TOKYO CITY GIRL-2016-のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ト行
 > TOKYO CITY GIRL-2016-
 > (レビュー・クチコミ)

TOKYO CITY GIRL-2016-

[トーキョーシティガールニセンジュウロク]
2016年【日】 上映時間:115分
平均点:7.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
公開開始日(2016-12-03)
ドラマオムニバス
新規登録(2019-01-16)【かっぱ堰】さん
タイトル情報更新(2022-01-24)【かっぱ堰】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
キャスト武田玲奈(女優)「LOCAL→TOKYO」
森永悠希(男優)「LOCAL→TOKYO」
天野ひろゆき(男優)「LOCAL→TOKYO」
芋生悠(女優)「LOCAL→TOKYO」
高見こころ(女優)「あなたの記憶(こえ)を、私はまだ知らない。」
石黒英雄(男優)「あなたの記憶(こえ)を、私はまだ知らない。」
入来茉里(女優)「あなたの記憶(こえ)を、私はまだ知らない。」
戸塚純貴(男優)「あなたの記憶(こえ)を、私はまだ知らない。」
モロ師岡(男優)「あなたの記憶(こえ)を、私はまだ知らない。」
飯田祐真(女優)「幸せのつじつま」
栗原類(男優)「幸せのつじつま」
酒井敏也(男優)「ひらり、いま。」
中村有沙(女優)「ひらり、いま。」
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順】
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.《ネタバレ》 若い女性を主人公にして4人の監督が撮ったオムニバスである。前作「TOKYO CITY GIRL」(2015)は6話だったが、今回は話数が減って平均時間も長くなっている。

【LOCAL→TOKYO】 よくわからないが勝手に解釈すると、田舎には何もないと思って東京に出てもやはり何もないわけだが、田舎でもいいこと、やれることがたくさんあるとわかってから東京に出ればもっといいこと、もっとやれることがあるという意味か。
それにしても武田玲奈さんはいつでもどこでも可愛い人だ。友人(ともこ)役は見たことがあると思ったら芋生悠という人だったらしい。
【あなたの記憶(こえ)を、私はまだ知らない。】 心の欠落部分を埋めるために2人が過去の記憶を共有し、それが結果的に2人の心を結びつけたと思えばいいか。最後は特に言ってなかったが、主人公はあの店の常連になっていたと思われる。
主演は高見こころという人で、少し前に見た「ねこにみかん」(2013)から一転して地味系女子になっている。一方でケバめの後輩を演じていたのは意外にも入来茉里さんだったようで、役柄としては間違ったことを考えていても正しいアドバイスをする聡明な(適当な?)人物だった。
【幸せのつじつま】 かなり笑わされた(泣かされた)。当然ながらちゃんと辻褄を合わせるお話である。相手の男も真直ぐな感じでいい奴だ。
主演の飯田祐真という人はそれほど何度も見たことはないが、かなりの個性派女優かと思っていたら、今回は極端に可愛い方に振れている(それを期待して見たわけだが)。ちなみに他のエピソードでも特別出演として顔出ししているらしい。
【ひらり、いま。】 父親がイタい人物(相当上の世代に見える)かつ気色悪いオヤジなのでかなり引くが、娘と仲が悪いわけでもなかったらしい。引越先まで送って来た身内が去るときの心細い思いは遠い昔に経験している。
主演の増田有華という人はAKB48所属だったとのことで有名人らしい。この映画では少し素朴な可愛らしさを出している。

とにかく若い女性を元気にしようとする企画のようで、前作に比べてもハッピーエンドの印象が強くなっている。寓話的でリアリティに欠ける面もあるが問題にはならない。また男にとっては出演女優を見て和まされるという意義もある。物語的にも厳密な対象限定ではなく人間一般が共感できる内容で、東京のシティガールの話だからと田舎者が敬遠しなくていい映画だった。
かっぱ堰さん [インターネット(邦画)] 7点(2019-01-27 08:28:09)
別のページへ
新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順】
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
71100.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS