ゲット・オン・ザ・バスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ケ行
 > ゲット・オン・ザ・バス
 > (レビュー・クチコミ)

ゲット・オン・ザ・バス

[ゲット・オン・ザ・バス]
Get on the Bus
1996年【米】 上映時間:121分
平均点:6.25 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
ドラマ政治ものロードムービー
新規登録(2004-02-03)【●えすかるご●】さん
タイトル情報更新(2011-08-01)【M・R・サイケデリコン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スパイク・リー
キャストチャールズ・S・ダットン(男優)
イザイア・ワシントン(男優)
アンドレ・ブラウアー(男優)
オシー・デイヴィス(男優)
ハリー・レニックス(男優)
アルバート・ホール(男優)
バーニー・マック(男優)
ジョイ・リー(女優)
ランディ・クエイド(男優)(ノンクレジット)
音楽テレンス・ブランチャード
作詞カーティス・メイフィールド"New World Order", "We're A Winner"
挿入曲マイケル・ジャクソン"On The Line"
ジェームズ・ブラウン[主題歌]"Papa Don't Take No Mess"
スティーヴィー・ワンダー"Redemption Song"
カーティス・メイフィールド"New World Order"
撮影エリオット・デイヴィス
製作ビル・ボーデン
製作総指揮スパイク・リー
配給アップリンク
美術ランドール・バルスマイヤー(タイトル・デザイン)
字幕翻訳稲田嵯裕里
その他テレンス・ブランチャード(指揮)
あらすじ
95年10月14日、LAから東部ワシントンに向け大陸横断バスが出発した。 目指すは「ミリオン・マン・マーチ」…“和合とあがないと兄弟愛”を掲げて、100万人のブラザーたちが首都を行進するのだ。穏やかな老人のジュレマイ、 窃盗事件を起こした息子・ジュニアと手錠で繋がれたエヴァン、映画学科の学生エックス、ゲイカップルで喧嘩中のランドール&カイル、乗客は全部で12人。添乗員のジョージの号令で旅は始まった。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.黒人がメインなのに音楽すらダメな映画って観る価値ないでしょ。
エピソードもつまらない。
スパイク・リーの作品が嫌いなわけではない。
この作品がつまらな過ぎる。
ロードムービーの体裁をとっているけど、とにかく残念すぎる作品。
ロードムービーを汚されたような気がする。
Mazelo Nostraさん [DVD(字幕)] 2点(2011-07-22 18:31:30)
3.なかなか。アメリカ社会における「黒人」をテーマに、差別と逆差別、加害者と被害者、富裕層と貧困層といった表裏一体の問題をうまくさらけだしています。ロードムービーとしてもお手本のような作品でした。
すたーちゃいるどさん [DVD(字幕)] 7点(2011-01-09 18:19:01)
2.「シャブヤ シャッ! シャッ! シャッ! シャブヤ ローコ~♪」正直何言ってるか分からないけどこのリズム感がたまりませんね。そしてそのシーンにおいてすべての黒人にリズム感があると思いきやそうではないんだよと心憎い演出もこれまた微笑ましい。12人という人数設定、バスという密室、黒人達が社会での自分達の境遇に対する不満を口にするセリフの多さ・・・こっこれは「12人の怒れる男」か?ととらえてもおかしくない(全然ストーリーは違うけど題名は間違いでもなさそう)。私はこの作品でスパイク・リーのメッセージを”立ち上がれ”ととらえさせていただきました。以前の作品までの”目覚めよ”からは一歩前進した感もあります。またこれ以降のスパイク作品からは特にメッセージ性があるものを感じ取れないからその分この「ゲット・オン・ザ・バス」という作品にスパイク・リー自身の凝縮した”ソウル”をかいま見た気がしました。それと運転手役で日本のロックバンド「シーナ&ロケッツ」の鮎川誠が出演してます(嘘)。それとすぐに気づかれる方は言わずとも分かりますがアンドレ・ブラウアーがデンゼル・ワシントンのことをどうのこうの話すセリフがありますがその辺はさすがスパイク・リー。「グローリー」で彼らが共演していることも加味してああいうセリフにしたのだと思う。私はスパイク・リーのそういうセンスが好きなんですよね。
tetsu78さん 9点(2004-06-28 00:46:16)
1.人種のことだけでなく、差別そのものがなくなればいいという願いをこめつつ、黒人社会の特徴を淡々と描写した逸品。職業、過去、宗教、同性愛、学歴や収入で人が分類されてしまい、その偏見を超えるのは黒人同士でも容易でないという現実。なーんていう社会派メッセージを含みつつも、深刻なシーンには必ずポップな音楽が流れ、さらっと表現されてるから救われる。個性的なキャラとその掘り下げたナチュラルな描写もすばらしいです、彼ら一人一人に対するどこか温かいまなざしがいい。
願わくば、帰路も描いてほしかったなあ。こういうのこそ続編がいるよ!!いやいや、それは観る側の想像力の領域なのかなあ...
●えすかるご●さん 7点(2004-02-08 20:56:03)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 6.25点
000.00%
100.00%
2125.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7250.00%
800.00%
9125.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS