フィールド・オブ・ドリームスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > フィールド・オブ・ドリームス
 > (レビュー・クチコミ)

フィールド・オブ・ドリームス

[フィールドオブドリームス]
Field Of Dreams
1989年【米】 上映時間:107分
平均点:7.52 / 10(Review 248人) (点数分布表示)
公開開始日(1990-03-24)
ドラマファンタジースポーツものファミリー小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-03-12)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督フィル・アルデン・ロビンソン
キャストケヴィン・コスナー(男優)レイ・キンセラ
エイミー・マディガン(女優)アニー・キンセラ
ギャビー・ホフマン(女優)カリン・キンセラ
レイ・リオッタ(男優)シューレス・ジョー・ジャクソン
ティモシー・バスフィールド(男優)マーク
ジェームズ・アール・ジョーンズ(男優)テレンス・マン
バート・ランカスター(男優)ドク "ムーンライト"グラハム
フランク・ホエーリー(男優)アーチー・グラハム
アート・ラフルー(男優)
アン・シーモア(女優)
ベン・アフレック(男優)(ノンクレジット)
マット・デイモン(男優)(ノンクレジット)
リー・ガーリントン(女優)
ドワイヤー・ブラウン(男優)ジョン・キンセラ
津嘉山正種レイ・キンセラ(日本語吹き替え版【DVD/VHS/日本テレビ】)
小宮和枝アニー・キンセラ(日本語吹き替え版【DVD】)
石塚運昇シューレス・ジョー・ジャクソン(日本語吹き替え版【DVD】)
加藤正之テレンス・マン(日本語吹き替え版【DVD】)
大木民夫ドク "ムーンライト"グラハム(日本語吹き替え版【DVD】)
秋元羊介マーク(日本語吹き替え版【DVD】)
松本保典アーチー・グラハム(日本語吹き替え版【DVD】)
大塚芳忠ジョン・キンセラ(日本語吹き替え版【DVD】)
一柳みるアニー・キンセラ(日本語吹き替え版【VHS】)
池田秀一シューレス・ジョー・ジャクソン(日本語吹き替え版【VHS】)
坂口芳貞テレンス・マン(日本語吹き替え版【VHS】)
鈴木瑞穂ドク "ムーンライト"グラハム(日本語吹き替え版【VHS/日本テレビ】)
千田光男マーク(日本語吹き替え版【VHS】)
堀内賢雄アーチー・グラハム(日本語吹き替え版【VHS/日本テレビ】)
沢木郁也ジョン・キンセラ(日本語吹き替え版【VHS】)
松金よね子アニー・キンセラ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
菅生隆之シューレス・ジョー・ジャクソン(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
小林修テレンス・マン(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
小島幸子カリン・キンセラ(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
青野武(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
若本規夫(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
郷里大輔(日本語吹き替え版【日本テレビ】)
原作W・P・キンセラ「シューレス・ジョー」
脚本フィル・アルデン・ロビンソン
音楽ジェームズ・ホーナー
撮影ジョン・リンドレー
製作ローレンス・ゴードン
チャールズ・ゴードン〔製作〕
ロイド・レヴィン(製作補)
配給東宝東和
美術デニス・ガスナー(プロダクション・デザイン)
レスリー・マクドナルド(アート・ディレクター)
ナンシー・ハイ(セット・デコレイター)
録音ラッセル・ウィリアムズ二世
ドナルド・O・ミッチェル
ケヴィン・オコンネル[録音]
字幕翻訳戸田奈津子
岡田壮平(NHK)
あらすじ
1987年。。。アイオワ・・・ 同級生だった妻のアニ-、愛らしい娘カリンと平和に暮らしていたレイは ささやかながらトウモロコシ畑を営んでいた。 ある日の夕方、彼(レイ)は‘声’を聞くこととなる。 “If you build it, he will come”。。。。。。声を聞いた彼の生活は一変していく。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910111213
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
208.《ネタバレ》 ドファンタジーですな。最後の「すべての親たちに捧げる」ってのがジーンときました。
すたーちゃいるどさん [DVD(字幕)] 6点(2008-07-15 23:25:43)
207.《ネタバレ》 もう少しスマートに演出できないかなぁ(例として野球をする喜びを写すショットを入れているのに登場人物に「ここは天国か?」などと言わせているところとか俗物根性溢れた者に選手が見えないとか)と考えるけど90年代アメリカ映画の中ではピカイチの「愛すべき法螺話」。夢の球場=フィールド・オブ・ドリームスというのはただ有名選手がよみがえりプレーをするという類の話ではなく、(バスケやアメフト等はさておき)ベースボール(「野球」じゃない)を国民的娯楽として胸に描いているアメリカ国民精神の発露なのでしょう。親父や友達と一緒にキャッチボールをしたり、楽しんだ日々。有名選手のプレーにあこがれ夢見たあの頃。この映画の登場人物達は自分達の忘れかけていた心の原風景を取り戻すことで人生捨てたモンじゃない、と喜びや楽しさを再発見していったはず。だから印象に残るのは役者の「笑顔」。エイミー・マティガン(私この女優さん大好き)の優しい笑顔。ジェームス・アール・ジョーンズのわくわくぶり。そしてバート・ランカスターの人生を達観したような微笑み、そして背中!主役のケビンが一番魅力に欠けると思うのは私だけ?
Nbu2さん [映画館(字幕)] 8点(2008-03-14 14:08:31)
206.悲運の8人、シューレス・ジョーにスポットを当てたのはいいと思いますが、やはりどうしてもこの設定に抵抗があって素直な気持ちで見ることができませんでした。なんでもありありの世界でやってる本人たちは楽しそうで結構だが、見ているこちらとしてはしらけてしまいました。
茶畑さん [DVD(字幕)] 2点(2008-02-18 23:46:47)
205.そんなこと有り得ないよ!などとあえて突っ込むことなく、素直な気持ちで鑑賞したい作品です。ケビンコスナーも適役で良かったと思います。
ClocheRoseさん [DVD(字幕)] 7点(2008-01-31 09:43:36)
204.奥さん役のAmy Madiganの演技がとっても印象に残っています。Kevin Costnerが彼女のアクションにクスッてする場面ありますが、あれ彼女の怪演におもわずのクスじゃないかと思うぐらい。
RTNEE USAさん [DVD(字幕)] 8点(2007-12-31 14:18:47)
203.《ネタバレ》 何て有り得ない展開なんだ!いやでもこれはファンタジーなんだからそれは気にするべきじゃないんだ…、って自分に言い聞かせながら見てたら終わってしまいました笑。てかそんなこと言い聞かせてる時点で、僕には合わない映画ってことですが…。でも若いグラハムがスッとドクグラハムになるとこはよかったですね。オチで親父が復活するんだろうなってのは、見始めて1分で分かりましたが、実際出て来てキャッチボールするシーンはやはり必須だったと思います。
TK of the Worldさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2007-11-13 14:59:16)
202.心が優しくなる良い映画です。
フッと猿死体さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2007-11-11 22:26:17)
201.いい映画です。夢は諦めちゃいけない!
ジダンさん [地上波(字幕)] 7点(2007-10-26 20:21:34)
200.ファンタジーの部分が勝ちすぎて、のめり込んで見るまでには至らないが、それでも、僅かな可能性を信じてそれにすべてを投入していくことの尊さを正面から讃美したという点において印象に残る佳作。演技面では、男優陣をしっかり後ろからコントロールしているかのようなエイミー・マディガンの巧演が特筆されるべきだろう。
Oliasさん [DVD(字幕)] 6点(2007-10-08 03:45:08)
199.ジョー・ジャクソンは本当は左バッターであることなんて気にしなくなるほどに、心に情熱をもたらしてくれる。
あるまーぬさん [ビデオ(字幕)] 7点(2007-07-31 17:50:55)
198.《ネタバレ》 みんな夢を叶えるために集まってくるなんて素敵じゃないですか。なんともロマンティックです。
色鉛筆さん [DVD(字幕)] 10点(2007-07-24 06:08:03)
197.《ネタバレ》 父との”キャッチボール”に対する後悔と秘めた想い。今、”父親”という立場になってこの作品を振り返ると、独身の時に観た時とは違った感覚を覚えます。佳作。
黒兵衛さん [ビデオ(字幕)] 7点(2007-03-01 08:33:21)
196.《ネタバレ》 ファンタジーだからといってここまで何でもありな展開だと見ていて滅入ります。。本当にこんな話があったらいいよなぁ、っていうのがファンタジーのはずなのにどうにもリアリティがなさ過ぎてこんな話あるわけないだろ、って目で見てしまいました。それでも過去の野球選手の中から敢えて八百長によって追放された選手たちを選んだことで、プレイヤーたちの野球への真摯な姿勢や情熱が観ている者にも効果的に伝わっていること、また若い姿に戻れなくなってしまったドクターグラハム、そしてもちろん最後のキャッチボールのシーンはよかったです。
Thankyouさん [DVD(字幕)] 2点(2007-02-16 17:33:38)
195.《ネタバレ》 トウモロコシ畑と野球のおとぎ話。世界観にちょっとついて行けず置いてきぼりになり、深く響きませんでした。 残念です。
ジャッカルの目さん [ビデオ(字幕)] 3点(2007-01-21 00:51:45)
194.この映画の奥さんって、本当に現実には存在しないんですかね?そうだとしたら、この世界はずっと味気ないものになりますよ。映画の終わりのほうで、奥さんがキャッチボールをする親子を満足そうに微笑みながら見守る、そのシーンが一番心に残っています。
mhiroさん [ビデオ(字幕)] 7点(2007-01-20 21:57:45)
193.《ネタバレ》 奥さんが現実には存在しなさそうだけど素敵なキャラクターとして描かれてたと思います。家族とか父親とかそういうものを改めて考えてみたくなる映画です。
AIRSさん [DVD(吹替)] 9点(2007-01-20 00:31:47)
192.《ネタバレ》 ○落としどころは親子、特に父と息子。ファンタジーなのにそこまでその色が濃いわけでもなくエンディングも含めて嫌味が全くない。演者も皆が生き生きしている。○特にケヴィン・コスナーは二枚目の役のイメージだが、こういうとぼけた役の方がもしっくりくる。純粋で周りとの温度差に鈍感なところは絶妙だった。○また音楽も良い。バグパイプの印象があるジェームズ・ホーナーだが、ピアノとギターとで素敵に映画を彩っている。○定期的に見たくなる。何かに迷った時きっと後押ししてくれるであろう作品。
TOSHIさん [映画館(字幕)] 10点(2006-10-27 20:01:35)(良:1票)
191.《ネタバレ》 もっとも好きな映画のひとつです。最初の設定はたしかに強引ですが、にも関わらず、どんどん引き込まれて泣かされます。最後のシーンの車の列は...僕にはちょっと蛇足に思えました。なんだか興ざめしてしまいます。キャッチボールで引いて終わるときに、周囲は真っ暗でも良いのではないかと。ということで10点あげたいところを車の列で-1点。
EOSさん [DVD(字幕)] 9点(2006-10-06 13:07:37)
190.《ネタバレ》  公開時に見て以来久しぶりに見ました。僕自身が年齢的にも若いときに見るのと、レイ・キンセラの年齢に近付いた時に見るのでは印象が違いました。
 現在、僕の親父は彼の父と違いすこぶる元気です。この映画を見たら何が親孝行かは分からないけれど親孝行しなくちゃと考えてしまいます。
 今度実家帰ったら、キャッチボールではベタ過ぎるので、冷たいビールでも一緒に飲もうかと思います。とても後味良い映画でした。
たろうさん [DVD(字幕)] 10点(2006-08-21 21:20:47)(良:1票)
189.悪くはないけど特に感動もしない面白さ。
たいがーさん [DVD(字幕)] 6点(2006-07-06 21:56:20)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910111213
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 248人
平均点数 7.52点
000.00%
110.40%
252.02%
383.23%
483.23%
5208.06%
62710.89%
73915.73%
84919.76%
93815.32%
105321.37%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.90点 Review10人
2 ストーリー評価 7.81点 Review16人
3 鑑賞後の後味 7.82点 Review17人
4 音楽評価 7.76点 Review13人
5 感泣評価 7.71点 Review14人
chart

【アカデミー賞 情報】

1989年 62回
作品賞 候補(ノミネート) 
作曲賞(ドラマ)ジェームズ・ホーナー候補(ノミネート) 
脚色賞フィル・アルデン・ロビンソン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS