コードネーム U.N.C.L.E.のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > コ行
 > コードネーム U.N.C.L.E.
 > (レビュー・クチコミ)

コードネーム U.N.C.L.E.

[コードネームアンクル]
The Man from U.N.C.L.E.
2015年【米・英】 上映時間:116分
平均点:6.75 / 10(Review 32人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-11-14)
アクションアドベンチャー戦争もの歴史ものスパイものTVの映画化
新規登録(2015-10-22)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2018-12-30)【たろさ】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ガイ・リッチー
キャストヘンリー・カヴィル(男優)ナポレオン・ソロ
アーミー・ハマー(男優)イリヤ・クリヤキン
アリシア・ヴィキャンデル(女優)ギャビー(ガブリエラ)・テラー
エリザベス・デビッキ(女優)ヴィクトリア・ヴィンチグエラ
ヒュー・グラント(男優)アレキサンダー・ウェーバリー
ジャレッド・ハリス(男優)サンダース
クリスチャン・ベルケル(男優)テラー博士
デヴィッド・ベッカム(男優)映写技師
宮内敦士イリヤ・クリヤキン(日本語吹き替え版)
佐古真弓ギャビー(ガブリエラ)・テラー(日本語吹き替え版)
小松由佳ヴィクトリア・ヴィンチグエラ(日本語吹き替え版)
森田順平アレキサンダー・ウェーバリー(日本語吹き替え版)
水野龍司(日本語吹き替え版)
原作ガイ・リッチー(原案)
脚本ガイ・リッチー
音楽ダニエル・ペンバートン
撮影ジョン・マシソン
製作ジョン・デイヴィス〔製作〕
ガイ・リッチー
製作総指揮デヴィッド・ドブキン
配給ワーナー・ブラザース
美術オリヴァー・スコール(プロダクションデザイン)
衣装ジョアンナ・ジョンストン
字幕翻訳松崎広幸
あらすじ
1963年。CIAのナポレオン・ソロ(ヘンリー・カヴィル)は、ベルリンでギャビー・テラー(アリシア・ヴィキャンデル)に会い、彼女の父親で科学者のウドが失踪し、核兵器開発を強いられていることを知る。まもなくソロはKGBのイリヤ・クリヤキン(アーミー・ハマー)の襲撃を受けるが、ギャビーと共にベルリンの壁を越えて逃げることに成功する。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
12.《ネタバレ》 スナッチシャーロックホームズで味わったガイリッチーぽさは映像音楽演出とも十分でてた。スパイものというよりはコメディ。主人公の3人の観客を楽しませるキャラ演技演出があったのでエンターテイメントとして合格点。でもストーリー的にはそれほどで高いものでもない。でも面白かったです。続編出たら見ます。印象に残ったシーンは悪役の人が逆拷問にかかって「ぎゃっぃ!」と叫んでいたところ。すいません。
タッチッチさん [ブルーレイ(吹替)] 7点(2016-08-25 18:01:09)
11.ナポレオン・ソロ役には当初トム・クルーズが予定されていたものの自前の企画『ミッション:インポッシブル/ローグネイション』を優先して降板し、代わってジェームズ・ボンド役の最終候補にまで残った経験のあるヘンリー・カヴィルが登板ということで、スパイ映画って意外と少ない人数で回してるのねということが印象的だったのですが、カヴィルのハマり具合は素晴らしく、次期ボンド役は彼でいいんじゃないかと本気で思ってしまいました。高級スーツがよく似合うし、スーパーマンも演じる肉体派だけあってアクションをやる時の身のこなしには説得力があります。さらにはユーモアのあるセリフをサラっと言えるため、どんな時にも涼しい顔をしていられる超人的な役柄にピタりとハマっているのです。
また、相手役のアーミー・ハマーは190cm超の巨体を活かしてソ連の堅物役になりきっているし、アリシア・ヴィキャンデルは『黄金の七人』のロッサナ・ポデスタのような魅力があって、60年代のおしゃれなアクションコメディの雰囲気を身に纏っているかのようです。『オースティン・パワーズ』や『オーシャンズ11』など60年代の娯楽作の復活を目指した作品はいくつかありますが、時代の雰囲気の再現度という点では、本作がベストではないでしょうか。
時代の再現度、それが本作の問題でもあります。いま時のスパイ映画に慣れてしまった身としては、結局事態は解決するのだろうという予定調和な雰囲気の中でいつでもヘラヘラと笑っていられる安心感により、スパイアクションに期待される緊張感を奪われている点が残念でした。主演二人は自らスタントをこなしており見せ場のクォリティは高いものの、それが見る側の高揚感には繋がっていません。ダウニーJr版『シャーロック・ホームズ』でも感じたのですが、ガイ・リッチーの作品は雰囲気ものの領域を出ないように感じます。他方、リッチーの元パートナーにして、元祖ナポレオン・ソロを演じたロバート・ヴォーンの息子だと言われていた(後にDNA鑑定で否定されましたが)マシュー・ボーンは、『X-MEN/ファーストジェネレーション』や『キングスマン』にてレトロな様式美と現代風アクションの折衷に見事成功しており、本作もその領域にまで達して欲しいところでした。
ザ・チャンバラさん [ブルーレイ(吹替)] 6点(2016-08-12 18:48:16)
10.往年のテレビの人気シリーズ「0011ナポレオン・ソロ」の映画化。オリジナルは東西冷戦の真っ只中の時代のスパイもの。
その作品の世界観に目新しさは無いのですが、スタイリッシュでオシャレでクール。
ちょっとしたコメディタッチのノリも良し。それでいてスパイものとしてもしっかり真面目に作られています。
少々うるさく感じられる部分もあるのですが、音楽もなかなか良かったと思います。
作品の舞台が60年代なので、イマドキのスパイ映画のようにハイテク・スパイツールも登場しませんが、
今風の作品の空気の中にある60年代が新鮮でもありました。
ラストは完全に「続編作るぞ!」と予告しているような終わり方。
60年代の人気シリーズを今の時代にどうシリーズ化していくのか楽しみでもあります。
とらやさん [DVD(字幕)] 7点(2016-06-29 21:07:20)
9.《ネタバレ》 ガイ・リッチーの映画って個人的にはあまり得意じゃないんですが、本作はすんなりと楽しめましたね。
出てくる人たちが憎たらしいほどイケメン&美女だらけで、セクシーでオシャレで格好いいスパイアクションを披露してくれる。
どことなく懐かしく、それでいて愉快。水と油のような二人が協力し合い事を解決する。
ラストなんか、またグッとくるじゃないですか。続編を見てみたいと思わせる作品でした。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 7点(2016-04-28 22:45:35)
8.《ネタバレ》 2人の主人公のキャラ設定がよく、また笑えるシーンも有りで良い映画でした。
とむさん [DVD(吹替)] 8点(2016-04-03 23:46:06)
7.《ネタバレ》 子供の頃、観ていたナポレオン・ソロが大好きだったので期待して観賞。イリヤはあんなにマッチョではなくイメージと違っていたが、それなりに満足。続編アリアリのエンディング。まあ次も観ますけどね。
kaaazさん [映画館(字幕)] 8点(2015-12-12 18:16:15)
6.若手俳優主体の映画なので、すごく期待していた反面、つまらなくても仕方ないかな、と思いながら見ました。アクション映画としては物足りなさを感じました。せっかく体格の良い二枚目俳優を使っているのに、見せ場をなくしている気がします。しかし、それぞれのキャラクターが個性的であり、よく特徴をとらえた演出になっているので、物語の展開が気になる作りになっています。アメリカとロシアのスパイが協力して、というお題目なので、もっと連係プレーを見せてほしかったです。
shoukanさん [映画館(字幕)] 6点(2015-11-26 17:30:29)
5.《ネタバレ》 ガイ・リッチーならではの小気味良いテンポが快く、とても楽しめました。
CIAとKGBが組んでの諜報作戦ですがストーリーに難解さは無く、わかりやすいのもコメディの必須条件。加えて人物が皆きちんと魅力的なのも良い。若手の新進3人はきちんとスクリーン映えしていて、全員にとっての代表作になるのでは。富豪夫人のエリザベス・デビッキもドがつくくらいのはまりっぷり。いきいきと悪い人を演ってます。
ちょっと前の場面を巻き戻して、脳が忘れないうちにネタバレ披露する演出がいくつかあり、ワタシはその都度驚いて楽しかった。旧ソと米国の対抗心がちっちゃいトコまで小競り合いしてんのが笑いを誘ったりと、ユーモアのセンスも上等です。
少し前の時代を考慮した背景描写もなかなか。前半の東ベルリンの街並の暗さはスパイ映画の導入部としては最適でしょう。物語はどんどん明るく?なるのですが。
H・グラントが脇役で登場なのも興味深い。重鎮クラスの上司のわりに物腰が軽めに感じる(褒めています)のはヒューのキャラクターですね。
tottokoさん [映画館(字幕)] 8点(2015-11-24 00:16:34)
4.《ネタバレ》 凄く面白いという訳ではないですが、ルパンIII世の実写版を観ているような感覚で最後まで心地良かったです。「スプリンターセル コンヴィクション」のアーチャーとケストレルの物語が好きなので、米ソのスパイが協力するという話はもうシチュエーションだけで好みでした。イリヤの最初の格好は「The Saboteur」のようで良かったです。男性も女性も皆綺麗で素敵でしたが、鑑賞後映画館のトイレの鏡で自分を見ると、自分には色気がなさ過ぎて嫌になります。同時期公開「エベレスト3D」でのエリザベス・デビッキは可愛い女医さんだったのに、本作では蜘蛛女になってて面白かったです。身長が190㎝もあるんですね。アリシア・ヴィキャンデルはレトロ調が似合ってとにかく可愛かったです。
DAIMETALさん [映画館(字幕)] 5点(2015-11-23 02:46:51)
3.スパイ度よりもオシャレ度が高めなスパイ映画です。にやけハンサムと、堅物ハンサムと、謎あり美女とが出てきて、まったくもって楽しめます。ちょっぴりセクシーなところもありますが、子供の目をふさぐような場面もありません。なんだろう、スティングみたいな感じですかね。

ただ、公開間もない、三連休の昼間の上映にもかかわらず、なんでかびっくりするぐらい、映画館ががら空きなのがショックでした。
変なドラマの続編とか、少女マンガの実写版とかばっかりでなく、こういうザ、娯楽映画!ももっと映画館で上映してほしいんだけどなぁ。
なつこさん [映画館(字幕)] 7点(2015-11-22 00:15:53)
2.ようこそ古き良きスパイの時代へ。
ノリノリな音楽に、洒落た服、そして美しきローマを舞台に色男と堅物な二人のスパイがナチス残党の野望を阻止するべく、時にクールに時に熱く、時にユル〜く解決しちゃいます。
一長一短な米ソのコンビが初めは対立しながらもお互いを得意な分野を活かし、認め合い共に戦っていくバディモノのお約束も踏まえつつ、ギャグもアクションもセクシーも小気味良く、漫画的な映像で楽しい気持ちでドキドキできちゃう素晴らしい作品です。
どうやら本作はドラマシリーズの前日譚的な役割みたいですが、またこのコンビで続編を見てみたいモノです。
えすえふさん [映画館(字幕)] 7点(2015-11-18 12:19:24)
1.《ネタバレ》 元々ナポレオン・ソロの映画化という企画ということでもあるし、時代設定からしても現代風のハイテク情報戦を期待できるわけでもなく、スパイ映画というよりはガイ・リッチーによるキレキレのアクションを楽しもうという極めて正しい心構えで鑑賞してきましたが・・・ちょっと大味すぎる出来でした。
敵のアジトに乗り込むという最大の見せ場を、キレキレ(切れ切れ)の編集ですっとばしてしまうのはどうなんだろう?そこはじっくり見せてほしかったなあ。2度ほど使われた、会話の一部を隠しておいて謎めかしておき、あとで種明かしするという編集もそれほどの効果があったとは思えなかったし。最後の見せ場も、ソロの話術で全てを解決なんて、あまりに肩透かし。
文句が増えましたが、主演二人とヒロインには存在感があったし、全体的な雰囲気は良かったと思います。特に、ヘンリー・カヴィルはスーパーマンよりこっちが合っています。続編を作るなら、たぶんまた観ます。
Northwoodさん [映画館(字幕)] 6点(2015-11-17 21:41:30)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 32人
平均点数 6.75点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
539.38%
61031.25%
71134.38%
8825.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 7.50点 Review2人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS