浅草キッドのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 ア行
 > 浅草キッドの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

浅草キッド

[アサクサキッド]
2021年上映時間:123分
平均点:7.67 / 10(Review 12人) (点数分布表示)
公開開始日(2021-12-09)
ドラマ青春もの実話もの伝記もの小説の映画化配信もの
新規登録(2021-12-14)【鉄腕麗人】さん
タイトル情報更新(2022-03-13)【Yuki2Invy】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督劇団ひとり
キャスト大泉洋(男優)深見千三郎
柳楽優弥(男優)ビートたけし
門脇麦(女優)千春
中島歩(男優)井上
鈴木保奈美(女優)麻里
風間杜夫(男優)田山淳
尾上寛之(男優)東八郎
大島蓉子(女優)
原作ビートたけし「浅草キッド」
脚本劇団ひとり
作詞桑田佳祐「Soulコブラツイスト〜魂の悶絶」
作曲桑田佳祐「Soulコブラツイスト〜魂の悶絶」
編曲桑田佳祐「Soulコブラツイスト〜魂の悶絶」
主題歌桑田佳祐「Soulコブラツイスト〜魂の悶絶」
製作ネットフリックス
企画ネットフリックス
制作日活(制作プロダクション)
配給ネットフリックス
美術磯田典宏
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(7点検索)】[全部]

別のページへ(7点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.テレビでのお笑いバラエティの台頭と演芸の町浅草の衰退。それを背景にした人々の営みが、ビートたけしの下積みから成り上がりまでの半生を通して、丁寧に描かれていて、特別大きな感動があるわけではないですが、じんわり、しんみりと充実感が得られました。「誰も知らない」の子役のあの柳楽優弥が、まさか後にビートたけしを演じることになろうとは・・・と感じ入るところがあるのですよね。主役の柳楽に限らず、他の配役も非常に面白いところを責めているなあと思いました。ビートきよしがナイツの土屋で、全然似せる気が無いのもいいし。大泉洋は安定しているし。今まであまり知らなかった門脇麦も魅力的でした。日本映画でコメディー的なものをやると、とかく過剰演技になりがちだけど、そうならなかったのは、人選から、町の再現から、丁寧につくり上げたところが大きいのでしょうね。お笑い芸人の自伝であって、いわゆるコメディーじゃないということもあるけれど。
camusonさん [インターネット(字幕)] 7点(2023-02-18 20:07:36)
2.《ネタバレ》 いい映画。恩師って素敵だなあ
たけしが賞金を師匠に渡すときのあの緊張感。お互いなんとも言えない気持ちだったろうなぁ。
芸人だったらいつでもボケろ、って他の仕事にも通じるもんがあるなぁ、とかいろいろ感慨深かったです。
Keytusさん [インターネット(邦画)] 7点(2022-01-09 05:04:57)
1.感動してしまいました。芸人ってかっこいいですね。
HRM36さん [インターネット(邦画)] 7点(2021-12-21 10:27:16)
別のページへ(7点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 12人
平均点数 7.67点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6216.67%
7325.00%
8433.33%
9325.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS