スリー・リバーズのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > スリー・リバーズ
 > (レビュー・クチコミ)

スリー・リバーズ

[スリーリバース]
Striking Distance
1993年【米】 上映時間:105分
平均点:4.32 / 10(Review 38人) (点数分布表示)
アクションホラーサスペンス刑事もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-06-18)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ローディー・ヘリントン
助監督トッド・ハロウェル[製作総指揮](第二班監督)
ニコラス・マスタンドレア
演出ミッキー・ギルバート(スタント・コーディネーター)
キャストブルース・ウィリス(男優)トム・ハーディ
サラ・ジェシカ・パーカー(女優)ジョー・クリストマン
デニス・ファリナ(男優)ニック・デティロ
トム・サイズモア(男優)ダニー・デティロ
ブライオン・ジェームズ(男優)エディ・アイラー
ロバート・パストレッリ(男優)ジミー・デティロ
ティモシー・バスフィールド(男優)トニー・サッコ
ジョン・マホーニー(男優)ヴィンス・ハーディ
トム・アトキンス(男優)フレッド・ハーディ
ジョディ・ロング(女優)キム・リー
アンドレ・ブラウアー(男優)フランク・モリス
大塚明夫トム・ハーディ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
高島雅羅ジョー・クリストマン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
池田勝ニック・デティロ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
金尾哲夫ダニー・デティロ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
牛山茂ジミー・デティロ(日本語吹き替え版【VHS/DVD/テレビ朝日】)
糸博エディ・アイラー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)/ヴィンス・ハーディ(〃【テレビ朝日】)
上田敏也ヴィンス・ハーディ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小室正幸トニー・サッコ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
田原アルノ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
渡辺美佐〔声優〕(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
藤本譲(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
中田和宏(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
稲葉実(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
古田信幸(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
喜田あゆ美(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
辻親八(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
定岡小百合(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
真殿光昭(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
村野武範トム・ハーディ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
相沢恵子ジョー・クリストマン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
青野武ニック・デティロ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
江原正士ダニー・デティロ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
谷口節ジミー・デティロ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
小林修ヴィンス・ハーディ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
樋浦勉エディ・アイラー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
荒川太郎(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
仲野裕(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
天田益男(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
峰恵研(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
水原リン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
一城みゆ希(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
檀臣幸(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
喜多川拓郎(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
星野充昭(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
室園丈裕(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
野沢那智トム・ハーディ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
佐々木優子ジョー・クリストマン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
田中信夫ニック・デティロ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大塚芳忠ダニー・デティロ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小島敏彦エディ・アイラー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大山高男(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
佐久田修(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
水内清光(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
紗ゆり(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
水野龍司(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
成田剣(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
中博史(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大川透(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
湯屋敦子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
青山穣(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
脚本ローディー・ヘリントン
マーティ・カプラン
音楽ブラッド・フィーデル
編曲ブラッド・フィーデル
シャーリー・ウォーカー
撮影トム・プリーストリー・Jr(第二班撮影監督)
マック・アールバーグ
製作アーノン・ミルチャン
ハント・ロウリー
マーティ・カプラン(製作補)
製作総指揮スティーヴン・ルーサー
配給コロムビア・ピクチャーズ
美術ウェイン・フィッツジェラルド(タイトル・デザイン)
衣装ベッツィ・コックス(衣装)
編集マーク・ヘルフリッチ
字幕翻訳菊地浩司
スタントデヴィッド・バレット[スタント]
グレン・R・ワイルダー
アンディ・ギル〔スタント〕
トロイ・ギルバート
その他シャーリー・ウォーカー(指揮)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
38.《ネタバレ》 これで、ブルース自身が犯人で、やったことを忘れる二重人格、とかだったら以外だったのだが。
死んだはずの警官も、「死体はあがっていないんだが」というベタな伏線で、一気に怪しくなってしまい、ベタな展開となってしまっている。
ドタバタアクションにしては、ストーリーが一応あったので平均点を。
チェブ大王さん [地上波(吹替)] 5点(2018-09-02 23:45:04)
37.なぜか90年代前半は特に凝った訳でもないアクション映画が乱造された時代で、
僕らの年代の人間にハリウッド映画=アクションスペクタクルの図式をインプリンティングした時代です。

『ダイ・ハード』から『マトリックス』の間の時代。
新たな表現を求めていたのかとりあえず作りまくったのか、
多分、とりあえずなんでしょうが、この映画もそんなとにかくアクション映画をつくらなきゃ。

というセンスで作られました。なんせウリがカーアクションではなくて水上ボートアクション。という所。

後年『タクシー』や『トランスポーター』『ワイルドスピード』などが出てきたことを考えれば、
カーアクションを進化させる余地はもっとあったのでしょうが、
もうダメだ。カーは限界だボートにしよう。という英断の果てにきっと出来たのだと思います。

一応、謎解きがあって美女がいて、アクションシーンもあるにはある。
そして今回はボートアクション・・・・

よし5点献上しよう。
病気の犬さん [地上波(吹替)] 5点(2015-12-16 18:51:53)(良:1票)
36.《ネタバレ》 警察の身内で起こった事件からの話。ラストの格闘が盛り上がらなくて勿体無い。川の水はキレイでした。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 5点(2014-05-03 14:37:20)
35.内容薄いけど飽きずに観れました。水上警官ってのが良いね。
すたーちゃいるどさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2013-06-15 21:28:37)
34.《ネタバレ》 警察の第一線から退いた3人(ブルースといとこ兄弟)を巡るドタバタサスペンス。
ふたりのオヤジもそれぞれ警察官で、この映画の登場人物もほぼ警官。
でもって、真犯人は誰なんだろう?ってのがベタだけどわからないようにつくられています。どいつもこいつもヒト癖あるんですが、連続殺人の犯行部分が雑すぎて、謎の深さが足りないですねぇ。単に誰なんだ?みたいなとこにのみスポットが当てられてました。ま、わたしも最後まで誰が犯人かわからなかったのでいいんですけど。
いろんなヤツに疑いの演出を加えてるので、どーしても本筋はぺらっぺら。
最後の格闘なんかはホントにどーでもよくて、なんだかんぁって感じです。
ろにまささん [地上波(吹替)] 4点(2012-11-15 01:12:52)
33.《ネタバレ》 まずしばらく観ていて「ははん、真犯人はブルース・ウィリスだな」と思う。探偵役が犯人、まあ叙述トリックの類でしょう。で観ていると、おやおや彼の周りでばかり事件が起こるということで、彼は露骨に怪しく、警察仲間からも疑われているらしい。となればミステリでは犯人から除外されがちだけど、いやいや待てよ、これぞミスディレクションに違いない。物語の中で最も犯人らしく、我々にとって最も犯人らしくないヤツこそが、真犯人。ウラのウラまで読まなくては。相棒のオネーチャン警察官に手を出すに至って、はい、この主人公が変態犯人で決定!などと思いつつ…。最後まで観て、彼は「やっぱり」犯人などではなくって、そこそこ意外でそこそこベタな真犯人が明らかになったところで、正直ホッとしてしまう。やっぱ、このあたりが落とし所ですよね~。“意外過ぎてどうでもよくなる真犯人”ってのは、やっぱり疲レマス。という訳で、カーチェイスあり、ボートチェイスあり、最後は何でこんなトロ臭い格闘やねんと思いつつも、アクション充実、ミステリとしても(何となく)楽しめて、なかなかよろしいかと。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2012-08-16 17:00:13)
32.《ネタバレ》 カーチェイスは食傷気味だし、サイコ系も食傷気味だと思っていたが、でも基本的に嫌いじゃないのね、サイコもの。金や権力の悪より、ついヒイキしてしまう。なにかの「手段」になってるんじゃなく、目的とストレートにつながってる潔さがある。サイコ的、少年時代、川、なんてのが作品のトーンを決めていた。舟は車ほどアクションでの応用が利かない。小さな堰を飛び越えるぐらい。ただ利点は、波しぶきが立って派手になること。スピードが出ると先っぽが上がるのもかっこいい。猛々しさが出る。たまには目先が変わって、舟もよろしい。一番の警官にならねば、いうコンプレックスの話。母も川で死んでいるという隠し味。おもちゃのパトカーが怖い。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 6点(2011-03-19 10:16:43)
31.昨夜遅くにたまたま観ました。ブルース主演の本作があったことを初めて知りました。
こんなダメダメハリウッド映画は久しぶりに観ました、まったく情けない映画です。
「ダイ・ハード」でブレイクしてから「パルプフィクション」まで、なんか迷走していたかのようなブルース、これはそんなころの作品なのですね。
誰が犯人でもおかしくないような警官一族、トム・サイズモアは完全にあて馬だったのね。マイケル・マドセンみたいな、いるだけで怖いという悪人顔だ。
意表をついたつもりのいきなりの犯人登場シーンも、はぁ?あんたが「犯人です」って出てこられても困るんだけどと思いっきりシラケてしまった。
とにかく最低の脚本なんだと思うけど、これで映画つくっちゃうんだからやっぱりハリウッドってすごいわね。ラズベリー賞を意識してつくったとか?
envyさん [CS・衛星(字幕)] 1点(2010-04-21 13:05:43)
30.《ネタバレ》 サラジェシカパーカーの下積み(?)、サスペンスとしても、映画としても駄目。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2010-03-05 20:41:57)
29.《ネタバレ》 犯人は叔父さんか、叔父さんの息子(弟の方)かと思ってたが、そんな予想はあっさり裏切られ、2年前に死んだ叔父さんの息子(兄)登場。「驚いたろぉ!?」 って言われても、一瞬、誰か分からなかった。「あっ、警察の同僚が犯人かぁ」なんて間抜けな事を思ってしまった自分が悲しい。
真尋さん [地上波(吹替)] 5点(2010-01-30 10:53:22)
28.これだけ普通だと言われるとはある意味凄いですが
昔ながらのカーアクションを久しぶりに見るとかなり凄い事をしています
あとパワーボートに実際乗ると分かりますが体感スピードは凄いですよ
って凄い凄い書いてますが点数は4点です
マーガレット81さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2009-05-07 20:26:52)
27.《ネタバレ》 火サスのような後味だがそれでもハリウッド映画なんだな。
カーアクションはちょっとすごいけど、それはそれ、という感じで終わってしまう。
なんといっても脚本がダメ。
サラ・ジェシカ・パーカーがハミ乳ミニドレスというハダカ同然の衣装でいきなり色気を出して迫ってくるところ、あまりの不自然さにプロの脚本とは思えない気がする。何をどうすればあの状況から迫る女が発生する?バツ一子持ち女があまりにもわかりやすいハミ乳ドレスで?
2人でさんざんシケこんだあと、お約束の「女の裏切り」を持ってくるところも、作り手の頭の中が「火サス状態」であることの証拠だなあ。「どうだ、驚いただろ?」とうれしそうに聞かれても、「火サス的には常道を踏んでいる」としか感想を述べようも無い。
帰ってきた怪しい弟をウロウロさせて注意を引かせておいて、犯人が死んだはずの男、というのはズルだし私は感心しない。この場合は犯人を当てられなかったから脚本が優れているというものでもない。
唯一の収穫はパーカーのハミ乳ではなくブルース・ウィリスの短パン姿であると私は断言する。
パブロン中毒さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2008-06-10 14:59:02)
26.《ネタバレ》 猫が犬っぽい動きをしてかわいかったのと、ロバート・パストレッリの溺れ方に味があった。
永遠さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2006-12-11 00:52:38)
25.冒頭のカーアクションはちょっとみどころ。車がぴょんぴょんはねてます。川を中心にもってきたかったのだろが、そっちの方がすごかった。ボートでのアクションは、ほとんどハラハラしない。。。サスペンスとしては犯人に至るまでがかなり粗い作りです。いろんな要素をいれすぎて不味くなる悪い例の一本です。
蝉丸さん [CS・衛星(吹替)] 2点(2005-05-22 23:06:36)
24.?え?バンダレイシウバ??いやぁ~ツマランですな~それなりにも面白くなかった…こう言う時に役者が良ければ、少しは救われた気分になるもんですが…シウバじゃ…(笑)
レスマッキャン・KSKさん 3点(2004-08-25 01:42:00)
23.期待以上に楽しめました。真犯人は序盤で見当が付くのが勿体無いですが、予想外の展開も少し有り、ストーリーもまあまあです。
クロさん 6点(2004-08-24 15:54:48)
22.《ネタバレ》 父親に従兄弟に叔父さんに…身内ばかりの警察組織。身内から悪人が出るわけね、としょっぱなから思っていたが、市警のパーティーシーンでは、もっと沢山の身内が登場。太ったおばさんがブルースを抱きしめて、「痩せてるわね~。うちへいらっしゃい」なんて…これ、ホントに警察なわけ??? マフィアのパーティーじゃん。 
ストーリーはまあまあだと思うけど、あんなメにあったブルースの心中を描ききれていない気がしたし、緊迫感もぬるい。
犯人の弟であるトム・サイズモアが、死体袋を見て意味深な表情をしたのに、それが、最後までなんの意味も持たなかった。…これは、私の単なる勘違いか?
日雀さん 5点(2004-04-29 17:15:59)
21.《ネタバレ》 「ブルース・ウィリスが孤立したはみ出し者」という本作の設定は、なぜか自分が凹んでアタフタしてしまった。それなりにサスペンス的要素もあるのだが、どうも地味。真犯人が異様にしぶとくて、なかなか死ななかったのを覚えている。最後、今まで散々悪口言ってきた元同僚刑事を殴り飛ばすのは、なんか子どもっぽい。いかんせん、テンポがあまり良くないね。
カシスさん 4点(2004-04-01 22:12:06)
20.火曜サスペンスの方が面白いかな~と思ってしまいます。 ただ言い方を変えれば「それほど、つまらない訳でも無い」と言う感じ。
TINTINさん 5点(2004-02-21 18:19:51)
19.普通だとか退屈だとかはもう書かれてしまったので、ここでピッツバーグ小ネタ情報をひとつ。「イギリスの政治家ウイリアム・オービットのちなんで名付けられた都市。小高い丘や豊かな水など美しい自然に囲まれている。『アメリカで最も住みやすい町』として全米が注目中。美術館、クラシック音楽など芸術性の高さも全米でも屈指。日本との時差は14時間。人口は約40万人」。この映画の良いところは、このようなアメリカの、美しいが馴染みの浅い地方都市を紹介してくれたところではないでしょうか。
ガーデンノームさん 4点(2004-01-10 11:59:27)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 38人
平均点数 4.32点
012.63%
112.63%
225.26%
337.89%
41128.95%
51539.47%
6410.53%
712.63%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 1.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 2.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS