幻影師アイゼンハイムのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ケ行
 > 幻影師アイゼンハイム
 > (レビュー・クチコミ)

幻影師アイゼンハイム

[ゲンエイシアイゼンハイム]
The Illusionist
2006年【米・チェコ】 上映時間:109分
平均点:6.33 / 10(Review 40人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-05-24)
ドラマサスペンスラブストーリーファンタジーミステリーロマンス小説の映画化
新規登録(2008-02-22)【かわまり】さん
タイトル情報更新(2017-05-04)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ニール・バーガー
キャストエドワード・ノートン(男優)アイゼンハイム
ポール・ジアマッティ(男優)警部 ウール
ジェシカ・ビール(女優)公爵令嬢 ソフィー・テッシェン
ルーファス・シーウェル(男優)オーストリア皇太子 レオポルド
エディ・マーサン(男優)興行師 ヨセフ・フィッシャー
トム・フィッシャー(男優)ウィリグート
アーロン・テイラー=ジョンソン(男優)アイゼンハイム(少年時代)
エレノア・トムリンソン(女優)若きソフィ
阪口周平アイゼンハイム(日本語吹き替え版)
根本泰彦皇太子 レオポルド(日本語吹き替え版)
多田野曜平興行師 ヨセフ・フィッシャー(日本語吹き替え版)
脚本ニール・バーガー
音楽フィリップ・グラス
撮影ディック・ポープ
製作ブライアン・コッペルマン
デヴィッド・レヴィーン
マイケル・ロンドン
デヴィッド・ミンコフスキー(共同製作)
マシュー・スティルマン
衣装ナイラ・ディクソン
字幕翻訳松浦美奈
日本語翻訳瀬尾友子(吹替翻訳)
あらすじ
19世紀末のオーストリア。手品に魅せられた公爵家出入りの指物師の息子は憧れの少女、公爵令嬢ソフィーに自作の手品を披露し、手作りのロケット・ペンダントを贈る。しかし周囲は二人を引き離し、落胆した少年は手品の修行に旅立つ。15年後、成人した少年はウィーンで奇術師アイゼンハイムとしてデビューし、舞台の上でソフィーと劇的に再会するが、オーストリア皇太子の熱愛を受けるソフィーの胸には昔贈ったペンダントがあった。皇太子は奇術の仕掛を見破れないことと、アイゼンハイムに好意を見せるソフィーに苛立つ。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
40.《ネタバレ》  相思相愛の二人は、アイゼンハイムの一世一代のトリックにより、死を偽装し、自由を得、幸せに暮らしました。めでたしめでたし。
 いやー、気分爽快なハッピーエンドですね。
 でも念のため、もう一度振り返ってみましょう。
 身分の違う二人。若いときに切り裂かれた二人の仲。そんな二人が15年後に再会。一人は立派な幻影師に。もう一人は皇太子の妃候補に。
 そんな二人が立てた計画。『そうだ。ソフィは皇太子に殺されたことにしちゃおうぜ。そしたら自由じゃん。ついでにその罪を皇太子に着せちゃったら一石二鳥じゃない。』で、潔白の皇太子に眠り薬を仕込んだ挙句、本当に人殺しの罪をなすりつけ、自殺に追い込んじゃうっていう、トンデモ恋愛ドラマ。超怖いテロリストカップル。立派な国家反逆罪。ウール警部はラストで真相に気付いたみたいだけど、すんげー喜んじゃってます。いいのか、それで?テロリストの片棒かついで、無実の皇太子を自殺に追い込んじゃってますけど?結局のところは『嫌なヤローは皇太子であっても死ねばいい。』ってことなんでしょうか。
 もしこの作品を、皇太子主人公で、全く同じストーリーで、音楽変えてやったら、かなり後味悪いサスペンスになりますね。視点を変えるだけで大分変わるようです。映画としては、まあ面白かったからいいですけど。
 ただ不満点はあります。もっといろんな奇術を期待していたので、パターンが少なかったことがちょっと物足りない。特に後半はずっとワンパターン。死んだ人間を呼び出すっていうイリュージョンが延々と続くだけ。
 それから、成年になってからのアイゼンハイムとソフィーが、若いときの二人の魅力に負けています。若き日の二人が超絶美形すぎるのか。でもそれだけではなくて、若き日の二人のほうがミステリアスな雰囲気が描けていてよかったです。
たきたてさん [DVD(字幕)] 6点(2018-04-12 13:42:19)
39.予備知識無しで見る映画ですね。ミステリー仕立てのサスペンスとラブストーリーのドラマで意外性に惹かれる私には最高のラストでした。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2014-09-08 21:32:38)
38.繊細な指先がいかにも中世のマジシャンのよう、エドワードノートンさんがはまり役に思えました。謎解きは「プレステージ」よりはよかったかなと思ってます、何より雰囲気が好きですね。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-08-20 17:12:46)(良:1票)
37.《ネタバレ》 ○やっぱりオチがなぁってなる映画。○このオチしかないんだろうが、伏線も弱いし、ネタバレシーンはすぐに終わるし・・・。あのネタバレシーンは逃げ。○エドワード・ノートンの存在感、音楽・撮影の素晴らしさ。途中までは面白かったのに。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-08-06 23:18:18)
36.《ネタバレ》 マジシャンを描いた映画はいろいろあっても、その奇術能力を権力闘争的に用いて、皇帝の力と対決する・・・というのはあまりないように思ったので、終盤までは割と見所があると思っていたのです。ノートンとジアマッティの演技合戦もなかなかだったしね。ところが、あのオチはそれまでの全否定に等しいので、やっぱり減点。何でそんなことをする必要があるんだろう。あ、照明と色彩感覚は、いい感じでした。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-04-29 02:21:21)
35.2013.04/23 鑑賞。手品は種が解らぬとなんとも言いも知れぬ気持ちが生じる。皇帝の気持ちに通じる。まして奇術・魔術・幻影などは信じられないことばかり。この面白い題材に恋愛、権力、謎解き、サスペンスと盛り沢山。中世のなんとなく重苦しく豪華な雰囲気と共に楽しめた。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-04-24 12:14:00)
34.《ネタバレ》 身分違いの初恋が成就する、というおとぎ話のようなストーリーが、世紀末ウィーンという大人の時代(たとえば『アイズワイドシャット』の原作シュニッツラーの世界)を背景に、セピアがかったトーンで描かれるのが、味わい。公爵令嬢だった娘は逢引きを発見され、兵に引き離されて、「私を消して」と手品師志願の少年に訴えた。それをかなえてやった大人の時代。もっと世紀末のすえた匂いを嗅ぎたかった気もするが、あくまでおとぎ話が本作の基本。警部がもうけ役で、宮仕えにウンザリしながら忠実に王室の番人をやっていたのが、最後に駅頭で快活な高笑いをする。やられた、という悔しさではなく、見事なマジックを見て、ブラボーと叫んでいるような高笑い。上流階級が舞台の本作で、おそらく低い身分出身者は警部とアイゼンハイムだけだったわけで(マジックを降霊術と信じたがる大衆の存在も社会背景としては重要だが)、そういう階級的共感も下地にあった高笑いかもしれない。
なんのかんのさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-04-23 09:05:34)(良:1票)
33.《ネタバレ》 完全にファンタジーと割り切れれば別ですが、ミステリー仕立てに思えるのに、
超能力だか、実現不可能にしか思えないマジックを見せられても……。
映像はとてもきれいで、画面を静止して絵画として飾りたいくらいでした。
ちなみフォーエバーさん [ブルーレイ(字幕)] 2点(2013-04-21 03:21:40)
32.《ネタバレ》 『真実の行方』から『ファイトクラブ』までの間には「デ・ニーロに匹敵する天才アクター」と絶賛されたものの、21世紀に入ると共に手抜きの仕事が目立つようになり、今では演技派と呼ばれることも少なくなってしまった俳優・エドワード・ノートン。しかし、本作においては久しぶりにその実力を発揮しており、「この人はうまい人なのだ」ということを再認識させられました。空白の15年間、アイゼンハイムはどこで何をしていたのかは明確に説明されないのですが、ノートンのミステリアスな雰囲気や立ち居振る舞いによって、その空白は見事に埋まっています。実に説得力のある演技なのです。映画の内容は良くも悪くもノートンの演技に頼りっきりなのですが、余計な要素を加えなかったおかげでなかなか楽しめる仕上がりとなっています。。。
ただし、ラストですべてがぶち壊しになりました。確かにサプライズとしては機能しているのですが、論理的な整合性は完全に無視された、一発芸とも言えるオチには愕然としました。彼らは駆け落ちするために一連の騒動を巻き起こし、その騒ぎの中で無実の皇太子を自殺にまで追い込んだというわけです。刑事も刑事で、この騒動のために出世街道を手放したにも関わらずヘラヘラと笑ってる場合ですか。もし私がこの刑事の立場なら、怒り狂ってるところですよ。
ザ・チャンバラさん [DVD(吹替)] 4点(2013-03-27 22:53:53)(良:1票)
31.《ネタバレ》 リミットレスがまあま面白かったので、同じ監督のこの作品を観てみようと思いました。結果的には、自分の想像の先をゆく出来ではなかったです。二人で駆け落ちしてハッピーエンドというのは嫌でも分かってしまうので、そこに到達するまでどんな仕掛けを見せてくれるのか、その一点だけに注目をしました。が、先も述べた通り、さほど心躍るような仕掛けや演出はなく、予定調和の中、物語はラストを迎えてしまいました。あと恋に落ちて、もう愛おしくて愛おしくてたまらない!という気持ちがあまり感じられなかったのも残念でした。それとこれが一番大きな問題点なんですが、皇太子は確かに嫌な奴かもしれませんが、無実の罪を背負わせて、自殺にまで追いやるっていうのはあまりスッキリしなくて、後味の悪さが残りました。ただ全編を通しての映像美はなかなかのもので、警部補役の、ポール・ジアマッテーの演技が素晴らしかったです!彼がこの映画の真の主人公だと確信しました。
Dream kerokeroさん [DVD(字幕)] 5点(2012-08-05 20:21:49)(良:1票)
30.《ネタバレ》 なかなか面白かったですねぇ。似た様な作品に「プレステージ」がありますけど、あちらよりもストーリーがわかりやすくて楽しめます。奇術を披露するシーンはどれもCGで、その点に賛否両論あるみたいですが、あくまでもファンタジー映画ですからね。この主人公が15年間行方知れずで、その間にどういう経緯があったのかは謎になっているので、彼の存在として奇術師かそれとも超能力者なのか、そのどちらとも言えないような感覚がなかなか良いんですよ。オチに関しては、正直に言うとソフィが刺され、馬に横たわって出てくるシーンで、「あ、これは殺されたことを演じて脱出する計画なんだな」って察しがついたんですけど、その後に「犯人が捕まった。だがアイゼンハイムは納得しなかった」みたいに、警部のナレーションが入ってくるわけですよ。だから、そういうどんでん返しではなかったのかぁと思いながら最後まで観るとやっぱりそのどんでん返しなわけです。警部のナレーションは、逮捕直後の語り口だったということなんですね。個人的には落ちそのものよりも、アイゼンハイムを捕まえようとした手がするっと体を通り抜ける、あの鮮やかさが良かったですね。さすがにそれは予想出来なかった。ソフィが死んだように見せかけられたところは少しできすぎの気もするけど、まぁ、、娯楽作品として本当に楽しめるし、よく出来ているので人にはお勧めしやすいです。
あろえりーなさん [DVD(字幕)] 7点(2012-04-03 18:32:22)(良:1票)
29.《ネタバレ》 世界観がきれいで、ストーリーも面白かったです。
のははすひさん [DVD(字幕)] 7点(2011-05-06 16:26:18)
28.いやぁ。まんまとやられた。
素直に面白いと言える内容でした。
ラストの纏め方がやや強引ですが、ある意味「騙す事」をメインだとすれば納得できるかと。
最初から、最後までアイゼンハイムの思い通りなら本当に凄いと思える。
ほどよいファンタジー感がより魅力を増し飽きさせない演出も素晴らしい。
大人なラブロマンスも美しく奇麗だ。
色々な面で楽しめる一本でした。
sirou92さん [DVD(字幕)] 8点(2011-01-27 22:22:41)
27.《ネタバレ》 終盤まで、わりと平凡な映画だなぁなんて思って見てました。まんまとやられてしまいました。
見ている間頭の片隅にあった「なんで令嬢役にジェシカ・ビール?」という疑問も、見終わってみればまぁ納得です。いや、ジェシカ・ビールは大好きですが。
イリュージョン場面がやたらとCGで作ってある点も、結果的には上手くカモフラージュになっていた気がします。
まさか死んだフリをするという古典的な手法を使ってくるとは思いもしませんでした。
どんでん返しの仕掛けや、その見せ方や隠し方はかなり良い出来だったと思います。
ただ、終盤まで感じてしまった映画への印象を、どんでん返しだけで覆すのがいいのかどうか悩むところです。
とりあえず、他人に薦めたくなる映画であることは間違いありません。
でこうささん [地上波(字幕)] 7点(2011-01-17 22:20:35)
26.《ネタバレ》  どうしても、語りたいから完全なネタバレで。ご注意を。
とにかく、全く予備知識なしに見れたのが本当に幸せだった。こういう意味での面白さを感じさせてくれたのは、数十年前のスティング初見以来かもしれない。
 なんだろう、この複雑な気持ちは。全編を通してずっと哀れな犠牲者だと思われた二人が、実はしたたかな計画実行者であり(どなたかのように、あるいは悪と断罪すべきかもしれないが、あまりにも感情移入してみていたので、乗り越えられない。特にヒロインがかなり好みで、彼女の「死」には本当に悲しみと怒りと憎しみを感じたから)、そして憎むべき圧政者、暴君、性格破綻者と思われた人物が、実は哀れな犠牲者だったとは。
 実は、映画の先読みをするのが好きな人間で、しかも当ててしまうことが多い今日この頃、こんなに意外性にビックリしたのは久々。本当に面白かったといえるラストでした。
 今日は、とりあえず10点だけれども、時間を置いて見直したら道徳的な面が気になってかなり下がるかもしれません。
平成25年4月2日再見 うーん 気をつけて見てればあの医者を胡散臭く思わないわけはない。ちょっと以前は注意力が足りなかったかも。ただ、ネタがわかって見ていても、
それぞれの時点でのそれぞれの行動が十分納得できて面白かった。たださすがに初見の衝撃は得られないので残念で-2、ただ少年少女期の二人が非常にさわやかなキャスティングだったので+1。
rhforeverさん [地上波(字幕)] 9点(2011-01-12 13:51:06)(良:1票)
25.この映画は、どこまで真剣にセリフを聞き、先を読もうとするかで評価が大分変わってくると思います。アドバイスとしては空っぽの頭で観ることです。そうすれば映画全体を楽しめるかと。主役よりも刑事役の人が良い味だしてました。Prestigeと違って、この映画を見るとマジシャンになりたくなります。ただあそこまでのトリックは最高のマジシャンでも無理でしょうけど。
ronronvideoさん [DVD(字幕なし「原語」)] 7点(2010-12-26 11:20:53)
24.《ネタバレ》 もちろんこのストーリーはフィクションですが、皇太子レオポルドは「マイヤーリング事件」で謎の情死を遂げたルドルフ皇太子をモデルとしているのではないでしょうか。それにしても既に亡国したとはいえ、オーストリア帝国の皇太子を殺人犯みたいに描くとはいやはや大したものです。それを悪役をやらせたらこの人と誰もが認めるルーカス・シーウェルが演じるのですから、余計にあのオチにはすっかり騙されました。 やっぱ本作はポール・ジアマッティの映画でしょ、彼の存在感で引き締まったストーリーになったのでは。けっきょくアイゼンハイムのイリュージョンは、時代背景からして草創期のシネマトグラフがタネだったと私は解釈しましたけど、いかがでしょうか。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-11-10 22:03:33)
23.(奇術って生じゃないと意味ない気がするんだけど、まぁ…) 世紀末ウィーンや幽玄なマジック、エドゥアルドたちの初恋時代は雰囲気ありですが、大人になって再会した彼らの存在も恋も薄いのでラストも感激なし。 悪役レオポルドもルーファス・シーウェルなので悪く思えないのですが♪ この時期のオーストリア皇太子の立場を反映させて彼とポール・ジァマッティ(「フロム・ヘル」のコルトレーンのように作品を支えて)演じる警部との微妙な関係はよかったと思います。 木でできた想い出のロケットが素朴な味。
レインさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-10-01 00:00:03)
22.《ネタバレ》 好きな女と駆け落ちするために一国の皇太子を失脚&自殺に追い込むって、振り返るとやり過ぎと気付きますが、まぁあんな奴は死んでもよろしい。CGを使えばどんなマジックでも可能な訳だけど、観ている間はずっとワクワクしていました。ド派手な爆発やカーアクションでは無く、静かで落ち着いたCGの使用法がマジックをそれらしく見せくれたからでしょう。作品全体からは格調さえ感じました。ラストのオチは途中で見渡せたけど、無難なハッピーエンドだからこそ上手くまとまった印象です。子供の頃からの想いは成就させてあげないとね。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2010-08-10 21:22:59)
21.幻術師の話し。主演の表情は非常~に良かった。ミステリアスで何を考えているか判らない感じ。ストーリーも面白かった。途中中だるみしなければ8点でした。
ぬーとんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-05-16 00:58:03)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 40人
平均点数 6.33点
012.50%
100.00%
212.50%
300.00%
412.50%
5512.50%
61127.50%
71537.50%
837.50%
937.50%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.20点 Review5人
2 ストーリー評価 4.80点 Review5人
3 鑑賞後の後味 5.16点 Review6人
4 音楽評価 6.00点 Review3人
5 感泣評価 3.50点 Review2人
chart

【アカデミー賞 情報】

2006年 79回
撮影賞ディック・ポープ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS