パリ、テキサスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > パリ、テキサス
 > (レビュー・クチコミ)

パリ、テキサス

[パリテキサス]
Paris,Texas
1984年【西独・仏】 上映時間:146分
平均点:7.77 / 10(Review 177人) (点数分布表示)
ドラマロードムービー
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2012-11-30)【にじばぶ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ヴィム・ヴェンダース
キャストハリー・ディーン・スタントン(男優)トラヴィス・ヘンダースン
ディーン・ストックウェル(男優)トラヴィスの弟 ウォルト
ナスターシャ・キンスキー(女優)トラヴィスの妻 ジェーン
ベルンハルト・ヴィッキ(男優)ウルマー医師
オーロール・クレマン(女優)ウォルトの妻 アン
ジョン・ルーリー(男優)スレイター
サム・シェパード(男優)
ハンター・カーソン (男優)トラヴィスの息子 ハンター
脚本サム・シェパード
音楽ライ・クーダー
撮影ロビー・ミューラー
製作総指揮アナトール・ドーマン
配給フランス映画社
あらすじ
テキサスに存在するという地、「パリ」を探して放浪の旅に出たトラヴィス。暑さと疲労で倒れた彼は、弟に引き取られてロサンゼルスに連れ帰られる。そこには4年前に置き去りにした息子のハンターがいた。しかし妻の姿は見えない…。1984年のカンヌ映画祭で、満場一致でグランプリ(現パルムドール)を受賞したという逸話を持つ傑作。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
157.映像の美しさに打たれる20代、ストーリーの間合いに感心する30代、心の風景に染み入る40代って感じだが、上手に年をとるのはむずかしい。もう少し年齢を得てから、また見てみたい映画である。
みんな嫌いさん [DVD(字幕)] 7点(2012-11-26 23:51:36)
156.《ネタバレ》 独特の雰囲気はいいですね。ゆったりとした「間」は、美しい絵の構成と共に心のどこかに訴えかけているかのよう。でもね、やっぱり無責任な奴だと思ってしまうのも事実な訳で、、、子どものことを考えればあんな行動をとるだろうか?  深く静かな想いは理解できたかなと思ってオリマス
Kaname🌟さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-11-08 21:19:13)
155.こういう映画を心打つ感動の映画だというのだろうと思う。しかし昔映画館で見たときは、とてもすばらしく思えてもトラヴィスの心境を理解することができなくて、私自身この映画を封印してしまっていた。以来二十数年、DVDを手に入れてからもなお、わだかまりがあってもう一度見ようとしなかった映画、非常に良かったという印象はあっても、フランスのパリではなくテキサスのパリだということくらいしか思い出せなくなってしまっていた映画、意を決してようやくDVDを見た。すると見ているうちにどんどん記憶が蘇ってきた。そして最大の難所のラストシーンもありのままに受け入れることができた。これも当時ハンターよりまだ小さかった我が子が一人前になって独立するだけの年月が経っていたからかもしれない。
年月が経てば映画に対する思いも変わっていくものだとつくづく感じる。今では素直に10点満点。
ESPERANZAさん [映画館(字幕)] 10点(2012-07-30 15:07:17)
154.《ネタバレ》 小津安二郎を嫌でも思わせる俯瞰的なカット、驚異的なロングテイク、主人公の心情描写を極力排しその演出がラストのピープショウでの会話において意味を成すシーンなどは実に良い。既に言い尽くされている通り各シーンの撮影の上手さ、シネマスコープには目を奪われます。物語としても私も主人公と同じく結構嫉妬深い性格なのでかなり感情移入もしてしまいました。ただ一言だけ言わせてもらうと、とにかく"眠かった"という感想になってしまいます。各シーンに役者のアクションが余りないので仕方が無いとはいえ、取りあえずエンターテイメント性を映画に求める人間としてはやや観ていて辛い映画でした。ライ・クーダのギターも激シブなのですがそれ以上に眠気を誘う音楽にしか聴こえない。
民朗さん [DVD(字幕)] 5点(2012-07-21 23:41:27)
153.《ネタバレ》 ビデオ、DVDで繰り返し見た大好きな映画。いざ劇場でみると久々な所為か忘れ抜けてるシーンが多くて驚いた。単純に絵として美しい事に驚く。何故主人公が立ち去るのか納得できない。ゆっくり考えたい。10年後20年後と長い距離で観て自分を見比べていきたい。そんな鑑賞に耐えうる素晴らしい作品。
reitengoさん [映画館(字幕)] 9点(2011-12-13 16:41:43)
152.4年間失踪していた男が、再び家族と向き合う姿を描いたドラマ。
先の展開に期待感を抱かせる設定と構成で、鑑賞する側の気持を引っ張るという点では、
中々いい作りではないかと。中盤の家族の思い出を表現したシーンも印象に残っているが、
終盤でのちょっと変わったアイデアが面白かった。登場人物たちの心の内がじっくりと、
まったりと伝わってきます。息子役の子役がすごくかわいいんだけど、
妻役のナスターシャ・キンスキーも魅力的。「序盤の設定や伏線をちゃんと回収できてるの?」
「ラストはこれでいいの?」という部分もなきにしもあらずだが、映像、演出面など、
作品全体から漂う雰囲気が自分の嗜好に合った。よくよく考えると主人公のオヤジ、
変は変なんだけどね。そういった意味では、やや男性向けの作品なのかな。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 7点(2011-10-07 15:58:47)
151.《ネタバレ》 崩壊した家族のかつての幸せの欠片を探すトラヴィス。やり直しのできない不器用な男を巡るこの話が独特の美しさを獲得しているのはハンターとN・キンスキーとライ・クーダーの音楽があればこそ。ハンターが好きだ。子供らしい駄々こねを見せたかと思うと、父親の精神年齢を超える明晰さをさらりと表したり。無駄にドレスアップしたトラヴィスを前に「ラッキーだったのさ」と友だちに何気なく言うシーン。「左だよ、パパ」と明確に促すシーン。泣けて泣けて。そしてナスターシャ・キンスキー。ぐらり、とバランスが崩れると異形の造形にもなりそうな危うい彼女の美貌が、薄暗く妖しい風俗店のミラーの中でとてつもない迫力。息を呑んだ。彼女とハンターが抱擁する場面、二人の金髪がさらさらと溶け合って、こんなにきれいなものは初めて見た、と思った。きっとこの先は大丈夫なんだ。いざとなったら、ハンターにはお父さんもお母さんも二人づついるんだし。
tottokoさん [ビデオ(字幕)] 8点(2011-08-21 01:17:48)
150.うん、わからない。この映画の良さがわからない。この内容で2時間以上にする必要があったのかな。ハンター君は7歳なのに精神年齢が異様に高いですね。ぼくは7歳の頃怪獣大百科にはまっていました。えらい違いです。
たきたてさん [DVD(字幕)] 3点(2011-07-05 17:24:28)
149.子供は親を選べない。また自分が親になってから見てみよう。
akilaさん [DVD(字幕)] 8点(2011-03-08 05:16:35)
148.《ネタバレ》 自分勝手な男の物語なんだけど、何か引き込まれる部分もある。
2時間半の映画なのに不思議と長くは感じませんでした。

何より、ナスターシャ・キンスキーの美しさが際立っていましたね。

どうでもいいことですが・・・
あのマジックミラーの風俗店は、どういうシステムの風俗なんですかね・・・?
ちょっと気になりました。
ぐうたらパパさん [DVD(字幕)] 6点(2011-02-21 15:09:51)
147.もうこれはいかにも「アメリカ」な雰囲気と、ナスターシャ・キンスキーの美しさを楽しむためだけにある映画。といっても過言ではない。

でもこれはドイツ映画。よくヴェンダースはここまで撮ったもんだなー。と感心。

そして何故あの怪物キンスキーの娘がこんな美人なのか不思議。


せかいのこどもさん [DVD(字幕)] 8点(2010-12-12 10:56:43)
146.この人の映画は、その映画に必要とされる時間よりいつもちょっと長すぎるみたいな気がして若干苦手、ロードムービーとして風景を眺めている時間が長いからなんだろうか。曇天に夕陽のシーンなんか、実に美しいけど。話としては、父を演じ直そうとする男の物語。フワフワと歩いていってしまう男、飛行機には乗れず、同じナンバーのレンターでないと駄目、という人。靴はいつも磨いて揃えておく。子どもがだんだんなついていくところに一応スリルがある。8ミリもいい。かつての良かった時。息子は水槽の脇から画面と父を観察している。銀行から赤い車を追うサスペンスもある。ナスターシャ・キンスキーが出てきてからダレたか。それぞれの嘆きが、分解してバラバラに散っていってしまうようなテキサスの風土。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 6点(2010-12-09 10:32:15)
145.《ネタバレ》 あ~トラヴィスそれは違うぞ~・・・
ハンター、なんていい子なんだ!弟夫婦があまりにかわいそう・・・
この後、ハンターと母は幸せにやっていけるのか?
もー、トラヴィスったら、あんたのやってることは・・・でも憎めないんだよな。
この余韻の深さは尋常ではないです。
きーとんさん [ビデオ(字幕)] 8点(2010-07-21 22:55:05)
144.《ネタバレ》 ライ・クーダーのギターが終始同じ調子で奏でられる。でも、呑気に聴こえるシーンもあれば緊張を湛えるシーンもある。ストーリーに照らすと、あの不思議な響きは無常の象徴だった。最後の覗き部屋の会話まではテーマが見えない構成なのに興味が途切れなかった。男が再び無責任に居なくなるエンディングなのに、ある種の感動があった。それは恐らく、再び一緒に家族で暮らすことへの不安と恐怖がある程度は理解できるからだ。4年前に突然失踪した男の行動は確かに極端ではあった。でも、愛しているが故に葛藤を繰り返していたはずの女への愛が無くなったと自覚したとき、「逃げ出したくなった」と言った男の言葉に虚飾はない。強く愛していることの裏側にあった不安が喪失に変わって男の心を飲み込んだ。それは純粋な愛情が確かに存在していた証であり、同時に人生の無常でもある。こんな想いは、程度の差こそあれ、誰にでも覚えがあるのではないだろうか。少なくとも自分には刺さりました。一度は無くなった心をゆっくりと修復して行く男。今作はその様子を追い続けた心のロードムービー。でも最後のピースが嵌らず、心の旅は終わらなかった。彼は今、どの辺りを彷徨っているのだろう?
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2010-01-08 01:58:22)(良:1票)
143.サム・シェパードの脚本が好きで見ました。トラヴィスの心を少なくとも誰でも持っているのではないだろうか。それを抑えられるかどうか、トラヴィスは自分の気持ちに正直だったからか。
HRM36さん [DVD(字幕)] 8点(2009-11-22 10:59:49)
142.映画というメディアでしかできないことをした作品。
砂漠の乾いた砂の色、赤いセーター。
ビヨーンというライクーダーのギターの音。
小学生の私に何がわかってたのか、今となってはさっぱり疑問ですが、とにかく印象的な映像でした。
空気やにおいまでフィルムに映せるんだなと実感した映画です。
Catherineさん [ビデオ(字幕)] 10点(2009-08-03 22:40:25)
141.《ネタバレ》 強い日差しが照りつける荒野を、一人の男が歩く。歩く。歩く。
彼は、なぜ?どこへ?いつまで?歩き続けるのだろう??
とはじめは思います。

一つ一つの疑問が答えとなり、いつまにかこのストーリーに引き込まれていく。
ラストの元妻とマジックミラー越しに会話するシーンは映画史に残るシーンである!!

とにもかくにも、素晴らしい作品。
uraraさん [DVD(字幕)] 9点(2009-07-25 15:06:52)
140.《ネタバレ》 トラヴィスの行動が正しかったどうかは観客に委ねられている。粋な計らいか身勝手な自己満足か重い贖罪かは判らない。が、2人の人間を失意に陥れた彼が別の2人の人間をひとときでも幸福にしたのは確かだ。過去を遡る彼の旅を、抜ける青い空とスライドギター、ジェーンの赤いセーターが染め上げる。いまだ答えは出ない。
レインさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2009-07-23 03:34:51)
139.暖かくて好きです。
白い男さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2009-07-21 23:17:49)
138.《ネタバレ》 私は、このあと残された二組の家族の間でおきる悲劇を、身勝手に置いて去っていくこの主人公にただあきれ果てるだけでした。なんかしょうもない奴の出てくる映画、割と好きなんですけどね。
なたねさん [ビデオ(字幕)] 1点(2009-03-22 21:08:55)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 177人
平均点数 7.77点
000.00%
121.13%
210.56%
342.26%
452.82%
5116.21%
61910.73%
72212.43%
84022.60%
93318.64%
104022.60%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review6人
2 ストーリー評価 7.81点 Review11人
3 鑑賞後の後味 7.54点 Review11人
4 音楽評価 8.50点 Review12人
5 感泣評価 7.44点 Review9人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS