ザ・フライのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > ザ・フライ
 > (レビュー・クチコミ)

ザ・フライ

[ザフライ]
The Fly
1986年【米】 上映時間:96分
平均点:6.94 / 10(Review 155人) (点数分布表示)
ドラマホラーSFシリーズものリメイク
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2012-11-17)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督デヴィッド・クローネンバーグ
キャストジェフ・ゴールドブラム(男優)セス・ブランドル
ジーナ・デイビス(女優)ベロニカ・クエイフ
ジョン・ゲッツ〔1946年生〕(男優)スタシス・ボーランズ
レスリー・カールソン(男優)ブレント・シーバース
デヴィッド・クローネンバーグ(男優)産婦人科医
津嘉山正種セス・ブランドル(日本語吹き替え版)
高島雅羅ベロニカ・クエイフ(日本語吹き替え版)
樋浦勉スタシス・ボーランズ(日本語吹き替え版)
山田栄子トニー(日本語吹き替え版)
島香裕マーキー(日本語吹き替え版)
仲村秀生ブレント・シーバース(日本語吹き替え版)
牛山茂(日本語吹き替え版)
原作ジョルジュ・ランジュラン「蝿」
脚本デヴィッド・クローネンバーグ
音楽ハワード・ショア
撮影マーク・アーウィン〔撮影〕
製作総指揮メル・ブルックス
特撮クリス・ウェイラス(SFX)
美術キャロル・スパイヤー(プロダクション・デザイン)
衣装デニス・クローネンバーグ
録音ジェリー・ハンフリーズ〔録音〕
ロビン・オドノヒュー
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
155.《ネタバレ》 時代が時代ならアベンジャーズの一員として活躍できたかもしれないが、少し誕生が早過ぎたか。とにかく気持ち悪いので、耐性のない人は気を付けて鑑賞してください。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-03-21 06:53:50)
154.《ネタバレ》 気持ち悪いの一言でした。
テレポート装置を作った主人公がやけ酒、腹いせにまさかの安全性も確認できてない装置で自身を実験
運悪く蝿が入り込んでしまって、遺伝子レベルで融合してしまう。徐々に変貌していく表現はすごいです。

正直ストーリー的には無茶苦茶です。
・ヤケ酒で自分を実験
・容姿も変貌し、性格も歪んだ主人公に対するヒロインの行動(どう考えても近づきません)
・最低のヒロインの元夫兼上司
・結局どうなったできちゃった子供(これ一番重要だと思いますが)
・パソコンも古くせー(30年も前だしこれは仕方ないか)

最後の最後の主人公の行動は状況も相まって感慨深いものがある。
この年代の特殊メイク?なのかモンスター系の映画は良くできてるなーと思ってましたが、その中でもこの映画はまた別格ですね。
30年たった今でもリアルだと思える辺りホントにすごいと思います。
90分という短い時間と30年も前とは思えない程の映像技術でこの点数です。
メメント66さん [インターネット(字幕)] 5点(2017-09-09 03:43:49)
153.描写は極端ではあるが、見方によっては優生思想について問題提起している社会派作品なのかなと思ったり・・・。
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(吹替)] 5点(2016-11-25 09:28:08)
152.《ネタバレ》 グロい、途中から耐えがたいほどいろいろとグロい。
グロくて観てるのがつらいのにそれでも最後まで観せてしまのは、そこらに大量に転がっている凡百のB級ホラー映画とはわけが違うってとこでしょうか。

主人公にはほとんど同情の余地はないし、あの状態でなおせスにやさしくできるヒロインもちょっとどっかおかしいと思うし、途中セックスセックス言い続ける編集長も人としてどうかと思うし、しかしそんな登場人物3人が迎えるラストには深い哀愁がただよっているわけで、こんな頭おかしい登場人物ばっかのグロ映画で哀愁漂わすとは、一時期のクローネンバーグはほんと天才だったのかもしれない、と思う。
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-10-25 19:04:02)
151.《ネタバレ》 どんどんグロくなっていくセスを平気な顔で抱擁するベロニカ、彼女の優しさが凄過ぎる。妊娠した彼女からサナギが出てきたり(夢だったけど)、セスが口から消化液を出してベロニカの元彼の手足を溶かしてしまったり、中味はずいぶん嘘くさいけど、あまりのグロさに思わず吹きだしてしまう。
ProPaceさん [地上波(吹替)] 7点(2016-10-13 23:06:10)
150.気持ち悪いことこの上ない。でも悲しきハエ男の気持ちは分かるんだよなー。鑑賞後に気持ち悪さと悲しさが残る不思議な映画。
カニばさみさん [DVD(字幕)] 7点(2016-03-14 02:55:34)
149.《ネタバレ》 悲しい悲しい悲しい映画
望んでいたわけじゃなく
偶発的に起きたこと
それを苦しみ悲しみ
我が身を責め我が身を消すことを選ぶ

悲しい物語です
こっちゃんさん [映画館(字幕)] 8点(2016-03-03 00:34:38)
148.《ネタバレ》 懐かしいですね、あのゴッツイ機械。こういう映画だったんですね。

最後に完全に顔がハエになったセスが、ピストルの銃口を自分に向けたシーンが良かった。

人間とハエの融合。考えた人すごい。
新しい生物さん [インターネット(字幕)] 7点(2015-10-27 01:27:40)
147.《ネタバレ》 グロくて気色悪くて、そして哀しい。あまりといえばあまりに酷い、愛が引き裂かれるお話。
余計な枝葉を落として、時間の経過とともに科学者の異変が加速する描写に絞り、ダイナミズム溢れるストーリー展開とG・デイビスの泣き顔。色白の肌に目も鼻も唇も赤くして衝撃と混乱に耐える表情。とても美しいと思った。いくら好きでも見た目が生理的に耐え難く変容したら、自分の心にすら手の施しようが無いだろう。なにしろハエに移行するその姿のおぞましさといったら当時の映像技術に賛辞すら送りたくなるほどだ。耳がぼろん、と取れる場面は失神もの。
しまいにはポッドと融合した化け物を撃ち、崩れ落ちるジーナ。肉片と血しぶきを悲恋にまぶすとは、もうさすがクローネンバーグ。
tottokoさん [ビデオ(字幕)] 8点(2014-08-26 00:25:50)
146.My memory told me that this was a horror movie but that means I was just too young to get the core portion of this script. This title totally can be classified into the genre of love stories or even can be re-written into an opera piece with a right score, if there is such a thing. This kind of my perception tells that I am not that young any more, like when I watched this for the first time when I was still in teenage. : )

The biggest surprise for me after watching this was the fact that Jeff Goldblum and Geena Davis have been married together for a short period, more precisely, for three years. This suddenly gave me an inspiration of checking other two titles, before this one and after this one, which they co-stared. I will!
keiさん [映画館(字幕なし「原語」)] 7点(2014-04-10 20:48:01)
145.《ネタバレ》 初見はTV放送で、20年以上前だろうが強烈な印象を残しており、”BRUNDLE, SETH”という電話帳のような言い方や”BRUNDLEFLY”という単語など、些細なことをはっきり憶えていた。その割に残酷描写の具体的内容は忘れていたが、これはあまりにグロいので記憶を封印していたのだろうと思われる。

今回あらためて見てみると、初見時とほとんど同じ感想である。まず序盤で悪役と思わせた男が最後に献身的な働きをするのが不自然に思われるほか、特にヒロインがなんで自ら好んでハエ男に関わろうとするのかがわからない。たとえ記憶が残っていても容貌と性格が違えば別人にしか思えないだろうし、それでも強い思い入れが残るほど長年連れ添ったというわけでもない。最近出来たばかりの男女関係でこの話を作るのは少々無理があるのではないか。遅くとも悪夢を見た時点で決別すれば何の問題もなかったものを、わざわざ妊娠したと告げに行き、その帰りにハエ男に話を聞かれてしまうという展開が極めて作為的である。残念ながらこの二人のラブストーリーに関しては全く納得できない。
ただ一方で、主人公の男がもともと愛すべき人物であり、その境遇が哀れに感じられたこと自体は間違いなく、これも初見時と同じ印象だった。全体としては好きになれない映画だが、この点だけは評価したい。

なお終盤の蛮行では被害者の顔を狙わないで済ませたことからすると、これでまだしも穏健な映画だったとも思われる。
くるきまきさん [DVD(字幕)] 5点(2014-01-27 20:49:04)
144.《ネタバレ》 ○いやぁ気持ち悪かった。80年代のクリーチャーもののクオリティの高さには驚かされる。○リメイク元は未見だが、展開が面白く、一発のアイデアだけで済ましていない点が良い。○ラストはなんか切なくもなる。ベロニカがセスに惚れる過程がもう少し描かれていれば感動できたかもしれない。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-12-22 20:59:25)
143.《ネタバレ》 気持ち悪い!すごいですね、昔の映画なのに特殊メイクが良い感じ。
だんだん変わっていくのは観ていておもしろいです。
最初イケメンだっただけに不気味になっていくのがなんとも・・・。
らんまるさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-06-11 00:03:36)
142.《ネタバレ》 悶絶気色悪映画の古典的名作。もう自分がじわじわと少しずつ蝿になっていく恐怖といったら考えるだに恐ろしい。そんなおぞましい世界を当時のSFX技術の粋を極めて創りあげた、徹底的にグロテスクで気持ち悪い映像はCG全盛のいま見てもなんら見劣りしないから凄い。逆に、こちらのほうが生々しくて迫力があるくらい。あと、主人公を演じたジェフ・ゴールドブラムの顔が濃すぎて人間の段階ですでにちょっと怖いんですけど(笑)。でも、やっぱりこの映画の最大の見所は、最後、もうどうしようもなくなってしまった主人公が恋人に死を願うシーンの哀れさだろう。こんなグロい映画なのに最後はちょっぴり切ないなんて……。人間ドラマとしても胸に残る名作です。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 8点(2013-04-21 17:28:52)(良:2票)
141.《ネタバレ》 自分にとってもそうだし、たぶん世間一般においても最も不快な映画の殿堂入りしていることは間違いなし。これは別に貶しているわけじゃなく、初期クローネンバーグの最高傑作だと思っています。だんだんグチャグチャになってゆくJ・ゴールドブラムの撮り方を観てると、科学観測の記録みたいで奇妙な感覚を覚えたのですが、クローネンバーグは大学では生物学を専攻していたとのことで納得できます。 実はむかし初めて観たとき、確かヴィデオ版だったと思いますが、蠅男になりかけのゴールドブラムが唾液を垂らしながら食事を摂るシーンがあまりに凄くて強烈なトラウマになったんです。ところが最近観直したらそのシーンが無いんです、録画された食事の様子をモニターで観てJ・デイビスが真っ青になるところを映すシーンはありますが。 たしかにあの気持ちの悪いシーンがあったと思うんですけど、私の思い違いでしょうか。どなたかご教授お願いします。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-04-02 22:16:43)
140.古典として約20年ぶりに再見。面白かった記憶があった。一応あっさりテイストだけどよくできている。グロいけどホラーじゃないよね。むしろ人間の機微を描いたヒューマンモノのだよね。見てて、スパイダーマンとインビジブルとなぜか連想した。お手本になるプロットなんだろう。主人公の変態過程での変化も肉体面精神面含めて丁寧に描かれているし、美術もよくできている。思い出に残る作品といっていいんじゃないかな。
タッチッチさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-02-22 11:14:45)
139.《ネタバレ》 正直苦手なんです、こういうの。。。前半…思ってたよりそうでもないじゃん、あんまりハエっぽくないし・・・。 後半は・・・・・ は~~頑張った俺(笑) 超気持ち悪い部分を除けば(苦笑)大変よく出来ていてる。つか、人間とハエを遺伝子レベルで混ぜるというスゴイ設定をよくぞ思い付いたものですね(感心)でもねー、ウジムシ?のシーンは衝撃的すぎ、、、夢に出てきそう…。イヤー参りました、降参デス
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-12-17 20:38:16)
138.よくできてるけど、気持ちが悪い。
飛鳥さん [地上波(吹替)] 5点(2012-12-11 21:11:18)
137.《ネタバレ》 子供の頃、よくテレビでやっていた気がするが
「ハエと合体する」という程度のことしか覚えてなくて
改めて観てみた。
とても良く出来てる!
ラストの、ポッドと合体(!?)ってのだけがようわからんかったが・・・。
当たり前だがパソコンが古い。古すぎてちょっと笑ってしまう。
虎王さん [DVD(字幕)] 7点(2012-12-04 01:59:23)
136.《ネタバレ》 人物描写に優れ、特殊効果は秀でている。すごくよくできた映画なのだが、グロい。グロすぎてだめだ。

気持ち悪いんだよ!残念ながら生理的に受け付けない。良く出来てるんだけど……。
黒猫クックさん [地上波(吹替)] 6点(2012-04-07 17:53:15)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 155人
平均点数 6.94点
000.00%
100.00%
210.65%
310.65%
410.65%
51710.97%
63321.29%
75233.55%
83522.58%
9106.45%
1053.23%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.60点 Review10人
2 ストーリー評価 7.16点 Review12人
3 鑑賞後の後味 5.38点 Review13人
4 音楽評価 6.42点 Review7人
5 感泣評価 5.77点 Review9人
chart

【アカデミー賞 情報】

1986年 59回
特殊メイクアップ賞クリス・ウェイラス受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS