パーフェクト・ワールドのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > パーフェクト・ワールド
 > (レビュー・クチコミ)

パーフェクト・ワールド

[パーフェクトワールド]
A Perfect World
1993年【米】 上映時間:138分
平均点:7.23 / 10(Review 226人) (点数分布表示)
ドラマ犯罪ものロードムービー
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-07-24)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督クリント・イーストウッド
演出バディ・ヴァン・ホーン(スタント・コーディネーター)
キャストケヴィン・コスナー(男優)ブッチ・ヘインズ
クリント・イーストウッド(男優)レッド・ガーネット
ローラ・ダーン(女優)サリー・ガーバー
キース・ザラバッカ(男優)テリー・ピュー
ブラッドリー・ウィットフォード(男優)ボビー・リー
レイ・マッキノン(男優)ブラッドリー
ブルース・マッギル(男優)ポール・サウンダース
マルコ・ペレラ(男優)警官
ジョージ・オリソン(男優)オリソン保安官
津嘉山正種ブッチ・ヘインズ(日本語吹き替え版【VHS/DVD/テレビ東京】)
山田康雄レッド・ガーネット(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
一城みゆ希サリー・ガーバー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
荒川太郎テリー・ピュー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
筈見純(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
田中正彦(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
家中宏(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小形満(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
水野龍司(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小室正幸(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
さとうあい(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
幹本雄之(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
峰恵研(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
中博史(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
長島雄一(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
野沢由香里(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
黒沢年男レッド・ガーネット(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
大谷育江フィリップ・ペリー(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
深見梨加サリー・ガーバー(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
立木文彦テリー・ピュー(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
中村秀利(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
幸田直子(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
辻親八(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
塚田正昭(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
仲野裕(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
大川透(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
星野充昭(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
片岡富枝(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
田原アルノ(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
脚本ジョン・リー・ハンコック
音楽レニー・ニーハウス
作曲クリント・イーストウッド"Big Fran's Baby"
編曲レニー・ニーハウス挿入曲"Big Fran's Baby"
挿入曲ジョニー・キャッシュ"Guess Things Happen That Way"
ウィリー・ネルソン"Funny How Time Slips Away"
撮影ジャック・N・グリーン〔撮影〕
製作マーク・ジョンソン
デヴィッド・ヴァルデス
クリント・イーストウッド
製作総指揮バリー・レヴィンソン〔1942年生〕
配給ワーナー・ブラザース
美術ヘンリー・バムステッド(プロダクション・デザイン)
衣装エリカ・エデル・フィリップス
編集ジョエル・コックス〔編集〕
ロン・スパング
照明トム・スターン〔撮影・照明〕
字幕翻訳戸田奈津子
日本語翻訳岸田恵子(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
佐藤恵子(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
スタントアンディ・ギル〔スタント〕
ノーマン・ハウエル(K・コスナーのスタントダブル)
ジョージ・オリソン(C・イーストウッドのスタントダブル)(ノンクレジット)
その他デヴィッド・ヴァルデス(プロダクション・マネージャー)
あらすじ
囚人のブッチ(ケビン・コスナー)は、ハロウィンの夜に仲間と二人で刑務所を脱獄するが、ふとしたことで自分と同じ境遇の少年フィリップ(T・J・ロウサー)を人質に取ってしまう。ブッチはフィリップと少しずつ友情を築いていくが、レッド(クリント・イーストウッド)が静かに後を追っていた・・・
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
226.《ネタバレ》 基本的には誘拐され連れ回される話で、誘拐犯と打ち解けながらも独特の緊張感がある。
そのクライマックスが、やはり少年の発砲シーンだろう。そしてとどめの銃弾。いずれの場合も、誤解によって撃たれたのだが、誘拐犯の屈折した、理解されづらい生き方を象徴しているようであった。
やや冗長だったが全体的に楽しめた。
チェブ大王さん [地上波(吹替)] 8点(2019-10-29 19:16:56)
225.《ネタバレ》 物語は淡々と進むロードムービー。ラストでじんわりと感動します。
ゆっきーさん [DVD(字幕)] 7点(2018-04-28 13:38:52)
224.《ネタバレ》 個別のエピソードは良いんだけど、全体としてはスカッとしない。パーフェクトかどうかは置いといて、良い作品だと思う、もう少し寝かせて、年を重ねてから再鑑賞したらどうなるのか、ちょっと楽しみだ。
ないとれいんさん [ビデオ(字幕)] 7点(2018-03-05 18:01:55)
223.《ネタバレ》 名作一歩手前と言った感想です。
ブッチが警官隊に包囲されたシーンで、冒頭のシーンで映ったドル紙幣・お面・草むらが揃ったら「ああ、ブッチはここで死ぬのか」って思うじゃないですか。でもやたら引っ張るわ投降する素振りを見せるわで、「おや、一捻りあるかな?」と思わせておいて結局何も無い。撃たれ方も同監督の15年後の作品と同じで、なんとも釈然としない終わり方でした。
劇中ではタイトルが皮肉であるかのようにこの世界の不完全な面が描かれていますが、最後があれでは全部がインパーフェクト・ワールドではないですか。緊迫の説得シーンから投降へと続き、この不完全な世界でも正しいと思える道を進みたい、という終わり方だったら拍手だったのになぁと思ってしまいます。
少々終わり方にケチを付けましたが、道中のブッチとフィリップの友情は見ていて楽しかったですし、つまらない映画ではないですよ。
alianさん [インターネット(字幕)] 7点(2017-12-03 21:04:02)
222.《ネタバレ》 クリントイーストウッド監督映画の特徴みたいなもんですが、スピード感も無く、特に盛り上がるシーンもあまりないのですが、
一つ一つのシーンが素晴らしく飽きずに観ていられます。

ケビン・コスナー演じるブッチ、子役の名演・描写も素晴らしいです。
子供好きの善人のようで根本的には悪人(余程でない限り殺人を犯すほどではない)という描写がうまく表現されていると思います。

さすがに子供に銃を撃たせなくても・・・とは思ったものの
その後のやり取りもうまく魅せてくれました。(ちょっと引っ張るなぁとは思いましたが)

警察側のトレーラーの漫才が必要だったのかは疑問ですが、結果的に言えば面白い作品だと思いました。
メメント66さん [インターネット(字幕)] 6点(2017-09-15 01:09:42)
221.他のレビューにも書かれている通り、なんだか釈然としない部分が何個かあった。
もう少し不要な部分をそげ落とせば洗練された作品になると思う。

それでも私は個人的にすごく好きだった。
子供の演技がドンピシャでハマった。
ケビン・コスナーもカッコ良かった。
頭を空っぽにして、内容を素直に受け入れる事が出来れば、
相当な良作だと思う。
鈴木さん [インターネット(字幕)] 8点(2017-04-30 22:09:49)
220.《ネタバレ》    
古い邦画に、逃がれの街、という映画があります
本作は、そのリメイクだと、信じて疑っておりません

盗作という意味ではないです
C.イーストウッドという名監督が
逃がれの街で描かれた、世俗に汚れた大人の傲慢や
理不尽さや、虚しさと悲しさを再構成して
新たに作り上げた映画だと思ってます

お化けのお面と、横並びになって
眠っているようなブッチ
これでやっとパーフェクトワールドに着いたんだな、って
暴力と理不尽さの中に、せめてもの安らぎを残すのは
さすがイーストウッド監督です
こっちゃんさん [映画館(字幕)] 9点(2016-08-04 05:45:49)
219.《ネタバレ》 子供を虐待する農夫にたった一言「二度と子供に暴力を振るうな」と言って欲しかった。なぜそれをせずネチネチ痛めつけるのか。ブッチ自身が父親から受けた虐待にトラウマを抱えている事を暗示するシーンだが、ならなぜアラスカからの父の誘いに乗ろうとしたのか。母の宗教的理念により色々と制約される少年に自由を与えてやりたいと思うのは、ブッチ自身が親から自由を奪われていた事に由来するものなのだろうかと思ったが、レッドの計らいによって少年院に入れられたのでそうでもなさげだし。色々釈然としない。2人も殺してるので死罪は免れないだろうとは思うが、にしても殴られ蹴られたヒットマンが可哀想。なぜか射殺命令下した人が切れてるし、とかく不条理が目立つ。もう一回見直さなきゃいけないかなって気がするので一応この点数をつけておく。きな臭い事件は起きるもののイーストウッドのロードムービーはのんびりのどかで見ていて心地良い。子供が同行する曲者の良いとこ発見みたいな。
にしきのさん [地上波(吹替)] 7点(2016-04-08 00:10:17)
218.二度目かな、観たのは。
良い映画という印象があったけど、今回観直してみて、思ったよりは普通の作品だという気がした。
主人公が目指した世界にはそもそも到達しないし、それは矛盾した状況かもしれない。
simpleさん [地上波(吹替)] 6点(2016-03-19 11:40:42)
217.《ネタバレ》 テレビで放送してるのを見て、そういえばこの映画について何も書いてなかった事を思い出しました。
この映画の事を書いてなかった理由は簡単で、個人的に特におもしろいとは思わず映画自体の存在を忘れていたからです。
当時はおもしろいと思わなかったんですが、今見たら違うかも…と思って再見してみたのですが、印象変らずで、個人的には残念な映画だとしか言えません。

この映画、ストーリー自体は極めて単純なヒューマンドラマなわけですが、「ヒューマンドラマ」というからにはその登場人物なりシチュエーションなりに対して観ている人が感情移入してはじめて面白いと思うものなわけです。
そして、ハロウィンなんか縁がないしとりたてて宗教に縁もないし父親も健在で家族構成もごく普通だった…つまりごく普通の日本人の僕としては、この映画は何の面白みもないただかったるいだけの映画以上のものにはどうしてもならないんですよね。
二人の関係性で最後は感動させる方向の映画なわけですが、しかし道中いい感じにみせていてもブッチは悪人。
不良が仔猫助けてるのを偶然見かけて「こいつ意外とやつかも!」と思っちゃうのと基本は同じですからねぇ…
丁寧に作られているしっかりした映画だとは思うのですが、個人的には全くおもしろくなかったし記憶にも残らなかった映画という事でこの点数です。
あばれて万歳さん [DVD(字幕)] 4点(2016-03-17 14:31:46)
216.子役、8歳にしてはちょっと幼い感じ。そしてあそこまでついていくことにはどうしても違和感あり。イーストウッドはいなくてもいい。
nojiさん [CS・衛星(吹替)] 5点(2015-12-21 00:00:02)
215.いや、悪くはないんだが。普通にいい話だとは思うけど。ただ、K・コスナーって、実際のとこ子供好きじゃないんじゃないかな。それまでヒーロー役ばかりがハマリ役で売れていたわけだけども、どうもこのブッチという複雑な人格の役は本人やりづらかったのでは。
真に子供が好きなら、二人の間のあうんの呼吸みたいなものがこちらにも伝わるものです。二人とも達者な演技をしているけど、仲の良い空気は読み取れなかった。後味がなんか薄味なのはその辺が原因じゃなかろうか、この作品。
イーストウッドとローラ・ダーン達も何しに居るのかいまいち存在意義が不明だしなあ。
tottokoさん [DVD(字幕)] 6点(2014-11-07 23:23:22)
214.子供の演技も自然で、結構感動できる映画です。予想通りのラストにも思わず涙腺が緩みました。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-09-18 20:09:06)
213.かなり好きな映画です。まず子供の演技が素晴らしい。そしてもちろんコスナーも凄みや優しさを巧みに表現していてなかなか難しい演技をこなしています。

一つ一つの小エピソードは全体的に見ると特に必要なかったりもしますが、小エピソード全てが素晴らしかったりもします。脱走、誘拐、電話ボックス破壊、タバコ屋、ビュイック強奪、衣料品店、ハロウィン、レコードでのダンス等々。

宗教的戒律に関しては日本人ではあまりピンときませんが、その点はコスナーが代弁してくれるのであまり気にしなくても大丈夫です。子供が宗教によって押さえつけられると本当に可愛そうですね。リストを一つずつ叶えてやるシーンには涙がでます。そしてさらにあのラストですよ。

予想されたベタなラストですが嫌味が無いのはイーストウッドの手腕か。子供だけが知っている悪人ブッチの本当の姿。ホント良い映画だと思います!
アラジン2014さん [ビデオ(字幕)] 8点(2014-09-05 13:33:01)
212.子役の演技が素晴らしく、ケヴィンコスナーも食われ気味。ストーリは良い
ドクターペッパーさん [DVD(字幕)] 7点(2014-08-18 06:58:58)
211.《ネタバレ》 いい映画でした。クリントイーストウッドの監督作は、人に対する優しさや思いやりが感じられて好きです。
モリーさん [DVD(字幕)] 8点(2014-08-02 16:15:35)
210.《ネタバレ》 段々とケビンと男の子が仲良くなっていくところがほっこりしました。その分最後のシーンは悲しいですね。ケビンはあの父親を殺す気だったのかなぁ・・・。
とむさん [DVD(字幕)] 8点(2014-06-04 00:32:15)
209.感動という程ではないけど、じーんとくるものがありました。ブッチが見せる、悪党としての側面と子供に向けられた優しさ。この両面が交互にバランス良くでてきて、人間の奥深さみたいなものを感じさせられました。
もんでんどんさん [CS・衛星(吹替)] 6点(2014-05-22 13:56:52)
208.《ネタバレ》 なんか古い感じの話だな~と思ってたら、20年前の作品でしたか。
そりゃ時代が違うから、スピード感がなく、犯罪がからんでいるのにどこか牧歌的なのは、仕方がないか。
男性的で硬質なタイプの顔が苦手なので、ケビン・コスナーは苦手でしたが、この役は好感が持てました。
でも、現実にはこんなキチンとした感じのヒーロー顔の悪人はいないな。もっとどこか崩れた風貌や雰囲気になってるハズ。
そーゆう意味では、好感は持てるものの、最初から最後まで「いい人」すぎて、犯罪者としての説得力はなかった。もう少しケビンが崩れていないとね。まあ演技力不足なんでしょう。

ストーリーに不満はありませんが、なんでしょうねぇ。親が特定の宗教を信心するのは当人の自由ですが、子どもにそれを強要するのって、どうなんでしょうねぇ。
あまり行き過ぎると、洗脳や虐待に近いものがあるのかも。子どもの宗教選択の自由を阻害しているってことにもなるし。

お化けのコスプレをした少年は可愛かった。心を通わせたその少年が、見ず知らずの家族を脅すブッチを撃てたのはよかった。少年が、「何が正しくて何が悪いのか」をわかってるって事だから。お化けの衣装は万引きしたけど。

それにしても、10代の少年じゃないのに、父親が住むアラスカを目指すって、よくわからないなぁ。「親父が住む」は後付けの理由で、ただ単にどこかへ逃げ出したかっただけだったのかなぁ。いい大人になっても父親にこだわるって…アメリカ人の父親像って、そんなにでっかいもんなのかしら。イマイチ理解できないわ。
そんなガタイばかりよくて中身はまだまだ未成熟なブッチは、少年と出会わなければ、まだ自分の方が子ども気分だったんだろうと思います。この作品は、ある意味、ブッチの成長物語だったのでしょう。

クリント・イーストウッドが何の役にも立ってないのが残念でした。
ブッチが「気の毒な成育史を持った犯罪者で、根はいいやつ」と証明するために出てきて、泣けるラストシーンを盛り上げるためだけの存在でした。狙いがわかりやすすぎです。もちろん私は泣けませんでした。
りりらっちさん [地上波(吹替)] 5点(2014-01-16 15:42:18)
207.《ネタバレ》 ブッチが悪人なのに善人すぎて。。まるで親友のような戦友のような2人でしたね。良かったです。
civiさん [地上波(吹替)] 6点(2013-11-27 17:27:41)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 226人
平均点数 7.23点
000.00%
100.00%
210.44%
331.33%
473.10%
5187.96%
64419.47%
75223.01%
85122.57%
93113.72%
10198.41%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.50点 Review12人
2 ストーリー評価 7.18点 Review16人
3 鑑賞後の後味 6.23点 Review17人
4 音楽評価 6.09点 Review11人
5 感泣評価 7.25点 Review16人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS