うなぎのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ウ行
 > うなぎ
 > (レビュー・クチコミ)

うなぎ

[ウナギ]
the eel
1997年【日】 上映時間:117分
平均点:6.61 / 10(Review 66人) (点数分布表示)
公開開始日(1997-05-24)
ドラマ小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2013-10-13)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督今村昌平
助監督井上文雄
キャスト役所広司(男優)山下拓郎
清水美砂(女優)服部桂子
柄本明(男優)高崎保
常田富士男(男優)中島次郎
倍賞美津子(女優)中島美佐子
市原悦子(女優)服部フミエ
哀川翔(男優)野沢祐司
田口トモロヲ(男優)堂島英次
河原さぶ(男優)郷誠太郎
佐藤允(男優)高田重吉
深水三章(男優)医師
上田耕一(男優)刑事
光石研(男優)刑事
小沢昭一(男優)初老の医師
中丸新将(男優)
平泉成(男優)刑務官
石堂淑朗(男優)
北村一輝(男優)
小西博之(男優)監察官
寺田千穂(女優)山下恵美子
原作吉村昭「闇にひらめく」(新潮文庫「海馬」より)
脚本冨川元文
天願大介
今村昌平
音楽池辺晋一郎
製作奥山和由
企画成澤章
制作IMAGICA(制作協力)
配給松竹
松竹富士
特殊メイク松井祐一
特撮坂美佐子(デジタル合成)
美術稲垣尚夫
赤松陽構造(題字)
編集岡安肇
録音紅谷愃一
北田雅也(音響効果)
照明岩木保夫
舘野秀樹(照明助手)
木村明生(照明助手)
あらすじ
妻の浮気を目撃した山下(別所広司)は発作的に妻を刺殺し自首する。8年後、仮出所した山下は極度の人間不信に陥っていた。彼は他人とは関わり合いを持とうとはせず、唯一、うなぎだけが話し相手であった。あるとき山下は自殺未遂を起した女(清水美砂)を助ける。彼女もまたこの世に失望していた。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(7点検索)】[全部]

別のページへ(7点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
11.やっぱり今村監督っていう方は、人間の怖いところも綺麗なところもことごとくリアルに描きますね。
素直に面白いといえる作品でした。
タックスマン4さん [DVD(邦画)] 7点(2009-04-18 21:07:15)
10.主人公が警察へ自主するシーンがとても痛快だった。
Sleepingビリ-さん [DVD(字幕)] 7点(2005-08-31 17:13:00)
9.今村流の新喜劇といったところだろうか。程好く滑稽で人情味もある。普通に楽しめる作品。清水美砂が好きです。
もとやさん 7点(2004-03-29 18:24:16)
8.《ネタバレ》 “男の性” というか..人を殺してしまった “男の生き様” というか..しみじみと哀愁漂う作品です...
コナンが一番さん [ビデオ(邦画)] 7点(2004-01-21 18:27:24)
7.どこから来たのか得体の知れない主人公に、なぜだかみんなして関わっちゃうんだよねー、という情景がコミカルで邦画らしくて良かったです。そしてまた主人公も淡々とした生活から一変、人と関わっていくことになる。殺人シーンまであるのに重い感触は全く無く、最後の最後まであっけらかんとしていて気持ち良かった。床屋のサインポールの新利用法を発見。
のはらさん 7点(2004-01-15 20:30:32)
6.面白いです。スリリングなシーンがありながらも、全体に流れるこっけいな感じが見事です。
MASHさん 7点(2004-01-03 08:44:23)
5.《ネタバレ》 のっけから「ショーシャンク~」のような「愛と死の間で」のようなショッキング映像。自首シーンもすばらしい。が、その後が物足りない。いや決してつまらなくはないんだけど。最初がすごいだけに期待しすぎてしまったのかな。仮出所後のかれは服役前よりむしろイキイキしていて、脱皮してる。脱皮したいが為に妻を殺したのだろう。不倫などは起爆剤か思い込みかにすぎない。「うなぎ」とは産卵して旅する清水美砂のことだったんですね。
ちゃかさん 7点(2003-11-29 21:31:27)
4.≪少々ネタばれ≫もっとうなぎとよくしゃべるのかと思いきや、そんなでもなかったですね。但し、その分柄本さんとの対比があって面白かったです。今村さんは何でも綺麗に仕上げてくれますね。いいシーン結構あったけど、最初の役所さんが口笛吹きながら出頭するところが印象的でした。この後の罪悪感の無さに絡んでくるところです。
ningenfushaさん 7点(2003-03-04 10:26:23)
3.うなぎの子と人間の子は違うだろう?と思いながらも、なかなかの良作です。うなぎ=山下<役所>、高崎<柄本>=山下の悪の部分の象徴など、それぞれの比喩設定が面白い。自分の世界に閉じこもる山下は、やがて桂子<清水>を受け入れ、うなぎを放し、自己解放を果たす。音楽がややダサイというか、古臭いのが残念。
クロマスさん 7点(2003-02-09 17:50:15)
2.純粋な気持は常に正しい行動に結びつくわけではなく、恐るべき凶器(狂気?)にもなる。しかし、それは同時に人を引き付け、本人もそれによって救われることもある。「純粋な気持」を正しいとは言えないが正しいと信じたい、そんなことを感じさせてくれる映画でした。それにしても妻を殺害するシーンは怖かった…
ペリエさん 7点(2002-04-20 20:40:09)
1.シネマ・ジャパネスク万歳!!
松下怜之佑さん 7点(2001-07-31 04:35:56)
別のページへ(7点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 66人
平均点数 6.61点
000.00%
100.00%
200.00%
323.03%
411.52%
51421.21%
61827.27%
71116.67%
81319.70%
934.55%
1046.06%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.33点 Review3人
2 ストーリー評価 7.25点 Review4人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review4人
4 音楽評価 7.00点 Review4人
5 感泣評価 6.66点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS