ロッキー4/炎の友情のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ロ行
 > ロッキー4/炎の友情
 > (レビュー・クチコミ)

ロッキー4/炎の友情

[ロッキーフォーホノオノユウジョウ]
Rocky IV
1985年【米】 上映時間:91分
平均点:6.32 / 10(Review 155人) (点数分布表示)
公開開始日(1986-06-07)
アクションドラマシリーズものスポーツものスポコンもの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2020-11-17)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督シルヴェスター・スタローン
助監督ダンカン・ヘンダーソン
演出伊達康将(日本語吹き替え版【DVD・BD】)
キャストシルヴェスター・スタローン(男優)ロッキー・バルボア
タリア・シャイア(女優)エイドリアン
バート・ヤング(男優)ポーリー
カール・ウェザース(男優)アポロ・クリード
ドルフ・ラングレン(男優)イワン・ドラゴ
ブリジット・ニールセン(女優)ルドミラ・ドラゴ
トニー・バートン〔1937年生〕(男優)デューク
ジェームズ・ブラウン[主題歌](男優)ソウルのゴッドファーザー
ジャック・カーペンター(男優)KGBのドライバー
羽佐間道夫ロッキー・バルボア(日本語吹き替え版【DVD・BD】)
松金よね子エイドリアン(日本語吹き替え版【DVD・BD】)
富田耕生ポーリー(日本語吹き替え版【DVD・BD/テレビ朝日】)
内海賢二アポロ・クリード(日本語吹き替え版【DVD・BD/テレビ朝日】)
若本規夫ドラゴ(日本語吹き替え版【DVD・BD】)
高島雅羅ルドミラ(日本語吹き替え版【DVD・BD】)
緒方賢一デューク(日本語吹き替え版【DVD・BD】)
坂本千夏ロッキー・ジュニア(日本語吹き替え版【DVD・BD】)
大木民夫(日本語吹き替え版【DVD・BD】)
村松康雄(日本語吹き替え版【DVD・BD】)
糸博(日本語吹き替え版【DVD・BD】)
嶋俊介(日本語吹き替え版【DVD・BD】)
飯塚昭三(日本語吹き替え版【DVD・BD】)
筈見純(日本語吹き替え版【DVD・BD】)
片岡富枝(日本語吹き替え版【DVD・BD】)
横尾まり(日本語吹き替え版【DVD・BD】)
大山高男(日本語吹き替え版【DVD・BD】)
峰恵研(日本語吹き替え版【DVD・BD】)
小室正幸(日本語吹き替え版【DVD・BD】)
古田信幸(日本語吹き替え版【DVD・BD】)
亀井芳子(日本語吹き替え版【DVD・BD】)
佐々木功ロッキー・バルボア(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
塩田朋子エイドリアン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大塚明夫ドラゴ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小山茉美ルドミラ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
麦人デューク(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
山野史人(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
秋元羊介(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
伊藤和晃(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
坂口芳貞(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小島敏彦(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
仲野裕(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
成田剣(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
幹本雄之(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
磯辺万沙子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
喜多川拓郎(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
西村知道(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
近藤玲子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
出演ミスターT
バージェス・メレディス
脚本シルヴェスター・スタローン
撮影ビル・バトラー〔撮影〕
製作ロバート・チャートフ
アーウィン・ウィンクラー
MGM
ユナイテッド・アーチスツ
製作総指揮ジェームズ・D・ブルベイカー
制作東北新社日本語版制作(日本語吹き替え版【TBS、DVD】)
配給UIP
美術ウェイン・フィッツジェラルド(タイトル・デザイン)
編集ドン・ジマーマン
字幕翻訳戸田奈津子
古田由紀子(NHK)
その他ウィリアム・チャートフ(アシスタント・ロケーション・マネージャー)
あらすじ
見事王座に返り咲いたロッキー(シルヴェスター・スタローン)に、社会主義国、ソ連から最強の刺客が現れた。そのソ連アマチュアヘビー級ヂャンピオン、ドラゴが来米したとのニュース知ったアポロは、自らエキシビジョンマッチの対戦相手として名乗りをあげる。しかし・・・
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
155.《ネタバレ》 この映画は当時映画館で観ました。すごく話題になっていて大ヒットでした。ただ若い人向けにエンターテイメント性を意識しすぎたせいか、映画としての完成度はいまいちだったように思います。とにかく音楽が派手。あとロッキーが垢抜けすぎていて、かっこ良さをアピールしすぎていました。要はスタローンのプロモーション映画のようなイメージです。まあ映画としては大ヒットだったので、成功と言えば大成功でしたが。
金田一耕助さん [映画館(字幕)] 6点(2021-07-18 17:32:38)★《新規》★
154.ロッキーのシリーズの中ではあまり好きではない作品です。
アポロとの友情と死、そしてその弔い合戦。浪花節的な世界観の一方で、
アメリカとソ連、世界を二分した東西冷戦の時代を色濃く反映した世界観でもあります。
ソビエトに乗り込み、アメリカを背負って闘うような大きな話にもなっていますが、
エイドリアンのため、友のため。ロッキーにはもっと小ぢんまりとした世界観が似合う。
また、80年代はMTV台頭の時代とも重なり、
前作以上に映画と音楽のWIN WINの関係性が高まった時代背景も色濃く感じます。
勿論、それにうまく乗った同時代の映画は沢山あるのですが、
「ロッキー」に関しては、それは似合わなかった。
本作のサントラが優先で、あのテーマ曲がここ一番で流れないのはやはり淋しいですね。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2021-04-30 13:57:38)
153.1985年当時の冷戦時代のソビエトを強く意識した作品。ロッキー1〜3は名作でしたが、ロッキー4はただの駄作となってしまいました。。。何もアポロを殺すことはなかったと思います。そして何より、おなじみのトレーニングの時にかかるテーマ曲がなくなってしまったのがものすごく残念。80年代の当時の流行の音楽をガンガンかけていますがこの作品(ロッキーシリーズ)には全く合っていません。
みるちゃんさん [DVD(字幕なし「原語」)] 3点(2019-12-02 13:32:34)
152.《ネタバレ》 2019年になってロッキーシリーズをおさらいしているのだが、4まで来るといや~、軽いネ!

ずっと鳴ってる80'シンセポップ・ロック(変なジャンル付けだがそうとしか言いようがない)のせいでもない。無音のシーンでも充分軽いのだ。しゃべる時にはクローズアップ、それでいかにも言いそうな事を言う。セリフで説明する。初代から『3』までは名優に見えたスタローンが単に下手な人に見える。あの演技を際立たせるにはもっと影が必要だ。

一番の問題はポーリーに「良い事」言わせてしまうこと。「俺はお前になりたかった」なんて誰でも分かってる。だから、言うなよ。この映画はとにかく我慢できずにすぐ言ってしまう。見せてしまう。『3』ではその分かりやすさが功を奏していたが『4』では単にベタなだけに堕してしまっている。

もう一つ重要な問題は『3』であれだけ丁寧に描いたボクシングの描写がすごく雑なこと。トレーニング風景でアゲていくのはシリーズ共通だが、今回はそこに強い敵に勝てるようになるロジックがない(これは『2』も同じ)。試合も試合後のくだりも悪い意味で漫画的で単純すぎる。

と言いたいことは色々あるわけだが、そこそこいい映画ではあるんですよ。あの軽さも、もしTVシリーズとかだったらちょうど良いだろうという感じ。ドルフ・ラングレンの極真空手の動作もいかにも異質なボクシングという雰囲気を醸し出していて効果的だ。そして似た人が出てくるゴルバチョフ書記長就任が映画公開と同じ1985年、ペレストロイカはそこから始まるわけだから結構未来を予見している映画でもある。

つまりは音楽に代表されるように(音楽自体の質は高いのだが)時代性を反映しすぎたのが敗因か。いや違うな。『ロッキー』はそもそもシルベスター・スタローンという男の私小説として始まっている。この『4』にはその要素がまったくない。少なくとも当時のスタローンには、自ら語りたい事はなかったのだ。
tubirdさん [インターネット(字幕)] 6点(2019-10-01 00:43:26)
151.初見。娯楽作品としては華やかで上々だけど、脚本、監督、主演のスタローンの独り善がりぶりに失笑。
昭和51年2月に行われた輪島功一リベンジマッチでの最終ラウンドKO勝利という私の中の不滅のシーンが甦りました。
嗚呼、懐かしい。
スタローンはこの試合を見た事あるのかなぁ。
こういう男の中の男の熱いドラマを彼流に映画化して欲しいもんですわ。
The Grey Heronさん [インターネット(字幕)] 4点(2018-12-28 21:01:30)
150.《ネタバレ》 アポロの無謀な挑戦に冷酷無比ドラゴが受け非情にも叩き潰される。
そしてリベンジに燃えるロッキー。
ドラゴという最強の対戦相手がいてシナリオはいいんだけど込み上げてくるものがなくて残念。
4以降はエンターテイメントの縮図。世間的評価が低いのもしょうがない。
mighty guardさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-12-31 13:24:32)
149.《ネタバレ》 もうここまでパターン化してくると、好き嫌いが分かれてくるのは致し方なし。もうスタローンの試合前の猛特訓ぶりもマンガ化してきてるもんね。自分はここらへんからスタローンについていけなくなる。
トントさん [ビデオ(字幕)] 6点(2016-05-02 23:05:11)
148.初めて観たのは小6で、鑑賞後には魔法をかけられたような気分。
その後の趣味嗜好に多大な影響を受け、今でもHearts On Fire聞くと興奮します。

おかげで出来た友達は、今も友達。

人には勧めないし、しょうもない映画ですが、自分にとって一生に一度の映画。
fujicccooさん [ビデオ(字幕)] 10点(2016-02-09 00:07:07)(良:2票)
147.《ネタバレ》 WOWOWで鑑賞。公開時よりずいぶん経過していて、全編通じて見たのはこれが最初。
TVでは色々カットされてるんですね。

アポロとの友情がベースですが、当時のソ連の描き方にも注目ですな。レーガン政権時代だから反ソなんだけど(とのレーガンは<反ソすぎる>というコメント出してます。

ゴルバチョフはこの年に書記長に就任。アメリカ公開時の11月にペレストロイカ/グラスノスチ をやりだしました。
(同時に核軍縮会議もね)

だから、制作時は「悪役の親玉書記長」で制作したんでしょうね。
まっ、ロッキーの演説でめでたしめでたし という作品。

いまとなっては純な見方ができにくい作品。そのままランボーシリーズを見てゆくと、すんなりしているかと。。。
亜輪蔵さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-08-25 14:05:36)
146.《ネタバレ》 悪い言い方をすれば、ロッキーシリーズで一番異質な本作。
ソ連が出てきたり、サイボーグの様なライバルが現れたり、娯楽性を追求し、ド派手な作品に仕上がっています。
本作を初めて鑑賞したのは上映当時の中学生の頃。こういう演出が大好きな年頃で、トレーニングシーンや試合のシーンには熱狂したものです。その後何度も鑑賞しましたが、つい最近改めてじっくり鑑賞。
これは3作目、いや1作目から続く、アポロのドラマとして見る事も出来るなと思いました。
3作目のアポロはとにかくカッコイイ。1、2作目からキャラは同じだが、友情厚くロッキーに指導を行う。この頃から、アポロは不完全燃焼の自分の魂をロッキーに託していたのかもしれません。そして本作で再びリングに上がります。結果は非常に悲しいですが、これがロッキー、アポロのいうファイターとしての生き方なのかもしれません。こういう見方をすると、中学時代とは正反対に、トレーニングシーンや試合のシーンではなく、アポロがリングに上がる事を懇願するシーンやタオルを投げられる事を拒否するシーンがとての印象に残りました。
夜光華さん [ビデオ(字幕)] 7点(2015-04-02 11:37:15)
145.《ネタバレ》 音楽多過ぎだと思います。政治的偏向もキツいです。主要キャラを死なせて盛り上げる手法も安易の一言です。もはやボクシングじゃないです。ストーリー短いです。ロッキーはこんな人じゃなかったです。
しかし8点をつけます…。要するに私はこのシリーズが好きなのであった。ごめんなさい。いや、ロッキー5は嫌いだけど。
結局、誰しもの心の奥底に大なり小なり潜む、闘争心とか英雄願望とか、高揚への期待とか、そうした単純な心理に右ストレートで打ち込んだ映画なんだろうな。私は弱い人間だ。だから乗せられやすいのかもしれない。音楽多いとか言っといて「NO EASY WAY OUT」を筆頭にサントラも聴き込んでる。「金曜ロードショー」のイメージが強いからか、吹き替えの方がむしろ好みだ。「お前はやれる、もっとやれる!」とか、そこら中の体育会が真似たんじゃないだろうか。機会があれば雪山を走り回りたいくらいだ。機会があればだが。
単純だなあとか空疎だなあとかシリーズのクオリティ落としてるなあとか、客観的には十分わかる意見だ。しかし人間たるもの最後は好き嫌いが物を言う。この映画が嫌いな人も多いだろう。じっくり話し合おうじゃないか。勝つ自信はないが。
カツルギさん [ビデオ(字幕)] 8点(2015-01-18 22:37:22)(良:1票)
144.このドルフ・ラングレンには10点!上映時思春期だった私は彼に完全にノックアウトされた記憶が懐かしい。北欧カラテチャンピオン、MITで数学の博士号取得、スタイル抜群、超ハンサム、なんだこの人!パーフェクトやないか!ってな感じでドキドキでした。そんな不純な動機で何度も観た作品なのですが、アポロのアレな事やなんだかんだでロッキーシリーズの山場ではなかろうかと思うんですよね。作品としては1や2には及びませんが、要の作品という事での点。
movie海馬さん [映画館(字幕)] 8点(2014-07-05 22:22:46)
143.アポロの痙攣に笑ってしまいました
出来としてはまあまあ
pillowsさん [DVD(字幕)] 7点(2014-04-02 17:53:21)
142.エイドリアンもすっかり綺麗になって。ちょっと音楽使い過ぎだけど、ダレずに最後まで観せるパワーはやっぱり凄い。
nojiさん [映画館(字幕)] 7点(2013-10-27 01:13:56)
141.いくらなんでも無理でしょうという相手に立ち向かっていくところがすごい。
ホットチョコレートさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2013-05-13 19:47:09)
140.《ネタバレ》 「ロートルvs未知の新鋭」「小柄vs大柄」「伝統的なトレーニングvs科学的なトレーニング」などは良いけど「アメリカvsソ連」のせいで臭くなった気がする。ロッキーシリーズに政治は絡めてほしくなかった。それから、ロッキーが復帰する理由を作るためにアポロまで殺してしまうのも納得できない。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-08-24 17:32:04)
139.まずは音楽最悪。
邪魔な音楽に萎えてしまうこと数回。
しかも、かかる曲かかる曲長すぎだってば。
曲に合わせてのフラッシュバックも長すぎだってば。かなり興醒め。
サントラの押し売りのような気がしてならない 
ドラゴや米ソ対戦の図式はよかっただけに惜しく感じる。
バーニング・ハートのビデオクリップによる宣伝効果は絶大だったが、本編、その分、失ったものも大きい。やたらめったらミュージックを多用するのはどうかと思う。ただし、映画サントラ盤の絶頂期だっただけに 流行りに合わせた止むを得ない事情もあったのかなという事は推測できる。だけども、それで本編、評価落としてしまったんではダメでしょうや ロッキーⅣ 少し評価ダウンです。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-08-22 20:16:08)(良:1票)
138.パターンちゃパターンなんだけど毎回試合を応援させてしまうこのパワーはなんなんだろう?素直に応援してしまう。
とまさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-12-10 18:25:38)
137.《ネタバレ》 ロッキーを順番に観てきた人にとっては、なんとなーくパワーダウンしてきた感じなんでしょうね。
しかしわたしにとっては4が初見で当時最高にハマったんですよねー。
音楽がカッコいいしドルフラングレンは超強そうだし、アポロの弔い合戦だし、で。
今になって観れば、あの階級であの打ち合いはオカシイし、弔い合戦…って!!
ってトコロな・ん・で・す・が、やっぱり子供の時の鮮烈なイメージがあって好きなもんは好き!なんですよね。
ろにまささん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-11-10 22:36:04)
136.《ネタバレ》 どんどん過去のキャラクターを食いつぶしていくロッキーシリーズ。4ではついにアポロが……。冷戦時に作られたアメリカの救世主のようなロッキーがどうにも好きになれません。しかもあの調子乗って殺されたアポロのかたき討ちとなれば尚更なあ。
民朗さん [地上波(吹替)] 4点(2011-05-05 23:48:36)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 155人
平均点数 6.32点
000.00%
110.65%
242.58%
374.52%
4159.68%
52214.19%
63623.23%
73019.35%
81912.26%
995.81%
10127.74%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.37点 Review8人
2 ストーリー評価 5.23点 Review13人
3 鑑賞後の後味 7.15点 Review13人
4 音楽評価 6.62点 Review16人
5 感泣評価 5.00点 Review10人
chart

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

1985年 6回
最低作品賞 候補(ノミネート) 
最低監督賞シルヴェスター・スタローン受賞 
最低助演男優賞バート・ヤング候補(ノミネート) 
最低助演女優賞ブリジット・ニールセン候補(ノミネート) 
最低助演女優賞タリア・シャイア候補(ノミネート) 
最低脚本賞シルヴェスター・スタローン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS