U.M.A レイク・プラシッドのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ユ行
 > U.M.A レイク・プラシッド
 > (レビュー・クチコミ)

U.M.A レイク・プラシッド

[ユーマレイクプラシッド]
Lake Placid
1999年【米・カナダ】 上映時間:82分
平均点:4.39 / 10(Review 59人) (点数分布表示)
ホラーコメディシリーズものパニックものモンスター映画
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2011-03-24)【M・R・サイケデリコン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督スティーヴ・マイナー
キャストブリジット・フォンダ(女優)ケリー・スコット
ビル・プルマン(男優)ジャック・ウェルズ
オリヴァー・プラット(男優)ヘクター・サイア
ブレンダン・グリーソン(男優)ハンク・キーオ保安官
ベティ・ホワイト(女優)ビッカーマン夫人
デヴィッド・ルイス〔男優・1976年生〕(男優)ウォルト・ローソン
アダム・アーキン(男優)ケヴィン(ノンクレジット)
スティーヴ・マイナー(男優)飛行機のパイロット(ノンクレジット)
脚本デイビッド・E・ケリー〔製作〕
音楽ジョン・オットマン
編曲ジョン・オットマン
撮影ダリン・オカダ
製作マイケル・プレスマン
デイビッド・E・ケリー〔製作〕
製作総指揮ピーター・ボガート
配給東宝東和
特殊メイクスタン・ウィンストン(クリーチャー効果)
レイチェル・グリフィン(ノンクレジット)
特撮デジタル・ドメイン社
スタン・ウィンストン・スタジオ(特殊効果)
ヘアメイクトビー・リンダラ(メーキャップ)
編集ポール・ハーシュ
録音ゲイリー・サマーズ
トム・マイヤーズ(録音)
字幕翻訳菊地浩司
その他ピーター・ボガート(ユニット・プロダクション・マネージャー)
あらすじ
メイン州にあるブラック湖で、ダイバーが謎の生物に下半身を食いちぎられる事件が起こった。密猟監視員のジャック(ビル・プルマン)、ニューヨークの博物館員ケリー(ブリジット・フォンダ)、地元の保安官ハンク(ブレンダン・グリーソン)らが真相を追うなか、ワニ好きの大富豪ヘクター(オリヴァー・プラット)がやってきて、現場を混乱に陥れる。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順】
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
59.《ネタバレ》  数あるワニ映画の中でも、最も好きな一本。

 「面白い」ではなく「好き」なタイプの映画である為、感覚的なものを伝えるのは難しいのですが……とにかく定期的に観返したくなる魅力があるんですよね。
 監督さんが「ガバリン」や「ハロウィンH20」「フォーエヴァー・ヤング」という、自分好みな品を色々手掛けている人なので、波長が合うのかも?
 何気ない場面や、ちょっとした音楽にも(あぁ、良いなぁ……)と感じてしまうんだから、とことん自分とは相性の良い作品なのだと思われます。

 典型的な「誤解を招く邦題」である事。
 作中での牛の扱いが可哀想である事。
 メインとなる登場人物達が皮肉屋揃いで「良い子ちゃん」とは掛け離れている事。
 などなど、欠点と呼べそうな部分は幾らでもあるんですが、それより長所の方に注目したい気分になるんですよね。
 
 雄大な自然を捉えた空撮画面が美しくて、それを眺めているだけでも楽しいし、川辺でキャンプして焚き火したりと「レジャー」「アウトドア」的な魅力を味わえる辺りも嬉しい。
 一応、作中で死人も出ているんだから、シリアスな空気になっても良さそうなものなのに、どこか皆ノンビリしていて「楽しいワニ釣り」めいた雰囲気すら漂っている。
 それは「緊迫感が無い」という短所でもあるんでしょうが、自分としては「そこが良いんだよ」って思えました。

 巨大ワニが実は二匹いたというオチにして「殺さずに捕獲出来た達成感」「ミサイルで派手に吹っ飛ばした爽快感」を、それぞれ一匹ずつ味わえる形になっているのも良いですね。
 (そりゃあ無事に捕まえられたら一番だけど……保安官が持ち込んだ小型ミサイルの伏線もあるし、どうせ殺すんでしょう?)と予想していただけに、適度な意外性を味わう事が出来ました。

 そして何といっても、最初は喧嘩ばかりしていた主人公四人が、一連のワニ騒動を通して仲良くなっていく姿が微笑ましいんですよね。
 それも、物凄く強固な友情が生まれるとかじゃなくて「病院に付き添う」「一緒に飲みに行く」程度に留めているのが、程好いバランス。

 最後も「まだまだ赤ちゃんワニが沢山いた」というバッドエンドのはずなのに、妙に明るく〆ているのも良かったです。
 ワニを飼ってるお婆ちゃんは、そりゃあ道義的に考えれば「悪」なんだろうけど、彼女にとってワニは「可愛い子供達」な訳だし、それが全て奪われずに済んだという、一種のハッピーエンドにも感じられました。

 この後、続編映画が色々と作られて、最終的には「アナコンダ」とクロスオーバーした「アナコンダ vs. 殺人クロコダイル」なんて品まで生み出す事になる本作品。
 シリーズ化されるのも納得な、確かな魅力を備えた一品でありました。
ゆきさん [DVD(吹替)] 7点(2018-06-08 09:37:39)(良:2票)
58. ものすごく面白いわけでもなければ、とりたててつまらないわけでもない。
 これぞ暇つぶし映画の最高峰。
 ストーリーがわかりやすくて短いのが、こーゆー映画の最大の長所。
 そしてしっかりちょいドッキリを差し挟み、エンタメ作品としてのクオリティを保っているので、なかなかの良作だと思います。
 まあ強いていうなれば、邦題による過剰なあおりが不必要ですね。もし原題の『レイク・プラシッド』=『静かな湖畔』のままで、DVD
のパッケージなんかも見ずに、この作品を見ることができたとしたら、より面白く鑑賞できる可能性はあります。
 タイトルって凄い大事ですね。
 それにしても動物の映像凄くないですか?どこまでが本物でどこからがCGや特撮なのかがさっぱりわからないくらい自然な映像です。
 このレベルであれば、映像見るだけでも面白いです。
たきたてさん [DVD(字幕)] 6点(2015-10-04 05:01:01)(良:2票)
57.弟の名前が「ユウマ」なので見ました。金返せ。
IKEKOさん 2点(2004-01-24 04:19:22)(笑:2票)
56.《ネタバレ》 この先ネタバレ→→→▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲ 
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲ 
▲▲▲▲▲▲▲犯人はペットのワニだった▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲ 
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲ババアが餌付けして飼いならしたペットのワニだった▼▼www▼▼▼www 
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼ラストのバアさんかわいい 素敵でかわいらしいオチだった。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2017-05-06 19:23:06)(笑:1票)
55.4人のキャラクターが意外にしっかりしているし、動物のCGも自然、物語も破状しておらず、特に悪い映画ではないと思いますが、逆にこじんまりしていて「これぞ」という面白さがありません。それを考えると、クリーチャーの恐ろしさに期待させるような邦題はやはり問題ですね。個人的にしばらく見なかったビル・プルマンが心配でしたが、最初の保安官が彼じゃなくてよかった・・・。
円盤人さん 5点(2004-03-08 18:23:56)(良:1票)
54.謎の生命体が人を襲うB級ホラー、若しくは殺人生物との激しい死闘を描くB級パニック・ムービー、かと思いきや、【ロベカル】さんのお書きの通り、何と希少生物の保護を謳う環境保護映画(でも、やっぱりB級)となってます。しかし、環境保護活動の常として、ここにも大いなる矛盾がある。ワニは駄目で牛はいいのか? それと、本作に限り「ワニ・わに・鰐・WANI」という単語は決してネタバレにはならないと断言できます。ということで、3点献上。
sayzinさん 3点(2004-02-20 01:02:51)(笑:1票)
53.友達の家でDVDでチャプターのラストのほうだけ見た。U・M・Aとか言っといて作中で登場人物が「ワニは??」とか聞いてるんだもん。おいおいせめて「ヤツは?」とか「アイツは?」とか字幕つけてほしかったなぁ。わざわざU・M・Aとかいう題名つけてんだろう?
よっふぃ~さん 1点(2004-02-02 10:32:00)(良:1票)
52.最初からワニワニワニワニいうて途中でやっぱりワニか!ってなんじゃそりゃ…。どのへんがUMAなんだコラァ!舐めてんのか!と敗北者は語ってみる。餌付けシーンが衝撃的だったのと、最後に捕まってしまうワニがこの手の映画としては前代未聞なのでちょっと許す。
グリギンドンさん 5点(2003-05-23 11:26:26)(笑:1票)
51.作中の「牛」と「熊」。ワニよりも印象的。特に熊登場から退場にかけてが、斬新。かつ爆笑。
aksweetさん 5点(2003-04-28 00:33:56)(笑:1票)
50.個人的にこういう映画は応援したい。遊び心あって好きだなあ。結構笑えるし。特に保安官とあの怪しい富豪の子供のけんかみたいなのがいい。”コモド”やらこの手のB級映画連発して観たのですが、そんな中ではダントツにいい。アメリカの映画誌でも結構ほめられてました。こういう映画は期待しないで、結構いいじゃん、て見方が一番楽しめる。
GOさん 7点(2001-10-13 12:27:00)(良:1票)
49.UMAって…ただのデカいワニじゃん。勘弁してよ。
Mighty Guardさん [映画館(字幕)] 2点(2016-03-30 22:32:18)
48.《ネタバレ》 美女と、相性が悪い男と、お調子者と、怪物。4つが揃えば大体話の内容が掴めると思うが、まさにそのままの展開。ちょっとドキドキできたUMAの完成度が救い。
afoijwさん [DVD(字幕)] 3点(2013-04-10 00:59:40)
47.《ネタバレ》 ◆ホラーもの、パニックものとしては成功していない。緊迫感が薄く、いつまで経っても怖くならず、あれれという間に終了。いい画が取れてるし、音楽も良質、俳優も有名人が出ているのにもったいない。一言で言うと真面目さが足らない。怪物の存在を知りながら、あんな小さなボートで行動しないでしょ。
◆怪物そっちのけで、登場人物たちがケンカしたり、いがみあったり、恋愛したりで忙しい。土台コメディタッチの動物パニック映画って無理でしょう?それってヘリコプターでワニを捕まえるようなものだよね。或いはワニ用の罠で保安官を宙吊りにするようなものか。笑いかパニックかのどちらかに絞りましょう。
◆怪物がワニと分った時点で興味が半減。生態がわかっているし、大型銃で退治できる。しかもおばあちゃんが餌付け?エサが牛だと?おじいちゃんは食われた?ついでに小ワニも餌付け?開いた口がふさがらないとなこのこと。おとぎ話じゃないんだから。
◆それにしてもあの博物館の女学芸員は何のために居るのか。もうちょっと必然性を考えてくれ。生物学者ならともかく、化石を扱っている人だよね。上司にふられたっていいながら、もう恋に走っているし。
◆「ワニは水中で襲わない」と説明があったが、最初の被害者は水中の襲われた。
よしのぶさん [DVD(字幕)] 5点(2010-12-25 03:46:24)
46.《ネタバレ》 ワニと愉快な仲間達の話。保安官ハンクとヘクターとの会話が面白かった。おとりの牛が助かって少し安心したり。ブリジット・フォンダが奇麗でした。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 4点(2010-02-11 00:09:00)
45.謎の生物以上に、何でこんなC級モンスター・パニック作品にこんな気合の入ったキャスティングになってるのかが謎。
Oliasさん [地上波(吹替)] 3点(2010-01-17 22:12:34)
44.UMAって言ったら、チュパカブラとか雪男とか期待しちゃうじゃないか。それが10Mのワニじゃあガックリですよ。特別に頭が良いとかじゃなく、ただデカいワニだもんなー。尻尾を使った攻撃とか無いしさー。
真尋さん [DVD(吹替)] 5点(2009-08-15 01:28:38)
43.《ネタバレ》 動物愛護を皮肉った映画かな。ばあさんは夫喰われても餌付けする。殺すのはかわいそうなので、いけどりにするため生きた牛を餌に使う。牛がかわいそうだけど、牛肉は食べる。同僚喰われた保安官はワニを殺す。結局矛盾の塊の人間。自分達を写す鏡みたいな映画。出てくる人物をウザい感じにしたのもなんとなくわかる。原題は静かな湖。ただし人間が近づかなければ。
オニール大佐さん [DVD(吹替)] 8点(2008-09-16 21:14:48)
42.《ネタバレ》 ワニがでてきた。(原題はユーマじゃないし、カントクはふつーにワニが好きなんでしょう。別になにも期待してないし、出てくるべくしてワニが出てきた。それに問題はないし、突っ込みどこもみつからないとゆーかど-でもいいとゆーか、薄味の映画鑑賞って好きなんだよね。ジャングルテレビとか好きだし、いちいちレビューしてみるのもまー、何もしないをしているんだプー的なもんでして。無駄の大切さを感じさせてくれるといったら悪口になっちゃうのかな。)
いい映画です。
おでんの卵さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2007-09-17 10:01:08)
41.《ネタバレ》 予算切れ?・・・と思わせるほど最後があっけない。あれだけ盛り上げておいてあのオチはないだろう(笑)
こまごまさん [ビデオ(吹替)] 3点(2007-01-20 18:50:42)
40.《ネタバレ》 やっぱりUMAがワニだったのにはびっくりしましたね。ワニだと思わせておいて実は未知のバケモノ!というのが定石のはず?なので、これはある意味凄いっちゃ凄いのか…。モンスター映画としては普通に面白かったです、バトルシーンもしっかりあって。牛生きてて良かった!
えむぁっ。さん [ビデオ(字幕)] 7点(2006-01-28 05:19:28)
別のページへ
新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順】
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 59人
平均点数 4.39点
011.69%
146.78%
2813.56%
31118.64%
4610.17%
51220.34%
658.47%
7711.86%
835.08%
911.69%
1011.69%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 1.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 2.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS