サスペリア(1977)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > サ行
 > サスペリア(1977)
 > (レビュー・クチコミ)

サスペリア(1977)

[サスペリア]
Suspiria
1977年【伊】 上映時間:99分
平均点:6.21 / 10(Review 125人) (点数分布表示)
ホラーオカルト映画
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-12-14)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ダリオ・アルジェント
キャストジェシカ・ハーパー(女優)スージー・バニヨン
ステファニア・カッシーニ(女優)サラ
フラヴィオ・ブッチ(男優)ダニエル
ミゲル・ボゼ(男優)マーク
バルバラ・マニョルフィ(女優)オルガ
エヴァ・アクセン(女優)パット・ヒングル
ルドルフ・シュントラー(男優)ミリウス教授
ウド・キア(男優)ドクター・フランク・マンデル
アリダ・ヴァリ(女優)ミス・タナー
ジョーン・ベネット(女優)マダム・ブランク
ダリオ・アルジェントナレーター(ノンクレジット)
勝生真沙子スージー・バニヨン(日本語吹き替え版【テレビ東京/新DVD】)
高島雅羅サラ(日本語吹き替え版【テレビ東京/新DVD】)
京田尚子マダム・ブランク(日本語吹き替え版【テレビ東京/新DVD】)
谷育子ミス・タナー(日本語吹き替え版【テレビ東京/新DVD】)
速水奨ダニエル(日本語吹き替え版【テレビ東京/新DVD】)
井上和彦ドクター・フランク・マンデル(日本語吹き替え版【テレビ東京/新DVD】)
山田栄子パット・ヒングル(日本語吹き替え版【テレビ東京/新DVD】)
大木民夫ミリウス教授/ナレーター(日本語吹き替え版【テレビ東京/新DVD】)
安達忍(日本語吹き替え版【テレビ東京/新DVD】)
紗ゆりミス・タナー(日本語吹き替え版【旧DVD】)
吉田孝(声優)(日本語吹き替え版【旧DVD】)
中村千絵(日本語吹き替え版【旧DVD】)
岡本茉利スージー・バニヨン日本語吹き替え版【TBS】)
山田礼子サラ(日本語吹き替え版【TBS】)
高橋和枝ミス・タナー(日本語吹き替え版【TBS】)
千葉耕市(日本語吹き替え版【TBS】)
脚本ダリオ・アルジェント
音楽ゴブリン
ダリオ・アルジェント
撮影ルチアーノ・トヴォリ
製作クラウディオ・アルジェント
製作総指揮サルヴァトーレ・アルジェント
配給東宝東和
その他ルチオ・トレンティーニ(プロダクション・マネージャー)
マリオ・バーヴァ(スペシャル・サンクス)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
125.《ネタバレ》 赤や緑を使用した古臭い映像は、当時ならではの怖い演出であろうが、これは映像が汚いから良いのであって、現在のCGつき綺麗な映像で行ったら総スカンであると思われる。あんまり映画の作りは上手くなく、チープなメイクも目につくが、娯楽が少なく目の肥えていない当時の観客から見れば、衝撃的で、ヒットに繋がったのであろう。
festivaljapanさん [DVD(字幕)] 5点(2019-02-10 21:02:39)
124.《ネタバレ》 素晴らしく内装の趣味が悪いバレエ学校を舞台に、素晴らしく意味不明の事件が次々に起こる。
いやホントにワケがわからないんですね。何で殺されるのか(単に犬のしつけが悪かっただけ??ってなケースも)、何であんなにウジ虫がいるのか、何であんなにハリガネが沢山あるのか。
と、ワケがわかんないうちは素晴らしかったのに、魔女がどうたら言い出したあたりからおかしくなる。ウド・キアが出てくるとおかしくなるような気がする(笑)。ムダに残酷だったから良かったものを、それを突然にオカルトに絡めてしまうのが、どうも言い訳がましく感じてしまって。
昼日中っから、そんな相談をする方もする方なら、真面目に答える先生の方もどうかと。せっかくいい感じにワケのわからなかった映画を、ここで唐突に結論づけてしまう。
クライマックスでいよいよ魔女が登場して、これもせっかく透明なのに、「よく見たら、見えてしまっていたので、ヤラレてしまいました」ってのがまたテキトーな感じがして。
正直、初めて深夜放送で見たときには、映画の感想よりも「ついにあの一人で見てはいけないという『サスペリア』を見ちゃったぜ」という達成感みたいなものが先に立ってしまったのですが、冷静になってみると、別に一人で見たって、どうということはなかったなあ、と。
今になってみると、懐かしいなあこの雰囲気、とか思いながら見るワケですが。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-11-23 04:57:15)(良:1票)
123.《ネタバレ》 魔女の祭典の舞台がオカルト排除の時代を経ていつしか名門バレエ学校に
しかし内情は・・・なかなか面白いんじゃないでしょうか
こんな怪しいとこに行く方も行く方ですが
TAKIさん [DVD(字幕)] 7点(2017-10-21 16:49:57)
122.PART2がサスペンスならば、これはまさしくホラー映画。残酷なシーンは大嫌いで見たくないはずなのにまたまた見てしまったのだが、嫌いな映画なのに私を惹きつける何かがある。人はゴブリンの音楽だというが私にはうるさいとしか感じられないし、ジェシカ・ハーパーの魅力かな。
ESPERANZAさん [ビデオ(字幕)] 5点(2017-05-18 15:47:23)
121.デンデデンデデンデデンデという曲がしばらく勝手に頭の中で流れる。
たろささん [インターネット(字幕)] 4点(2017-04-27 21:50:12)
120.《ネタバレ》 懐かしい映画。有名なホラー映画。一度はきちんと観たい映画。

では、あらすじ。
主人公の若い女性がバレー学校に入学し、死ぬほど怖い目にあって、魔女を倒した。

低い点数をつけた理由は、人間が全く描けていないから。ユーモアがないから。
素人レベルの脚本だから、(個人的に)映画を観終わった充実感がない。
このサイトで高い評価の人が多いようだが、私には良さが不明だから分析を続けたい。

ところで冒頭のタクシー内の件だが、噂の映り込みは監督の顔だと思う。
ホラー映画専門誌ばかり読んでいたので、有名監督の顔は知ってるつもり。
『アメリカン・ナイトメア』のDVDを持ってるくらいだし。
焼肉の掟さん [DVD(字幕)] 3点(2016-11-19 22:10:38)
119.「決して一人では観ないでください!」、懐かしいですねこのフレーズは。ウィリアム・キャッスルも泣いて詫びを入れるぐらいの東宝東和のハッタリ宣伝のおかげで私らの世代にはこの映画はイメージがイマイチでしたが、あらためて観直してみるとなかなか味がありますよ。とくに自分はオープニングのわけのわからなさが好きですね。いきなり空港の自動ドアが開くところをゴブリンのおどろおどろしいサウンドつきで見せられれば、この次何が出てくるんだろうと誰だって慄いちゃいますよ。その後のタクシーのシークエンスは言うまでもなく有名ですが、窓に何かが映りこんでいるかどうかは別にしても、ヘンな運転手や土砂降りの中を少女が走っていくところなんか禍々しくて良いですね。ジェシカ・ハーパーも良く考えるとかなり大根役者ですが、絶叫はしないけど眼をひんむいて怯える表情は彼女ならではの技です。バーバラ・スティールをあげるまでもなく、イタリアン・ホラーには眼の大きい女優が合ってます。 ほんとストーリーはあってない様なもので、いかにも怪しげなキャラが意味もなく後から後から湧いて出てくるだけの映画だと切り捨ててしまうことも可能でしょう。でも“アルジェント・レッド”と称したくなる鮮やかな赤色の使い方には、ただただ感嘆するばかりです。そしてゴブリン・サウンドもね。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-05-10 20:49:42)(良:1票)
118.《ネタバレ》 脚本の良し悪しだけで評価するなら、本作は“どうということはない映画”になってしまいます。しかし、鮮烈な印象を与える建築・内装デザインや色彩演出、そして場の空気を創るBGMのセンスの良さが、本作をA級ホラーの域にまで高めていると考えます。バランスの良い平均的な良作より、飛び抜けた個性が際立つ奇作の方が、観客の心を掴むもの。忘れることのない映画だと思います。刺激を追及するあまり、醜悪でグロテスクな描写で埋め尽くされている昨今のホラーと比べると、その品格の高さが窺い知れる“美しい”映画でありました。白状しますと、あまり面白いとは思わないのですが、良い映画です。(以下余談)ラストは完全にドリフだなと思ったのは、内緒にしておいてください。
目隠シストさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-12-18 18:57:55)(良:2票)
117.《ネタバレ》 いかにも70年代の映画という感じの大好きな映画です。これは幼少のころ偶然TVで観ました。こんなショッキングな映画を当時は普通に放映していたんですね。登場人物の怪しさ、不気味さが画面全体からにじみ出ています。スプラッター描写が話題ですが、私はむしろこの不気味さが一番の魅力だと思います。それは、赤や緑の照明、カーテンごしに聞こえるイビキ、こちらを黙って見つめる使用人等。魔女という話は日本にはなじみがありませんが、何となく新興宗教の怖さというものに似た感じがするのは私だけでしょうか。知らない間に仲間になってしまっていたというように。
金田一耕助さん [地上波(吹替)] 9点(2014-11-09 14:43:52)
116.《ネタバレ》 赤を強調した独特な映像美はありますが、やはりどこか古臭さを感じてしまう・・・かな? もともとこういうホラー系は苦手なんだけども、その割にはあまり怖くないような・・・。でもウジムシは勘弁してくり~(苦笑)  女の子もあんましかわゆくないし、総じてちょっとイマイチよくわかんないな~~というのがホントのところでゴザイマシタ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2014-09-08 23:03:38)
115.悪魔崇拝のおどろおどろしさに、ゲテモノの生理的嫌悪感をプラスした、趣味が良いとは言い難いホラーなんだけども、映像センスが独特で油断すると引きこまれそうな麻薬作用がある。赤青緑と点滅する光、闇。無人の深夜の広場に見る“広さ”の怖さと地下回廊に見る“狭さ”の怖さ。話の粗っぽさはかなりのレベルだけど映像だけで怖がらせの目的はほとんど達成されている。
それにしてもなんで血の絵の具を“朱色”にしたのかね。お習字の時、先生が手を入れてくれる時の朱墨みたいでヘンだった。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-05-30 00:25:26)
114.《ネタバレ》 さすがに今みると古さがつらい。
音楽はメインテーマみたいなのはとても良いんだけど、
それ以外の襲われるようなシーンで流れている音楽が基本的にとてもウルサイ。
やかましすぎてイラっとくる。
話もなんだかよくわからない。はぁ?というようなシーンも結構あるし・・・。
36年前だとこれがすごかったみたいですね。
虎王さん [DVD(字幕)] 5点(2014-04-01 12:04:46)
113.《ネタバレ》 音楽は一生忘れないと思う。あとは冒頭のタクシーの顔かなぁ。全体的に色彩豊かで、見てるととても不安になる映画。あんな建物絶対住みたくない。内容よりもそういった外堀を埋められてる感じ。
悲喜こもごもさん [DVD(字幕)] 7点(2013-02-04 19:47:19)
112.冒頭のタクシーに乗り込む場面から最初の殺人が起きるまでの音楽、演出が素晴らしく、おお!これは!と期待しましたがそこからの展開は尻すぼみな感じ。意味のない無駄なシーンが多くそこが残念でしたね。ただこの監督の色使いのセンスは半端じゃなくて色の持ってる力というものに気付かされます。それと音楽も優秀で聞いているだけで不安になるような恐怖心を煽る素晴らしい音楽で作風にピッタリ嵌っていました。
キリンさん [DVD(字幕)] 6点(2013-01-12 00:49:10)
111.《ネタバレ》 下手にDVD化されたのが早かった為か、中途半端な生産枚数であった為か、現在極品薄なDVD事情となってしまったサスペリア。ようやく手にしたDVDに 実は内緒なんだが、かなり嬉し恥ずかしウッフッフ的な興奮状態にてご鑑賞してた事はいちいち人に言いやしないが、言やせんが・・・  とにかくゴブリンミュージックの凄まじさに尽きると言いたいところではあるが、それだけではないというところが実にやっかいだ。赤と青と緑&暗闇の世界で染められた世界に圧巻。ましてや、どこでビビらせられるんだろうとドギマギドギマギ。窓ガラスが出て来るたんびにドギマギドギマギ。結構楽しめましたね さすが名高きサスペリア。例え、血の色が明らかに絵の具じゃないのかってそんなことなど気にしない。針金地獄にハマッたお姉さんがまるでエド・ウッドでタコ足と戯れてた時のベラ・ルゴシみたいだったじゃないかってことなども気にしない 気にしない 気にならない。
しかしまあ あれだね 決して一人では見ないでくださいという35年前のキャッチコピーに忠実に従い、一人じゃなく隣に嫁が寝てる状態で見始めたんまではよいですが、うるさい うるさい うるさい うるさいて 嫁に叱られちまったですがね ちっとも寝れせんて。でも仕方がないだろ だってゴブリンが。悪いのは俺じゃないのに、耳がキーーーンとするって 許してくだされ それもきっと確実にゴブリンさんのせいだから。
3737さん [DVD(字幕)] 8点(2012-05-01 23:20:37)
110.《ネタバレ》 公開後しばらく経った映画を、3本立て位で上映する場末の映画館で『決して一人では見ないで下さい』とのキャッチコピーにもかかわらず、ガキの頃一人で見ました。

当時は、そりゃビビりつつチビりましたよ・・・
針金地獄でもがくシーンは何度か夢にも出てきた位、私にはトラウマで印象深いシーンでもあります。

今だとR15とかになるんかな?どうなの?と思う位のシーンもあるんだけど、今観る分には平気だしチビりません。

やはり全編を通してゴブリンの音楽で聴覚を、原色の色彩などで視覚を刺激され恐怖心を煽られますね。
ぐうたらパパさん [インターネット(字幕)] 7点(2012-04-12 17:50:27)(良:1票)
109.「決して一人では見ないでください」のキャッチコピーとともに、
映像に霊が映っているとか、スタッフが死んだとか、
盤外の方で何かと話題になった作品だが、内容自体はオーソドックスなオカルトもの。
色彩や音の演出で、精神的な恐怖を与えることにこだわりを見せており、
普通のホラー映画とは一線を画している。
たまには変わった趣向のホラーが観たいという方にはお薦め。
MAHITOさん [地上波(字幕)] 5点(2011-08-18 15:12:30)
108.ストーリーは、あってないようなもの・・・。アルジェントの独特な撮影手法と、ゴブリンの音楽を楽しむ映画!!
たけたんさん [DVD(字幕)] 7点(2011-08-07 11:55:11)
107.音楽がうるさすぎる。ストーリーはこれといった利点もないが、ウジムシ大量発生は怖い。
次郎丸三郎さん [DVD(吹替)] 6点(2010-07-17 16:43:36)
106.《ネタバレ》 久々に見たけど凡庸だ。とりあえず怖いシーンを羅列してみたという感じ。なぜそんな事が起きているのか全く訳が分からないまま見てたら、魔女の仕業でしたで終了。ヒロインが可愛いのと、やはり最後の死体復活シーンは怖かったので多少加点。
にしきのさん [DVD(吹替)] 6点(2010-07-08 02:19:18)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 125人
平均点数 6.21点
032.40%
110.80%
210.80%
375.60%
497.20%
52217.60%
62217.60%
73225.60%
8118.80%
986.40%
1097.20%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.77点 Review9人
2 ストーリー評価 4.60点 Review10人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review11人
4 音楽評価 8.69点 Review13人
5 感泣評価 3.25点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS