汚れた肉体聖女のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ケ行
 > 汚れた肉体聖女
 > (レビュー・クチコミ)

汚れた肉体聖女

[ケガレタニクタイセイジョ]
1958年【日】 上映時間:77分
平均点:4.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(1958-11-29)
ドラマモノクロ映画同性愛もの
新規登録(2014-02-27)【S&S】さん
タイトル情報更新(2014-07-01)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督土居通芳
キャスト高倉みゆき(女優)平恵利
大空真弓(女優)神山アンナ
江見俊太郎(男優)神山友彦
魚住純子(女優)柏木ワカ
津路清子(女優)木戸女史
矢代京子(女優)白井
大原譲二(男優)平裕介
高田稔(男優)平晃介
音楽渡辺宙明
製作大蔵貢
配給新東宝
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.《ネタバレ》 「この映画に描かれたストーリーは特定の宗教とはなんの関係もありません」というテロップが冒頭でますが、どう見たってキリスト教の修道院だろ!って突っ込みは一応入れておきます。数ある新東宝エロ風味映画の中で、たぶん唯一のレズもので貴重ではあります。 どうも新東宝というか社長大蔵貢の頭の中には「九州島原=邪教(キリスト教)のはびこる秘境の地」という図式があるみたいですね、怪作『女吸血鬼』というのもありましたし。この修道院なのか学校なのか良く判らん舞台設定が、チープながらドロドロした感じでいかにもです。名前が「紅百合(べにゆり)学院」なんですからね。シスター姿の生徒たちがフォークダンスを踊るシーンは、滑稽を通り過ぎて不気味の域に達していてトラウマになりそうでした。高倉みゆきと大空真弓の絡みもちゃんとありまして、不思議なエロっぽさがありました。 修道院なのになぜかプールがあったり敷地内に底なし沼まであるというヘンテコぶりは毎度のことで、中盤以降の電気紙芝居としか言いようがないストーリーの暴走ぶりをお楽しみください。主演の高倉みゆきは“新東宝の皇后女優”と呼ばれたそうですが、明治天皇もの以外の主演作ではいつも犯されたり堕胎したりと新東宝女優の中でも指折りのミゼラブルなキャラばかり演っている様な気がします。
S&Sさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2014-03-12 23:17:41)
1.《ネタバレ》 昔から同性愛は認知されていたのかなあと思わせる作品。
最初の方を見逃すと、あとあと混乱します。

小津監督さながらの棒読みセリフはやっぱりおもしろいですね。

退屈ではありませんでしたが、あとに何も残らない感じがします。
現にレビューを書いていても思いつくことがないです。

あ、死ぬとやっぱ丸く収まるよね、と思ったかな。
どっちか生き残るかなんかしてどろどろなのも見たかったかな。
らんまるさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2014-03-11 22:38:52)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 4.50点
000.00%
100.00%
200.00%
3150.00%
400.00%
500.00%
6150.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 2.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 3.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS