巴里のアメリカ人のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > 巴里のアメリカ人
 > (レビュー・クチコミ)

巴里のアメリカ人

[パリノアメリカジン]
An American In Paris
1951年【米】 上映時間:113分
平均点:6.52 / 10(Review 44人) (点数分布表示)
ミュージカルロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-06-18)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ヴィンセント・ミネリ
キャストジーン・ケリー(男優)ジェリー・マリガン
レスリー・キャロン(女優)リズ
オスカー・レヴァント(男優)アダム・クック
ニナ・フォック(女優)マイロ・ロバーツ
佐久田修ジェリー・マリガン(日本語吹き替え版【PDDVD】)
湯屋敦子リズ(日本語吹き替え版【PDDVD】)
原作アラン・ジェイ・ラーナー(原案)
脚本アラン・ジェイ・ラーナー
音楽ジョージ・ガーシュウィン
ソウル・チャップリン(音楽監督)
ジョニー・グリーン(音楽監督)
コンラッド・サリンジャー(ノンクレジット)
作詞アイラ・ガーシュウィン
編曲コンラッド・サリンジャー
撮影アルフレッド・ギルクス
ジョン・アルトン〔撮影〕(バレエシーン撮影)
製作アーサー・フリード
ロジャー・イーデンス(製作補〔ノンクレジット〕)
配給MGM
特撮ウォーレン・ニューカム(特殊効果)
美術E・プレストン・エイムズ(美術監督)
セドリック・ギボンズ(美術監督)
エドウィン・B・ウィリス(セット装飾)
振付ジーン・ケリー
衣装アイリーン・シャラフ
オリー=ケリー
ウォルター・プランケット
ヘアメイクウィリアム・タトル
編集アドリアン・フェイザン
録音ダグラス・シアラー
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
44.この手の作品を真面目に観たのは初めてでしたが、公開年を知ってびっくり。そりゃ戦争にも負けますわ。ガーシュウィンにダンスに色彩が素晴らしい。でも最後の唐突なダンスはちょっと長かったかな。もはや映画と言うより芸術作品を堪能した感じになりました。スポンサーが少しかわいそうでした。
Kの紅茶さん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2016-08-07 11:27:37)
43.見るのはたぶん3回目くらいですが、なかなか楽しめました。パリが舞台なのに、かなりアメリカ的でご陽気なミュージカルに仕上がっています。全体的に明るく楽しく、沈んだ場面でもあまりウェットにならないところが特徴でしょう。下宿やカフェで歌っている場面も、まわりの人がニコニコしていて本当に楽しそう。ヒロインのレスリー・キャロンはそれほどカワイカワイコちゃんとは思えないのですが、ダンスはたしかにうまいです。それもバレエが基本にあるところが、ちょっと異色でよかったと思います。オスカー・レヴァント、ニナ・フォックもいい助演ぶり。ガーシュウィンの楽曲も適材適所で、これぞエンタメ! と言いたくなるような作品です。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-03-01 23:02:38)
42.歌の少ないダンス主体のミュージカルです。後半の延々と続くダンスシーンは好きな人には見所なのでしょうが長過ぎて食傷気味になります。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-01-18 14:39:42)
41.《ネタバレ》 パリに住むアメリカの想い人たちが四角関係に一喜一憂し歌い踊ります。街のど真ん中でいきなり踊りだすのは異様ですが、軽やかなステップでキレまくりのタップダンスパフォーマンスに注目の米アカデミー作品賞受賞作。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2012-06-30 21:29:45)
40.タイトル通り、パリに住む画家志望のアメリカ青年を主人公にしたミュージカル。
何で画家志望がいきなり踊り出すのかよくわからんのだが、
ジーン・ケリーは相変わらず流れるようなステップを踏み、タップもふんだんに見せてくれる。
確かにうまいことはうまいんだけど、バレエの動きを基にしているのか、
みな同じようなダンスに見えて飽きてくるのが難点。おそらく単調な楽曲ばかりで、
中心になるような名曲がないのも影響しているのではないかと思う。
ストーリーはアクのない青春ロマンス映画といった感じで、あまり面白味は感じない。
映像はきれい。演出も古い映画だがそれほど悪くはなく、
総体的には可もなく不可もなくと言ったミュージカル映画だった。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 4点(2011-08-09 03:40:02)
39.ジーン・ケリーが街の子供たちの前でタップダンスするシーンは最高でしたが、あとは、平凡な印象です。
ashigaraさん [DVD(字幕)] 6点(2011-07-09 15:49:02)
38.ヴィンセント・ミネリの「巴里のアメリカ人」は芸術性豊か、ガーシュウィンとフレンチアートがふんだんに。 レスリー・キャロンは「あしながおじさん」よりこちらが好き。 端正なアステアより豪快なケリーと相性がよいのか。 美人というよりキュートなバレエダンサー、ちょっとカイリーに似てるかな。 賛否両論終盤20分は肯定派、他じゃこんなの見れないモン。 骨太ジーン・ケリーはロートレックなら骨なしヴァランタンよりショコラ!
レインさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-07-09 07:00:03)
37.レスリー・キャロンって、いかにもアメリカの子役がそのまま大きくなったって感じだなあ、と思ってたんだけど、この人フランス出身なのね、一番合ってた『リリー』も、舞台はフランスだったんだ。そう思って見ると、にんじん、って感じもある。で、本作で一番ロマンチックなナンバーは、セーヌ河畔での二人のダンス。彼女は白と黒の衣装。冒頭でカラフルなイメージを出していたのでこの白黒が映え、それがそのままラストのパーティの予告にもなっていた。ラストの長い幻想シーンは、白黒のパーティの後で色彩の氾濫となる趣向で、贅を尽くしたという感じだが、立ちすくむ人やテーブルの女などにライトを下から当てたりして、ヨーロッパ的な陰影をかもそうとしている、ときに神経症的。バレーとタップの共演ってのは、アステア時代にも試みられているが、アメリカに根強いヨーロッパコンプレックスから来るのだろうか。ケリーのステッキ持ったタップとキャロンの爪先立ちバレーとの脚の掛け合いに堪能。そして鏡も使った色彩の洪水の果てに、また凱旋門の白黒の画に(赤い花の記憶を残して)戻っていくという趣向で、この映画はモノクロとカラフルの対比で押し切った。タップ好きとしては、子どもたちにいろんなステップを披露するとこ。上半身をダラーんと脱力させていかにも気がなさそうにトットットッとやるのなんか好きだなあ。アダムの部屋でタップ踏んだときは、ドアの敷居なんかもさりげなく使ってた。このアダムの仏頂面が、ケリーのニヤケ笑い(失礼!)と対比されるいいスパイスになっていて、スワンダフルに入る前、事態のややこしさを知った彼がハッピーな二人に挟まれて一人憂鬱にタバコに火をつけるのを繰り返してるあたりがおかしい。「そのしつこさに魅力が追いついてないの」とキッパリ言われても、しつこさに徹すれば最後はハッピーエンドになれるんだな。覚えとこう。
なんのかんのさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-06-25 10:05:46)
36.ん~、これが脚本賞を受賞していることに驚きました。そんなに上手くないと思ってしまいましたが……。パワフルなダンスシーンと軽快でジャジーなスコアしか別段楽しめるポイントはありませんでした。
民朗さん [DVD(字幕)] 4点(2011-05-05 22:34:04)
35.映画としてはそれほどではないが、ミュージカルの部分が楽しめるもので非常に良かった。とはいえ最後のダンスは長すぎましたね。少しクドイ気がしました。
さわきさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-03-20 00:59:15)
34.美しい町並みを舞台にジーン・ケリーの明るくパワフルなダンスに、歌う姿もいい作品です。町を行く人々、カフェの客に町の子ども達も巧く絡むミュージカルシーンが楽しい。ジーン・ケリーに関してはTシャツとかラフな格好で男同士で陽気に歌い踊る姿がとても楽しくて好きです。(対照的にフレッド・アステアと言えば正装で優雅に華麗に美女と踊る姿ですね~。)なので本作でもオスカー・レヴァントとのピアノを使った絡みや、町の子ども達との絡みなんてとても楽しい。有名なラストはやはり賛否分かれるんですね。ミュージカルのラストはみんな笑顔、分かりやすい大団円の大ハッピーエンドが好きな僕にとっては、延々と(20分くらい?)続く圧巻なのですがシュールなダンスシーン、最後はちょっと辛かったです。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-02-17 18:37:24)
33.《ネタバレ》 タイトルに反して、パリの風景が全然出てこないのにがっかり。内容からしても、パリであるべき必然性がありません。ラストの延々と続くダンスは、いかにもアメリカ人好みの物量作戦で、そこまで徹底するとかえって爽快。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2011-02-17 05:03:13)
32.中学生の頃、バレエ教室の公演でこの作品を踊ることになったちょうどその時に、TV放映されたので見まくった作品。
ジーン・ケリーは青年役には苦しいものがありますが、ダンスには引き込まれます。レスリー・キャロルは現代からみればちょっとぽっちゃりですが、バレエテクニックはすごい。この時代でバレエはここまで確立してたんだな~と確認できます。
ザ・ミュージカル映画!って規模のダンスシーンは圧巻です。
まちゅかさん [DVD(字幕)] 7点(2010-06-20 12:37:23)
31.ラスト近くの妄想シーン、ダンス、セットが圧巻!MGMはアメリカに偉大な財産をもたらせていたのですね。友達役のピアニストがいいアクセントになっていて笑えました。しかし、ストーリーはあまくうまくないと感じたので7点にさせていただきました。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-06-10 08:54:00)
30.う~ん?アカデミー賞ねえ!悪くはないと思うけど、それほど大絶賛出来る内容でもなかった気がするし、これにアカデミー賞挙げるぐらいなら同じジーン・ケリー主演なら「雨に唄えば」に挙げるべきではないかと思う。
青観さん [ビデオ(字幕)] 6点(2009-06-13 21:12:50)
29.《ネタバレ》 ○率直な感想としては、あまり面白くなかった。○ストーリーといえるストーリーも無く、ひたすら歌やダンスでは飽きてしまう。○後の「雨に唄えば」の方が遥かに面白い。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 3点(2008-02-25 16:54:39)
28.《ネタバレ》 皆様の評価を見ているとラストの長いダンスシーンが好きかどうかが一番大事なようで、僕にとってはストーリーと関係なく歌もないあの十数分はやや苦痛であった。アンリがジェリーたちに婚約を報告するあたりまでは適度などきどきとわくわく感があってよかったのだが。
HKさん [DVD(字幕)] 6点(2007-12-30 23:00:56)
27.ジーン・ケリーとレスリー・キャロンはまさに大熱演、やはりあの河のほとりでのダンス・シーンが特に素晴らしい。中盤までの展開も結構好き。でも、あの終盤の延々と続く意味不明のダンスシーンでちょっと引いてしまった。
野心作であることは充分伝わるのだけど、なんか作り手側の凄いでしょ!?って感じがあまりにも出すぎてるように思う。
僕の好きなミュージカル映画は、もっと下世話な感じのものからポンと芸術的な名場面が生まれたりする。本作では逆に芸術に寄りかかってるなと感じた時点で冷めてしまった。やはりミュージカル映画は気分ノリノリで観れたら多少のアラなど気にならない程に満足できるのに、一番重要なシーンで冷めてしまったことが僕にとっては致命的だった。
よし坊さん [DVD(字幕)] 5点(2007-11-03 23:40:48)
26.最後のダンスシーンはとてもすごいと思いました。ただ、意味が分かりません。1番印象に残ったシーンは、初めて2人で行った川辺でのダンスシーンです。L・キャロンを見ていたら、G・ケリーが下手くそに見えてしまうほどでした。彼女すごいです。
shoukanさん [DVD(字幕)] 6点(2007-10-08 00:34:53)
25.《ネタバレ》 ミュージカルはあまり得意じゃないけど、物語の中でうまい具合にミュージカル部分が演出されていると思う。物語エンディング間際のミュージカルは結構見もの。
珈琲時間さん [DVD(字幕)] 7点(2007-05-13 17:58:20)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 44人
平均点数 6.52点
000.00%
100.00%
200.00%
312.27%
436.82%
536.82%
61227.27%
71738.64%
8613.64%
924.55%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 5.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 6.66点 Review3人
4 音楽評価 7.50点 Review4人
5 感泣評価 6.00点 Review1人
chart

【アカデミー賞 情報】

1951年 24回
作品賞 受賞 
監督賞ヴィンセント・ミネリ候補(ノミネート) 
脚本賞アラン・ジェイ・ラーナー受賞 
撮影賞アルフレッド・ギルクス受賞 
撮影賞ジョン・アルトン〔撮影〕受賞 
作曲賞(コメディ)ジョニー・グリーン受賞 
作曲賞(コメディ)ソウル・チャップリン受賞 
美術賞セドリック・ギボンズ受賞美術
美術賞エドウィン・B・ウィリス受賞装置
美術賞E・プレストン・エイムズ受賞美術
衣装デザイン賞オリー=ケリー受賞 
衣装デザイン賞ウォルター・プランケット受賞 
衣装デザイン賞アイリーン・シャラフ受賞 
編集賞アドリアン・フェイザン候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1951年 9回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 受賞 
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)ジーン・ケリー候補(ノミネート) 
監督賞ヴィンセント・ミネリ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS