地下鉄のザジのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > チ行
 > 地下鉄のザジ
 > (レビュー・クチコミ)

地下鉄のザジ

[チカテツノザジ]
Zazie in the Subway
(Zazie dans le métro)
1960年【仏】 上映時間:93分
平均点:5.70 / 10(Review 43人) (点数分布表示)
コメディファンタジー小説の映画化
新規登録(2003-10-05)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2013-09-16)【ESPERANZA】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ルイ・マル
キャストカトリーヌ・ドモンジョ(女優)ザジ
フィリップ・ノワレ(男優)ガブリエルおじさん
渕崎ゆり子ザジ(日本語吹き替え版)
小林修ガブリエルおじさん(日本語吹き替え版)
勝生真沙子アルベルティーヌ(日本語吹き替え版)
緒方賢一トルースカイヨン(日本語吹き替え版)
池田勝トゥランド(日本語吹き替え版)
小宮和枝マド(日本語吹き替え版)
広瀬正志シャルル(日本語吹き替え版)
太田淑子ムアック未亡人(日本語吹き替え版)
鈴木れい子サジのお母さん(日本語吹き替え版)
原作レイモン・クノー
脚本ジャン・ポール・ラプノー
ルイ・マル
挿入曲ヨハネス・ブラームス弦楽六重奏曲第1番第2楽章
プロデューサールイ・マル
美術ベルナール・エヴァン
字幕翻訳寺尾次郎
あらすじ
夫を殺して現在ラブラブ中のお母さん(おいっ!)に連れられ、パリにやってきた女の子、ザジ。二泊三日で伯父さんに預けられたのはいいけど、楽しみだった地下鉄はストで運休中だァ! こうなりゃ言い寄ってくる変なオヤジをだまくらかして、パリの街で暴れてやるぅ~っ! …パリジャンの奇怪な恋愛模様を蹴散らす、仏の反逆児レーモン・クノーの原作を、テイスト重視で映像化。愛が、人生が、実存が、権力が、全てがドタバタと暴れ出すフレンチコメディ。「音楽のよう」と評された、フランス語の特徴を熟慮した台詞回しにも注目。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
43.才気走ったドタバタ喜劇。今見ると、退屈。
にけさん [映画館(字幕)] 5点(2018-12-25 21:04:14)
42.ドタバタギャグの部分は赤塚不二夫みたいで楽しかった
はらいそさん [DVD(字幕)] 2点(2014-12-01 20:47:02)
41.《ネタバレ》 不思議の国のアリスみたいにぶっ飛んだシュールな映画だった。
愉快なドタバタコメディーで見ていてなんか楽しい。
とにかく普通じゃない。古い映画ではあるが、斬新過ぎる展開には驚かされました。
芸術的だと感じる場面が多い。
少女サジ役が小生意気にも可愛らしくて印象的。
ただし薬でもやってそうな感じが少し不気味だった。
おかしな人々に驚かされっぱなしの映画だった。
追いかけっこが最高に楽しい。
最後のほうの破壊だとか乱闘が理解不能だが面白すぎる。
「食べ物で遊ぶな」っていいたいけど、それを超えている。
観る人によっては日頃の憂さやストレスを吹き飛ばす物凄い作品なのかもしれない。
ゴシックヘッドさん [DVD(字幕)] 7点(2013-09-28 18:07:19)
40.快活で茶目っ気たっぷりの少女ザジ、そのびっくりするような行動と映画の作りは実におもしろい。だがそう思ったのは前半だけで、後半はだんだんおふざけが目立つようになり、ドタバタ劇にうんざりしてきた。そもそも「地下鉄の~」とする意味合いはあるのだろうかという疑問さえ起こった。
ESPERANZAさん [映画館(字幕)] 5点(2013-09-10 14:03:13)
39.有名な映画作品だが自分にはこの芸術性を解することはできなかった。支離滅裂なストーリーと噛み合わない台詞。それがこの映画で見たことのすべて。記憶に残ったことといえば自動車や家具など小道具類のデザインがオシャレだったこと。ただし最後には壊されてしまうけど。
時計仕掛けの俺んちさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2013-01-11 23:38:48)
38.当時はどんな風に受け止められたのだろうか。今見てもひとつもおもしろくない。
みんな嫌いさん [DVD(字幕)] 4点(2012-02-21 19:15:50)
37.これがあのルイ・マルか、と思ってしまうほど後年とはテイストの違う作品。「ケスクセー?」と問いかけるザジが忘れられません。
Balrogさん [DVD(字幕)] 7点(2011-09-25 10:52:53)
36.うう、だめだ。頭の中が?でいっぱい。監督の巨匠度の前にふざけてんのか、という怒りも不完全燃焼になってストレスがたまる。わからない。完全に白旗上げた映画。
tottokoさん [ビデオ(字幕)] 3点(2011-08-02 07:02:00)
35.何なんだこれは・・・?ポップで、何ともシュールな摩訶不思議ワールド。中盤以降はひたすらドタバタで最後はムチャクチャ、ストーリー性や辻褄などは度返しして、凝った編集を多用したその場のギャグや雰囲気を楽しむ映画なのでしょう。台詞も無く早送りやキャストのオーバーな動きだけで見せるシーンはサイレントの映画でも見ているような感覚でもありました。理解不能な部分もありますが嫌いな雰囲気でも無い。一言で言えば面白かったということになるのかな?そう思わされる勢いは確かにある、高得点の方の気持ちも低得点の方の気持ちも分かる世界でした。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2011-01-12 20:12:22)(良:1票)
34.いかにもヌーベル・バーグな斬新な手法はとても面白いが、後半の間延び感はどうしても否めない。
せかいのこどもさん [DVD(字幕)] 5点(2010-12-12 11:25:42)
33.なんか育ちのいい子が、無理にイタズラッ子ぶってる、っていうような感じ。フランス映画って、戦前の人情喜劇の伝統がドンとあるわけで、でもなぜかアメリカ的なスラプスティックにも憧れを持っている(ルネ・クレールはうまくスラプスティックを使えたが)。ああいうのやってみたいなあ、と憧れ続け、しかし残念ながら「育ち」の違いはなかなか乗り越えられない。出だしのタクシーにぎゅうぎゅう詰めになってるあたりは、なかなかいいかなとも思ったんだけど、だんだん醸されてくるフランス風軽妙さと、トムとジェリー的アメリカマンガのタッチとのズレが気になり出す。はしゃぎっぷりに神経質なものが加わってしまう気がする。自作のパロディふうにブラームスを流したりするのも、なんかちょっとこの映画のトーンとは違うんじゃないの、というか、本来そっちの洒落っ気のほうが地なんじゃないか、とか。でもフランス風人情喜劇を(当時の)現代に再現するとなると、こうならざるを得なかったのか、という時代の苦さでもあるのかも知れない。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 6点(2010-07-17 10:06:36)
32.《ネタバレ》 ヌーベルバーグ的なスプラスティックコメディということなんでしょうが、さすがにガチャガチャしすぎで観る者を置いてけぼりにしてるような感じ。フィリップ・ノワレがエッフェル塔の上で唐突に哲学的な詩みたいなものをうなりだすのは、さすがに鼻がつきました。同時代のコメディでは、ジャック・タチの方がはるかにセンスが良いのではと思いますね。
S&Sさん [DVD(字幕)] 5点(2009-12-19 01:31:36)
31.こういうのをフレンチ・コメディと言うんですか?素面で見るにはきついです。ガブリエル伯父さんがイケメン扱いなのはギャグなんでしょうか。最後まで笑いのツボがつかめずに疲れる映画でした。高所恐怖症の人には結構なスリラー映画なのでご注意。
lady wolfさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2009-05-04 12:40:10)
30.単なるガチャガチャ映画でした。期待しすぎたのが敗因かも。
アレヒさん [DVD(字幕)] 4点(2009-02-27 19:19:53)
29.最初の10分くらいこそ、こじゃれた名画の匂いすらしていたものの気がつくと登場人物とストーリーは崩壊していました。編集もめちゃくちゃで、早送りやワープなどなんでもアリ。一つの展開にオチがつく前に次の場面に行くものだから、常に今何が起こっているかがわからない。セリフもほとんどなくて、音楽がジャカジャカなりっぱなし。
笑っていられたのは前半までで、加速し続けるめちゃくちゃのスピードに完全に置いてけぼりにされ、カオスティックなラストをただ呆然と眺めることしかできませんでした。これがフランス流フリースタイルコメディなのか。いったいなんだったんだこれは…。
すべからさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2009-01-10 22:07:16)
28.《ネタバレ》 主人公の少女は快活で自由奔放な性格でありますが、この作品自体も彼女の性格に負けず劣らずの自由奔放な作りとなっています。その作風たるや真に奇想天外予想外。1秒先の展開も予測不能で、シュールでオシャレでポップでキッチュ。アートでありながら、内容はからっぽという、他に類を見ない作品です。一番好きなシーンは、昔のサイレント映画風に早回しで繰り広げられる「おいかけっこ」のシーン。本当に楽しく愉快で、正直、90分まるまるザジのおっさんのおいかけっこでもよかったと思うくらい、ずっと見ていたいシーンでした。
あろえりーなさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2008-11-14 17:45:14)
27.最初から最後まで、ほとんど意味が分かりませんでした。笑わせたいのか、それによって別の何かを表現したいのか、見ていて悩みます。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2008-11-03 03:52:44)
26.何が面白いのか全くわからない。たかが90分程度なのだがもの凄く長く感じた。
茶畑さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2008-10-31 23:46:59)
25.《ネタバレ》 なんというか、ギャグやコメディのアニメ-ションを実写化したかのような不思議な作品でした。とにかく、ハイテンション(ドタバタ?)でカラフルでポップでシュールな世界が繰り広げられます。
 本当に「花の都」と呼ぶに相応しいパリを堪能できる作品です。
TMさん [ビデオ(字幕)] 6点(2007-11-11 22:52:52)
24.子役が気持ち悪いです(笑)。
にじばぶさん [ビデオ(字幕)] 4点(2007-10-13 10:44:38)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 43人
平均点数 5.70点
000.00%
100.00%
224.65%
3511.63%
4511.63%
51023.26%
6613.95%
7613.95%
8511.63%
924.65%
1024.65%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 4.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review1人
4 音楽評価 7.00点 Review1人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS