昼下りの情事のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヒ行
 > 昼下りの情事
 > (レビュー・クチコミ)

昼下りの情事

[ヒルサガリノジョウジ]
Love in the Afternoon
1957年【米】 上映時間:130分
平均点:7.04 / 10(Review 71人) (点数分布表示)
公開開始日(1957-08-15)
ラブストーリーコメディモノクロ映画小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-04-10)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ビリー・ワイルダー
キャストオードリー・ヘプバーン(女優)アリアーヌ
ゲイリー・クーパー(男優)フランク・フラナガン
モーリス・シュヴァリエ(男優)クロード
フランツ・ワックスマン(男優)(ノンクレジット)
池田昌子[声]アリアーヌ(日本語吹き替え版【DVD/1970年テレビ朝日/1973年テレビ朝日】)
小川真司〔声優・男優〕フランク・フラナガン(日本語吹き替え版【DVD】)
山野史人クロード(日本語吹き替え版【DVD】)
辻親八ミスターX(日本語吹き替え版【DVD】)
松本大マイケル(日本語吹き替え版【DVD】)
黒沢良フランク・フラナガン(日本語吹き替え版【1970年テレビ朝日/1973年テレビ朝日】)
中村正[声優]クロード(日本語吹き替え版【1970年テレビ朝日】)
富田耕生ミスターX(日本語吹き替え版【1970年テレビ朝日】)
広川太一郎マイケル(日本語吹き替え版【1970年テレビ朝日】)
滝口順平ミスターX(日本語吹き替え版【1973年テレビ朝日】)
富山敬マイケル(日本語吹き替え版【1973年テレビ朝日】)
原作クロード・アネ『アリアーヌ』
脚本I・A・L・ダイアモンド
ビリー・ワイルダー
音楽フランツ・ワックスマン
撮影ウィリアム・C・メラー
製作ビリー・ワイルダー
ドーン・ヘリソン(製作補)
リー・カッツ(製作補[ノンクレジット])
配給松竹
日本ヘラルド(リバイバル)
美術アレクサンドル・トローネ(美術監督)
衣装ユベール・ド・ジバンシー(ノンクレジット)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
51.パリを舞台にしているが、パリの街をあまり堪能できなかった。ゲーリークーパーに敬意を表してこの得点。監督、ビリーワイルダーにはずれはない。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-03-03 23:45:01)
50.終始ニコニコでした。セリフ回しやちょっとしたやりとりが秀逸で、さすがという感じです。ヘップバーンもそれほど好きじゃなかったですが、この映画ではやられました。
色鉛筆さん [映画館(字幕)] 7点(2010-02-13 17:52:16)
49.《ネタバレ》 久しぶりに観たのですが、う~んやっぱりいいかも。一途で健気な嘘を突き通すアリアーヌの涙に、プレイボーイのフラナガンも溜まらず…あのラストシーンは永遠ですな。それを見守る父親もいい。少女でありながらも必死に女を演じようと嘘を重ねるアリアーヌと、弄ぶ側からいつしか振り回される側になるフラナガン。その過程を彩る音楽も心地いい。最初から最後まで上品で可憐。小さくても一級デザートを食べたような感じです。
泳ぐたい焼きさん [DVD(字幕)] 8点(2009-10-24 19:18:45)
48.《ネタバレ》 先日BSでやっていたので久々に観ましたが、いい映画は何度観てもやっぱりいいもんですね。こういう昔の落ち着いた品のあるラブコメは50年が経過した今に観ると逆に新鮮に感じられます。オードリーは本作でもやっぱり魅力的。駅での感動的な名ラストシーンも何度観てもいいですね。列車が走り出し、フラナガンに向かって精一杯強がるオードリーが何と可愛いことか。そして4人組の楽団の皆様!フラナガンさんからいっぱいギャラとチップ貰ったことでしょうけど最後は素敵な映画の締めまでやっていただいてお勤めご苦労様でした。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2009-05-05 22:12:24)
47.《ネタバレ》 妻が見たことがないというので一緒に久しぶりに見てみたが、何回見ても細かいところがいちいち楽しい映画。見るほうが年を重ねるといっそう、オードリーのいたいけな姿が大人視線で愛らしくうつる。エンディングも、どうなるか知っているのに何回見ても泣ける。浮気男は結婚しても変わるはずもないが、彼女はきっと強くたくましく生きていくのだろうと明るい未来が感じられる。
小原一馬さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2008-11-05 23:37:00)
46.せっかくオシャレで小粋な設定なのに、いろんなシーンを不必要に引っ張っているせいで、ラブコメの命であるスピード感やリズム感が削がれる結果となっている。あちこちで無理に台詞を詰め込んでしまったのが原因でしょうね。本来、2時間を超えるべき作品ではないと思います。それと、冒頭の語りの内容も、結局中身とはあまり関係ないですね。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2008-07-02 03:32:32)
45.《ネタバレ》 富豪のプレイボーイ(ゲイリー・クーパー)が正体不明の若娘(オードリー・ヘプバーン)に振り回されていくのは面白かったです。逆に、純粋なオードリーが彼にのめりこんでいく様を観るのは辛かったですが(^^;探偵の父親が(特に会話が)いい味を出しているのが良かったです。たらららら~ら…の魅惑的な音楽もいいですね。ただ、ラストに彼らが結婚しましたが、根っからの遊び人は結局結婚しても変わらないでしょう。個人的にはハッピーエンドとは思えず、「オードリー、かわいそうに。」と思ってしまいました。
まいったさん [DVD(字幕)] 6点(2007-10-28 02:33:59)
44.《ネタバレ》 ヤ○チンに振り向いてもらうために・・・嫉妬させて自分だけを見てもらうために、背伸びしてプレイガールぶっちゃうオードリーがとてもいじらしく可愛らしかった―――なんて感想、マフィアに脅されても言えんわ。いたいけな処女が、カネモチ・ハンサム・ヤリチ○というぐらいしか情報のないオジサマにのめり込んでいく様子を微笑んで見守ってあげられるって宇宙のような広い心やと思うわ。動機が分からない、前提を理解できていないのに勝手に話し進められても置いてけぼりくらってしまう。んで、事実を知ったらオジサマ急にいい奴になったりして、でもやっぱり可愛いから連れてっちゃおみたいな展開になって、「ま、すぐに捨てられて泣きを見るやろ」とか思いよったら、結婚して幸せになったりしとんもん。何ともまぁ映画的でヤラしいわ。 というかまじめな話、オードリーのような個性俳優に演技俳優のような役を与えるのは明らかな過ちだと思うのだが……
stroheimさん [ビデオ(字幕)] 2点(2006-04-22 19:49:23)(笑:1票)
43.正直、観てる間、早く終わったらいいのに、と思ってましたが、ラストあたりになって面白くなった。ラストが良かったので、救われた感じです。ところで、あの楽器隊は仕事だといえ、大変だなぁ、と思ってずっと観てましたw いいキャラクターだ・・・。
瑞鶴さん [DVD(字幕)] 4点(2006-03-31 17:50:38)
42.よくできているのだけれどビリーワイルダー作品をかなり見た後だったので、、、ちょっと雰囲気に飽きた感じです。また時をおいてから見ようかな。
maemaeさん [ビデオ(字幕)] 7点(2005-11-08 14:11:56)
41.《ネタバレ》 遊びなれた女のフリをするオードリーに、稀代のプレイボーイのゲーリー・クーパーが振り回されるという、その駆け引きが面白い。
駅頭の別れの場面で、アリアーヌ(オードリー)が精一杯強がって見せる場面は、彼女のそのいじらしい気持ちがとてもよく伝わってくるだけに、名場面だと思った。
そこに至るまでの終盤の展開が特に上手いと思いました。
プレイボーイを何とか自分に嫉妬させようとして、有りもしない恋愛譚を小娘がデッチ上げるというのはなかなか度胸が要ると思いますが、いきなりホテルの窓から入ってきて、フラナガン(クーパー)に命の危険を知らせるという、その一風変わった出会いが有ったからこそ、効果が有ったんですな。
とにかく展開に無駄が無いので、素直に入りこめますね。
ケース・バイ・ケースさん [DVD(字幕)] 9点(2005-11-03 20:44:24)
40.《ネタバレ》 
魅惑のワルツという音楽が実によくかかるのですが、

それを演奏しているバンドの入れ方がコミカルでもあるのでひつこく感じない。

G・クーパー演じる富豪はどこへ行くにも楽団をつれてゆきますが、

公園のボートからサウナまでバックグランドミュージックのごとく、

お供しますので楽しいのです。

いつも同じところで泣ける(まあ私の悪い癖かも)と言うあの有名な列車のシーン。

そこでもこの音楽は効果的に使われこういう演出には弱いなぁ・・

あと気に入ってるのがヘップバーンが妬かせるためにレコーダーに恋愛遍歴を録音。

それをクーパーが何度も何度も聞きながらお酒を浴びるほど飲むシーン。

そこでも楽団のおかしく効果的な演出・・

音楽もこういう品のいいかわいらしい使われ方をするという見本。

B・ワイルダーの他の作品は今のところ「アパートの鍵貸します」くらいなので、

もっと見てみようかなぁと思っています。

鏡の使い方が上手ですね。

ちょっと使いすぎかもしれないけれどこの範囲ならおしゃれかも。

奥行きがあって上品に感じました。

ヘップバーンは実は私は苦手なのですが、

この映画は初めてヘップバーンにめぐり合えた作品です。

これは何から何までかわいいです。

ファッションも私が大好きな感じでまるでお人形さんのようです。

特に好きなのがパンツスタイルにおさげ、10代に見えるくらい。

なかなか30前でこのスタイルが似合う女優さんはいないでしょう。

この役柄も私は好きですね。

一目ぼれしたプレイボーイの富豪と同等のように振舞う背伸びした少女。

多分こういう時期って誰にでもあると思うんですよ。

そして富豪も親子くらい年が離れたクーパーを見て、

共感を覚える中年男性もいらっしゃるかもしれません。

ヘップバーンの父に共感を覚える人も・・

つまりはどの年齢の人が観ても誰かに共感しやすい映画なのです。

監督の演出がステレオタイプなのかもしれませんが、

特に後半になると恋愛ドラマだけでなく、

色々な感動がゆっくりと味わえる映画だとも思います。

そういった恋愛コメディ映画はほとんどが熟年なのに、

この作品は珍しいキャスティングで微笑ましくもかわいらしく切ない。

恋愛々していないのが好きですが題名が品がないのが残念。
アルメイダさん [映画館(字幕)] 8点(2005-10-22 12:18:05)
39.ラストシーンがよかったです。“アリアーヌ巻き”のオードリーが可愛かった。泥酔する楽団や犬を叱り付けるオバサンがおもしろかった。
ギニューさん [DVD(字幕)] 7点(2005-08-28 21:10:27)
38.確かに、楽器隊がこの映画の肝であることは疑いない。サウナのシーンや飲んで寝てしまうところなんて本当に楽しい。でもヘプバーンが恋に落ちるきっかけがどうも納得行かない感じで、いまいち入り込めなかった。
HKさん [DVD(字幕)] 7点(2005-06-19 20:54:19)
37.ビリー・ワイルダー監督らしいお洒落な雰囲気と粋な会話、ユーモラスたっぷりの世界をオードリーが見事なまでに可愛く演じていて大好きな一本!「ローマの休日」のオードリー・ヘップバーンは別格として、その他の出演作の中ではこの映画のオードリー・ヘップバーンが一番好きです。
青観さん [DVD(字幕)] 9点(2005-06-17 22:26:43)
36.《ネタバレ》 恋に上下の隔てなし。百戦錬磨の色男であるフラナガンが小娘のアリアーヌを軽くあしらっていたのが、徐々に心乱されていく様が何度見ても味わい深いです。遂に陥落してしまラスト、甘いのですが、あとに続くシーンに免じて良しとします。クーパー、ヘプバーン、シュヴァリエもさることながら、楽師達の存在感は只事ではなく、実に味わい深い四人です。彼ら無しでは本作は成り立たないでしょう。小粋さが心地よい大好きな作品です。
The Grey Heronさん [ビデオ(吹替)] 9点(2004-12-28 02:08:44)
35.ヘプバーンかわゆい! ストーリーは、もう少し短くてもいいかも。
よしふみさん 6点(2004-12-12 15:29:37)
34.《ネタバレ》 テーマは不貞だけど、これっぽっちも嫌らしさを感じさせない。それにしても実際この二人の年齢はどれくらい離れているのでしょうかね、ゲイリー・クーパーは役柄上ちょっと歳を取りすぎじゃない?なんて思いつつも、プレイボーイかつ嫉妬に狂う男を好演。ビリー・ワイルダーは相変わらず小道具の使い方の上手さが冴える!あのチェロケースは「デスペラード」の原型でしょうか?(笑)、しっかりとワインボトルをせしめる楽団メンバーにも大笑い。結局この映画には憎めるキャラクターがいないんですよねぇ、探偵の父親は勿論のこと、フラナガンを殺しに来たXおじさんも端役でオードリーに振り回される学生君も良い味出しています。バンバンお仕置きされちゃう子犬はちょっと可哀想だったかな。ラストは優しく「愛してるよ、アリアーヌ」とでも言ってくれるのかと思っていたら、まさかそのまま抱き上げて連れて行っちゃうなんて…。全く先のことを考えていないその場限りのハッピーエンド、こんなにも期待を裏切られたロマンスは「カイロの紫のバラ」以来!それでも個人的には「アパートの鍵貸します」に次いで最も好きなワイルダーのラブストーリーです。
かんたーたさん 9点(2004-09-19 19:34:52)(良:1票)
33.《ネタバレ》 ワイルダー、ハリウッド監督13作目。そしてI・A・Lダイアモンドと脚本を組んだ最初の作品です。ワイルダーによるとダイアモンドという人は極端に性的表現を恥ずかしがる人だそうで、そういや、この作品もオードリーの魅力とあいまって品のある作品となってますねー。唯一、邦題だけが・・・なんだこの艶っぽさは。さてさてそれはさておき、この作品もワイルダーお得意の“なりすまし”から始まる物語。不倫相手の女性になりすまし、プレイガールになりすますことで、さんざん女性を振り回しきたプレイボーイを振り回すのは、本当は純真無垢な音大生。父親から真実を知らされ、荷物をまとめてオードリーと部屋を出るクーパー、廊下でチェロにちらっと目をやるクーパー、その後チェロを手に階段を降りる父。ワンカットで撮られたこのシーンは、チェロを媒介に実に巧く映像で語ってくれます。ラスト、駅で必死にふりをするオードリー、知っているクーパー、見る者はクーバーが知っていることを知っているだけに切ない別れ・・・あーいい映画だったなー・・・で終わるはずがひょいとオードリーを持ち上げ、列車へ
・・・えー、2人は結ばれちゃうのー!?、親父ものん気に判決うんぬんなど台詞を決めている場合じゃないだろと思うんだが、あくまで個人的な好みで、このラストはどうしても気に食わないなー。プラットフォームに残されたオードリーにチェロを渡す父の姿で終わってほしかった。しかし、アンクレットに挑発された男というのは「深夜の告白」では悲劇的な最後を迎えるんですけどねー。ちなみにオードリーはオードリーでも、クーパーとオペラを観劇していたご夫人は本物のワイルダーの妻、オードリー・ワイルダーです。
彦馬さん 8点(2004-06-21 23:19:48)
32.《ネタバレ》 ストーリーとしてはやっぱり平凡な恋愛ドラマって感じかもしれない。ハッピーエンドは良いんだけれど、特にハラハラもしなかったから全体的に山がなかったかも。ただ、オードリーの背伸びしてるところ可愛いし、台詞も思わず微笑んでしまうものが多数!!
うらわっこさん 6点(2004-06-08 00:57:48)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 71人
平均点数 7.04点
011.41%
100.00%
211.41%
300.00%
434.23%
5811.27%
61216.90%
71521.13%
81419.72%
91318.31%
1045.63%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 7.00点 Review4人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review4人
4 音楽評価 8.75点 Review4人
5 感泣評価 8.00点 Review1人
chart

【ゴールデングローブ賞 情報】

1957年 15回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 候補(ノミネート) 
主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)オードリー・ヘプバーン候補(ノミネート) 
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)モーリス・シュヴァリエ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS