仁義なき戦いのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 仁義なき戦い
 > (レビュー・クチコミ)

仁義なき戦い

[ジンギナキタタカイ]
1973年【日】 上映時間:99分
平均点:7.49 / 10(Review 129人) (点数分布表示)
アクションドラマシリーズもの犯罪もの青春もの実話ものヤクザ・マフィア小説の映画化バイオレンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2014-09-07)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督深作欣二
助監督清水彰
キャスト菅原文太(男優)広能昌三
梅宮辰夫(男優)若杉寛
松方弘樹(男優)坂井鉄也
高宮敬二(男優)山方新一
伊吹吾郎(男優)上田透
田中邦衛(男優)槙原政吉
曽根晴美(男優)矢野修司
川地民夫(男優)神原精一
三上真一郎(男優)新開宇市
渡瀬恒彦(男優)有田俊雄
川谷拓三(男優)江波亮一
大前均(男優)野方守
岩尾正隆(男優)着流しのやくざ
平沢彰(男優)屋代光春
中村錦司(男優)中原重人
中村英子(女優)国弘鈴江
高野真二(男優)金丸昭一
木谷邦臣(男優)川南時夫
国一太郎(男優)垣内次郎
林彰太郎(男優)松永武
志賀勝(男優)横川信夫
福本清三(男優)下中隆次
野口貴史(男優)岩見益夫
宮城幸生(男優)川西保
片桐竜次(男優)目崎武志
渚まゆみ(女優)新庄秋子
木村俊恵(女優)山守利香
名和宏(男優)土居清
内田朝雄(男優)大久保憲一
金子信雄(男優)山守義雄
笹木俊志(男優)西谷英男
奈辺悟(男優)安条啓介
小林千枝(女優)山城佐和
藤本秀夫(男優)打森昇
江幡高志(男優)前川巡査
小田眞士(男優)看守
大木悟郎(男優)大竹勇
東竜子(女優)国弘とめ
疋田泰盛(男優)小室刑事
小池朝雄ナレーター
原作飯干晃一
脚本笠原和夫
音楽津島利章
撮影吉田貞次
企画俊藤浩滋
日下部五朗
配給東映
美術鈴木孝俊
編集宮本信太郎
録音溝口正義
照明中山治雄
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
89.仁侠映画のイメージを覆してくれた作品。
まさしく仁義もへったくれもない暴れっぷりがえげつないぐらいにスカッとさせてくれる。殺伐とした空気がビンビンに伝わってくる。お気に入りの成田三樹夫氏が本作に出ていないのが残念。
円軌道の幅さん [DVD(邦画)] 7点(2010-09-27 23:17:48)
88.いきなりのインパクトあるオープニング、そして畳みかけるような無秩序と暴力。
おもちゃのような血の赤色が、軽くひびく銃声が、たわいなく死んでいくヤクザたち(というよりチンピラか愚連隊って感じ)のはかなさに、むしろベストマッチ。コメディ感とシリアスさ、愛嬌と怒号が、渾然一体となって画面の中を駆け抜けていく。
役者陣も若く、イキがよく、男の恐ろしさと迫力、そしてセクシーさが充満している。
戦後の痛々しいドキュメント。青春映画。そして日本の風土が生んだ「ヤクザ」の映画。
正直、もっと早く見ておけばよかった!!

せいさん [DVD(邦画)] 9点(2010-08-22 23:03:14)
87.《ネタバレ》 役者の力量、エネルギー、熱い感情等、全て昨今の日本映画にはないものを感じることができる。あの時代だからこそ撮れた映画であって、この顔ぶれだから成り立つ映画でもある。菅原文太のラストの台詞がこの映画を物語っていると言ってもいいぐらい痺れる。山守さん、まだ弾が残っとるがよ。この台詞を真似したい。使いたい。まだやるべき仕事があるのに帰ろうとする先輩に、〇〇さん、まだ仕事は残っとるがよ。と言ってやりたくなることが時々ある。タイトルに偽り無し!正に仁義なき戦いである。ドキュメンタリータッチでのヤクザの戦い、これを観てヤクザに憧れを持つなんてのは間違いであるが故に、ヤクザ社会の恐さ、人としての仁義、更に広島=ヤクザの街、という誤解を招いてしまいそうな作品でもある。
青観さん [DVD(邦画)] 7点(2010-08-15 22:43:18)(良:1票)
86.テンポの速さとあの有名なテーマ曲、そして豪華な出演陣が相俟ってヤクザ映画の模範のような作品でした。
すたーちゃいるどさん [DVD(邦画)] 7点(2009-12-17 16:24:16)
85.シリーズ第一作!
「非情な世界に生きるヤクザ群像」
終戦直後の空気をめちゃくちゃ感じるオープニングが素晴らしい。
今まで義理と人情がテーマのヤクザ映画に裏切りと社会性を持ち込み、日本映画を変えた一本。
笠原の完璧なシナリオ、心臓に迫ってくるような津島の音楽、脂ギトギトの演技陣、深作独特のカメラワークと見所は多い。
CBパークビューさん [ビデオ(邦画)] 8点(2009-07-24 16:49:59)
84.まさに男の映画。
この良さは男にしか分からない!

シリーズの幕開けを飾る第一作ということもあってか、第一作自体にそれほどのものは感じないが、これからを予感させる作りに仕上がっている。
にじばぶさん [DVD(邦画)] 6点(2009-04-03 20:55:05)
83.そこそこ面白い。基本的にヤクザ映画は嫌いだが、この映画はヤクザを過度に美化していない点に好感がもてる。
広島出身者としては、劇中の広島弁がどうしても気になった。映画の質と直接関係はないが、思った事をいくつか書いておく。
セリフ自体は、ほぼ正確な広島弁だった。だが、ほとんどすべての役者がイントネーションを間違っていた。一番マシだったのは菅原文太だった。
映画中で「こんな」という言葉を「お前」という意味で使っていた。しかし広島弁で「こんな(こんなあ)」は「こいつ」という意味であって、「お前」ではない。同様に「そいつ」を「そんなあ」、「あいつ」を「あんなあ」と言う。
イントネーションについては最も難しい部分だから、ある程度はやむを得ないと思う。だが語彙の間違いはできるだけ避けてほしいものだ。
佐吉さん [DVD(邦画)] 6点(2008-12-30 13:44:30)
82.日本版ゴッドファーザーとも言える複雑な人間関係の血で血を洗うヤクザ活劇。テンポが良く、キャストの脂ぎりっぷりが凄まじく暑苦しいが、集中してないと置いてかれそうな二転・三転する展開に目が離せません。あの親分にはホント腹立つ。いくらなんでも死にすぎだ。人が死んだときに誰が死んだか字幕で出るのは親切だなぁと感心。五作全て面白いという偉大さも含め、特に素晴らしい一作目に満点を捧げます。
すべからさん [DVD(邦画)] 10点(2008-08-15 23:39:28)
81.そうそう簡単に10点やりたくないと思いつつも、この映画に10点をつけないわけにはいかない。画面からはみ出さんばかりのエネルギーに圧倒され続けた。目を背けたくなるようなバイオレンスシーンの連続。俳優の演技が熱いのはもちろんだが、下からや斜めからの至近距離ショットや、カメラマンが雑踏・乱闘の中に突っ込んでいったかのように揺れ動く画面が臨場感を増幅させている。抗争を引き起こした人間関係の描写も興味を引き、こいつらどうなるのだろう、と見守らずにはいられなくさせる。ヤクザが組織運営という地味な話を思いっきりやくざ口調で話しているのがちょっと笑えたが…。確かに前半はとくに何を言ってるのかわからないし、顔がよくわからんまますぐ死ぬので主役級以外は誰が誰かわからん。でもなんか、何が言いたいのかわかってあげたくなるのだ。だからこの映画に限ってはそんなことどうでもよしとさせてほしい。そしてなんといっても菅原文太カッコイイ!!!自分内タバコが似合う男ランキング不動の一位は次元大介であったが、このたび文太がチャンピオンになった。渡瀬恒彦も捨てがたかった。渋好みの人は必見。観ておかねば大損です。
うしおにさん [DVD(邦画)] 10点(2008-06-30 19:26:52)
80.観るまで、かなり抵抗あったんですが、観たら、凄い面白かった。菅原文太さん始め、今ではなかなか観れない豪華キャストですね。
Yoshiさん [DVD(邦画)] 8点(2008-03-16 02:08:52)
79.《ネタバレ》 仁義は本当にない。
ぽんぽん人が死んでってはい終わりだった。
θさん [DVD(邦画)] 5点(2008-03-06 07:20:06)
78.《ネタバレ》 素直に面白いといえる作品
ヤッパリ、悪役というか仲間なんだが
彼らのずる賢さ、不甲斐なさが菅原文太をカッコ良く見せる
親分は泣いて殺ってこいと言い、他のやつらはいろいろ理由をつけて断り
結局、損な役回りになってしまう
ヤッパリ、こういう悪役って物語の上では重要と再認識
よしきさん [DVD(邦画)] 9点(2008-02-11 13:50:20)
77.《ネタバレ》 ヒロインなんか出てこない男たちだけの熱いドラマ。最初はベタだなあと笑いながら観ていたが(特に若杉が自殺を図るのを見た広能が若杉に「呼んでもええか?」と尋ねるシーン)、あっという間にこの映画の世界に入ってしまった。正直、一度で全て理解できるほど丁寧に描写されていないのだが、テンポといい、撮影といい、音楽といい、そして俳優といい、とにかく最高である。
TOSHIさん [DVD(邦画)] 9点(2008-01-22 22:59:26)
76.ぐわぁっ!もう最高だよ!日本人に生まれて良かった!文太さん格好良い!
フライボーイさん [DVD(邦画)] 10点(2007-11-29 16:40:33)(良:1票)
75.死ぬのが早すぎ!てか辰兄怖すぎでしょ!
Dr.Teaさん [DVD(邦画)] 6点(2007-08-12 01:00:37)
74.銃の反動がリアルだなと思った。あと文太かっこよすぎ。
ネネさん [DVD(邦画)] 9点(2007-08-06 01:00:17)
73.カメラワークやカット割が斬新で、あの音楽と共にテンポ良く映画へ惹きこまれます。
私の場合、1度目は圧倒されて、2度目の鑑賞でストーリー全体を楽しむ事ができました。
ヤクザの世界における親子の盃を交わす事とは?兄貴と舎弟の関係とは?が見事に描かれています。
豪華な俳優達の中で、特に菅原文太と金子信雄の演技に惹かれました。


ありあさん [DVD(邦画)] 8点(2007-07-22 11:57:19)
72.申し訳ないが、私はこの映画の面白さがいまひとつ理解できなかった…というより、私にはどうやらこのシリーズは合わないらしい。あまりに生々しい抗争に、拒否反応を起こしてしまった。ただ、群像劇としての出来は素晴らしいと思うし、拒否反応を起こすぐらい、ヤクザの世界をリアルに描いているということは、偉業に値すると言っても良いとは思う。
ドラりんさん [DVD(邦画)] 6点(2007-05-26 19:34:54)(良:1票)
71.《ネタバレ》 ↓でも言われているとおり、顔というか、役を覚えないうちに人物が死んでいきます(チャララ~ チャララ~♪の音楽と共に)。どんどん死にます。でもなんとなくはわかります。んで、最後まで見ると、もう一度見たくなります(最低でも二回は見てください)。菅原文太含む主要三人は渋くてかっこいいし、広島弁もかなりドスが効いてていい感じ、いい意味で、勢いに乗りっぱなしの映画だと思います。
SAKURAさん [DVD(邦画)] 9点(2007-04-26 23:00:05)
70.主要な登場人物が多いにも関わらず展開が早い早い。誰が誰だか分からないうちにどんどん死んでいくので、一体どういう抗争が起こっているのかが一回観ただけでは正直言って分かりづらいです。ただしこれも『ゴッドファーザー』と同様に登場人物が整理できた二回目の鑑賞で初めてその面白さに気付き、その後一気に『完結篇』まで制覇。イヤもう凄い、凄過ぎる。まさに人間見本市。人のいい広能、理想と現実の狭間で苦悩する鉄ちゃん、仁義に殉じた若杉の兄貴、卑怯な槙原、そして狡猾な山守。そう、オフィスをちょっと見渡せば皆揃ってるじゃん! こんな奴らばっかじゃん! そのことに気付き愕然として以来、仕事や人間関係で行き詰まるたびにこっそり夜中『仁義』を見て喝を入れる生活が続いている(ダメじゃん)。
とかげ12号さん [DVD(邦画)] 9点(2007-02-28 23:44:13)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 129人
平均点数 7.49点
000.00%
110.78%
200.00%
310.78%
421.55%
596.98%
62015.50%
73728.68%
81914.73%
92217.05%
101813.95%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.30点 Review13人
2 ストーリー評価 7.33点 Review18人
3 鑑賞後の後味 8.11点 Review18人
4 音楽評価 8.95点 Review21人
5 感泣評価 6.33点 Review6人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS