海流のなかの島々のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > カ行
 > 海流のなかの島々
 > (レビュー・クチコミ)

海流のなかの島々

[カイリュウノナカノシマジマ]
Islands in the Stream
1977年【米】 上映時間:105分
平均点:5.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
ドラマ小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2007-04-25)【M・R・サイケデリコン】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督フランクリン・J・シャフナー
キャストジョージ・C・スコット(男優)
デヴィッド・へミングス(男優)
クレア・ブルーム(女優)
ハート・ボックナー(男優)
スーザン・ティレル(女優)
原作アーネスト・ヘミングウェイ
音楽ジェリー・ゴールドスミス
編曲アーサー・モートン〔編曲〕
撮影フレッド・J・コーネカンプ
製作パラマウント・ピクチャーズ
配給CIC
特撮ケヴィン・パイク(特殊効果アシスタント)
編集ロバート・スウィンク
字幕翻訳金田文夫
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順】
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.ヘミングウェイの小説が原作ですね。映画なのになぜかカクテル(フローズン・ダイキリ)や音楽(ジェリー・ゴールドスミス)の方が有名なのが不思議です。私の大好きなジョージ・C・スコットが主演です。パットン将軍が引退してカリブ海で絵を描いているという趣ですが、やがて平和な時間も終わり、再び争いに巻き込まれていく父親を演じています。海の青さが印象的な映画です。でも海なら「イルカの日」の方がいいし、ヘミングウェイなら「老人と海」の方が上かな。
オオカミさん 7点(2002-07-03 11:27:37)
1.カジキマグロはでっかいねぇー。
あろえりーなさん 4点(2002-06-22 21:57:59)
別のページへ
新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順】
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 5.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4150.00%
500.00%
600.00%
7150.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【アカデミー賞 情報】

1977年 50回
撮影賞フレッド・J・コーネカンプ候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS