだが、トミーの悪戯が過ぎて引越す事になってしまった。数年後、大学で記憶のメカニズムを研究する彼は、自分の日記を頼りに失った記憶を探し始める。初恋の相手ケイリーと、友だちのレニーの元を訊ねて過去の出来事を知ろうとしたが、レニーは引きこもりに、ケイリーは人生に疲れ果てていた。みんなの少年時代に、取り返しのつかない何かがあったのだ…彼の記憶に残っていないだけで…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(6点検索)】[全部]

別のページへ(6点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
32.《ネタバレ》 このようなタイムリープものが大好物なんだなと自分でも再認識。
最初から最後まで、緊張感の続くスリルな演出に鳥肌。
主人公の幼少期のエピソードにダイブして、人生が何度も変わるさまは見ていてハラハラする。
巷の数多くの高評価レビューで過剰期待していた自分にとっては、贔屓にする映画とまでは至らなかったが。
カジノ愛さん [DVD(字幕)] 6点(2017-08-05 09:34:31)
31.《ネタバレ》 評価が高かったので楽しみでしたが全体的に幼稚なストーリー運びでした。

子供の頃感じた「やり直せたら的、ドラえもん的、厨二病的」な幼稚なストーリーではありましたが、記憶が無い部分の伏線をキレイに回収していくストーリー自体は素晴らしいものでした。もっと魅力ある子役を使っていたらもっともっと感情移入できたのにとも感じました。
あと、他の方が書いていらっしゃるとおり、設定自体に穴が多いですね。。あれほど劇的に人生が変わっているのに日記が残っているとか、最後のタイムトラベルはビデオですから、、それならもう少し色々トライしてみればよかったのにとか。(日記やビデオはNGとして、写真オンリーにしてくれたほうがもっと情緒的だったと思ふ)

ただ、劇場版のラストはとても素晴らしかった!ネタバレしますが、ラストのホームパーティでの毒舌からエンディングすれ違い、オアシスの曲までの流れだけで6点です(笑)
アラジン2014さん [DVD(字幕)] 6点(2014-10-07 10:36:20)
30.時をかける~みたいにうまいこと進まないもんですね。確かに切ないんだけど、もうちょっとうまいこと振る舞えなかったんでしょうか?個人的にスッキリ終わって欲しかったです。
Kの紅茶さん [地上波(吹替)] 6点(2012-09-23 17:27:30)
29.《ネタバレ》  「人生の分岐点にもう一度行けたなら。」という考えは多くの人間が抱くものなんだろう。
 ただ、この作中ではどの道を選んだとしても、大概はアンハッピー。
 一番最初にトリップした分岐点に戻って、主人公の行動を変えてやり直してみるチョイスも見たかった。

 劇中は何が起きるのか分からないという緊張感があったし、展開が異様に早いのでスリルがあった。
 
 主人公含め、俳優陣のチョイスへの不満が大きい。
タックスマン4さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-09-18 11:26:36)
28.悪くはないんですが、ちょっとツメがあまいですね。
アフロさん [DVD(字幕)] 6点(2011-09-03 03:28:52)
27.《ネタバレ》 何度やり直してもどこかで歯車が狂ってしまう。どこか、タイムマシンと話が似通っていた。そもそも、たった一人の行動で誰かの人生を大きく左右してしまうほど影響力はないはず。人生とはもっと大きなそれこそ神の所業と言わざるを得ない力に翻弄されるものである。
いっちぃさん [地上波(字幕)] 6点(2010-03-22 14:49:55)
26.カッチャー君のこと見直した。彼の出演作で見たことがあるのは「ゾルタン星人」と「ベガスの恋に勝つルール」だったもんで。
センブリーヌさん [DVD(吹替)] 6点(2009-07-05 15:07:17)
25.《ネタバレ》 なんとも中途半端な終わり方。人と関わらなければ何も問題は起こらないなんてオチはあまりにも投げやりだ。映画の冒頭、主人公は自分の記憶を補完するため、7年間離れていたケイリーを突然訪ね、彼女のトラウマを掘り起こし悲劇に追い込む。この行動に不快感を示さない人はそういないだろう。その後主人公による人生の操作は続くが状況は徐々に悪化、収拾がつかなくなってくる。問題は最後の決断だ。彼女を突き放し、関係を根本から断ち切る。彼女を救うため?笑わせないで欲しい。これは単なる責任放棄でしかない。
他人に対する責任を負う為の背中の広さには限界がある。それを無理に乗せようとしてずり落ちていった赤ん坊とその母親、自身の母親、友人レニー、そしてトミー。
それでも(独りよがりとはいえ)最後まで捨てようとしなかったケイリーに対する責任を、彼は最後に放棄した。

「I'LL COME BACK FOR YOU」この言葉を、教授と張り合う時間をほんのちょっと捨て、かの「I'LL BE BACK」と発言したキャラクターには及ばない程度の行動力で実行する。ただそれだけで良かったはずだ。
これを切ないエピソードだと言うのは分からなくもないが、それは主人公の視点に寄り添い過ぎている様に感じる。
それでも観客をぐいぐいと引き込む力をこの作品は持っていると思うので6点を。
njldさん [DVD(字幕)] 6点(2009-06-19 22:54:10)
24.《ネタバレ》 エグいシーンも多く万人向けでは無いが面白い。DVD特典映像で他パターンのラストシーンを観たが、オリジナル(劇場公開版)が一番良い。
たくわんさん [DVD(字幕)] 6点(2009-04-27 20:00:49)
23.《ネタバレ》 脚本に粗さが目立つけど、発想は面白いと思う。自分なら新しい記憶の中でうまくやっていくか、みんながハッピーになる展開を見つけるまで試してみると思った。父親の存在は無くてもよかったかな。バタフライ・エフェクトという言葉からもう少し違う内容を予想してました。
nojiさん [地上波(字幕)] 6点(2009-03-18 01:26:47)
22.《ネタバレ》 本当はありきたりな話だけど、ミステリーホラー色があいまってそこから悲恋としての展開が印象に残させるのだと思います。
しかし、冷静に主人公を分析すると本来の人生では大事なところで何もできず、迎えに行くと言って行かなかったり、そういう本人のカルマがどんな選択分岐を通っても同じ問題にあたるという事であり、あんまり彼女を救おうとする所には共感を俺は呼ばない感じです。一番良かったのは過去に戻れても同じ考えの人間は同じ過ちを繰り返し本当の意味のカルマの克服には真に過ちを理解し反省する事ができないと駄目という部分ですね。でも主人公はどこでメモリースキップがあったのか経験したはずだから同じところに戻らなくてもというのは気が付くはずと思いますがね。途中で。日記とか画像見ないとだめって設定もどうかと。
森のpoohさんさん [地上波(字幕)] 6点(2009-01-10 12:38:47)
21.《ネタバレ》 言うほど面白くなかった。
過去に戻って好きな人を助けるという設定はまぁ無難で面白味もなく普通。

撮影方法と演出はなかなかでした。
それに主人公が好きな人を助けようとして結局悪い方向へと行くわけだが、秀才なはずの主人公がドジって自滅してるだけの話。
面白いのは最初だけで過去に戻り始めると長い。
Sway N Linさん [DVD(字幕)] 6点(2008-10-25 11:03:11)
20.《ネタバレ》 前知識なく見ましたが、ぐいぐい見てしまいました。面白かったです。
が、何だろこのもやもや・・・と思っていろいろ考えてみたのですが、エヴァンがケイリーのことを本当に愛していることを前提にした話だと思うんだけど、案外そう見えない瞬間があったり、なんで戻ってまたおろかなことをする!?というところでしょうか。
ところで、エヴァン少年が、なぜあんな絵を描いたか、というところにつながらなかったのですが、あれはどうしてなんでしょうか・・・
しかし前半でのなぞを残して、後半でやり直しまくる、というのは観てて面白かったです。
そこに戻って、あら!そうなっちゃうのー!?と、いろいろ裏切ってくれて、多分、ストーリーを知っていたら手に取らなかったかもしれないこの映画も、楽しんで観れました。
しゃっくりさん [DVD(字幕)] 6点(2008-08-20 23:14:28)
19.《ネタバレ》 皆さん言っている様にラストは素晴らしい、あと脚本も素晴らしい。
でも話自体は結構出つくしたジャンルで、割と平凡に感じました。あと最初にあのシーンをわざわざ少しだけ持って来た意味ってあるのでしょうか。正直いらなかったと思いました。
民朗さん [地上波(字幕)] 6点(2008-08-05 01:30:53)
18.《ネタバレ》 中学生くらいが妄想するような、身悶えする結末の作品。ラストに至るまでに突っ込みどころがたくさんあり、ああいうラストにする必然性はあまり感じられません。もっとやりようがあるだろう、とやきもきしてばかりでした。あのラストに関しても、冷静に考えると主人公の"逃げ"だな、と思います。”こんなにつらいなら産まれてこなければよかった”なんかと一緒の発想です。好きな人を自分のそばに置いて、自分の手で守るという行為を、完全放棄してしまったのですから。ただそれでも、作品として、映像としてあの結末を見せられると、やっぱり理屈抜きでせつないなと思いました。自分の好きな人と最初から出会わないようにする、というのは、一種の自己犠牲のように思えますからね。とりあえず、あの結末のせつなさに+1点、です。
hum7en-j%:?#?さん [DVD(字幕)] 6点(2008-07-22 13:35:13)
17.《ネタバレ》 前半、サスペンス調で、子供の暴力や動物虐待など自分の苦手なシーンがかなりありましたが、この先どんな展開があるのだろうと期待しつつ我慢して見ました。後半、ガラリとSF調に変わり、過去の内容がコロコロ変わっちゃうのを見ていて、前半の我慢はなんだったんだ?って感じでした。で、とことん悪い方へ?と思ったら、最後はラブストーリー風?で、ほのかにハッピーエンド??、、、なんだかなぁ、、、。
カルーアさん [DVD(字幕)] 6点(2008-02-25 19:13:41)
16.《ネタバレ》 彼女の人生を変えてあげたいと過去に戻ったら
違う人が不幸になっていたということか。
ちょっと子どもの暴力シーンは嫌いですが、設定としては面白いです。
気になるのは、関わるのをやめた結果は単に目をふさいだだけなのかです。
飴おじさんさん [DVD(字幕)] 6点(2007-09-30 15:22:19)
15.《ネタバレ》 最初こそ意味不明の不思議映画?と思いましたが、途中から「些細なことでマイナスに転じた他人の人生を変えたい一心で旅を続けていくのね」と合点。さほどのサプライズはありませんでしたが、基本的構想、主人公の好演、ストーリーのテンポの良さを評価して6点献上。ちょっと贔屓目?
赤松五太郎さん [DVD(字幕)] 6点(2007-08-16 03:08:58)
14.《ネタバレ》 タイムトラベル物によくある現在と過去を行き来するのでストーリーを掴み難いですが、その流れを掴めれば最後まで楽しめます。DVDについた別エンディングと比較して公開版に一票でしょうか。ただストーリーとエンヂングはどこかで見たような気が・・・。そんな鑑賞感こそバタフライ・エフェクトだったりして。
hikoさん [DVD(字幕)] 6点(2007-07-14 23:16:38)
13.うーんどこかで観たような話でした。結局最後どうなったのって感じだし、いまいち脚本が練られていないと思います。主演の二人は大熱演でした。好感が持てますが、どこが切ないの?どこが泣き所なの?
たかちゃんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-02-08 07:24:34)
別のページへ(6点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 308人
平均点数 7.50点
000.00%
110.32%
210.32%
341.30%
482.60%
5154.87%
63210.39%
77524.35%
89631.17%
95718.51%
10196.17%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.18点 Review37人
2 ストーリー評価 8.15点 Review60人
3 鑑賞後の後味 8.01点 Review61人
4 音楽評価 7.10点 Review46人
5 感泣評価 6.56点 Review46人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS