居酒屋(1956)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > イ行
 > 居酒屋(1956)
 > (レビュー・クチコミ)

居酒屋(1956)

[イザカヤ]
Gervaise
1956年【仏・伊】 上映時間:112分
平均点:6.67 / 10(Review 12人) (点数分布表示)
公開開始日(1956-10-10)
ドラマモノクロ映画リメイク小説の映画化
新規登録(2003-07-05)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2010-07-23)【にじばぶ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ルネ・クレマン
助監督レオナール・ケーゲル
キャストマリア・シェル(女優)ジェルヴェーズ
フランソワ・ペリエ(男優)アンリ・クポー
ジャニー・オルト(女優)
フローレル(女優)クポーの母
ジャック・アルダン〔1925年生〕(男優)グジェ
ジェラール・ダリュー(男優)シャルル
シュジー・ドレール(女優)ヴィルジニー
原作エミール・ゾラ「居酒屋」(新潮社 他)
脚本ジャン・オーランシュ
ピエール・ボスト
音楽ジョルジュ・オーリック
撮影ロベール・ジュイヤール
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
12.《ネタバレ》 映画の現代が、女性の名前、ジェルベーズなのに、どうして居酒屋という放題にしたのかな。
原作が居酒屋ならわかるけど、ほとんど居酒屋という雰囲気と関係ないようなタイトルが気になる。
私は水商売の世界にいたこともあり、やっぱり酔っぱらいは大嫌い。
こういうの、見てるだけでイラっとくる。
そんな男がいなくなって、さらに人生に虚しさを覚える主人公が痛々しく思える。
クロエさん [DVD(字幕)] 5点(2015-05-07 11:20:24)
11.初見、原作未読。元夫&現夫の甲斐性無しのクズっぷり、アバズレ泥棒猫姉妹の姉のカスっぷりが堪らない。一部始終を見聞きしていた愛娘のふてぶてしい面構えが救いの無さにとどめを刺す結末。疲れました。二度と観たくない作品。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 5点(2013-06-02 12:59:55)
10.前半は原作に忠実というか、原作以上のすばらしい演出。ジェルヴェーズを初めとして周囲の人物もリアルに描かれていて名作の予感。
だが後半の転落ぶりは、悲惨さだけが目につき、じっくりと描かれていない。原作をつまみ食いし、駆け足でストーリーを追っているだけのように思える。
この物語の続編として、娘のナナが娼婦となるわけだが、予感させるようなところで終わるのが印象的。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 6点(2011-10-14 21:14:25)
9.♪時代のニーズとやらは身勝手なもんだと知りながら・・・
でも、私は、この映画好きです(^^)
T橋.COMさん [DVD(字幕)] 7点(2011-07-30 21:07:54)
8.《ネタバレ》 洗濯場での喧嘩や誕生パーティのバカ騒ぎのシーンに凄いパワーを宿しています(あの示し合わせた感じの無いちょっとしたバラバラ感が妙にリアル)。そこには品格とは無縁な生々しい野卑な人間が存在し喜怒哀楽がつめこまれているのですが、その辛辣な人間の、男と女の描写こそ人間の本質というもので博物館で芸術的な絵画を〝向こうにもっとイヤらしいヤツがあるぞ〟と走り回る、まるで中坊のような大人たちがとっても生き生きしています。だからこそ最後に呆然としているジェルヴェーズ(この女優さんが雰囲気抜群!)の姿は活力を失い死人同然のようで悲劇性が高まっています。さらに世代交代でラストに男子を引き連れて走る娘のナナの姿が、新しい人生の始まりと同時に繰り返される悲劇を連想させ感慨深いものとなっています。
 ・・・余談ですが、確かゾラはこの娘のナナを主人公にした小説も書いていてそれも波乱万丈の人生だったような…生きるってことは大変です。
ミスター・グレイさん [ビデオ(字幕)] 8点(2008-01-25 18:11:06)(良:2票)
7.《ネタバレ》 とことん阿呆な男どもと、とことん嫌な女どもに翻弄されて、とことん気持ちが滅入って来るほど救われない映画です。ただ、阿呆も、嫌な奴もそこらには居てるんでしょうけど、この屋根職人やったアル中の現夫クポーの行動がマジで最悪。行き場を無くした元夫、その胸に飛び込むしかなかった、あの日のジェルヴェーズ、ここは辛い、ここも確かに阿呆なんやけど、もうしゃーないやん、ここはもうしゃーないやん。おまけにそれで密かに心寄せる男が去っていくのもしゃーないやん(あー自分でもしつこ)
全て最悪のアル中現夫が引き金やん。さらにこの酒びたりのクポーの葛藤とか思いとか後悔とか全然描かれてへんからジェルヴェーズの不幸な運命に呆然と鑑賞を終えるしか手立てが無いねん。映画としては凄い迫力のある演出で、観応えあんねんけど、その分あまりに一方的すぎるところがある意味かなりもったいない。
よし坊さん [DVD(字幕)] 6点(2007-05-30 00:12:40)
6.もう、とことん絶望。この監督は何を伝えたいわけでもなく、ただ救いのない映画を撮りたいだけなのかなと思ったりもする。
Syuheiさん [DVD(字幕)] 6点(2006-12-06 15:07:37)
5.原作が名作だろうと、映画が名作だろうと、こんな救いのない、気分の悪い映画は二度と見たくありません。
チョコレクターさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2006-06-30 22:13:05)
4.《ネタバレ》 どこかで幸せな人生に転換するのかな、と思いきや、最後まで不幸まっしぐら、、、こんな映画もありなんだな、と、かなり斬新でした。
maemaeさん [ビデオ(字幕)] 7点(2006-03-28 13:27:36)
3.《ネタバレ》 うーむ、往年の大映テレビもかくやと思わせる、濃厚なドロドロ愛憎劇。ラストは、あ~そこまでやっちゃうか・・・いや確かに現実にはそういう事も大いにありうるんだけどね・・・とため息。それにしても、自分の妻の前の男を引っ張り込んで仲良くなってしまうダンナの心境が分からん。フランスの国民性もあるのだろうか?せめてナナには幸せになって欲しいな・・・。
ぐるぐるさん [ビデオ(字幕)] 8点(2005-08-11 15:42:46)
2.エミール・ゾラの小説を、名匠ルネ・クレマンが映画化したもので、パリの下町に住む“女の半生”をシビアに描いたリアリズム映画の代表作の一本。前半早々から開始される、主人公演じるマリア・シェルの洗濯場での乱闘シーンは圧巻で、クレマンの迫力ある演出にド肝を抜かされる。主人公の幸せな日々もつかの間で、夫の事故をさかいに駆け足で堕ちていき、ラストからエンディングにかけての崩壊劇は強烈で見る者を圧倒させる。この陰惨極まりない物語で唯一の救いといえば、グージェと旅立ったしっかり者の息子の存在ぐらいなものであろうか。悲劇の極みに引きずり込む強引な展開は、残念ながら不快感と違和感が残りまくる。あまりにも観念的で図式的に捉えすぎており、説得力に欠けるのは否めない。しかし、マリア・シェルの迫真の演技も手伝い、クレマンの一級品の描写力には感服させられるわで、映画史上に残るべく傑作には間違いない。
光りやまねこさん 8点(2003-08-30 14:42:30)(良:1票)
1.労働階級の貧困層をリアルに描いた作品。展開が痛々しいため、娯楽映画とはいえない。序盤に洗濯場でジェルヴェーズが男を寝取った女の姉と格闘するのだが、これが演技とは思えないほど鬼気迫っていて言葉を失う。でも、この強烈な印象が後に生きてくる、何年後かに偶然ふたりは出会うのだが、視聴者は洗濯場のシーンが強烈なため、彼女の過去を清算したいという優しさに疑惑を持つ。見事ルネ・クレマンの術中にはまってしまうのである。タイトルは「居酒屋」であるが、頻繁に画面には出てこない。でも、ジェルヴェーズの人生を狂わせ、最後は自分も酒におぼれてしまった事を考えると、見事なタイトルである。マリア・シェルの迫真の演技とリアリズム、個人的にはルネ・クレマンの最高傑作。
ゆたKINGさん 9点(2003-05-19 16:51:52)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 12人
平均点数 6.67点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5325.00%
6325.00%
7216.67%
8325.00%
918.33%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 2.00点 Review1人
2 ストーリー評価 Review0人
3 鑑賞後の後味 Review0人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

【アカデミー賞 情報】

1956年 29回
外国語映画賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS