ザ・クリエイター/創造者のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 サ行
 > ザ・クリエイター/創造者の口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

ザ・クリエイター/創造者

[ザクリエイターソウゾウシャ]
The Creator
2023年上映時間:133分
平均点:5.82 / 10(Review 11人) (点数分布表示)
公開開始日(2023-10-20)
アクションドラマSF
新規登録(2023-08-18)【にゃお♪】さん
タイトル情報更新(2024-01-24)【Cinecdocke】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ギャレス・エドワーズ〔監督〕
キャストジョン・デヴィッド・ワシントン(男優)ジョシュア
渡辺謙(男優)ハルン
アリソン・ジャネイ(女優)ハウエル
ラルフ・アイネソン(男優)アンドリュース
恒松あゆみマヤ(日本語吹き替え版)
森川智之ハルン(日本語吹き替え版)
小宮和枝ハウエル(日本語吹き替え版)
脚本ギャレス・エドワーズ〔監督〕
クリス・ワイツ
音楽ハンス・ジマー
製作ギャレス・エドワーズ〔監督〕
アーノン・ミルチャン
配給ウォルト・ディズニー・ジャパン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(7点検索)】[全部]

別のページへ(7点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 なんかよく理解できず疑問が残ったまま終わる映画。
人とは戦いたくないAIのはずが、捕虜の人間兵士をボコボコ血だらけにするシーンの意味が不明。
宇宙ステーションのように空中に浮かぶ人間側の攻撃基地の重力制御が超超ハイテクなのだが、
それらのハイテクとアジアの地上の農作業の技術レベルが違い過ぎて違和感が大きい。
アンドロイドを人に似せるのは仕方ないが、喜怒哀楽全開にして涙流して泣くとかまでシュミレート
した意味も不明。 アンドロイドを家族にしたい? アンドロイドが人と家族になりたい?
で、リアルな性格にしたから、冒頭の怒りのバイオレンスシーンなのか? 雑なプログラム。
AIに核攻撃された件は、実際は人間サイドのミスによる事故だという情報があるのに
それを元に和平交渉を試みないのもオカシイし、怒りでAI狩り皆殺しに走るのも極端すぎる。
植物状態になった母親マヤと、AI娘アルフィーの関係の詳細について説明が不足で、物語の主軸と
なる家族愛のウエーブに今一つ乗り切れない。
いろいろとワカラナイままエンディングになってしまい、歓声「ニルマータ!」が、誰に対しての
歓声だったのか疑問のままエンドロール・・
それでも目を見張る壮大なCGの美しさで、ハリウッドの技術の高さに圧倒されます。映画館の
大画面で見ればよかったと後悔役立たず。
まあ細かい疑問は放っておいて、流れに任せて見れば、ほぼほぼアバターと同じ骨格の映画です。
肉付けが違うだけの印象。
けなしてるように聞こえそうですが、良い映画だとは思います。渡辺謙さんが主要なキャストで
何故か日本語ばかり話してます。相手は日本語じゃないのに・・ でも嬉しいような変な気持ち
その健さんが撃たれて死んだと思ったら、後で普通に生きてた理由も分りませんでした。
今一つ感動に乗り切れなかったのでこの点数でスミマセン。
グルコサミンSさん [インターネット(字幕)] 7点(2024-01-31 19:37:55)
1.オリジナル脚本のSF大作ってことで期待して観に行ったが、なかなか面白かった。
ストーリーも絵作りも既視感ありありなんだけど、一定のクオリティは保ってるからいいんじゃないかな。
タイ語?日本語、英語入り交じるカオスな世界で、ハンス・ジマーの荘厳な音楽聞きながら、ハリウッド版芦田愛菜の演技を楽しむ。
大作好きにオススメ
おとばんさん [映画館(字幕)] 7点(2023-10-29 21:56:27)
別のページへ(7点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 11人
平均点数 5.82点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
419.09%
5436.36%
6327.27%
7218.18%
819.09%
900.00%
1000.00%

【アカデミー賞 情報】

2023年 96回
視覚効果賞 候補(ノミネート) 
音響賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS