レインボウのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > レ行
 > レインボウ
 > (レビュー・クチコミ)

レインボウ

[レインボウ]
The Rainbow
1989年【英】 上映時間:112分
平均点:6.00 / 10(Review 3人) (点数分布表示)
ドラマ小説の映画化
新規登録(2004-03-17)【まいか】さん
タイトル情報更新(2011-03-17)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ケン・ラッセル
キャストサミ・デイヴィス(女優)
ポール・マッギャン[男優](男優)
アマンダ・ドノホー(女優)
グレンダ・ジャクソン(女優)
デヴィッド・へミングス(男優)
ダドリー・サットン(男優)
クリストファー・ゲイブル(男優)
ジム・カーター[男優1948生](男優)
ケネス・コリー(男優)
ジュディス・パリス(女優)
原作D・H・ロレンス「虹」
脚本ケン・ラッセル
音楽カール・デイヴィス
撮影ビリー・ウィリアムズ[撮影]
製作ケン・ラッセル
製作総指揮ダン・アイアランド
美術ルチアーナ・アリジ(プロダクション・デザイン)
イアン・ウィッテカー〔美術〕(美術監督)
振付イモージェン・クレア
字幕翻訳進藤光太
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
3.主人公が何をやりたいのか全くわからない。ケン・ラッセルの悪いところが出た駄作でした。
クロエさん [地上波(字幕)] 3点(2013-02-17 01:53:23)
2.《ネタバレ》 D・H・ロレンスの『虹』は一家三代にわたる愛欲の歴史を綴った一大サーガですが、ケン・ラッセルはその原作の三代目アーシュラの物語を抜粋して映画化しています。抱腹絶倒の怪作『白蛇伝説』に続いて製作されて、ヒロインふたり(サミ・デイビス、アマンダ・ドノホー)は『白蛇伝説』と同じキャスト。ところがですね、本作はケンちゃん特有の臭みが抜けて妙にさわやかな文芸映画に仕上がっていて良かったです。デイビスとドノホーは脱ぎまくりでロレンス原作ですのでそれなりのエロはあるのですが、20世紀初頭の自立を目指して虹を追いかける女性の姿が瑞々しく描かれていました。ケンちゃんの映画にしては主題曲が素晴らしく、聴いてみれば「あ、この曲知ってる」という人が多いのじゃないかな。ロレンスの映画化というよりも、ジェーン・オースティンが原作みたいな雰囲気です。もはやケンちゃんの新作劇場映画を観ることはないと思われますし、本作がケンちゃんの「白鳥の歌」ではないでしょうか。
S&Sさん [DVD(字幕)] 8点(2011-03-07 23:49:28)
1.ドラマがどうこうと言うより、この舞台や画面の雰囲気が好き。イギリスの自然観みたいなのを感じる。エルトンジョンの歌みたい。イギリス人にとっての芸術の源泉というか・・、のびのびとした自由な自然の景色がいいです。物語はいかにもケンちゃん風な支離滅裂でいってます。
まいかさん [映画館(字幕)] 7点(2004-03-18 09:49:59)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 3人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
3133.33%
400.00%
500.00%
600.00%
7133.33%
8133.33%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review2人
2 ストーリー評価 6.00点 Review2人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review2人
4 音楽評価 6.00点 Review2人
5 感泣評価 3.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS