マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > マ行
 > マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋
 > (レビュー・クチコミ)

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋

[マゴリアムオジサンノフシギナオモチャヤ]
Mr.Magorium's Wonder Emporium
2007年【米】 上映時間:94分
平均点:4.86 / 10(Review 14人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-02-16)
ドラマコメディファンタジーファミリー
新規登録(2008-02-08)【カラバ侯爵】さん
タイトル情報更新(2012-09-07)【ESPERANZA】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ザック・ヘルム
キャストダスティン・ホフマン(男優)エドワード・マゴリアム
ナタリー・ポートマン(女優)モリー・マホーニー
ジェイソン・ベイトマン(男優)会計士 ヘンリー・ウェストン
ザック・ミルズ(男優)エリック・アップルバウム
マーシャ・ベネット(女優)孫に消防車を買おうとする女性 ローラ
スティーブ・ホイットマイア蛙のカーミット
青野武エドワード・マゴリアム(日本語吹き替え版)
坂本真綾モリー・マホーニー(日本語吹き替え版)
内田直哉ヘンリー・ウェストン(日本語吹き替え版)
矢島晶子エリック・アップルバウム(日本語吹き替え版)
脚本ザック・ヘルム
音楽アレクサンドル・デスプラ
アーロン・ジグマン
作詞木村カエラ「Jusper」(日本版テーマソング)
編曲アレクサンドル・デスプラ
主題歌木村カエラ「Jusper」(日本版テーマソング)
製作リチャード・N・グラッドスタイン
バーバラ・A・ホール(共同製作)
製作総指揮ネイサン・カヘイン
特撮BUFカンパニー(視覚効果)
美術テレーズ・デプレス(プロダクション・デザイン)
ブラント・ゴードン
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
14.《ネタバレ》  優しいファンタジーという言葉が似合う一品ですね。
 作中で人の死が描かれているのに、ちっとも残酷じゃないし、不愉快じゃない。
 結局、最後までマゴリアムおじさんの詳しい正体は謎のままであり、その事に対し引っ掛かりを感じてもおかしくなかったのですが、本作では特に気になりませんでしたね。
 不思議な存在であるのなら、不思議のままで良いか、と思わせてくれました。

 マゴリアムおじさんの飄々とした生き様や、モリーの女性的な魅力にも惹かれましたが、一番のお気に入りはヘンリーとエリック少年の関係性。
 年齢という垣根を越えて友達になれた二人の姿は微笑ましかったし、何と言ってもエリックが背広姿になって「買収」に訪れたシーンが好きなんですよね。
 (そう来たか!)という驚きもあったし(小さな子供といえども、本気で店を守りたい一心で行動しているんだな……)と思えました。
 コレクションの帽子を売ろうとするエリックに対し
「帽子は売っちゃダメだ」
 と即答するヘンリーの姿も良かったです。
 幼い友達が、どれだけ帽子を大切に思っているかを理解しているからこその発言と感じられて、心が温まる思い。

 最後もハッピーエンドで綺麗に纏めており、非常に好ましい映画なのですが
「マゴリアムおじさん死後の店を、どう立て直すか?」
 という問題を、簡単に解決し過ぎたような印象も受けましたね。
 一見すると不可能に思える事でも、心の持ち様一つで容易く成し遂げられるという前向きなメッセージが込められていたのかも知れませんが、ちょっと疑問符が残りました。

 他にも、拾い切れていないと感じる要素が幾つかあったりして、不満もあるのですが、総じて魅力に感じる部分の方が多かったですね。
 店を主題とした映画を観賞した後に「この店、行ってみたいな」と感じた以上は、あまり難しく考えず「この映画を観て良かった」と素直に認めたいところです。
ゆきさん [DVD(吹替)] 6点(2016-05-28 20:14:51)
13.店内のデザインとCG作成だけで、創作行為としては終わっていました。
Oliasさん [CS・衛星(吹替)] 3点(2013-05-04 01:25:21)
12.《ネタバレ》 絵的にはゴージャスなんだが、思い描いてたほど面白くはない。ダスティシ・ホフマシ(仮名) の短足っぷりのほうにすごく目が行った。(あくまで本人名誉の為にダレとは言えない あくまで仮名。) その他、ダスティシ・ホフマシ、やけにアタマがデカイ。あのもじゃもじゃパーマのせいでもあるだろが‥ なんとなくなんですが、みのもんたのような領域に‥ 。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2011-06-21 20:08:54)
11.《ネタバレ》 色彩豊かなおもちゃ屋と友達が出来ない子供。ナタリーポートマンと童心を取り戻すミュータント。一見ミスマッチと思われるこれら二つのテーマが見事に絡んでい・・・ないんですよね。“ちぐはぐ”という言葉がぴったりの映画でした。それとナタリーですが単独で光るのはもう無理かもしれないですね。彼女レベルがこうだと後進の子役にも影響がありますから何とか頑張って欲しいです。
オニール大佐さん [DVD(字幕)] 3点(2010-02-09 20:21:08)
10.《ネタバレ》 子どもが好きそうな内容ですが、映像とシナリオは大人が見ても楽しめるレベルだと思います。
ただし細かい部分が甘く、特に主人公のピアノの将来は?とか、男の子の帽子はなんで集めいてるの?とか、地下に住んでいる人は結局なんなの?とか、何かあとで繋がるのかと思いきや、特に何もなく普通に終わるので「え?」と感じる部分はあります。
マゴリアムおじさんとのお別れも、もう少し上手く感動的に纏められたはずですので、予想以上に寂しさが薄い演出は残念でもありました。
とはいえ、理屈抜きで不思議ワールドが好きな方にはお勧めです。
なんだかんだで、おもちゃがテーマの作品は見ているだけでも楽しいものですから...。
sirou92さん [DVD(字幕)] 6点(2009-12-05 23:57:34)
9.《ネタバレ》 話の展開にもう少し工夫が欲しかったです。雰囲気は良かったです。
ホースケ2号さん [DVD(字幕)] 4点(2009-03-24 20:27:20)
8.かなり退屈でした。お話にこれっぽっちもリアリティを感じなかったために、結果として共感する箇所が皆無でした。架空の設定でも、キャラクターの感情や人間関係にはもっとシビアな視線が欲しいです。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2009-03-08 00:33:08)
7.おもちゃ屋の色は良かった。
すたーちゃいるどさん [DVD(字幕)] 4点(2009-02-22 22:11:14)(笑:2票)
6.《ネタバレ》 え、これで終わり?というのが正直な感想。映像はよく作られていると思うし、ダスティン・ホフマンはそれらしい雰囲気を醸し出しているが、あまりに話が単調。おじさんが“いなくなる”までにそれなりに引っ張ってはいたが、さて、ここからどう展開していくのか、と思ったら、ちょっと挫折して、すぐに回復して、あっさり終了。ホットドッグの話も、少年の買収話も、たいした意味を持っていない。ナタリー・ポートマンは演技は悪くなかったが、クライマックスの踊りがいまひとつ。
mohnoさん [DVD(字幕)] 4点(2008-09-20 03:20:35)(良:1票)
5.久し振りに可愛いナタリーが観られるということと、名優ダスティン・ホフマンとの共演が見所か。ともすれば『ビッグ』のようなファンタジーの名作になりえたかもしれない題材だけに、ちょっと物足りないかな。ひとつひとつのシーンがどうにも説明不足で(そもそも魔法が当たり前にある世界なのかと思ったら、そうでもないらしい)、登場人物の言動にも不可解な点が多い。脚本と編集次第ではもっと面白くなったのではないか?
フライボーイさん [DVD(字幕)] 6点(2008-09-18 18:02:40)
4.ちょ~~~~つまらなかったです。。。。飛行機の中の変な吹き替えで見たからかなぁ・・。すごく楽しみにしてたんですけど、ナタリーの言動とかに結構イライラしちゃいました。。。
ネフェルタリさん [映画館(吹替)] 3点(2008-03-09 22:53:30)(良:1票)
3.《ネタバレ》 ナタリー・ポートマンは今年で27歳なのでそろそろ大人の色気も観たいトコですが、今作はとってもキュートなおネーさん役でカラフルな衣装がとても似合ってますね。マゴリアムおじさんがオーナーを務めるポップなデザインのおもちゃ屋さんは夢に溢れ魅力タップリで、童心に返って遊んでみたくなりました。 自分を信じていけば夢は叶う、って主題は好いんだけど、おじさんが消えちゃう理由やモリーに入れ込む理由など疑問点が多いうえ、最後はあっ気無さすぎ。脚本がイマイチで消化不良だな。雰囲気はいいだけに惜しい。 予告編で流れていた木村カエラの日本版テーマソングは作品にとてもマッチしてましたが、本編には使わなかったんですねぇ。変なのは使うくせに。 【余談】劇場に「吹替え版」の明記が無く、タイトルが出たら「吹替え」となってて「は?」となりました。面倒なんで観ましたが酷いなぁ。DVDが出来てから吹替えの需要もかなり高まったけど、書いてなけりゃ原語と思いますよね。まぁ青野武が良かったのでいいか。
ロカホリさん [映画館(吹替)] 5点(2008-02-26 23:46:21)
2.キラキラと、幸せな映画。
moguさん [映画館(吹替)] 8点(2008-02-17 01:27:46)
1.《ネタバレ》 ファミリー向けのファンタジーかなと思ってた。けど物語はしっかりとした枠組みの上に成り立っていて強いメッセージも感じ取れるし、奇抜で個性的なキャラクターが織り成すドラマには心が温まる。友達のいないエリック、子供の心を忘れてしまったヘンリー、自分を信じる事ができないモリー。それぞれに問題を抱えた彼らが、例えば、ヘンリーがエリックの友達になりエリックは彼に子供の心を思い出させる、といったように互いにない部分を補い合い一緒に成長していく事の大切さを丁寧に描いている。ドアの向こうのモリーにエリックがしたようにヘンリーが紙で「Hi」と話しかけるシーンは他愛もないことかもしれないが彼の成長の現れではないかと思う。触れそうで触れない二人の手とか、ヘンリーに抱きつこうとする悲しげなヌイグルミとか、最期の日にはしゃぎ回るモリーとマゴリアムおじさんなど絶妙な演出とカメラワ-クも印象的だった。このポップでキッチュな世界の中の人々を演じたキャスト陣も素晴らしい。なんといっても爽やかにヒロインを演じたナタリー・ポートマンは抜群にキュートで輝いている。初共演のダスティン・ホフマンとの掛け合いも楽しい。まさに少年そのものでもあるマゴリアムおじさんを時には慈しむような瞳で、時にはエキセントリックな存在感で演じたダスティン・ホフマンも流石、243歳のおじさんになりきっている。彼が「最期の最高の日だ。」といいながら踊るシーンはお気に入りのシーンの一つ。相手役をトム・クルーズ演じるチャーリーからナタリー・ポートマン演じるモリーにかえてダスティン・ホフマンは再び素晴らしいダンスを披露してくれた。この流れを受けてラスト、モリーが自分だけのステップを踊りながら魔法かけるところは感動的で微笑ましい。人によって学ぶ事は違うが大人になっても、何歳になっても、成長する機会はあるしその必要もある。そういった面から見れば僕はずっとおじさんのような子供なのかも知れない。
サムサッカー・サムさん [映画館(字幕)] 8点(2008-02-16 21:51:46)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 14人
平均点数 4.86点
000.00%
100.00%
200.00%
3428.57%
4321.43%
5214.29%
6321.43%
700.00%
8214.29%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.66点 Review3人
2 ストーリー評価 5.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 6.75点 Review4人
4 音楽評価 6.75点 Review4人
5 感泣評価 5.33点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS