透明人間現るのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > 透明人間現る
 > (レビュー・クチコミ)

透明人間現る

[トウメイニンゲンアラワル]
1949年【日】 上映時間:87分
平均点:2.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
SFモノクロ映画特撮もの
新規登録(2010-11-04)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督安達伸生
キャスト月形龍之介(男優)中里謙造
喜多川千鶴(女優)中里真知子
夏川大二郎(男優)瀬木恭介(中里研究所所員)
小柴幹治(男優)黒川俊二(中里研究所所員)/透明人間
水の江滝子(女優)水城龍子
伊達三郎(男優)笹谷敬三
羅門光三郎(男優)松原捜査主任
南部彰三(男優)宮沢梅夫
荒木忍(男優)畑中義平
上田吉二郎(男優)
大美輝子(女優)
高原朝子(女優)
原作高木彬光(原案)
脚本安達伸生
音楽西悟郎
撮影石本秀雄
企画奥田久司
配給大映
特撮円谷英二(特殊撮影)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 猫を元に戻しちゃれ 話はそれからだ
3737さん [CS・衛星(邦画)] 3点(2011-03-23 22:24:47)
1.《ネタバレ》 本作が日本で初めての「透明人間もの」映画みたいですが、出来はひどいものです。公職追放に引っかかって東宝を離れていた円谷英二が特撮を担当したことでも知られていますが、大映は本作を最後に円谷との契約を切ったので、円谷英二最後の大映特撮映画となりました。監督・スタッフや出演俳優陣は時代劇の人たちが多く、どうも脚本からして現代劇らしくないところがあります。主演は時代劇の大スター月形龍之介で、私は現代劇に彼が出演しているのを始めてみた様な気がします。もっとも龍之介以下出てくる俳優がみなセリフが時代劇調で芝居をするので、なんかいい歳した大人の学芸会を見せられてる様な気分になりました。そして意外な(?)活躍を見せるのが水の江滝子(つうか、彼女のことを知ってる人いまどれだけいるでしょうか、ましてNHKの『ジェスチャー』なんて)で、人気スターである自分のセルフパロディの様な役がらです。案外本作は水の江滝子の人気を当てにしたアイドル映画として企画されてたかもしれません(演技ははっきり言って素人並みですが)。原案には推理作家の高木彬光が関わっているのでストーリーはミステリー風にはなっていますが、「誰が透明人間になったのか」と言うトリックが映画としてのルール違反を平気で犯しちゃってるのには呆れてしまいました。 まあ考えてみれば、もし大映が円谷英二をそのまま専属にしていれば、日本の、いや世界の映画の歴史が変わってしまっただろうな。
S&Sさん [CS・衛星(邦画)] 2点(2010-11-05 01:00:18)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 2.50点
000.00%
100.00%
2150.00%
3150.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.00点 Review1人
2 ストーリー評価 1.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 3.00点 Review1人
4 音楽評価 3.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS