ファイナル・デスティネーションのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ファイナル・デスティネーション
 > (レビュー・クチコミ)

ファイナル・デスティネーション

[ファイナルデスティネーション]
FINAL DESTINATION
2000年【米】 上映時間:98分
平均点:6.85 / 10(Review 249人) (点数分布表示)
公開開始日(2001-01-20)
ドラマホラーサスペンスシリーズものミステリーオカルト映画
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2009-06-05)【マーク・ハント】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジェームズ・ウォン〔監督・脚本〕
助監督ジャック・ハーディ
トーマス・J・ライト(第二班監督)
演出J・J・マカロ(スタント・コーディネーター)
キャストデヴォン・サワ(男優)アレックス・ブラウニング
ショーン・ウィリアム・スコット(男優)ビリー・ヒッチコック
チャド・ドネッラ(男優)トッド・ワグナー
アリ・ラーター(女優)クレア・リバース
カー・スミス(男優)カーター・ホートン
アマンダ・デトマー(女優)テリー・チャニー
クリスティン・クローク(女優)ヴァレリー・ロートン
トニー・トッド〔男優・1954年生〕(男優)ウィリアム・ブラッドワース
ダニエル・ローバック(男優)
ブレンダン・フェア(男優)ジョージ・ワグナー
三木眞一郎アレックス・ブラウニング(日本語吹替版)
小西克幸ビリー・ヒッチコック(日本語吹替版)
真殿光昭トッド・ワグナー(日本語吹替版)
朴璐美クレア・リバース(日本語吹替版)
石田彰カーター・ホートン(日本語吹替版)
落合るみテリー・チャニー(日本語吹替版)
山像かおりヴァレリー・ロートン(日本語吹替版)
銀河万丈ウィリアム・ブラッドワース(日本語吹替版)
原作ジェフリー・レディック(原案)
脚本グレン・モーガン
ジェームズ・ウォン〔監督・脚本〕
ジェフリー・レディック
音楽シャーリー・ウォーカー
撮影ロバート・マクラクラン
製作グレン・モーガン
ウォーレン・ザイド
クレイグ・ペリー[製作]
ニュー・ライン・シネマ
製作総指揮ブライアン・ウィッテン
配給ギャガ・コミュニケーションズ
特殊メイクジェフ・レッドナップ
レイチェル・グリフィン(メーキャップ・アシスタント)
ハーロウ・マクファーレン
特撮ピクセル・マジック社(視覚効果)
美術カーラ・スワンソン(タイトル・デザイン)
編集ジェームズ・コブレンツ
字幕翻訳森泉佳世子
日本語翻訳高山美香
スタントJ・J・マカロ
その他ブエナビスタ(発売・販売)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(6点検索)】[全部]

別のページへ(6点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
59.《ネタバレ》 人智を超えた存在(死神?)によって死を運命づけられた七人の若者たちが、その死の筋書きの裏をかき、なんとしても生き延びようと悪戦苦闘するサバイバル・ホラー。まあアイデアは抜群にいいですけど、なんか脚本がいまひとつでした。ぼちぼちってところかな。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 6点(2018-04-02 22:57:32)
58.ホラーとして十分楽しめる映画だった。決まっている順番を狂わせると次の人になるという設定だったが、狂わされた順番が最後まで行ったときまたループすることを示唆するエンディングが怖かった。好み30/50、演出10/15、脚本12/15、演技5/10、技術7/10、合計64/100→6/10点
chachaboneさん [DVD(字幕)] 6点(2018-02-18 10:56:43)
57.《ネタバレ》 1作目。4作目まで見た状態で書いている。振り返ればこの作品の構造は、続編を作っていくにあたってなかなか優れたフォーマットだったと思う。

冒頭にいきなりショッキングな事故が起き、予知の幻視によってそれを逃れた人々が一人ずつ死んでゆくことが判り、その運命からなんとか逃れようとするさまを描く…ショックシーンを次々と見たい観客に対して非常に効率的な作りであるが、これは大枠だけで言えば、「リング」のような、呪いの存在→その謎解き、という流れのJホラーにも近いオーソドックスな話と言える。
で、この映画のちょっとした発明は、ホラー表現における雰囲気作りのための予兆や不吉な出来事のシーン、もしくはホラー以外でもよく見受けられる小手先のサスペンス演出を、偶然の積み重なりといった体で全編に敷き詰め、モンスターの出現とか正体というようなストーリー上の帰結ではなく、死ぬ過程の演出そのものを楽しむ仕組みになっていることである。
結果、幽霊やモンスターは出ないので「なあんだ」とがっかりされることはなく、当然キャラクター化もしない。また、どうせ死ぬことが分かった状態で死に方を楽しむ形式なので、ストーリーがほとんど同じでも摩耗が少ない。
ここで大事なのはひたすら演出のキレと緩急で、終盤やや失速するが、そのあたりなかなかよく計算されている。
みこらそんさん [DVD(字幕)] 6点(2018-02-07 05:54:29)
56.《ネタバレ》 ホラー映画のアイデアとしては、確かに平成になってからの作品では群を抜いたオリジナリティを持っていることは認めましょう。冒頭の飛行機事故の描写なんかも、恐ろしさでは歴代三位以内に入る墜落映像ですし、乗客の中に赤ん坊や障碍者がいるところをわざわざ観客に見せつける脚本の悪意には嬉しくなってしまいます。主人公の少年の行動を客観的に観れば、そりゃFBI捜査官でなくても生き残ったこいつが頭がおかしくなって連続殺人犯になったと思いますよ。ということで中盤までは不条理サスペンスの色彩まで感じられて良いんですけど、なんど説明されても理解できない死神の論理が出てくると頭を抱えたくなってしまいす。あちらの世界ではどうなのかは存じませんが、人間界ではこういう拘りに捉えられている人のことはパラノイアと呼ぶんですよ(笑)。 その後のシリーズ作ではやりすぎの世界に没入していってしまうんですけど、本作ぐらいの殺され方がちょうど良い(?)かもしれません。女教師の死に方がなんかいちばん悲惨な気がしましたけど、ラストの結局失敗してしまいましたが死神の“スネーク電線攻撃”も冷静に考えるとおバカの極みみたいな映像じゃないですか。のちのシリーズ作では顕著になってゆくんですけど、殺し方に凝りすぎるあまりほとんどコメディみたいになってしまいます。まあそれもこの映画の味なんですけどね。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-05-10 23:39:15)
55.夏になると1本は見たくなる、ティーン向け低予算ホラー映画の典型版。その中でもこれは結構面白い方。
Junkerさん [DVD(字幕)] 6点(2014-11-01 16:03:09)
54.《ネタバレ》 そこそこおもしろかった。
加害主体が誰なのか、何なのか解らないところが良さなんだろう。
スプラッターな感じの話はあまり好きじゃないのだけど、結構楽しめた。

それにしても家の中の角とか尖ったものが恐ろしくなる。机の角とかガクブル。
黒猫クックさん [DVD(吹替)] 6点(2012-04-14 20:43:58)(笑:1票)
53.《ネタバレ》 予備知識なしで望んだ映画。のっけからB級感マルだしでしたが思いのほか見れる見れる。特に飛行機のシーンはよかった。爆発の悲惨さの映像はあくまで夢のなか。そして現実では遠目で爆発(遠目ってのがいいね)。同じ出来事を夢と現実(内側と外側)で2回に分けて観る側にショックを与えるいい演出です。生き残りのサバイバルのほうですが、本来「あっ!」って言わせたいところ(女の子がバスに跳ねられるシーンとか、キャップの男の子の首が飛ぶシーンとか)ではいち早く察知してしまい(笑)、驚けませんでした。特にキャップの子はなんでいちいちそっちに回り込むの!そこガムテでバミってんの?と突っ込んでしまう。とは言うものの第一作ということもありなかなかハラハラして見れました。
Jar_harmonyさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-08-03 16:31:02)
52.《ネタバレ》 オープニングはB級臭がプンプンと漂っていたけれど、そのうちに引き込まれて行きました。主人公が運命(あるいは死神?)から逃れるために何をするのか、という部分が興味深かったです。尖ったもの・電気で動くもの・液体状のものが危ない。文明社会で生活するなってことですね。最初はボンクラに見えた主人公の顔付きが最後は凛々しく見えるあたりがちゃんと演出されていて感心しました。自分なら健康診断の血圧とかコレステロール値がフラッシュバックしそうだ。主人公は若者限定ですね。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-06-07 21:05:55)(笑:1票)
51.《ネタバレ》 VS.死神というのがなんかイマイチのれなかった。 でも死に方は良い感じにエグイのでホラー好きなら1度ぐらいは観てもいいかな
ケ66軍曹さん [DVD(字幕)] 6点(2010-03-01 22:56:47)
50.ケーブルで途中から観たが、その後2作目(デッドコースター)を観て俄然これはホラー好きとして押さえとかねば(笑)!とDVDで全部通して観た。最初の時に観れなかった飛行機の予知夢の迫力には感心したし、取り乱して飛行機を降りる主人公とその後「死」に狙われることになる仲間たちとの息詰まるようなやりとり→実際に事故が起こる流れも良い。まあ中盤以降と2作目を観ていたので、この展開は予測がついたのだが、ほぼ期待通り。その後の展開となる「不慮の死の死に様オンパレード」、これは続編2作と比べると地味だが、無駄なくよくまとめた感じ。線路で車が立ち往生しシートベルトが取れないシーンはハラハラするし、それでは結局死ななくて、別の子が直後にいきなり死んでしまうのも常道っぽいが怖かった。謎解きも続編2作より丁寧。しかし、考えると一発アイデア的な映画(でもオーメンで既出のアイデア?)なのに、ほとんど同じ展開でシリーズ化され、しかも結構うけてるのって、「どんな死に方があるのかしら。わくわく。」って人が多いんだなあ・・・。
あっかっかさん [CS・衛星(字幕なし「原語」)] 6点(2009-01-09 13:35:27)(良:1票)
49.シリアスなんだけどショッキングな形で人がどんどん死んでいくのが笑えてしまいます。冒頭の飛行機墜落のシーンが一番恐かったです。そこそこ楽しめるお手軽B級ですね。
すべからさん [ビデオ(字幕)] 6点(2008-07-29 16:27:18)
48.《ネタバレ》 死神という敵を見えないかたちで登場させ、偶然と戦うという設定は面白い。ただあのラストも含めてB級感が強すぎる。テレビで見るのにはちょうどいい感じがした。
ディーゼルさん [ビデオ(吹替)] 6点(2008-05-22 22:38:13)
47.《ネタバレ》 偶然の事故で人が死ぬってこのように偶然と偶然が重なってなんだろうなと感じました。但し、トイレの水とか、電線とか意思を持って動いているのもありますが(笑)
きままな狐さん [地上波(吹替)] 6点(2008-05-22 18:28:59)
46.《ネタバレ》 「ああ、次はこいつが死ぬんだな」と、すっごい他人事(笑)で観れる映画。でも、こう言ったら悪いがその「死に方」がとても凝っているのでついつい見入ってしまう。何も考えずに観るにはGoodな作品。
珈琲時間さん [地上波(吹替)] 6点(2008-05-16 08:12:09)
45.《ネタバレ》 冒頭の飛行機事故の映像はドキドキ。まさしくB級なんだけどハラハラさせくれるのは良い出来ということなんだろう。死には筋書きがある。なかなか斬新な発想だと思う。
タッチッチさん [DVD(吹替)] 6点(2008-05-15 22:27:17)(良:1票)
44.予知夢により飛行機事故の難を逃れた人たち。その彼らが、次々に謎の死を遂げていく、という上々の滑り出し、この後どんな展開が待っているのか、どんな真相が待ち受けているのか、期待はイヤが上にも高まるぜ!と思ったら・・・結局、本当に「それだけ」の映画だったという、実に裏も表も無い率直な映画でした。この映画のまわりくどい惨劇、つい『裸の銃を持つ男』のOJシンプソンを思い出してしまいます。ラストも何だか、出来の悪い落語のサゲみたい。おあとがよろしいようで。
鱗歌さん [DVD(字幕)] 6点(2007-11-22 08:41:11)(笑:1票)
43.《ネタバレ》 一発芸的な映画だが、シリーズ化されちゃってます(笑)いわゆるスラッシャーホラーの殺人鬼を「死」そのものに置き換えただけなのだが、ピタゴラ装置的に迫り来る「死」はなかなか見応えがある。終盤、列車に衝突しそうになり間一髪助かった不良が、よく見るとおしっこ漏らしてる。誰も見てないかもしれないのに、こういう妙に芸の細かい演出って好き。ラストも後味悪いのに、何故かスカッとする。
フライボーイさん [DVD(吹替)] 6点(2007-11-01 07:27:27)(良:2票)
42.面白そうに始まって、普通に終わっていく。ご都合主義ありありではあるが、それなりに楽しめる。瞬発力で見せるホラー映画。
ムッシュ★いち~ろ!!さん [DVD(字幕)] 6点(2007-08-11 10:58:23)
41.テンポがよかったですね。これから死ぬまで永遠と続くのであろう死神プレゼンツ「死のトラップ」。特に落雷鳴り響くシーンでの多段トラップのコンボを凌ぐ主人公たちの姿が凛々しい。そして一番悲惨だったのは女教師。あの場面はコントとして捉えた方がいいのかもしれない。ラストがいい感じでした♪
ライトニングボルトさん [DVD(字幕)] 6点(2007-07-03 10:49:15)
40.序盤のつかみはまぁまぁだが、だんだん失速していく感じ。中盤以降すこしだれる。
ucsさん [DVD(字幕)] 6点(2007-02-24 23:03:37)
別のページへ(6点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 249人
平均点数 6.85点
000.00%
100.00%
200.00%
352.01%
483.21%
5239.24%
65923.69%
78032.13%
84317.27%
9249.64%
1072.81%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.62点 Review8人
2 ストーリー評価 6.93点 Review16人
3 鑑賞後の後味 6.40点 Review15人
4 音楽評価 5.33点 Review6人
5 感泣評価 3.66点 Review6人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS