スペルのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > スペル
 > (レビュー・クチコミ)

スペル

[スペル]
Drag Me to Hell
2009年【米】 上映時間:99分
平均点:5.73 / 10(Review 82人) (点数分布表示)
公開開始日(2009-11-06)
公開終了日(2010-04-23)
ホラーサスペンスオカルト映画
新規登録(2009-09-25)【すぺるま】さん
タイトル情報更新(2017-07-02)【+】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督サム・ライミ
キャストアリソン・ローマン(女優)クリスティン・ブラウン
ジャスティン・ロング(男優)クレイ・ダルトン
ローナ・レイヴァー(女優)シルヴィア・ガーナッシュ
デヴィッド・ペイマー(男優)ジム・ジャックス
アドリアナ・バラザ(女優)シャウナ・サン・デナ
チェルシー・ロス(男優)レオナルド・ダルトン
モリー・チーク(女優)トラディー・ダルトン
レジー・リー(男優)スチュー・ルービン
テッド・ライミ(男優)医者
オクタヴィア・スペンサー(女優)銀行の従業員
クリストファー・ヤング(男優)カップケーキを持って歩く人
小島幸子クリスティン・ブラウン(日本語吹き替え版)
片岡富枝シルヴィア・ガーナッシュ(日本語吹替版)
星野充昭ジム・ジャックス(日本語吹替版)
滝沢ロコシャウナ・サン・デナ(日本語吹替版)
脚本サム・ライミ
アイヴァン・ライミ
音楽クリストファー・ヤング
作曲ラロ・シフリン"Rock Ballad"
エンニオ・モリコーネ"Non Rimane Piu Nessuno"
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン「ピアノソナタ第8番」
編曲クリストファー・ヤング
撮影ピーター・デミング
製作ロブ・タパート
サム・ライミ
アイヴァン・ライミ(共同製作)
ユニバーサル・ピクチャーズ
ゴーストハウス・ピクチャーズ
製作総指揮ジョー・ドレイク
ネイサン・カヘイン
配給ギャガ・コミュニケーションズ
特殊メイクグレゴリー・ニコテロ(特殊メイク監修)
ハワード・バーガー(特殊メイク監修)
ノーマン・カブレラ
K.N.B. EFX Group Inc.
特撮ノーマン・カブレラ(特殊効果)
ティペット・スタジオ(視覚効果)
K.N.B. EFX Group Inc.(特殊効果)
美術ジョナサン・ブロック(3Dアニメーター:タイトル・デザイン)
振付ノーマン・カブレラ(パペット操演)
グレゴリー・ニコテロ(パペット操演)
編集ボブ・ムラウスキー
あらすじ
銀行の融資担当者で次長の椅子も近いポジションにいるクリスティン。セレブな家の出である恋人もいて、その人生には追い風の予感が。ところがある日、返済期日の延伸を懇願する老婆を拒否したことから、恨みを込めた謎の言葉を浴びせられてしまう。そして、その時から恐ろしい現象が彼女を襲い始めるのだった。そう、彼女は呪われてしまったのだ。果たして呪いは解けるのか? サム・ライミ監督が送る恐怖の世界。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
82.単純に面白く楽しめました。サム・ライミ作品にハズレ無しと思っております。
えぴおうさん [インターネット(字幕)] 6点(2017-10-03 10:56:32)
81.小学生の頃、死霊のはらわたを友達と見て、キャッキャしながら笑っていたことを思い出します。
そんな映画でしたね。
今では暇な時間を使っても見たいとは思いません。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2017-09-05 09:10:49)
80.《ネタバレ》 ”まともな仕事”をやりすぎて、ここらで毒抜きを図って精神バランスを取ったサム・ライミでありますね。もうやりたい放題。女の子に粘着物を浴びせ、虫を這わせて鼻血大噴射。作り手の高揚感がまるごと作品に反映し、この映画そのものが活き活きしている。あり得ないほどの馬鹿ホラーに脱力しつつも退屈しないで観られたのは、この変な活力のせい。
バッド・エンドが好きな監督の意地の悪さも炸裂だ。緊張して出席した彼氏の実家にて、気難しい母親を前に”飾らず素で勝負”に出るクリスティン。計らずも身内の恥を晒す正直さが受けて好感触を得たのもつかの間、絶妙なタイミングで奴がやって来る。来るとは思っていたが。取り乱すクリスティン、奇行中の奇行に及び、全て台無し。監督性格悪し。
汚いのも虫も好きじゃないので、好みのタイプのホラーではなかったのだが、笑ったのはヤギのとこ。連れてこられたヤギさん、円卓で女の子の隣に置かれて、天然に彼女をひょい、と見上げるあの一こま。そりゃヤギは演技できないからね。これから展開するであろうおどろおどろしい雰囲気と真逆の動物の振る舞い、可愛かった。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2017-07-12 23:55:57)
79.《ネタバレ》 まるでサム・ライミが原点回帰したみたいで、嬉しくなってしまいます。やたら口からいろんなものが飛び出してきたリ、逆に口から押し込まれたりヒロインと婆さんの激闘にはもう笑うしかないでしょう。このヒロインがまた上昇志向が強い嫌な女で、途中で悪魔にいたぶられ過ぎてちょっとかわいそうになりますが、反撃に出ると口から出るのが憎々しい悪態でせっかく湧いた同情も消え失せちゃいます。またまるで3D映画みたいな撮り方をした映像で、キッチュなところがいかにもサム・ライミらしくていいですね。でもラストで地獄に連れていかれるヒロインを観て「ざまー見やがれ!」と溜飲を下げる自分がちょっと情けない(笑)。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-03-18 22:32:31)
78.《ネタバレ》 はい、本当に久しぶりにこの手の映画を観ました。
呪いを解く方法が出てきたとこからかなり前に観たスティーブン・キングの「痩せゆく男」が
フワーっと思い出されました、クリスティンも昔は太ってたらしいしね。

なんていうか、仔猫ちゃん・・・とばっちりもいいとこじゃん、いちばんの被害者です、かわいそうに
最初は逆恨みも甚だしい気持ち悪いばあさんなんだけれども、仔猫ちゃんの件からどっちもどっちみたいに思えまして、
「情けは人のためならず」「人を呪わば穴二つ」なんてことわざも浮かんだのでした。
呪いのボタンを渡された相手がこともあろうに婚約者・・・仔猫ちゃんの呪いですな、安らかに、合掌。。。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-03-10 15:01:05)
77.《ネタバレ》 男性なら、となりに、美女や美少女が座ったら嬉しいものです。
でも! 実はオカマとわかった瞬間、嬉しくないものでしょう。
さて、この映画はサムライミ監督作です。それを前提に観たかどうかで評価が大きく変わります。
原題は「私を地獄へ連れて行って」です。
観る前にタイトルでネタバレしてる馬鹿映画、コメディ映画なんですね。

さてあらすじ。
主人公は、老婆の住宅ローン延期(三度目)を断ります。
その理由は、いま出世争い中で、上司から決断力を試されているからです。

私の知る限り日本の会社員は、主人公と同じ事をして出世していくものでしょう。
だから主人公はごく普通の会社員であり、何も悪い事はしていない、そのはずなのです。
って、アメリカが舞台の映画ですが。

がっ! 老婆は死の呪いをかけました。三日後に確実に死ぬ恐ろしい呪いです。
ひでェ~婆ァです。

ところで主人公は結婚前の若い女性です。
金持ちで優しいフィアンセもいます。
そんな将来ある主人公を、老婆はものすごく苦しめたあげくに殺したわけです。
ラミアの呪いを知った上でかけたのだから、殺したと同じことです。
だから老婆は徹底的に悪人です。
主人公は何も悪くないのです(現代社会的には)。

主人公は子猫を殺しましたが、命が助かるなら誰でも同じことをするはず!
みんな、牛豚鶏の身体を食べてるでしょ? 何が悪いんでしょう? 仕方なかったのです。

もし私が老婆と同じような立場なら……、主人公をすごく怨むことでしょう。
が、殺すなんてとんでもない。せいぜいが、一週間寝込む程度の呪いで充分です。

これはあくまで映画で、面白ければ良いのです。
私は最高に楽しみました。だから10点満点なのです!
焼肉の掟さん [DVD(字幕)] 10点(2016-06-27 16:20:56)
76.《ネタバレ》 マジ最高に笑える!なぜワザワザ上司に向けて鼻血を噴射するのか?目玉ビヨ-ンのシーンで腹筋崩壊!勘弁してください!こんなに面白い映画を見落としていたことにショック!
marichabaさん [ビデオ(吹替)] 3点(2015-12-27 22:28:10)
75.こわ!、おもしろ!、こわ!、おもしろ!、こわ!、おもしろ!おもしろ!おもしろ!
映画を観てる時は、だいたいこんな感じでした。
なにわ君さん [DVD(字幕)] 10点(2015-07-05 01:59:12)
74.なんか気持ち悪がらせよう、怖がらせようと必死になっている映画ですね。残念ながら逆に大笑いしてしまいますが。時間を無駄にしたことを久しぶりに痛感しました。でもまあ女の子が可愛くて一生懸命やっていたのでお情けで1点献上。
イサオマンさん [地上波(吹替)] 1点(2014-06-25 21:12:06)
73.久々に爆笑しながら映画を見ました。自分は一人で見ましたが、週末のデートムービーなどには最適な映画ですね。
Junkerさん [DVD(字幕)] 8点(2014-06-21 16:51:18)
72.かなり安っぽいCGを使ってきているのはわざとでしょうか。予告編以上に怖いシーンがなくて残念でした。
怖がらせようとしているのか笑わせようとしているのか、最後まで判断つかず。
Yuさん [DVD(字幕)] 5点(2014-06-03 09:57:23)
71.《ネタバレ》 ありとあらゆるものが口からジョバババ婆ーーッ。鼻からもジョババババーーッ!目からもビヨヨヨヨヨ~~ン。
ナイス婆さん、ナイスヒロイン、ナイスたらい。 んぁっ? たらい? たらいじゃなかったっけ あれ。 残念、鉄塊だったか 惜しいな~
3737さん [地上波(吹替)] 7点(2014-04-13 21:11:14)(笑:1票)
70.《ネタバレ》 サムライミのB級ホラー映画が帰ってきたと言う感じで、それなりに楽しめました。
ただ、あまりにもバッチい描写が多いんで、人には勧めにくい作品です。
結局覚えているシーンはあの鼻血がドピューッと吹き出るシーンくらいだし「お前は谷岡ヤスジか!?」と思わず突っ込んでしまいました。
古き良き(?)サムライミのファンなら押さえておいて損はないでしょう。
ぴのづかさん [映画館(字幕)] 6点(2013-04-08 22:33:12)(良:1票)
69.ホラー映画はプロレスに似ている。
プロレスというのは、決して真剣に見たり、熱中する文化ではない。昔はそうだったのかもしれないが、少なくとも今は違う。もはや誰もプロレスを真剣勝負だなんて思っていないし、やる側も思わせようとしていない。
だが、その上でレスラーは演じ、客は楽しむ。一周回った文化ならではの、独特の楽しみ方で。
ホラー映画も同じだ。多少の差こそあれ、もうホラーを怖がろうとして見る映画ファンは皆無で、作る側もそれを分かっていて、その上で遊んでいる。
だが、映画ファン以外の人に、その楽しみ方の説明をするのは難しい。
どうすればホラー映画の楽しさを分かってもらえるのか? ……そういう時に、この「スペル」みたいな映画は重宝するだろう。
この映画、というかサム・ライミ作品は、現代におけるホラー映画の楽しみ方を分かり易くレクチャーしてくれる優しい教師だ。こういう風に楽しむんだよ、こういう風に笑うんだよ。そんなふうに大人の顔で語りかけてくる。
プロレスの楽しさが分からない人がWWEを見て理解するように、ホラー映画の楽しさが分からない時には「死霊のはらわた」や「スペル」を見て理解するのが良い、の、かもしれない。
べつにピーター・ジャクソンでもいいけれど。
要するにそのテの映画。ババア対ブス。
肛門亭そよ風さん [DVD(字幕)] 7点(2013-03-26 17:00:55)
68.《ネタバレ》 さすがサムライミ監督といった感じだった。
エンターテイメント性の高い迫力満点のホラー映画だった。
しかし最近のサムライミはスパイダーマンなど万人向けエンターテイナーなので
今の彼がホラー映画をやるにしてもアングラ臭に欠け、描写はファンタジックに傾倒してるなと思う。
しかしお婆さんの迫力は凄い。
このお婆さんの存在感だけは死霊のはらわたの正当な続編といっていい。
スティーブンキング(リチャード・バックマン)の小説に「痩せ行く男」という小説があったが、
その内容を思い出す。
この”スペル”の「呪い」というものが”痩せ行く男”にある「呪い」とそっくりである。
それからジプシーのような連中も出てくる。
”痩せ行く男(の映画化)”に出てきた毒々しいケーキも、この作品で似たようなものが登場する。
そしてこの映画のヒロインは昔太っていたが今は痩せている。
その設定が「痩せ行く男」の主人公から来ているのではないかとさえ思う。
この映画にはスプラッタは少ないが
ジェットコースターのように人をビックリさせる恐怖演出で責めてくる。
この作品では恐怖がお化け屋敷のようにエンターテイメントだ。
汚物描写も出てくるがそれほどには重くドロッとしてない。
でもお菓子をつまみながらこの作品を観賞してるとウゲッってなると思う。
猫好きは見ないでほしい。子猫が可愛いだけに。自分もヤダなと思った。
サムライミお得意?の爆笑スプラッタもあったのでまぁ満足。
死霊のはらわたを思い出させるホラーファンタジーも少しみられる。
さすがサムライミ監督作品は最後の最後まで観客を楽しませる。
ゴシックヘッドさん [DVD(字幕)] 7点(2013-01-09 23:56:16)(良:1票)
67.主人公が、とんでもない目にあってるのに、次の瞬間には何事もなかったような表情。演出これでいいのか??
nojiさん [地上波(吹替)] 5点(2013-01-06 17:38:42)
66.《ネタバレ》 ただただ不快な映画ですね(笑)こーゆー生理的に無理な感じが狙いなのはわかりますが。
きったねぇババアはとことん不快。タンに入れ歯に逆ギレと。
かわいい主人公もいろんなもん掛けられて、まぁブッサイクな画ヅラに。
そーいえば昔ダウンタウンのごっつええ感じで東野が頭にあんかけ掛けられてたのを思い出しました。あれも呪いだったなぁ(遠い目)
ろにまささん [地上波(吹替)] 6点(2012-12-07 23:46:39)
65.《ネタバレ》 久々に戻ってきましたね、あのB級テイストのサム・ライミが。「スパイダーマン」で一気にメジャーになってしまったけれど、彼の持ち味はやっぱりこれ、この「どうしようもなくお下品でお下劣で馬鹿馬鹿しくてそれでも最高に笑えて面白い」でしょう。始まりのあり得ないほどの婆さんの気持ち悪さから一気にテンションが上がっていく展開は爆笑しました。個人的に、自分の命を救ってくれる霊媒師に払うお金が足りなくて断られた次のシーンで、主人公の女の子がどでかいアイスクリームを馬鹿食いしてるところがツボでした。おまえは初恋の人にふられたティーンエイジャーか(笑)。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 7点(2012-09-23 16:39:15)(笑:1票)
64.《ネタバレ》 婆さんの執念深さを考えると、邦題は「地獄へ道づれ」とかのほうがしっくりくる気がします。汚い&面白い&グロいの3拍子揃った希有な作品です。いや~それにしても汚い(笑)墓地でのシーンとかほぼ泥レスリングでしょ、あれは。泥々の肉弾戦映画です。
mickeyさん [DVD(字幕)] 7点(2012-04-02 17:12:09)
63.《ネタバレ》 ヤギさん、殺されなくて良かったあ
EOSさん [DVD(吹替)] 6点(2012-03-31 02:18:18)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 82人
平均点数 5.73点
000.00%
133.66%
211.22%
367.32%
41012.20%
51518.29%
61821.95%
71518.29%
8910.98%
933.66%
1022.44%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.38点 Review13人
2 ストーリー評価 5.81点 Review11人
3 鑑賞後の後味 5.18点 Review11人
4 音楽評価 7.25点 Review8人
5 感泣評価 5.25点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS