地球防衛未亡人のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > チ行
 > 地球防衛未亡人
 > (レビュー・クチコミ)

地球防衛未亡人

[チキュウボウエイミボウジン]
2014年【日】 上映時間:84分
平均点:3.33 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-02-08)
アクションSFコメディ特撮もの
新規登録(2014-11-03)【ramo】さん
タイトル情報更新(2016-06-11)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督河崎実
キャスト壇蜜(女優)天野ダン
大野未来(女優)愛川ワコ
なべやかん(男優)矢住大臣
原武昭彦(男優)電力会社社員3
森田亜紀(女優)リポーター3
古谷敏(男優)キャスター
沖田駿一郎(男優)トビヤマ参謀
モト冬樹(男優)大伴医師
堀内正美(男優)イワムラ博士
森次晃嗣(男優)タマオカ長官
脚本河崎実
製作総指揮河崎実
プロデューサー河崎実
スーツアクター破李拳竜べムラス
あらすじ
領土問題の渦中の島に現れた宇宙怪獣ベムラス。日本政府は、上陸して使用済み核燃料を食べ始めた怪獣を核廃棄物処理に利用することを決定してしまう。ベムラスに最愛の夫を殺された地球防衛軍の女性隊員ダンは、復讐の機会を失い絶望するのだが…。「いかレスラー」などの低予算意欲作で知られる河崎実監督が、人気タレント壇蜜を始め「ウルトラセブン」のダン隊員役森次晃嗣などなど多彩なキャスティングで贈るセクシー特撮アクション。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.《ネタバレ》 ひさびさの投稿でこの作品のレビューを書くとは、まさかまさかの夢にも思っていなかったけれど、偶然にも正月の夜更かし中に地上波で観てしまいました。いや~、強烈ですね。この監督さんならではの作品。笑いに繋がる場面(キャスティングも含めて)は随所にちりばめられているのですけど、どうにも笑えない。壇蜜さんのセクシーさもあの手この手で取り入れているのですけど、なんだか悲壮感さえ感じてしまう。クライマックスの謎の踊りとそれを見た怪獣の身もだえシーンはまさにトドメの一撃。このサイトでも最下位を争っているあの洋画の踊りを髣髴とさせるものがありました。というわけで、自分なりの最低点は1点なんですけど、実はキライじゃないので1点上乗せの2点献上です。
ぽこたさん [地上波(邦画)] 2点(2018-01-03 01:14:06)
5.《ネタバレ》 特に見たいとも思っていたわけでもないが、この監督の「地球防衛少女イコちゃん」(1987)に始まるシリーズの最新作として一応見なければならない気がして見た。前作「地球防衛ガールズP9」(2011)との連続性は特にないが背景音楽を流用しているところがあり、最後の荒川河川敷の場面で流れていたピアノ曲は同作関連曲「虹色のステージ」のアレンジである。
今回は冒頭がくどい映像とともになぜか「祝典行進曲」で始まったので失笑したが、以降もけっこう笑う場面が多い。主演女優が普通に演技しているだけで可笑しいので、これでこの女優が微妙に好きになってしまった。この主人公を未亡人という設定にするためだけに人が死んだのは気の毒なことで、このシリーズで死亡者が表に出たのは初めてと思われる。また新聞社の編集部員役で南郷勇一氏が出ていたがこれは毎度のことである。
自分としてはそれなりに面白かったが、評判があまりよくないようなので対抗して少しいい点を付けておく。

なお大した話ではないが、防衛軍のオペレータは「愛川ワコ」という名前で、これは旧作のイコちゃんの氏名が「カワイイコ」というネーミングだったのと同じ趣向かと思って少し考えた。しかしアイカワワコではどうも意味をなしておらず、これはいわゆる一杯喰わされたということか。この女優は他の比較的まともな(主観的判断)映画にも出ているのでこんなバカ映画に出てはもったいないが、主演女優と並べると十分に初々しいので、あるいはこの人が「地球防衛少女」「地球防衛ガールズ」の正当な継承者だったのかも知れない。
くるきまきさん [DVD(邦画)] 6点(2015-06-02 20:07:13)
4.河崎実印の“悪ふざけ風刺チープコメディ”。これで分かる人には分かる映画。河崎監督のオリジナルジャンルなので、一般評価対象外です。お好きな方(物好きな方)のみどうぞ。あと壇蜜って本当に真面目なヒトなんだなあって思いました。
目隠シストさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2015-03-15 21:27:42)
3.やろうとしていることは理解できるけど、とにかくすべってる。
1つくらい笑えるネタがあっても良さそうなもんなのに見事に全部すべってる。
壇蜜の露出度も控えめでエロ目線でも不満の残る内容。
出来の悪いコントに84分間付き合わされた気分です。
もとやさん [DVD(邦画)] 3点(2015-02-13 12:01:55)
2.《ネタバレ》 すげーアテレコ。今どきこんなアテレコ有りなのか。わざとやってる風のずれたアテレコ。口のモゴモゴから一瞬遅れて聞こえてくる台詞が悲しみ誘う。
3737さん [CS・衛星(邦画)] 3点(2015-02-09 23:29:01)
1.《ネタバレ》 オープニングが意外とカッコ良く「もしかして?」と期待しましたが、本編開始1分足らずでトホホホ・・・(笑)。核廃棄物問題・近隣諸国との揉め事や政治家のパロディなどの社会風刺ネタ、昔のダン隊員と壇蜜=ダンとの共演、そこに昭和特撮テイストも加わって、壇蜜大好きオヤジ世代には意外とウケるかも? R指定ではないので壇蜜の露出度は期待できませんが、そのかわり、昭和のアイドルもビックリなくらいの、ものすごい演技力で笑わせてくれます。まあ、映画としてのレベルは0点以下ですが、これを作ろうという勇気と心意気、そして実現させた漢気に1点です(笑)。
ramoさん [CS・衛星(邦画)] 1点(2014-11-04 00:38:32)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 3.33点
000.00%
1116.67%
2116.67%
3233.33%
400.00%
5116.67%
6116.67%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS