エビータ(1996)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > エ行
 > エビータ(1996)
 > (レビュー・クチコミ)

エビータ(1996)

[エビータ]
Evita
1996年【米】 上映時間:135分
平均点:6.52 / 10(Review 64人) (点数分布表示)
公開開始日(1997-01-25)
ドラマミュージカル戯曲(舞台劇)の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-07-06)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アラン・パーカー〔監督〕
キャストマドンナ(女優)エバ・ペロン
アントニオ・バンデラス(男優)チェ
ジョナサン・プライス(男優)ホアン・ペロン
ジミー・ネイル(男優)アグスティ・マガルティ
アラン・パーカー〔監督〕(男優)
ニコラス・グレイス(男優)
脚本オリヴァー・ストーン
アラン・パーカー〔監督〕
音楽アンドリュー・ロイド・ウェバー
作詞ティム・ライス〔作詞〕
作曲アンドリュー・ロイド・ウェバー
編曲アンドリュー・ロイド・ウェバー
撮影ダリウス・コンジ
製作アラン・パーカー〔監督〕
アンドリュー・G・ヴァイナ
美術ブライアン・モリス[美術]
衣装ペニー・ローズ
編集ジェリー・ハンブリング
録音アンディ・ネルソン[録音]
字幕翻訳戸田奈津子
その他アンドリュー・ロイド・ウェバー(音楽製作)
あらすじ
バンデラスが狂言回しを務める実話に基づいたミュージカル。アルゼンチンの片田舎で私生児として生まれたエバ(マドンナ)は首都ブエノスアイレスで女優となり、政治家ペロンに対する弾圧を非難し後に結婚、ペロンの大統領当選によって大統領夫人となる。ヨーロッパの上流階級に成り上がり者として蔑まれた屈辱をバネに国内の貧困層の生活改善に尽力し、エバは「エビータ」の愛称で慕われる。エバの早すぎる死はペロン政権に大きな打撃を与えた。A.L.ウェバーの音楽に乗せてマドンナが歌う夢と哀愁に満ちた薄幸のシンデレラ物語。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
64.《ネタバレ》 この映画、割と好き。歌曲が良い。マドンナ健闘。ただ、パブリックイメージと違いすぎる。
にけさん [映画館(字幕)] 8点(2019-01-04 20:19:18)
63.私は『実話に基づいて』系は美化したフィクションとして観てしまいます。元となった舞台も劇団四季バージョンで観ましたが、舞台の方が感動しました。が、マドンナさんとバンデラスさんの色気対決は観られて良かった。
movie海馬さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-09-02 16:30:14)
62.苦手なミュージカル。でもこれに関して言えば、マドンナにまっとうにお芝居に臨まれるより、台詞をオール歌で乗り切っちゃう方法で成功しているような。歌っちゃえば情感のバリエーション不足もなんとかなる。民衆に訴える際、両の手を拳にして高々と上げるパターン多し。エバ・ペロン個人への批評として、バンデラスを突っ込み役に配しているのが面白い。単なるエビータ礼賛映画ではなかったのが意外。彼女は政治家ではなく、貧しい人々にとっての偶像、憧れの成功例。実物の彼女はもう少しソフトな美貌で、マドンナみたいな野心丸出し顔ではないので国母となり得たのかも。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-12-02 00:18:25)
61.ペロンが良い大統領だったかどうか別にして、妻エビータの力が大きかったことは事実だろう。あの歌で表現された演説には実に説得力がある。そのエビータを演じたマドンナもまたすばらしい。彼女は最低演技賞の常連だそうだが、得意の歌で堂々と演じゴールデングローブ賞では、最優秀主演女優賞に輝いたとか。
そして忘れてはならないのがアントニオ・バンデラス、歌もなかなかだが、辛口批評家ならぬ語り手として、映画全体を引き締めている。役者のこういう使い方も良い。
とにかく批判はあろうとなかろうと、アルゼンチン国民から慕われているのは間違いないだろう。それがはっきりとわかる。音楽が文句なく素晴らしいので点も加点。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 8点(2012-05-01 22:18:56)
60.《ネタバレ》  好きな作曲家の作品だが、これはちょっと敬遠していた。実在の人物の伝記で、物語としては退屈なんじゃないか、微妙に漂ってきそうな政治臭などが原因かも知れない。ざっとCDを聴いても一曲位しか、ピンとくるモノが無かったし。ところが、舞台版とどのくらい違うのか判らないが、意外と面白く見れた。バンデラスが、役名が付いているらしいが、場面場面で色んな役柄をやりながら、その都度エヴァの行動を皮肉る。それにより、物語は英雄絶賛ではなく、彼女の負の部分も描き、尚且つ、清濁併せ持たなくば、現実の世界では何も成し遂げられない、というエヴァの主張を語らせることが出来た。このシーンがないと、物語がキレイ事過ぎて、薄っぺらくなってしまったと思う。
 物語は、貧しく、妾腹の子として辛い目にあった少女が、それだからこそ、上流階級に媚びずに、労働者を味方に福祉に力を入れて、国民の人気を得る、大統領夫人を描く。男を取っ替え引っ替え渡り歩いて利用し、遂に軍事政権内の少佐と恋中になり彼を大統領にしてしまう、そのトントン拍子のコミカルな描き方と、窓辺の演説に若干の温度差があって、首を傾げるが、この歌「アルゼンチンよ泣かないで」のメロディが感動的にまで美しく、ある意味、演説というものの陶酔感を音楽で表現し得ているのでは、とも思う。やっぱり、アンドリュー・ロイド・ウェバーって凄い!
Tolbieさん [DVD(字幕)] 6点(2011-11-23 05:04:11)
59.映画というのと違う気がするが、こういうミュージカルも面白い。とにかく、音楽がずっと頭に残る。
みんな嫌いさん [DVD(字幕)] 7点(2011-10-10 15:38:34)
58.大好きなダリウス・コンディの作品ということで予備知識なしに鑑賞しました。全編ミュージカル調だったんですね。まだまだ若輩者なので、歌に気を取られて話に集中できません。ミュージカルなりの楽しみ方があるはずなのですが、まだ理解できていません。いったい自分はいつになれば楽しく鑑賞できるようになるのでしょうか。果たして面白いと感じる日が来るのでしょうか。お目当てであった撮影監督のコンディ自身も、自分の好きな作風ではなかったです。確かに映像は美しかったのですが。
goatherdさん [DVD(字幕)] 4点(2011-07-04 11:56:10)
57.つまり、海老板。窓女。江場ぺろん。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2011-05-14 19:57:06)
56.《ネタバレ》 妻投稿■エバと聞いてヒトラーと一緒に自殺した奥さんの話かと思いましたが、実際はアルゼンチンの大統領夫人のお話。尻の軽い女で偽善者、列車からカネをばらまくシーンなんてなんていやな女なんだろうと思いましたが(さらに言えばそういう嫌な女の部分が私およびおそらく女性なら誰でもあるから始末に負えない)、何で彼女がこんなにアルゼンチンで人気なのかと考えてみたら、最後の方の病床のエバの顔を見てなんとなくわかりました。彼女はアルゼンチン全体が見たショーの主演女優だったのですが、彼女自身も「アルゼンチン」という舞台演劇のたった1人の観客だったのだと思います。死の直前のエバの顔は、今までの腹黒偽善女ではなく、映画が終わった後の焦燥感の中にいる(彼女がかつて叩きだしたのような)思春期の少女そのものだったんです。33年というのは上映時間としては短かったかもしれませんが、富、名声、愛というものがどんなものか、十分彼女(そして彼女を視点を借りた私たち)に伝わった映画だったのではないでしょうか。私は人生の目的なんてものがあるとは思えませんが、仮にそれが間違いならば、人生の目的とは富でも名声でも愛ですらなく、一生懸命生きる事そのものなのかもしれません。■余談だけど、私が映画を見る限り、エバが民衆を扇動したと言うよりも、民衆がエバを良い気にさせて扇動した気がするのですが。民衆たちの「ペロンペロン」というフレーズには、こっちの方も映画見ながら舐めていたべっこう飴を舐めつくさなければいけない気にさせてくれましたしね(笑)  エバの傲慢さよりもこっちの方が問題があると思います。
はち-ご=さん [ビデオ(字幕)] 8点(2011-01-20 00:10:37)
55.全編、歌、歌、歌、...ミュージカルアレルギーの私には、ちょっと辛い...でも、ここまで徹底されると、なんか脳がマヒして..普通にストーリーに集中出来たような気が.. したがって評価も6点..
コナンが一番さん [ビデオ(字幕)] 6点(2010-06-12 13:40:58)
54.自分が幸せになる事が、民衆の幸せにも繋がると信じていたエバ。それは、やはり自分が底辺から這い上がってきた体験が彼女にそう信じさせたのだと思います。だけど、彼女の肉体の器は、彼女の大きな意志を受け止めるには、脆過ぎたんでしょうね。マドンナの存在感としっかりとした歌唱によって描かれる悲劇は、円熟味が増してきたアラン・パーカーの演出力と、フレームの中に画をピタッと確かな構図に収める天才ダリウス・コンジのカメラによって風格あるミュージカルへと昇華されていました。ロケ中心のリアルな映像とミュージカルの融合には、どうしても違和感が生じるという問題は、この映画でも解消されてはいませんでしたが(リアリズム、というものから最も遠いところにあるのがミュージカルですからね)。
あにやん‍🌈さん [映画館(字幕)] 7点(2009-06-24 00:53:05)
53.ドラマはエバを描く一方に批判者としてのバンデラスを置き、ラスト近くで両者にそれぞれの言い分を与えて歌わせ、でも結局そうやって何か安全地帯で釣り合いをとっている。その製作側の手つきがやや気になる。おそらく真の主役であるべき、独裁者を支えた“群衆”を詰めてないからだろう。ミュージカルと言うより、歌いっぱなしのオペラに近かった。ミュージカルの不意に歌になる瞬間が好きなものにとっては物足りなく、また期待していた南米色もあまり音楽には出ていなかった。のし上がった頂点でキレイゴトを群衆に向かって歌い上げていく演説の場に、皮肉な迫力があって一番いいシーンではなかっただろうか。彼女は煽動家というほどではなく、シンボルとして生きようと自覚した人間の迫力だったのだろう。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 6点(2009-05-04 11:59:32)
52.《ネタバレ》  マドンナを主演に持ってきたのが非常に当たりましたね。スキャンダラスなイメージでエンターテイメント界の女王に上りつめた彼女と、下層階級から女の武器を使って成り上がったエビータとはどこか共通するものがあるように感じましたね。

 「Don't Cry for Me Argentina」をはじめとする素晴らしい楽曲と、エバ・ペロンの波乱に富んだ生涯を表裏両面から描いたストーリーが見事にマッチしていましたね。ただ、終盤はそれまでの盛り上がりから一変して、淡々とした展開になっていったので、ちょっと物足りなさを感じてしまいました(まあ、事実に基づいた話なので仕方ないのですが)。
TMさん [ビデオ(字幕)] 7点(2009-02-01 16:26:41)
51.《ネタバレ》 一切の予備知識無しの鑑賞でした。歌声の美しさもさることながら映像の美しさに目を見張りました。お話の中身はエバのサクセスストーリーです。台詞が全て歌であるのは面白い試みですが、彼女の人となりや価値観に共感できず、気分が盛り上がりません。狂言回しの男性の存在が絶妙で最後まで鑑賞できました。彼女は民衆に慕われましたが、国を治める者の役目は、貧しい者に単に施しを与えるのではなく、働いて対価を得て自活し、胸張って生きていく環境を整える事だと思います。夭折がアルゼンチンにどのような影響を及ぼしたのでしょうか。興味深いです。
The Grey Heronさん [DVD(字幕)] 7点(2008-05-25 16:00:58)
50.歌というのはあくまでも映画内における表現方法の一つにすぎないわけで、前後の流れや調和を無視してひたすら歌、歌、歌ばっかりで埋め尽くされると、そのうち感覚が麻痺してきてだんだん何も感じなくなってしまうのです。落ち着きのないカメラも含めて、映画というよりも超長編のPVを見ているような感じ。ただし、この種のちょっと変な役では異様に楽しそうに生き生きしているバンデラスはやはり偉い。マドンナの存在はどこかに飛んでしまいました。彼に4点。
Oliasさん [DVD(字幕)] 4点(2008-05-14 02:11:08)
49.マドンナのはまり役ではないでしょうか。
私はミュージカル映画が好きなので全編歌ばかりでも苦になりませんが、
やや中ダルミがあるので、もうちょっとスッキリまとめてほしかったかも。
元々ミュージカル作品として人気があるだけに、音楽だけでも楽しめます。
マドンナの『You must love me』は切なくて好きですね~。
互いに利用し合うだけの仮面夫婦だったはずなのに、実は愛情もあったんですねー。

バンデラスの役は「ゲバラ的な目線の進行役」って感じで、ゲバラは関係ないです。
この作品では、ある意味主役で、彼の歌の上手さにビックリです!
エビータとチェの不思議な関係も上手に描かれていると思います。

エビータやゲバラについて予備知識があれば、より楽しめると思います。
。。。というか、全く知らないと面白くないかも。
びくーにゃさん [映画館(字幕)] 9点(2008-04-21 16:26:56)
48.アントニオ・バンデラスの歌が、意外にも上手くてビックリです。
にじばぶさん [DVD(字幕)] 5点(2007-09-21 08:19:27)
47.ごめんなさい、これは合いませんでした。
いつ面白くなるのかと頑張ってみていましたが
結局最後まで感動したり共感することはありませんでした。。
ClocheRoseさん [映画館(字幕)] 2点(2007-09-20 22:56:18)
46.マドンナはもちろんバンデラスの歌の上手さに脱帽。ビリー・ジョエルのような声と歌唱力なので一見の価値あり!そして曲もけっこう耳に残るいい曲多いです。サントラほしい。
ちいぼうさん [DVD(字幕)] 7点(2007-09-12 20:40:25)
45.「Don't cry fo me Argentina」はすっごい良い曲だと思います。ただ良くわからないんですけど、この映画ってエビータに批判的だよね?そしてアルゼンチンの人って今エビータの事どう思ってるの??なんかその辺りを知らないので、なんでこんなに批判的な感じなんだろうって思いながら見てました。マドンナがこんなに澄んだ歌声で歌うとは思ってませんでした。アントニオ・バンデラスは歌うますぎ!!驚きました。本当に全編通して歌いっぱなしなので、嫌いな人はとことん嫌いなんだろうなぁと思いましたね。あたしは好きです。歌のせいだろうけど余韻が残ったまま、女性の激しい一生を見た感じです。良い意味で疲れました。マドンナは歌えるし、野望家な感じがして、適役だったんじゃないでしょうか。

ネフェルタリさん [DVD(字幕)] 8点(2007-07-03 10:11:29)
別のページへ
新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 64人
平均点数 6.52点
000.00%
100.00%
223.12%
300.00%
457.81%
5812.50%
61523.44%
71726.56%
81218.75%
923.12%
1034.69%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.66点 Review3人
3 鑑賞後の後味 7.33点 Review3人
4 音楽評価 9.40点 Review5人
5 感泣評価 1.00点 Review1人
chart

【アカデミー賞 情報】

1996年 69回
撮影賞ダリウス・コンジ候補(ノミネート) 
オリジナル主題歌アンドリュー・ロイド・ウェバー受賞"You Must Love Me"
オリジナル主題歌ティム・ライス〔作詞〕受賞"You Must Love Me"
音響賞アンディ・ネルソン[録音]候補(ノミネート) 
美術賞ブライアン・モリス[美術]候補(ノミネート) 
編集賞ジェリー・ハンブリング候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1996年 54回
作品賞(ミュージカル・コメディ部門) 受賞 
主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)マドンナ受賞 
主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)アントニオ・バンデラス候補(ノミネート) 
監督賞アラン・パーカー〔監督〕候補(ノミネート) 
主題歌賞ティム・ライス〔作詞〕受賞"You Must Love Me"
主題歌賞アンドリュー・ロイド・ウェバー受賞"You Must Love Me"

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS