天然コケッコーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > テ行
 > 天然コケッコー
 > (レビュー・クチコミ)

天然コケッコー

[テンネンコケッコー]
2007年【日】 上映時間:121分
平均点:6.51 / 10(Review 85人) (点数分布表示)
公開開始日(2007-07-28)
ドラマラブストーリー青春もの漫画の映画化
新規登録(2007-07-04)【ぐるぐる】さん
タイトル情報更新(2015-12-19)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督山下敦弘
キャスト夏帆(女優)右田そよ
岡田将生(男優)大沢広海
夏川結衣(女優)お母ちゃん(右田以東子)
佐藤浩市(男優)お父ちゃん(右田一将)
柳英里紗(女優)田浦伊吹
藤村聖子(女優)山辺篤子
森下翔梧(男優)右田浩太郎
本間るい(女優)田浦カツ代
宮澤砂耶(女優)田浦早知子
廣末哲万(男優)シゲちゃん
斉藤暁(男優)篤子の父
黒田大輔(男優)松田先生
大内まり(女優)美都子(大沢君のお母ちゃん)
原作くらもちふさこ「天然コケッコー」(集英社刊)
脚本渡辺あや
主題歌くるり「言葉はさんかく こころは四角」
撮影近藤龍人
製作アスミック・エース
集英社
関西テレビ
企画鳥嶋和彦(企画監修)
配給アスミック・エース
編集宮島竜治
あらすじ
小・中学校合わせてせて6人しかいない田舎の分校に東京からイケメンの転校生・大沢広海がやってくる。 初めて同級生ができた中学2年の右田そよは、大沢にトキメキやがて初恋が芽生えるまでの1年9ヶ月を描いた青春ドラマ。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
45.この映画の良さが分からずに終わってしまった。
田舎の四季折々を表したくて、淡々と撮っているのもしれないけど、
なんか一つ一つの話を適当に作っているように見えた。
それで、主人公以外の登場人物の、感情がおざなりになっていて
なんで?というクエッションがたくさんあった。

なんか、たくさん詰め込みすぎて、この映画を通して伝えたいことが
すべてこぼれ落ちてしまった、そんな映画だ。


デイ・トリッパーさん [DVD(邦画)] 3点(2008-12-24 22:44:10)(良:1票)
44.原作未読ですが鑑賞しました。ほのぼの、爽やかでよかったです。主題歌になっているくるりの「言葉はさんかく こころは四角」も好きです。
kagrikさん [インターネット(字幕)] 7点(2008-12-17 13:07:18)
43.友達との電話で「女の子とキスした」と見栄を張ってしまった大沢少年は、それをこっそり聞いてしまったそよちゃんから「だれとキスしたん?」と問い詰められる。こまった大沢少年があみだした戦法が「あれは予告チューだ!!」という言い逃れ。予告なんだからこれから現実にしようよ!という誘いを含んだ切り返しである。おもしろい。「あれは予告チュー」「じゃ、実現せんとやね」「たいしたことじゃねえって。握手と同じだって」「そうじゃね」「だめかのー」「だめにきまっとるかね」といった一連の方言会話には、「キスしたいんだけど…」とか「キスしてもいい?」などといった直接的な表現にはない婉曲感が漂う。都会から転校してきたはずの大沢少年にこんなダイアローグをされることで、僕のような都会育ちの元少年は、もはや兜を脱ぐしかないのである。
wunderlichさん [DVD(邦画)] 8点(2008-12-16 15:04:47)(良:2票)
42.《ネタバレ》 淡々と進んでいくストーリーで、特に驚きや意外感のあるシーンは全く無いのですが、一つ一つのエピソードを心理描写も含めて丁寧に描いているなと思いました。気楽に映画を見たくなった時にお薦めできる作品です。
出てくるクラスメイトも素直で良い人ばっかりで、「実際は田舎でも少人数の中でも嫌な奴とか一人はいそうだな」とか斜めから見ていると突っ込みたくなる部分は多少あります。
TINTINさん [DVD(邦画)] 7点(2008-11-25 00:54:27)
41.特に凝った話ではなく下手するとしょっぱいアイドル映画になりがちなストーリーだが、全体を通してとてもいい風が流れていた。有名俳優陣は置いといて、脇を固めたおばあちゃんや学校の先生、クラスメイト達がとにかく素晴しくて、あっという間に世界に引き込んで最後までその魅力は尽きなかった。夏帆はちゃんと見たのは初めてだが、これから頑張って欲しい女優さんですね。観終わってとてもよい気持ちにさせてもらいました。監督に拍手。
ポテサラ頂戴さん [DVD(邦画)] 8点(2008-11-16 21:51:15)
40.これが本当の小中一貫教育(?)・・・退屈でした.
マー君さん [DVD(邦画)] 3点(2008-11-08 15:04:00)
39.《ネタバレ》 後味の良い映画でした。教室に別れを告げるシーンに郷愁があふれていて感動しました。さっちゃんが橋で人がたっているいうシーンや、姉に気を使うおしゃまな弟のシーンなど、さりげないシーンも好きです。夏帆はキャラにぴったりでした。他の方も書いていますがくるりの音楽はいらない気がします。
omutさん [CS・衛星(吹替)] 8点(2008-09-22 23:49:16)
38.《ネタバレ》 原作のファンでもあったの興味深く見ました。
まず、脇役のキャラがそのまんまでとっても良かった。
さっちゃんやら、カツ代ちゃん、そよちゃんのお父さんなんてもうそのまんま。
物語も原作の雰囲気を壊す事無く良かったです。
強いて言えば・・・もう少し大沢君にインパクトが欲しかった(特に顔で)のと
彼の台詞がモゴモゴして聞きづらかったことかな。
あずきさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2008-09-19 12:55:50)
37.田舎のなつかしさと温かさ、青春の淡い気持ちを味わえる映画。

主人公の「そよ」の存在感が、まさに「そよ風」の爽やかさを与えてくれる。
監督はこの女優の味を最大限引き出していると思う。
また女優自身も表現力豊かな演技で、こちらを惹きこむ。

ただ、個人的にはもう少しインパクトのあるメッセージ性を込めてもらったほうが共感を受けたような気がする。

インパクトには欠けるものの、淡くて温かいストーリーと「そよ」の魅力は、多くの人の共感を誘うのではないだろうか。
Omonpacalさん [DVD(邦画)] 5点(2008-08-17 19:00:27)(良:1票)
36.《ネタバレ》 一見田舎の学校の何気ないエピソードを淡々と描いているようですが、それぞれのエピソードに有機的なつながりがあり、とても感心しました。
とくに幽霊がこわくてトイレにいけずにお漏らしをしてしまい、主人公のそよちゃんに床を掃除してもらっていたさっちゃんが後半のシーンで一人で学校の床の雑巾がけをしている姿は、何気ないシーンなのですが、たった数年で子供はあっというまに成長していくんだなという感動と、どういうわけだかちょっと寂しさを感じました。
そよちゃんが病気になったさっちゃんの家にお見舞いに行くシーンの心理描写は必見ですね。
とけいだいさん [地上波(邦画)] 7点(2008-08-04 22:58:47)
35.夏帆が可愛くて、夏帆の演技が良くて、作品全体の雰囲気が最高。
映画さん [DVD(邦画)] 8点(2008-07-25 18:52:03)
34.夏帆、せつないほどかわいい。それが一番の収穫。
脚本も素敵なんだが、原作で補わないと誤解を招くかも。
主人公は援交気質の尻軽少女?って。

田舎の緑が眼にまぶしい。
「ストーリーらしいストーリーがない」と紹介されることもあるらしいが、とんでもない。
繊細な心の動きがとてもよく描かれている。

癒し系の映画として見るならば、かなり上質の映画です。
ひであきさん [DVD(字幕なし「原語」)] 7点(2008-07-15 04:11:09)
33.けっこう好きです。微妙な人間関係や青春、、思春期の心、人間の成長といったものが自然の中で繊細に描かれています。単純な恋愛でもなく、単純なハッピーエンドでもなく、甘酸っぱい感じだけをうまく残しているのが良いですね。
ラストシーンの時間の飛ばし方はとても上手いというか良かったです。
Balrogさん [DVD(字幕)] 7点(2008-07-15 00:08:29)
32.ヒロインそよちゃんにとって東京は大沢君が暮らしていた場所でしかなく、それ以上でも以下でもない。そりゃ人混みに身はすくむけど、別に卑屈感なわけではない。ルーズソックスを買ってくるぐらい。新宿の街も耳を手で囲えばゴウゴウと山と同じ音をたてている。「行って帰ります」だ。この映画がいいのは、田舎の舞台を、都会人のユートピアとしての自然賛歌や人情賛歌として描いたのではなく、べつに都会と関係なくちゃんとやってま~す、っていう地方賛歌にしているところ。学校の将来はちょっと心配だし、借金自殺の「名所」もあるけど、ここで生まれたんだから、ごく自然にここにいる、って感じのヒロインなの。ここからがいいとこじゃけー、とやたらお神楽の解説をして引き留めたがる郵便局のアンちゃんが、土地の人のよさを代表する。話の区切りごとのフェイドアウトに安定感。ラストに、ワンカットの中で時間が跳ぶ、映画ならではのマジックがあった。
なんのかんのさん [DVD(邦画)] 7点(2008-06-27 12:14:49)
31.大沢君の顔が素直すぎるかも。鄙にはまれなお母さんは夏川結衣でぴったり。お父さんの生々しさも流石。
はるこりさん [DVD(邦画)] 5点(2008-06-23 12:25:13)
30.《ネタバレ》 夏帆や子供たちの演技は非のうちどころ無い、完璧!都会と田舎の比較も押し付けがましくなくさわやかに描かれていてOK、私は退屈せずに観れました。ただ印象的な田舎の風景がただの映像であったことが凄く残念、あの風景の中に役者が全くいない。ロケハンか何かで映像だけを撮っておいて映画の中に挟みこんだだけ。でも話は良いです、私にはあまりなじみのない方言がとても良かった。「行って帰りまーす」ってなんかいいよ。
カーヴさん [DVD(邦画)] 6点(2008-05-05 14:45:36)
29.「ぼくのなつやすみ」的ですね。落ち着いた可愛らしいリズム。小気味いいとい
えばいいのですが、台詞やストーリーにパンチが足りない感は否めないです。人物にも自然にも、もっとズームして、もう少し綺麗に撮って欲しかった。
チューンさん [DVD(邦画)] 6点(2008-05-04 22:40:52)
28.小学生も交えた全校生徒7人を、ほぼムラなく丁寧に描いた前半は結構好きですが、そよと大沢の二人がメインとなる後半がやや微妙。ヘンな例えだが、『耳をすませば』からバイオリン制作と物語執筆をカットして実写化したような感じで、なんかもう観ていて恥ずかしい。前半と後半の温度差がなければもうちょっと高評価です。尚、恐ろしいことにこの監督、同じ年にあの『松ヶ根乱射事件』も発表してるんですよね。同じ地方を舞台にしてあれだけベクトルが違う映画が作れるとは…。
とかげ12号さん [DVD(邦画)] 6点(2008-05-03 22:05:30)
27.うわーっ、しょんべん臭い青春映画。このしょんべん臭さは新鮮だ。監督の力量も認める。だが、わしゃあ、こんな映画好かん。2時間もつきあわされてしもうたわい。
goroさん [DVD(邦画)] 3点(2008-04-15 03:02:29)
26.《ネタバレ》 良かった。少女マンガをはじめて読んだ時の甘い気持ちを思い出した。田舎を描いた映画は多いが、こんな伸び伸びした生活を見せられたら、羨ましいと思っちゃうよ。特にサッチャン。こんな子、都会じゃ性格がいじけそうだが、この映画ではみんなに囲まれて、伸び伸びと育ってる。この子は演じてると言う感じじゃなく、ホントに楽しんでる。映画では夏帆ちゃんが面倒見てくれるが、これから先、大丈夫だろうか?ママゴトでサッチャンの持ってきたジュース(水)をぐいっと飲んでくれるような性格の夏帆ちゃんのような生徒がいなくなるのが心配。と、映画の世界なのにマジで心配してしまった。みんな真っ直ぐ成長してほしい。
トントさん [DVD(邦画)] 8点(2008-04-10 00:39:55)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 85人
平均点数 6.51点
000.00%
100.00%
200.00%
355.88%
467.06%
51315.29%
6910.59%
73035.29%
81416.47%
978.24%
1011.18%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.40点 Review5人
2 ストーリー評価 5.80点 Review10人
3 鑑賞後の後味 6.36点 Review11人
4 音楽評価 6.88点 Review9人
5 感泣評価 4.66点 Review6人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS