画家と庭師とカンパーニュのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > 画家と庭師とカンパーニュ
 > (レビュー・クチコミ)

画家と庭師とカンパーニュ

[ガカトニワシトカンパーニュ]
Conversations with My Gardener
(Dialogue avec mon jardinier)
2007年【仏】 上映時間:105分
平均点:7.20 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-08-02)
ドラマコメディ小説の映画化
新規登録(2008-08-20)【ボビー】さん
タイトル情報更新(2015-02-14)【ESPERANZA】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジャン・ベッケル
キャストダニエル・オートゥイユ(男優)画家(キャンバス)
ジャン=ピエール・ダルッサン(男優)庭師(ジャルダン)
エロディー・ナヴァール(女優)画家の娘(キャロル)
ヒアム・アッバス(女優)庭師の奥さん
牛山茂画家(キャンバス)(日本語吹替版)
伊藤和晃庭師(ジャルダン)(日本語吹替版)
佐々木優子画家の妻(エレーヌ)(日本語吹替版)
宮島依里画家の愛人(マグダ)(日本語吹替版)
宮寺智子庭師の奥さん(日本語吹替版)
脚本ジャン・コスモ
ジャン・ベッケル
作曲ウォルフガング・アマデウス・モーツァルトクラリネット協奏曲イ長調K.622
ジュゼッペ・ヴェルディ歌劇「ナブッコ」より「行け、我が想いよ、金色の翼に乗って」
撮影ジャン=マリー・ドルージュ
配給ワイズポリシー
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(6点検索)】[全部]

別のページへ(6点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 自分には一回見たらもういい感じですし、他人にオススメするには面白みに欠けていると思いますが、ラストは不意に涙が出ました。他人に頼まれて描く絵に「何も感じない」と言っていたシーンや、「野菜を描くなんてベジタリアンのレストランにしか飾れない」みたいに言ったシーンがあるから、グッときました。思えば庭の作物は庭師の作品なわけで、でも主人公は自分の絵のことばかりで庭のことにはあまり関心を示していなかった。庭を指して「自分の人生だ」と言う庭師に対し、主人公は自分の絵を指して同じ思いがあるのかどうか…そんな彼が最後に作物に水をやるシーンと展覧会の絵が良かったです。それと、バイクと犬のシーンはずっと焼き付いて離れない気がします。
だみおさん [DVD(吹替)] 6点(2013-05-14 09:57:12)
別のページへ(6点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 7.20点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6120.00%
7240.00%
8240.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS