特攻大作戦のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > 特攻大作戦
 > (レビュー・クチコミ)

特攻大作戦

[トッコウダイサクセン]
The Dirty Dozen
1967年【米】 上映時間:150分
平均点:6.36 / 10(Review 28人) (点数分布表示)
公開開始日(1967-10-06)
アクション戦争ものシリーズもの小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-01-21)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ロバート・アルドリッチ
キャストリー・マーヴィン(男優)ジョン・ライズマン少佐
アーネスト・ボーグナイン(男優)ウォーデン将軍
ジム・ブラウン(男優)ロバート・T・ジェファーソン
チャールズ・ブロンソン(男優)ジョセフ・T・ウラディスロー
ジョン・カサヴェテス(男優)ヴィクター・R・フランコ
リチャード・ジャッケル(男優)クライド・ボーレン軍曹
クリント・ウォーカー(男優)サムソン・ポージー
テリー・サヴァラス(男優)アーチャー・J・マゴット
ジョージ・ケネディ〔男優・1925年生〕(男優)マックス・アンブラスター少佐
ラルフ・ミーカー(男優)スチュアート・キンダー大尉
ロバート・ライアン(男優)エヴェレット・ダッシャー・ブリード大佐
ドナルド・サザーランド(男優)ヴァーノン・L・ピンクリー
ロバート・ウェッバー[男優](男優)デントン准将
ベン・カルーザス(男優)グレン・ギルピン
ディック・ミラー(男優)(ノンクレジット)
水鳥鉄夫ウォーデン将軍(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
飯塚昭三ロバート・T・ジェファーソン(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
小林清志ジョセフ・T・ウラディスロー(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
寺島幹夫ヴィクター・R・フランコ(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
納谷六朗クライド・ボーレン軍曹(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
藤本譲マックス・アンブラスター少佐(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
村松康雄デントン准将(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
北村弘一エヴェレット・ダッシャー・ブリード大佐(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
仲木隆司ヴァーノン・L・ピンクリー(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
増岡弘(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
野本礼三(日本語吹き替え版【テレビ東京】)
富田耕生ウォーデン将軍(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大塚周夫ジョセフ・T・ウラディスロー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
中田浩二クライド・ボーレン軍曹(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大平透アーチャー・J・マゴット(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
若山弦蔵マックス・アンブラスター少佐(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
納谷悟朗エヴェレット・ダッシャー・ブリード大佐(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
脚本ナナリー・ジョンソン
ルーカス・ヘラー
音楽フランク・デ・ヴォール
ミクロス・ローザ(追加音楽〔ノンクレジット〕)
撮影エドワード・スケイフ
製作ケネス・ハイマン
MGM
配給MGM
特撮クリフ・リチャードソン
美術ウォルター・ブレイク〔タイトル〕(タイトル・デザイン)
編集マイケル・ルチアーノ〔編集〕
録音フランクリン・ミルトン
スタントノッシャー・パウエル(ノンクレジット)
ロッキー・テイラー(ノンクレジット)
その他フランク・デ・ヴォール(指揮〔ノンクレジット〕)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
28.《ネタバレ》 なんだろうなー 面白くなくはないし、退屈はしないんだけど。だけどちょっと作り手の感性が時代とともにズレてきてる感じがする。オープニングは粋だし演習での基地取り合い合戦をはじめ、全体的にコミカルに展開していたかと思えば、わりとなんにも笑えないことするんですよね。ナチの保養邸宅襲撃のくだりの非人道的なこと、戦争映画とはいえそれまでの彼らとの「仲間気分」が一気に冷めてしまうような大虐殺ぶりはどうなんだろうか。当時のアメリカの世相はこれを喝采したのでしょうか。結局のところ、連合国だってやってることはナチスと同じなんだよと戦争の非道さを非難するような論調でもないですし、この映画なんだかわかんなくなっちゃいました。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-10-26 16:21:20)
27.《ネタバレ》 演習まではまずまず面白い。囚人たちがチームとしてまとまっていく展開、特にライズマン少佐との関係はユーモアもあって楽しめました。相手の裏をかく演習もいい。ただ、相手がドイツ軍だとドイツ語を話せる人間がもっといないと無理なので、あくまで演習用ということですが。本番の攻撃も序盤は緊張感がありますが、ドンパチが始まってしまうと大味になってしまい残念です。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-01-04 20:32:10)
26.《ネタバレ》 いちいち全員の名前を読み上げる導入部はただならぬ迫力を感じさせますし、肝心の12人が、どこまでいってもどことなくチンタラしているというか、渋々感が漂っているのも、逆に生々しさをあぶり出しているのですが・・・それだけやった後の頂上作戦が、さして警戒しているようにも見えず、特段の装備も見当たらないお屋敷を1つ制圧するだけって、何かしょぼくないですか?5人くらいいれば可能だったのでは?
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2016-12-03 15:17:32)
25.《ネタバレ》 もう昔のジャンルの映画ですね。戦争娯楽映画とうのは。何気に観ていましたが、そこそこ面白く最後まで観ました。ただ、終盤で女も含めた多数を地下に閉じ込め、ガソリンを撒いて、手りゅう弾をぶち込んで皆殺しにし、ミッションコンプリート。そこには何の躊躇もなくサラット過ぎていきます。ここで一気にドン引き。これが戦争と言ってしまえばそれまでですが、この映画を高評価にはできないです。
ikuhiroさん [地上波(字幕)] 4点(2016-11-28 11:47:58)
24.《ネタバレ》 ○当時の似たような邦題のタイトルに埋もれた戦争映画の佳作。○犯罪者たちが徐々にリー・マーヴィンと信頼を構築していく過程は秀逸。特に演習のシーンなど。○打って変わって終盤の実践。もう少し緊迫感がほしかったところだが、犠牲者も出るシビアさ。○リー・マーヴィンも犯罪者を演じた脇役もなかなかのキャラ立ちだった。
TOSHIさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-10-18 00:05:02)
23.《ネタバレ》 「攻撃」に並ぶアルドリッチの傑作戦争映画。

冒頭10分は収容所における囚人たちの丁寧なキャラの掘り下げ。問題児や凶悪な性格で軍という“組織”から追い出された12人の男たち。それをリー・マーヴィン演じる鬼軍曹がまとめ上げ、13人の軍隊として成長していく物語です。

更正するのではなく、その攻撃本能を逆にそのまま少数精鋭の部隊として利用しようってアイデアが面白い。断っても今までの罪で銃殺、どうせ死ぬなら戦場で敵を殺してから死んでやらあっ。それぞれの反骨精神!

心と体を鍛えなおす訓練、友情を深めていく男たちの姿は勇ましい。
特にトイレで将校二人に襲われるブロンソンを助けに駆けつける仲間たちの姿が最高にカッコイイ。男の友情ですね。チャールズ・ブロンソン、ロバート・ライアンや俳優時代のジョン・カサヴェテスも活き活きとした表情をしています。

模擬訓練と実戦の凄惨さの違い。

そして戦いは第二次大戦のノルマンディー上陸作戦の夜に。
リー・マーヴィン率いる部隊は先鋒隊として落下傘で上陸。

眼には眼を、ゲスにはゲスを・・・それがアルドリッチ流。
「攻撃」で本当の敵は無能な上司である事を描いたアルドリッチです。
戦争に卑怯もクソも無い、非戦闘員も女・子供も容赦なく殺していく軍隊の残虐さ、粘り気。
しかしそこには国のためでなく、仲間たちのために心を鬼にして戦い死んでやらあという野郎どもしかいないのです。
密室に閉じ込め手榴弾でまとめてアボーンッ。えげつねえ。まったくゲス野郎共め!(褒め言葉)
怯えるブロンソンに、リー・マーヴィンは「コレが戦争なんだ!」と言う。大義名分もクソも、その時その時で変わってしまうのが戦争の怖いところ。
次々に散っていく男たち・・・ただ彼らはその一瞬の中で人間として自分を取り戻していったのかも知れません。
正しマゴットてめえは駄目だ。

激戦の果て、病院にたたずむ3人の何とも言えない表情が印象的でした。
すかあふえいすさん [DVD(字幕)] 9点(2015-03-20 19:34:11)
22.《ネタバレ》 戦争に正義もクソもあるもんか!てなぐらいこの映画は戦争に対する正義やら戦争は良くないことだなんてことは一切言わずにただただ人間の人間らしい部分を描いてるのが他のよくあるような如何にもお涙頂戴戦争ものとは違う。この映画に登場する男達、犯罪者きりを集めることによって生まれる面白さを描いてるのもこの映画の特徴であり、ライズマン大佐に俺を刺せ!とせがまれて拒むポージーを見てやれやれとけしかける他の奴らとのやりとりや髭を剃れて水だけ入ったバケツを渡されて抵抗する男達の場面やらとにかく犯罪者きりなので自己主張の強いこと。強いこと。こんな奴らきりをどのようにして上手くまとめ上げて戦いに望むか?後半の屋敷への乗り込んでからの凄まじさは前半ののんびりした空気からは想像もできないぐらいです。熱い男達、個性的な顔ぶれによる人間ドラマが見たい人なら間違いなく楽しめるはずです。
青観さん [DVD(字幕)] 8点(2013-06-23 13:09:21)
21.とにかくむせ返るほど男くさい映画だけれど、文句なしに面白い。
個性派役者演じる「ならず者」達が、連帯責任の名の元に協力し合っていく模擬演習シーンなんか痛快でワクワクする。
押しつけがましい友情エピソードなんてのもなく、ただ鍛えられ、戦い、バッタバッタと倒れていく。
それでも、ラストシーンのチャールズ・ブロンソンは、恨み事や泣き言なんていっさいナシ。
そんなハードボイルドさに、漢たちは涙するのだろう。
poppoさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2011-08-19 10:11:06)
20.《ネタバレ》 ご存知『イングロリアル・バスターズ』の元ネタの一本。普通これだけ男を集めた映画ならひとりぐらい女性ファン用に二枚目俳優が混ざるものですが、まあ見事なまでにいかつい悪人面を集めたものです。そして「七人もの」の定番なのは集まった男たちが何か特技を持っているところですが、12人がただ凶悪犯であるということしか特徴がないというのもある意味いさぎよいところです。その12人とリー・マーヴィンをキリストと使徒たちになぞらえるシーンまであり、ちょっと悪乗りし過ぎです。中でも私のお気に入りはウォーデン将軍役のアーネスト・ボーグナインで、この人その後に三作作られた続編に全部ウォーデン将軍で出演しているんですね。それだけこのキャラは観客に受けたってことなんでしょう。前半の訓練パートはアルドリッチらしいごついユーモアに満ちて楽しめて、いざ敵地降下してからは計画は狂いっぱなしで結局12人のうちチャールズ・ブロンソンしか生き残らなかったのですが、不思議と悲壮感が全然ないところも私は好きです。ブロンソンがラストに言う、「将軍殺しが病みつきになりそう」は名セリフです。
S&Sさん [映画館(字幕)] 7点(2011-04-04 20:40:35)
19.戦場でドンパチやってスカッとさせる娯楽映画ですよね。人を殺して、スカッとさせるという感性がもう昔のものです。そう、昔の映画なのだから、そこを覚悟して観れば、これはこれで面白い。男くささが描けていれば、アルドリッチの映画は成功じゃないでしょうか。こういう設定で、戦争について考えたい人は「シルミド」がお奨めです。
トントさん [DVD(字幕)] 6点(2010-03-17 21:02:57)
18.《ネタバレ》  実は戦争アクション物というのは、戦争物とは名ばかりのものになりがちなのであまり期待してなかったが、いい意味で裏切られた。
 最後の作戦の手順が狂ってからの戦闘シーンもすさまじかったが、演習での狡猾な勝ち方も面白かった。
 登場人物もあまり真っ当な人間はいなくて、決して綺麗事とか言わないが、「いかれた」上層部の立てた戦略的な意味があまりない作戦を、あくまで仲間や少佐との絆を大切に戦い抜くのがよかった。
テリー・サヴァラスは精神に異常をきたした人間を演じさせたら世界一w
(最終シーンでの民間人殺害だけど、あの場合、他に選択肢はないと思う。(失敗して帰ったら死刑がまってるわけで、少佐が必死になるのも理解できる)
連合軍も三国同盟側も戦略爆撃する時に、軍人と民間人をより分けて空襲してるわけじゃないんだから、空軍が自分の目に見えない形で民間人を殺すのは別に気にしないで、陸軍が直接殺した場合だけ罵倒するのはどうかと。いずれにしろ戦争になれば、なんらかの形で民間人も巻き込まれるわけで、何もこの映画がその点で特別非難に値するとは思わない)
ところで、あの将軍ってポセイドン・アドベンチャーで文句ばっかり言ってた刑事ですね。なんか意外な人に意外なところで出会ったようなw
平成22年4月27日追記
う~ん、二度目の鑑賞はよしときゃよかった。一度目は気がつかなかった粗が随分目について。まず、最初からルールを踏みにじって得られる勝利には、さほど痛快感を感じられなかった。特に、演習シーンが酷かったなあ。もともと演習って同じ軍隊の中で、敵、味方の役割を演じて行うというのが、そもそもの最初の約束事なんだから、それ破って腕章取り替えて敵の振りをするって(苦笑)、基本的、根本的な約束事を破って勝った勝ったと威張られても、まるで将棋でいきなり相手の王将を掴んで俺の勝ちだと言われてるようなもので、少し冷静に考えれば、痛快感とか感じられません。
あと、メンバーの中に精神異常者を加えるのも無理やりな設定ですよね。どうしても彼を入れなければならない事情とかをストーリーに加えない限り、明らかに不自然です。なにか、作戦に齟齬をきたすためにいれたみたいで。
平成26年7月8日 点数のみ7→6 ※3
rhforeverさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2009-12-16 21:50:58)
17.普通の戦争映画。ブロンソンがしぶい。でも軍人じゃない人まで殺しちゃうのはいただけない。何を伝えたかったのだろう。
おまいつさん [地上波(字幕)] 5点(2008-10-29 17:25:03)
16.《ネタバレ》 「戦時中が故の狂気」この免罪符を使う安直な反戦映画は実に多いが、これで戦争の残虐性を訴えるという鬱陶しい小賢しさはあまり無い。若干、セリフに感じさせるところがあるにはあるが、それを狙ってのものではなく、単純に製作者の愚かさがなせる業なのではないか。結果的に、評価すべきはこの殺戮をドイツ側ではなくアメリカ側に行わせたところか。
monteprinceさん [DVD(字幕)] 4点(2007-06-03 11:58:05)
15.少し前に観た。豪華メンバーでの戦争活劇。なかなか楽しめる。
でもロバート・アルドリッチのベストは“ヴェラクルス”“攻撃”かな。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-05-02 13:49:12)
14.ラス前までけっこう面白かったんですが、やっぱりあの“ホロコースト”がねぇ…。「ナチス憎し」が嵩じて「対ドイツ人なら何をしてもかまわない」になった感じ。これじゃあ、アウシュヴィッツと何ら変わりません。しかも、ミッション後のお咎めもなし。民間人の頭上に原爆を落とし、何の罪もない数十万人を一挙に殺戮し、なおかつ「正義」を振りかざして平然としている米人の人間性が、この映画からも垣間見れます。その意味では、どんな恐怖映画よりも怖かった。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-04-10 11:32:43)
13.《ネタバレ》 あまりにもカットを割るので辟易していたのだが、なるほどこれは視線の映画である。少佐と将校たち、少佐と囚人たち、常に多数が存在する場を提供するにあたり、オルドリッチが役者に厳密に指示したのが目の動きであり、角度を変えることで位置関係を把握させ、目線に生命を与える。そのための異常に緻密なカット割りだったのだ。大佐が部屋から出るたびに演奏を始める指揮者が面白いのも、「例の二人組だ」という伝言が暴行された本人に行き着く面白さもすべて位置関係と目線の面白さである。演習において青軍が赤軍の腕章を着けるのはルール違反であるし、戦争において敵軍将校の服を着て欺くことは条約違反である。ルールを守らず刑を与えられた者たちがルールを破ることで英雄となる。もちろんそういった面白さもあるのだが、何より、死刑囚に一度限りのチャンスが与えられるという適当な材料を料理していかに面白さを作れるか、男臭い魅力を放ち続けるか、その一点においてこの映画はあまりにも素晴らしい。
stroheimさん [ビデオ(字幕)] 9点(2006-12-29 02:31:46)
12.《ネタバレ》 鱗歌さんに同意。戦争とは、元々残虐な人間が残虐な行為をするのではなく、平時ならごくごく普通の人間が残虐な行為をする状態なのだと思う。軍隊という権力を嫌った者たちが、結果的にはその軍隊に貢献してしまうという、矛盾と皮肉(しかも殆どの者が自らの命を犠牲にしている)。この作品がベトナム戦争中に作られた意味は、小さくない。<追記>ちなみに僕は「男泣き」はしなかったけれど、ラストで「ダーティ・ダズン」たちの名前が読み上げられるシーンは、ちょっとグッときました。
ぐるぐるさん [DVD(字幕)] 8点(2006-09-19 18:37:47)
11.重罪人を掻き集めて作ったポンコツ特攻部隊。前半は彼らの特訓が描かれますが、何ともユーモアにあふれてます。そもそも戦争自体にヒューマニズムは無い、だからこそ映画も、「ホラ、戦争ってこんなに非道なんですよ」、なんてことは改めて語ったりしない。「ホラこんなに残酷」などと、「ある点」を強調してしまえば、ひとつの残酷さは示せるが、一方で「他の点」を糾弾しないこと、間接的に「認めること」になりはしまいか。戦争とは首尾一貫して矛盾に満ち、残酷なものなのに、「あるキタナい一面」のみを強調するという「キレイ事」に走ってしまうと、その先にあるのは単なる安心感でしかない。この映画はそのような態度を否定しています。あえてコミカルなタッチで描き、それと同時に、描かれる内容は決してキレイ事ではない、ということ。ここで描かれているのは、「善い」とか「悪い」とかいうことではなく、強いて言えば、この「汚い12人」のギラギラした生命力、でしょう。このキレイ事ではない、という点は、クライマックスの特殊作戦にてさらに顕著になります。作戦中、あのギラギラしていた「汚い12人」はバタバタと倒れていき、そこには何の感傷もなく、まさに消耗品としか言いようが無い。作戦自体も、無抵抗のドイツ人を一方的に虐殺する、という、まるでヒロイズムが感じられないもの。そもそも、アメリカ軍人がドイツの軍服を着て戦うのって、ヒギンズの「鷲は舞い降りた」にもあったように、ジュネーヴ条約違反だったりするのでは? などなど、普通のアクション映画であればクライマックスを観りゃあストレス解消、スッキリするものを、この映画では、それまで物語の背景に隠れていた(とは言え薄々感じていた)「戦争の矛盾」というものが、クライマックスで容赦なく噴出して、スッキリしないような、ちょっとスッキリしたような(←ドンパチ観るとやっぱり興奮しちゃうんだもん。笑)、複雑な気分になる映画、であります。ちょっとケチをつけさせてもらうと、12人の罪状というのが、少し同情できるような点のあるものが多く、ちょっと「キレイ事」っぽくて、イヤでしたね。「無難なバランス感覚」という打算を感じてしまう。当時はこの辺が限界、だったのかなあ。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2006-09-11 22:04:48)(良:1票)
10.《ネタバレ》 どうしようもない連中が、次第に連帯していき能力を発揮する所は定番とはいえ見ていて楽しい。しかし、実際ドイツの施設を襲う段になってからがいただけない。頭のおかしい隊員の為に計画が大幅に狂い、最後は女だろうと見境なく、極悪非道な殺しっぷり。ただの虐殺になってしまった。
MARK25さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2006-06-12 18:39:25)
9.井筒監督推薦“戦争映画”..単なる“娯楽”映画でした~ 一般の方でも普通に楽しめるのでは..私的には、かなり物足りない...
コナンが一番さん [DVD(吹替)] 6点(2005-10-04 12:17:43)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 28人
平均点数 6.36点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4310.71%
5517.86%
6725.00%
7725.00%
8414.29%
927.14%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.00点 Review6人
2 ストーリー評価 6.60点 Review5人
3 鑑賞後の後味 5.85点 Review7人
4 音楽評価 10.00点 Review1人
5 感泣評価 5.50点 Review2人
chart

【アカデミー賞 情報】

1967年 40回
助演男優賞ジョン・カサヴェテス候補(ノミネート) 
音響効果賞 受賞 
音響賞 候補(ノミネート) 
編集賞マイケル・ルチアーノ〔編集〕候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1967年 25回
助演男優賞ジョン・カサヴェテス候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS