アフタースクールのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アフタースクール
 > (レビュー・クチコミ)

アフタースクール

[アフタースクール]
After School
2007年【日】 上映時間:102分
平均点:7.23 / 10(Review 154人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-05-24)
ドラマサスペンスコメディミステリー
新規登録(2008-01-16)【カラバ侯爵】さん
タイトル情報更新(2018-12-11)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督内田けんじ
キャスト大泉洋(男優)中学教師 神野良太郎
佐々木蔵之介(男優)探偵 北沢雅之
堺雅人(男優)木村一樹
常盤貴子(女優)美紀
田畑智子(女優)謎の女
北見敏之(男優)(株)梶山商事 大黒社長
尾上寛之(男優)マナブ
桃生亜希子(女優)メグちゃん
沼田爆(男優)パクさん
ムロツヨシ(男優)甲斐
佐藤佐吉(男優)川辺
長江英和(男優)
小林隆(男優)
斎藤歩(男優)チンピラ
音尾琢真(男優)職員室の教師
山本圭(男優)郷田昭一郎
伊武雅刀(男優)片岡組長
奥田達士(男優)唐沢
大石吾朗(男優)江藤まさよし
五十嵐令子(女優)
天田益男(男優)
脚本内田けんじ
撮影柴崎幸三
製作クロックワークス(「アフタースクール」製作委員会)
TBS(「アフタースクール」製作委員会)
IMAGICA(「アフタースクール」製作委員会)
メディアファクトリー(「アフタースクール」製作委員会)
博報堂DYメディアパートナーズ(「アフタースクール」製作委員会)
配給クロックワークス
美術金勝浩一
鈴村高正(装飾)
編集普嶋信一
高橋幸一(編集助手)
録音橋本泰夫
浅梨なおこ(サウンドエディター)
照明吉角荘介
あらすじ
女とともに姿を消した会社員の木村(堺雅人)を、友人で教師の神野(大泉洋)と怪しい探偵(佐々木蔵之介)が追うが…。練り込まれた脚本により、一気にカタルシスへと導く、大逆転・痛快エンターテインメント。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
14.《ネタバレ》  前作もそうですが内田監督の映画って難解なパズルが解けたときのようなスッキリ感を与えてくれるんですよね。全部見終わってから脳内で作品を理解していく作業に移るという感じで、鑑賞中ははっきり言って監督の手のひらの上で泳がされている状態になってます(何度作品を脳内リピートしたことか)。でも、それが全然苦痛にならないんですよね、思い返すたびに新たな発見があるのでそこでまたスッキリな気分を味わえますから。
 
 ストーリーを追うというよりは内田監督の発想力(ストーリーの構成等)と自分の想像力を戦わせるつもりで観るとより楽しめるのではないでしょうか。そして、思いっきり叩きのめされて下さいw
TMさん [映画館(邦画)] 8点(2008-06-02 19:37:43)
13.《ネタバレ》 まさかしょっぱなかなだまされてるなんて思いもしなかった。
お父さんと思っていた人がお父さんでなく
妻だと思っていたのが妻でなく
追い込まれていたと思っていたのが追い込んでいた。
いやたしかに言ってないけど!


いやだまされました!でも会場が笑ってるほど笑えませんでした。
そりゃくすりとはしたけど笑うというと・・・
とまさん [映画館(邦画)] 8点(2008-06-02 01:50:23)(良:1票)
12.「運命じゃない人」同様、脚本・構成が緻密に練られていて前作以上に楽しめました。こういった作品を作れる日本人監督が現れてきたことは非常に心強いですね。今回は「お前がつまんないのは、お前のせいだ」という言葉が響いたなあ。
すたーちゃいるどさん [映画館(邦画)] 8点(2008-06-01 21:27:26)
11.《ネタバレ》 まず最初に書きたいのは、すごく不思議なことに、
「なんか理科室の匂いがするな」という言葉の10秒前から
映画館に酢酸の匂いがしてきたことです。

最近の映画館ってそんなこともできるのですかね?

まぁ話は戻って映画の話。

前に運命じゃない人を見てこの監督への期待も
最高の状態で行きながら満足できる映画でした。

しかしながらこの映画の売り文句である軽く見ると騙されるという点。
売り方の問題ではありますが、
これが騙すために作られた映画であるということが気になってしまいました。
果たして話の中で全くの違和感がないかと言えば、
この映画は消化できない違和感が多々あるのです。
話のつくりも上手い、話自体もしっかりしている、
それなのに不思議と騙されてスッキリしない。
自分としてはそれは騙すために作られた話からなのではないかと思ったわけです。

とまぁいろいろと述べてはきましたが、
映画としての完成度は今年見た映画の中ではナンバー1ですし、お勧めです。
2回みたくなることは覚悟してください。
ご乱心 jet cityさん [映画館(邦画)] 8点(2008-06-01 00:13:06)(良:1票)
10.《ネタバレ》 まあ、騙されますが、うーん、その場の思いつきの騙しあいのような感じがして、途中から「どうせまただまされるんだろ?しんじねえよー」ってひねくれてしまい、素直に楽しめなくなった。そしたら話の関係が良く分からなくなってきてしまい、なかばどうでもよくなってくる。『キサラギ』のような、幸せになれるトリックではなかった。
ただ、田畑智子の唇と出会えたことが、なにより。なにより。
no_the_warさん [映画館(邦画)] 6点(2008-05-31 01:03:21)(良:1票)
9.何を書いてもネタバレになってしまう。映画が始まった瞬間から、すべての観客は騙されている。エンドロールが流れ、客席からどよめきが起きた映画はこれが初めて。
フライボーイさん [映画館(邦画)] 8点(2008-05-30 08:16:18)(良:2票)
8.運命じゃない人を見て、今度この監督さんの映画が公開されたら映画館で
見ようと決めていました。やっぱり面白い映画は邦画界のためにも
映画館で見て、どんどんお金を落としてあげて、次回作の資金づくりに
少しでもお役に立てればなと思います。
今回は有名な俳優さんが沢山出てるので、一抹の不安はありましたが
希有に終わりました。それどころか、それそぞれの役者さんの持ち味を
十分に引き出していたように思います。今回も脚本が素晴らしかった。
監督自身も優秀なのでしょうが、スタッフも優秀なのでしょう。
内田けんじ監督には、またひと味違った次回作を期待しています。
GO!さん [映画館(邦画)] 10点(2008-05-29 14:04:21)
7.《ネタバレ》 「ウイークエンドブルース」や「運命じゃない人」とはまた違ったテイストですが今回も脚本がいいですね。やや荒唐無稽な展開はありますが、冒頭から前半にかけて入念に張られた伏線をどんでん返していく様は見事です。最初の先入観とは全く違う結末が待っています。そして、その結末もさわやかです。セリフの反復の利用もしゃれているなと思いました。これはいいですね。
飴おじさんさん [映画館(邦画)] 8点(2008-05-27 23:20:50)
6.いつもはしっかりネタをばらす私ですが、今作品ではできませんね。見事にだまされました。DVD化待たずにもう1回観に行きます。小説で言うと乾くるみの「イニシエーション・ラブ」に匹敵するくらいよく考えて作られてますね。絶対観て損はない作品だと思います。政治家(大石吾郎とは気がつかなかった)が最後まで腑に落ちなかったんだけど、エンドロール後に判明するので未見のかたはご注意を。2番館に移ったような時期にネタバレ・バージョン追記したいと思います。現時点で今年の邦画No. 1。
shintaxさん [映画館(邦画)] 9点(2008-05-27 19:08:21)
5.《ネタバレ》 「なんか理科室の匂いがするな」。大泉が佐々木の車に乗り込んだときの台詞です。この言葉が本作の構造を言い表しています。アフタースクール=放課後。学校をとうに卒業したはずなのに、今なおどっぷり“学校漬け”の大人たち。そんな図式が見えてきます。理科室の匂いとは、みなさんご存知のとおり酢酸臭です。佐々木が根城にするアダルトショップにもご存知…じゃないかもしれませんが、独特のニオイがある。何となく似ている。どちらも実験資材が揃っていますしね(笑)。大人の視聴覚室に、大人のクラブ活動。それに生徒会長選挙ですか。よくよく日本人は学校が好きなよう。というより、学校も一般社会も変わらないということなのかもしれません。世間の荒波に揉まれて人は変わる。広い世界を知る。でも井の中の蛙が公園の池を見て、全てを分かった気になっているだけかもしれない。大人になるとは、どういうこと?私達は一体何を知っている?内田けんじ監督のシニカルな視線がイタ気持ち良いです。でも決して嫌らしくないのは、監督が人間を根本的に信用しているからじゃないかと思いました。本作も今までの作品同様、監督の人柄が窺える映画でした。決してトリッキーな脚本だけがウリの作品ではありません。でも、やっぱり上手い。緻密な脚本には相変わらず唸らされますが、キャスティングセンスがまた抜群です。特に田畑智子。あの顔じゃなきゃ、この役は務まらなかった。子供の頃から変わってないと思うもの。反芻すればするほど、味わいが増す作品だと思います。あえて欠点を探すなら、上手すぎてインパクトに欠けることでしょうか。「器用貧乏」と呼ばれないための魅力的な画作りを要望します。 贅沢ですみません。
目隠シストさん [映画館(邦画)] 8点(2008-05-26 21:26:19)(良:2票)
4.《ネタバレ》 今年一番の邦画でした。

ストーリーも全く知らずキャスティングだけで、観たくてしょうがなかった作品で、この面子で面白くない物が出来るワケが無いとハードルを上げるだけ上げてました。

そんな期待の中で、物語はシリアスなサスペンスの方向へどんどん向かって行きナゾはどんどん膨らんで行くのですが、”単なるサスペンス物を作るのに何でこんなキャスティングをするかなぁ”と正直、途中ずっと思って見てました。

でも後半から、このキャストに期待した見たいキャラクタ付けがちゃんとなされていたのが分かって、タネが明かされる度に”ヤラレタ!”の連続でした。前半のイライラが一気に解消して行く心地良さは、きっと狙いなのでしょう。

2度目は全く違う目線で見れるので、時間が在ればもう1回観てみたいです。
MIDさん [映画館(邦画)] 9点(2008-05-26 00:03:42)
3.《ネタバレ》 甘く見てたわけじゃないけど、オープニングから見事にダマされちゃいました。それも二度、三度と。最初はやくざな探偵とお人好しな教師の珍道中にハラハラし、途中、陰惨な展開になるのかと心配したり、結局よくあるパンピーによる大掛かりなスティングかと納得しそうになったりしたが、最後は爽やかにきめてくれました。とにかく全編スリルと笑いで102分間楽しみました。内田監督のデビュー作「運命じゃない人」もぜひ観たいと思います。
Q兵衛さん [映画館(邦画)] 8点(2008-05-25 18:21:48)
2.前作『運命じゃない人』同様、これも非常に良く練られた作品だと思います。ただ前作より話が大掛かりで複雑なため、集中して挑まないとラスト30分で「???」ってなる可能性大。伏線自体はあちこちに張られているのでお見逃しなく。で、『運命じゃない人』より減点したのは、このプロット自体のリアリティに疑問があったから(ふつう民間人にあんなことを……って、こういう映画は感想書きにくいなぁ)。ちょっと今回はテクニックありきで物語自体に前作ほどの面白みがない気がします(登場人物も前作の方が脇役も含め個性的で輝いていたような気がするし)。
とかげ12号さん [映画館(邦画)] 7点(2008-05-25 11:58:39)(良:1票)
1.日本のサスペンス映画ではかなりの良作に入る作品だと思います。後味もよくスッキリした映画でした
ALECさん [試写会(邦画)] 7点(2008-05-09 13:35:53)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 154人
平均点数 7.23点
010.65%
100.00%
210.65%
310.65%
421.30%
5117.14%
63019.48%
73220.78%
84730.52%
92415.58%
1053.25%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.50点 Review12人
2 ストーリー評価 8.68点 Review16人
3 鑑賞後の後味 8.64点 Review17人
4 音楽評価 7.30点 Review10人
5 感泣評価 5.00点 Review7人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS