タクシードライバーのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > タ行
 > タクシードライバー
 > (レビュー・クチコミ)

タクシードライバー

[タクシードライバー]
Taxi Driver
1976年【米】 上映時間:114分
平均点:7.44 / 10(Review 426人) (点数分布表示)
公開開始日(1976-09-18)
ドラマサスペンス犯罪もの実話もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-10-15)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マーティン・スコセッシ
助監督ラルフ・S・シングルトン(第二助監督)
エイミー・ホールデン・ジョーンズ(監督助手)
キャストロバート・デ・ニーロ(男優)トラヴィス・ビークル
シビル・シェパード(女優)ベッツィ
ピーター・ボイル〔男優〕(男優)ウィザード
ジョディ・フォスター(女優)娼婦アイリス
アルバート・ブルックス(男優)トム
ハーヴェイ・カイテル(男優)ポン引きの“スポート”・マシュー
ヴィクター・アルゴ(男優)メリオ
ジョー・スピネル(男優)タクシー会社の受付
マーティン・スコセッシ(男優)タクシーの客
ダイアン・アボット(女優)ポルノ映画館の売店の女
ラルフ・S・シングルトン(男優)TVのインタビュアー
デビ・モーガン(女優)コロンバス・サークルの少女(ノンクレジット)
ハリソン・ヤング[男優](男優)(ノン・クレジット)
宮内敦士トラヴィス・ビークル(日本語吹き替え版【DVD】)
井上喜久子ベッツィ(日本語吹き替え版【DVD】)
東地宏樹ポン引きの“スポート”・マシュー(日本語吹き替え版【DVD】)
村治学トム(日本語吹き替え版【DVD】)
浦山迅ウィザード(日本語吹き替え版【DVD】)
田原アルノ(日本語吹き替え版【DVD】)
津嘉山正種トラヴィス・ビークル(日本語吹き替え版【TBS】)
田島令子ベッツィ(日本語吹き替え版【TBS】)
冨永みーな娼婦アイリス(日本語吹き替え版【TBS】)
寺島幹夫(日本語吹き替え版【TBS】)
野島昭生トム(日本語吹き替え版【TBS】)
銀河万丈(日本語吹き替え版【TBS】)
千葉繁(日本語吹き替え版【TBS】)
伊井篤史(日本語吹き替え版【TBS】)
脚本ポール・シュレイダー
音楽バーナード・ハーマン
挿入曲ジャクソン・ブラウン"Late For The Sky"
撮影マイケル・チャップマン
フレッド・シュラー(カメラ・オペレーター)
製作マイケル・S・フィリップス
ジュリア・フィリップス
配給コロムビア・ピクチャーズ
特殊メイクディック・スミス
美術チャールズ・ローゼン〔美術〕(美術監督)
衣装ルース・モーリー
編集トム・ロルフ
ビリー・ウェバー(編集助手)
スティーヴン・スピルバーグ(編集監修・ノンクレジット)
字幕翻訳野中重雄
その他クリス・クリストファーソン(スペシャル・サンクス)
ジュリエット・テイラー(キャスティング)
あらすじ
青白く俯きながら犯罪都市NYを歩くTravis。 彼はこの町のタクシードライバー。 大都会の全てが彼と関わりを持たない。 彼は孤独のヒーローか?.....それとも。。。。。。。。。。。。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
2122
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
366.ニュー・シネマの中で一番好きかもしれない。
デニーロ演じるキチガイ帰還兵がとにかくカッコイイ。
そして奇妙。世界も、人間も。誰がヒーローで誰が悪なのか。
トラビスはヒーローのようで、アンチヒーローでもある。不思議な矛盾。

それらの答えはラストのシビル・シェパードの視線に集約されているような気がした。



せかいのこどもさん [DVD(字幕)] 8点(2010-12-12 10:34:44)
365.《ネタバレ》 これは若者の成長を描いた青春映画。
自分の湧き出る劣情や正義感(かなり歪んでますが)を抑えきれずにこれまた歪んだ
行動を起こさざるを得ない。
ラストは色々な経験を経て、いちタクシードライバーとしてシビル・シェパードを
「客」として乗せる。
なんと言おうとすがすがしい青春映画です。
おざおざさん [DVD(字幕)] 8点(2010-12-12 01:45:55)
364.70年代の雰囲気はよかったが、わけがわかんない映画だった。とりあえず、体を鍛えたくなりました。
doctor Tさん [DVD(字幕)] 4点(2010-11-22 01:58:06)
363.《ネタバレ》 これほど退廃的に描かれたニューヨークを観た事がありませんでした。この映像を観れただけでも満足です。更に孤独を抱えるトラヴィスを演じるロバート・デニーロの演技力の凄いこと!(私を含める)他人と付き合う事にコンプレックスを抱え、しかし他人にも愛されたい人間をこれだけリアルに演じられるのは、ホントに素晴らしいと思います。もしかして、デニーロも元来そういう人なのかも。そして精神的に追い詰められたトラヴィスが引き起こすホテルでのカタストロフィ。その後ニューヨークに溶け込んでるトラヴィスを見るに、人間何かを成し遂げず、過去のトラヴィスの様に世界に不満を垂れ流している間は、本当の大人になれていないという事でしょうか。う~ん、難しい。
民朗さん [DVD(字幕)] 8点(2010-11-03 18:47:48)
362.《ネタバレ》 好き嫌いがはっきり分かれそうな内容でしたが、いずれにしてもデ・ニーロのインパクトに尽きると思います。
最後に警官が踏み込むシーンの彼の表情、そして、そのあとの上から撮影したシーンは、強烈に記憶に残りそうです。
これで終わりと思いきや、その後にお礼の手紙・・・ここで???。あれ?死んでなかったの?と疑問。
植物人間状態で生きてたのか・・・と思いきや、普通に日常生活に戻っていて、さらに???
このラストは、現実にはあり得ないと思いますけど、想像を駆り立てられて良かったです。強烈なストーリーの後の一種の清涼剤のような気がしました。
牛若丸さん [DVD(字幕)] 7点(2010-10-06 21:31:50)
361.《ネタバレ》 デートでポルノ映画に連れていくのからはじまり、そっから後も全部意味わからん。
キチガイ男の話ってことかな。最後なんで普通に仕事できてんだろ。
銃社会、問題ありすぎだろう。簡単に殺せすぎだ。
これが今も直せず、これからもずっと続いていくんだから全くひどい国だ。
虎王さん [DVD(字幕)] 4点(2010-09-24 22:41:56)(良:1票)
360.《ネタバレ》 孤独な男の行き場のないパワーを、世の中の邪魔者退治に向ける発想は悪くないが、殺人はまぎれもない犯罪であるので、トラヴィスが懲罰も受けずにすんなり社会復帰するのはおかしいのでは?この犯罪を一部で秘かに英雄視することはありえても、新聞で公にヒーロー扱いしてしまったら同様の犯罪が多発するでしょ。日本では過去に「豊田商事会長刺殺事件」やオウム真理教幹部「村井秀夫刺殺事件」など、殺されても当然と思われる事件でも、メディアが犯人をヒーロー扱いするような報道はありえなかったはずだし、それが社会の秩序というものではないかと思う。トラヴィスが自分の行為の罪を認めるも、それは必要悪という認識はそのまま、刑に服する結末ならもう少し評価できたかも。
きーとんさん [DVD(字幕)] 5点(2010-08-08 13:08:26)(良:1票)
359.《ネタバレ》 序盤のせっかく釣れた女をポルノ映画に連れてったあげく、怒った女に対して殺してやる!とブチ切れるくだりから「こりゃ共感できんな」と思ってしまい、それ以降もやはり共感できなくて、見るのが苦痛になってしまった。やっと暗殺決行!!って時も、ウソー!!ってくらいあっさり失敗するし。ラストシーンも特に何とも思わなかったですねえ。2時間ずっとつまらんかったです。
TK of the Worldさん [DVD(字幕)] 3点(2010-08-07 17:26:16)
358.《ネタバレ》 ◇少し前に発売されていた「他人を見下す若者たち~自分以外はバカ~」という本があったなぁ、と思い出しました(本は読んでません)◇自由なはずなのに、その自由を享受できない自分、理想と現実のギャップが生む厭世的な世界観が表現されていました。◇ただ、共感できるかというと、そうではなくて、ラストも「あ、そうなっちゃうの?」というあっけなさ。◇ジョディーフォスター、ロバートデニーロ、ハーヴェイカイテルの若き姿、その演技力は見れてよかったです。
ハクリキコさん [DVD(字幕)] 6点(2010-08-07 10:09:39)
357.《ネタバレ》  この映画の主人公に共感できてしまうと危険、という評価が散見されたので気をつけましたが、残念ながら「俺が映画に出てる!」というのが私の感想でした。
 口を開けば周りと感覚が絶望的にズレていて「お前は何を言ってるんだ」という顔をされたり、女の子に気に入られようと思ってやった超イカす行為でドン引きされたり、人が寄り付かないのは自分のせいという分かりきった事実を全力で無視しつつ、自分とまったく関係のない幸せそうな人たちを悪し様に罵ったり…と、ビデオ録画した自分を見ているような不快さと恥ずかしさを感じました。
 極めつけは例の有名な鏡のシーン。私も鏡の中の自分と目が合うとイケメンに見える角度を探して(そんなものない)小一時間格闘した挙句、落ち込んでもう今日は外出するのやめよう…ってなることがしょっちゅうあります。だからトラビスが鏡の前でポーズとって悦に入る姿が痛々しいやら滑稽やらで胸が苦しかった。自分大嫌いなくせに唯一の友達が鏡、なんて皮肉を通り越して悪意すら感じます。終始トラビスの中に没入しての鑑賞だったので、彼があれだけの大事件を起こして自分を変えようとしたにもかかわらず、最後は元通り…ってオチも、トラビス以上に私自身が打ちのめされたような気分になりました。こんなに感情移入しながら観た映画は初めてで、しばらく忘れられそうにありません。
 そんな映画でしたが、これは私みたいな人たちよりも、「何考えてるか分からない、気味が悪くて扱いにくい人間が身近にいる」っていう普通の人たちにこそ観てもらいたいと思いました。これ観て普通の人たちが私たちの考えてることを知り、うまいこと操ってくれたら、私たちも犯罪に走らずにうまいこと社会と折り合いをつけてやっていけるんじゃないかなぁ…と思いました。他力本願ですみません。
池田屋DIYさん [DVD(字幕)] 8点(2010-07-08 21:53:22)(良:3票)(笑:1票)
356.現代の日本はあれほど酷くはないですが、それでもトラビスのような感情を抱いてる人は多いと思うんです。俺がその1人なんですが。厭世的な感情ってやつですかね。そういう、多くの人がグッとこらえてるモノを描いてるあたりがこの映画の良さかな、と思いました。面白いか?と聞かれたらちょっと疑問ですが良い映画ではあると思います。
ケ66軍曹さん [DVD(字幕)] 8点(2010-07-04 04:16:15)(良:1票)
355.トラビスもアイリスもクズのパー。感情移入できないし理解もできない。「社会的に」の意味でなく「人間的に」の意味での『負け犬』が悪あがきして突き進む様がキモい。ネットがある今の時代だと、彼はどんな風なんだろうとか考えると、余計にキモいし、ウザクてイタそうな感じがする。クライマックス、映像の緊迫感はあったけど、この劇中の誰がどうなろうと、どうでもいいよ。ちょっと疲れた感じのおっさんのハーヴェイ・カイテルしか知らなかった自分は、ロン毛でマッチョなお兄さんだった彼の姿に一番の衝撃を受けました。
だみおさん [ビデオ(字幕)] 3点(2010-07-03 01:57:58)
354. 青年のありふれた出来事を描くのかと思えば、まるで、いつ爆発するか分からない爆弾に早変わり。
 作中の人物がまともな会話を繰り広げることはほとんどなく、つかみ所の無い人物達にも恐怖。

 暗部が二時間に凝縮されている。
 変調が印象的なメインテーマが、この映画にぴったりとはまっていた。
タックスマン4さん [DVD(字幕)] 7点(2010-06-23 22:36:22)
353.「そうですか、だから?」って話しです。雰囲気勝負の映画かな。
ダルコダヒルコさん [ビデオ(字幕)] 3点(2010-05-10 01:43:50)
352.はっきり言って主人公は全然好きになれないし、物語の終わりは全然納得できない。この映画がアカデミー賞を一つも取れなかったのは納得だし、映像的にも派手さはない。
......だけど、不思議なことに、何年かすると見返したくなってしまう。都会の怪しげなギラギラした感じ。都会の孤独感。ひょっとして一歩間違えたら自分もこうなったかもと思わせる人物像。これらは今でも全然古くない。
この映画を大好きとは言えないけど、人には一度見ることを薦められる。ということは、やはり名作なんだと思う。
まかださん [DVD(字幕)] 9点(2010-04-30 17:03:38)
351.初見で5点にしていたけど、2回目で面白さに気づいた。1回目は見方を誤っていたのだろう。変に感情移入せず最終的にあんな事をしでかすトラヴィスって男の妙な行動や変化をシンプルに楽しめば良かったんだ。そうやって見ていくと結構笑えたりもする。そしてデ・ニーロの演技とクールなBGMに酔いしれる。
リーム555さん [DVD(字幕)] 8点(2010-04-27 18:48:28)
350.孤独の中で悶々と生活し、それ故に屈折した自意識ばかりが拡大している主人公トラヴィス。周囲の人々をクズ同然と見下し、自分は同類ではないということをどうにか世の中に示そうと企んでいる。

共感出来ない人は最初から最後まで全く共感できないと思うが、自分の中に少しでもトラヴィス的孤独感が思い当たる人にとっては、この作品が描く狂気があまりにもリアルに感じられるはず。
「タクシー運転手」という設定も、孤独のメタファーとしてこれぞ、と言ったところ。

若きジョディ・フォスターは可愛いし、同じく若きハーヴェイ・カイテルも良いが、
見所は何と言ってもヤバすぎるデ・ニーロの演技。いかにも不健康そうな顔色、挙動不審で妙に目だけギラついている。
全体のドロドロした雰囲気といい、本作はまさしく「病める現代っ子の狂気」を見事に映し出していると思う。
おーるさん [DVD(字幕)] 9点(2010-03-29 14:00:12)(良:1票)
349.《ネタバレ》 都会の憂鬱と孤独から生まれる狂気を描いた傑作です。ロバート・デ・ニーロは自分の肉体を改造しながらの演技も、ひとつの狂気かもしれません。
映画のオープニングは最高ですね。マンホールからあふれる水蒸気の中をゆったりと横切るタクシーのスローモーション、フロントガラスに揺らぐネオンサイン、トラビスの瞳に映る夜景、サックスで歌うテーマ、いつ観てもしびれます。
爆裂ダンゴ虫さん [映画館(字幕)] 8点(2010-01-03 13:47:48)(良:1票)
348.モヒカン頭のデニーロが強烈に印象残ります。
シトロエンさん [DVD(字幕)] 8点(2009-12-29 18:10:54)
347.《ネタバレ》 不思議な魅力があり、一度見ただけでは全て理解できたと言い難かった。
ラスト10分であんなに印象の変わる作品も珍しいし、
おそらく最も重要な問題提起をそこでしてくるセンスにも脱帽。
堕落した街に身を投じた男が、次第に退廃していく様が丁寧に作りこまれていて、
あの独特のBGMや、けたたましいサイレンの音が危険な趣を与えていて良かった。
今でこそ病んでいく人間が凶行を、という事件は国内外問わずよく耳にするようになったが、
この時代にそれを題材にしたスコセッシ監督の先見の明にも拍手。

チートイさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2009-12-28 21:01:09)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617181920
2122
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 426人
平均点数 7.44点
010.23%
110.23%
251.17%
3153.52%
4204.69%
5337.75%
64911.50%
77016.43%
88720.42%
96214.55%
108319.48%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.35点 Review20人
2 ストーリー評価 7.38点 Review34人
3 鑑賞後の後味 6.88点 Review34人
4 音楽評価 8.47点 Review40人
5 感泣評価 4.87点 Review16人
chart

【アカデミー賞 情報】

1976年 49回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞ロバート・デ・ニーロ候補(ノミネート) 
助演女優賞ジョディ・フォスター候補(ノミネート) 
作曲賞(ドラマ)バーナード・ハーマン候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1976年 34回
主演男優賞(ドラマ部門)ロバート・デ・ニーロ候補(ノミネート) 
脚本賞ポール・シュレイダー候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS