リターナーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > リ行
 > リターナー
 > (レビュー・クチコミ)

リターナー

[リターナー]
RETURNER
2002年【日】 上映時間:118分
平均点:5.68 / 10(Review 152人) (点数分布表示)
公開開始日(2002-08-31)
アクションSF特撮もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-02-19)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督山崎貴
尾上克郎(特撮監督)
助監督片島章三
キャスト金城武(男優)ミヤモト
鈴木杏(女優)ミリ
岸谷五朗(男優)溝口一哉
樹木希林(女優)
高橋昌也〔男優・1930年生〕(男優)劉老板
岡元夕紀子(女優)八木綾子
村田充(男優)溝口の手下
飯田基祐(男優)唐沢
川合千春(女優)劉の通訳
本郷奏多(男優)少年時代のミヤモト
石田法嗣(男優)シーファン
石井愃一(男優)田宮主任
樋口真嗣(男優)科学者
神谷誠(男優)傷病兵
ローラ・ウィンドラス(女優)チベット基地 技術士
島津健太郎(男優)
脚本山崎貴
音楽松本晃彦
主題歌レニー・クラヴィッツ「DIG IN」
撮影柴崎幸三
佐光朗
木村信也(撮影助手)
相馬大輔(撮影助手)
製作亀山千広
島谷能成
阿部秀司〔製作〕
フジテレビ(「リターナー」フィルムパートナーズ)
東宝(「リターナー」フィルムパートナーズ)
ROBOT(「リターナー」フィルムパートナーズ)
白組(「リターナー」フィルムパートナーズ)
IMAGICA(「リターナー」フィルムパートナーズ)
企画島村達雄
プロデューサー堀部徹
制作ROBOT(制作プロダクション)
配給東宝
特撮山崎貴(VFX)
渋谷紀世子(VFXディレクター)
佐藤敦紀(VFX)
石井教雄(VFXプロデューサー)
白組(VFXプロダクション)
納富貴久男(ガン・エフェクト)
BIG SHOT(銃器特殊効果)
美術上條安里
龍田哲児(装飾)
松井祐一(特殊人体造形)
編集田口拓也
照明上田なりゆき
尾下栄治(照明助手)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想(8点検索)】[全部]

別のページへ(8点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
20.《ネタバレ》  第一印象は、『ビジュアル一流』『脚本二流』『演技は三流』というイメージ。
 見ているほうが恥ずかしくなるようなセリフと演技の数々。
 プロットはもろ『マンガ』で、『E.T』や『マトリックス』や『ターミネーター』にインスパイアされている感じですね。
 やたらバイオレンスだったり、やたらコメディタッチだったり、映画としてのバランスもそんなに良いとは思えません。
 失礼ながら、『B級臭丸出しの作品が、頑張って背伸びしちゃってる』と感じるのです。
 オープニングの金城武の棒読みのシークエンスから、はっきりとこの映画の『レベル』ってのを感じ取ってしまって、つまりはそれ以降なめて見ていたんですね。
 『擬態宇宙船』やら『加速装置』やら、いろいろと面白そうなギミックを見つけては、喜びます。映画の内容とは関係ないとこで遊んじゃう感じです。ずーとそんなぬるいテンション。そしていよいよクライマックス。
 『あー終わったー。そりゃ普通に帰るよねー。消えていく映像すげーじゃん。なんか感動的ー。』
 とか思ってて。そんで、
 『ん?まだ続くのかい?下手に長引かせないほうがよろしいんじゃございません?』
 と思っていたら、『ん?ん?あー!!そーゆーことかー!!』
 と、油断していた私は、まんまとこの映画の仕掛けに引っかかりまして、そりゃあもう最高のラストを感じられたわけですね。
 これが完成度の高い作品だったら、きっと気付いちゃったであろう仕掛けに、気付かないおかげで感じられたラストの驚きと清涼感。
 タイムスリップものは『タイムパラドックス』の問題が入ってくるとややこしくなるから苦手なんですが、この作品ではその辺はスルー。そこも潔くてわかりやすくて良かったですね。
 死にかけの宇宙人も、宇宙船団が故郷に帰るための『門(ゲート)』としての役割だったわけで、彼がいないとみんな帰れなかったわけですね。そんで地球人のせいで故郷に帰れなくなったから、報復で地球人を皆殺しにする未来を変えたわけだ。
 大きなプロットも、小さなプライベートストーリーも、すべてが丸くおさまって、観終わった後はなかなか気分爽快でございました。
たきたてさん [DVD(邦画)] 8点(2016-12-02 14:45:45)(良:2票)
19.結構お気に入りで何回も見てます。金城武のセリフ回しは違和感バリバリですが、いいアクションを見せてくれます。(今、日本でまともなアクションができるのはコイツだけじゃないか??)鈴木杏も今後が期待できる女優さんです。技術的にはハリウッド的なことが日本でもできることが分かったので後はいい脚本ができるかどうかではないでしょうか。
Endorphineさん [DVD(邦画)] 8点(2008-07-21 23:36:25)
18.《ネタバレ》 邦画にしては、テンポも速く、時代設定よりはさらに遡った日本での出来事?と思えば、それなりに流れも理解しえたので、お気に入りの邦画の1つです。3回目の鑑賞ですが、新鮮味は落ちていません。鈴木杏さんという女優さんのちょつと中性的なところが生きていた映画でした。
亜酒藍さん [DVD(字幕)] 8点(2007-08-21 00:56:17)
17.ぜんぜん何の前情報もなし、期待もなし、表紙だけ見て借りてきたら、すっげーおもしろかった!!単純ストーリーの中に伏線とかがあって、いいほうに期待を裏切ってくれた。いやあ、掘り出しもんだ。
SAKURAさん [DVD(邦画)] 8点(2007-04-30 22:43:33)
16.「ちょっとバカにしてやろ」くらいな、斜に構えて見るつもりが、いつの間にか引き込まれ、最後には感動しちゃったりして、自分としては不思議な感じでした。そんなつもりじゃなかったのに、って。オリジナリティが限りなくゼロに近く、どこかで見たような映像ばっかりで、ストーリーがどんどん先読みできちゃって、なのに面白くて感動的で。これだから映画って面白いですわ。きちんと全てを完璧に近い状態に整えたって面白くない映画もあれば、バカみたいな内容だったり、いい加減なセンスだったり、ツッコミどころ満載だったりする映画でも面白くなっちゃうものもある、と。これはB級映画の神様が降りてきた映画ですね。「アルデンテ」に涙する、ヘンにカワイイ鈴木杏がイイです。ただし、音楽だけはダメ出ししたいですねぇ。ミリのテーマ、『ディープ・インパクト』のテーマ曲のイントロを丸々コピっちゃってるとしか思えません。あそこまでロコツな事しちゃダメだぁ。
あにやん‍🌈さん [映画館(邦画)] 8点(2004-01-24 21:08:15)(良:1票)
15.いやらしくなくバクれているな、と感心。ステロタイプをいかに飽きさせずに見せるか、ということも、いわばハリウッドの伝統の1つだとすれば、これは十分にその課題をクリアしていると言えるのじゃないかしらん? いやハリウッド方式が最高とはもちろん思わないが、最も見慣れている雰囲気に近いということは、見ていて安定感を感じるわけです。しかしもしもこれが単なる「亜流」作品だったら、安定どころか腹が立つばかり。だから、洋画と同じ感覚で楽しく見ることが出来た、というのは、「ハリウッドに近づいたなあ」ということが嬉しいのではなく、純粋に「いい作品を見ることが出来たなあ」というヨロコビなのです。鈴木杏ちゃんは今後さらに楽しみな女優である、という発見も、大きなヨロコビです。それ以外にも、この映画はヨロコビがいっぱいだと思う(オトボケ金城もいい味だし、画面の質感も好み! エトセトラ)ので、もう1点増やしちゃおう! でも全然ほめすぎだとは思いません。(ところで、この映画こそ、パート2を作らないのかなあ・・。)
おばちゃんさん 8点(2003-12-16 01:27:16)
14.邦画だけど、CGけっこうよかった。最後の雨のシーンがまたひとひねりあってよかった。楽しめる映画。けっこう特撮のシーンがいろいろと洋画のおいしいところを取り入れて楽しめた。
なかがわさん 8点(2003-12-04 22:43:27)
13.鈴木杏が14歳ながら地球の未来を背負った女の子を演じていて、これが良いんですよ・・。金城武は素で演技していたみたいだけれど、格好よく見えてくる不思議。「シール爆弾」の一連の内容・セリフが個人的にはヒット。
宇宙船やら宇宙人やらのVFXは確かにすごいですけど、個人的にはそれよりストーリーが良かったと思います(飛行機の変身とかもすごいですけどね)。軽い伏線をうまく使った「ラスト」も観終わった後の感じが良し。
コレが初の悪役という岸谷五朗がとんでもないワルを熱演。『レオン』のゲイリー・オールドマンをほうふつさせるような狂いっぷりで映画に華を添えていました。ワキでは樹木希林の怪演がすごい・・
ムレネコさん 8点(2003-11-14 20:25:49)(良:1票)
12.至って普通に楽しむ事ができました。「クソガキ」と「宮本」の掛け合い漫才的コンビは良かったと思う。いろいろ諸説在るかもしれないがσ(^^)は嫌いじゃないなぁ 鈴木杏が気に入ってるからかも・・岸谷も金城も気に入ってるからかぁ・・・(^^;;  迷子には親切にしないとねぇ・・・(笑)
だだくまさん 8点(2003-11-02 07:24:29)
11.今までの日本になかった映画。ハリウッド映画並みの作品だと思う。岸谷五郎の演技が光ってた
ヤス3582さん 8点(2003-08-22 02:42:35)
10.新鮮さはないがおもしろかったしかっこよかった。一番よかったのが鈴木杏じゃないかな。2は作るのでしょうか?作らないほうがいいと思うけどな~。
タコスさん 8点(2003-07-25 14:28:08)
9.金城くん観たさに期待せずに借りたがおもしろかった。バクリっちゃパクリだけど笑い飛ばせて観れちゃうし、ソニックムーバーのシーンはかっこいいし♪日本の役者さんでミヤモトの役ができる人はやっぱいないかなぁ~って感じです。ストーリー的にはチャイニーズマフィアとSFはやっぱり府に落ちないって感じでしたが・・・岸谷さんの悪役はなんか狂暴性が感じられず私的にはイマイチでした。。。
ルーCさん 8点(2003-07-14 00:53:22)
8.よかったです。最後のほうはCG見せたいがためにっていう感じしたけど。金城武の演技にはもうなれちゃった。あれも持ち味かなぁと。
F4さん 8点(2003-06-21 18:42:03)
7.それほど期待していなかったので甘い採点かも。パクリの評価もあるがうまく消化してると思う。コメディ路線に走っても面白かったかも。もう一度見たくなります
ミッドさん 8点(2003-06-15 02:26:11)
6.確かにいくつかの超有名作品の影を感じるが素直に面白かった。邦画のアクション作品としてはかなり良作と思う。岸谷五郎の冷徹ぶりが主役を引き立たせている。ただ金城武と鈴木杏、岸谷五郎のやりとりうんぬんが面白いのであってエイリアンがどうこういうのは正直どうでもいい。
whitecatさん 8点(2003-05-16 00:41:43)
5.sayzinさん、ドラえもんさんとほぼ同意見。ほんとに節操がないくらい見た事のあるものばかり。だがこのテンポの良さ、中だるみの無さは邦画特撮アクション映画としては特筆もので、飽きさせないサービス精神には非常に好感が持てました。とにかく特撮よりも小気味良い演出が光っています。あとはよく練られた設定と脚本と、金城武のまともな日本語演技があればw 見た目がカッコ良くてこういう映画に似合う俳優って、日本人では彼以外皆無だからな~w 何はともあれ、素直に楽しめたので8点です。
extlさん 8点(2003-04-29 19:36:14)
4.変な体制で銃撃ったりサマーソルトで敵の銃蹴り飛ばしたりと…日本映画とは思えないアクション!!
ジャイアンズは永遠に破滅ですさん 8点(2003-04-01 15:23:53)
3.見る前に「○○にそっくり」というような情報があまりにも多かったので期待していなかったんだけど、要素としては取り入れているけど、どれもそれなりのオリジナリティがあって、模倣とは違うと感じた。鈴木杏は心配したほど過剰な演技ではなくてよかったし、岸谷吾朗の小気味いいほどの悪党ぶりも、いつもながらの円熟味を感じさせる樹木希林もよかった。金城武は演技がヘタなのではなく、日本語のイントネーションが「演技がヘタ」と感じさせてしまうほどひどいのです。スケール感のある、いい俳優なのだから、もういっそ日本語をしゃべる芝居には出ないでほしい(笑)。それと「めでたし、めでたし」で終わったら5~6点だったけど、最後のエピソードがすごくよかった。あれがあるとないとでは大違い。
INAさん 8点(2002-09-28 08:07:19)(良:1票)
2.面白かったです!全体を通して、結構興奮してました☆日本映画でもこんな作品ができるんだ、としみじみ感じました。濃いキャラクターばかりですが特に岸谷五郎の熱演には目を奪われました。金城武も立ち姿がカッコよく、少しファンになりました(笑)ビデオになったらまた見ちゃうかも。
もみじプリンさん 8点(2002-09-20 11:41:25)
1.ベースは「ターミネーター」を逆手にとったもので、後はご存知「マトリックス」「E.T.」「MI:2」等々(「異人たちとの夏」を彷彿とさせるシーンも・・・)、引用作品を挙げるとキリがないほど。“節操がない。”“オリジナリティがない。”と言われればそれまでだが、しかし、それらのヒット作のテイストが決して模倣ではなく、巧みなアレンジでドラマ及びアクションにしっかり生かされ、立派に自己主張している点で、実にしたたかな作品となっている。テンポの良い演出もさることながら、シャープでスピード感溢れるアクションと、VFXの完成度の高さには脱帽せざるを得ない。さらに、主役二人を喰ってしまいそうな岸谷五郎のキレっぷりが、作品をより魅力的なものにしている。作り手の頭の良さを痛切に感じさせる作品だと言える。
ドラえもんさん 8点(2002-09-12 23:41:41)
別のページへ(8点検索)
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 152人
平均点数 5.68点
021.32%
110.66%
2106.58%
3117.24%
4127.89%
53321.71%
62717.76%
72717.76%
82013.16%
942.63%
1053.29%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.80点 Review5人
2 ストーリー評価 4.71点 Review7人
3 鑑賞後の後味 6.22点 Review9人
4 音楽評価 4.66点 Review6人
5 感泣評価 3.83点 Review6人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS