アイ,ロボットのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ア行
 > アイ,ロボット
 > (レビュー・クチコミ)

アイ,ロボット

[アイロボット]
I, Robot
2004年【米・独】 上映時間:115分
平均点:6.23 / 10(Review 251人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-09-18)
公開終了日(2005-02-04)
アクションサスペンスSF刑事もの
新規登録(2004-06-20)【ポール婆宝勉(わいけー)】さん
タイトル情報更新(2018-03-17)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アレックス・プロヤス
キャストウィル・スミス(男優)デル・スプーナー刑事
ブリジット・モイナハン(女優)スーザン・カルヴィン博士
ブルース・グリーンウッド(男優)ランス・ロバートソン
チー・マクブライド(男優)ジョン・バージン副署長
ジェームズ・クロムウェル(男優)アルフレッド・ラニング博士
シャイア・ラブーフ(男優)ファーバー
テリー・チェン(男優)チン
シャロン・ウィルキンス(女優)女性
ジェリー・ワッサーマン(男優)
エミリー・テナント(女優)
山寺宏一デル・スプーナー刑事(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
坪井木の実スーザン・カルヴィン博士(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
アラン・テュディックサニー
森田順平ランス・ロバートソン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)/サニー(〃【フジテレビ】)
大木民夫アルフレッド・ラニング(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
楠見尚己ジョン・バージン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
石塚理恵(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
結城比呂ファーバー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
江川央生(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
青森伸ナレーター(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
根本泰彦(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
飛田展男(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
東地宏樹デル・スプーナー刑事(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
岡寛恵スーザン・カルヴィン博士(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
小川真司〔声優・男優〕ランス・ロバートソン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
堀勝之祐アルフレッド・ラニング(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
辻親八ジョン・バージン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
堀越真己(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
乃村健次(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
柴本広之(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
恒松あゆみ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
原作アイザック・アシモフ『われはロボット』をモチーフとする
ジェフ・ヴィンター(原案)
脚本アキヴァ・ゴールズマン
ジェフ・ヴィンター
音楽マルコ・ベルトラミ
編曲ジョン・キュール
ピート・アンソニー
撮影サイモン・ダガン
ブライアン・ピアソン(アクション追加撮影:撮影監督)
製作ジョン・デイヴィス〔製作〕
トファー・ダウ
ローレンス・マーク
20世紀フォックス
製作総指揮ウィル・スミス
ジェームズ・ラシター
配給20世紀フォックス
特殊メイクビル・テレツァキス
ハーロウ・マクファーレン
特撮デジタル・ドメイン社(視覚効果)
ウェタ・デジタル社(視覚効果)
ピクセル・マジック社(視覚効果)
ビル・テレツァキス(パペット操演)
ジェフ・レッドナップ(ロボット技術)(パペット操演:ノンクレジット)
ポール・マーキュリオ(ロボット動作監修)
美術パトリック・タトポロス(プロダクション・デザイン&ロボット・デザイン)
振付アラン・テュディックサニー(動作)
衣装リズ・キーオー
編集ウィリアム・ホイ
ニール・トラヴィス(編集補足)
字幕翻訳林完治
スタントクリス・ウェッブ[スタント]
エド・アンダース
ブレット・アームストロング
その他ラルフ・ウィンター〔製作〕(サンクス)
マルコ・ベルトラミ(指揮)
ピート・アンソニー(指揮)
あらすじ
今から30年後の近未来、家庭用ロボットが人間のパートナーとして普及している時代。革新的な技術による新世代ロボットが登場し、新たなロボット社会の夜明けを迎えようとする直前、そのロボットの生みの親であり、ロボット工学の第一人者、ラニング博士の殺人事件が起きる。容疑者は最新のNS-5型ロボットのサニー。“ロボット3原則”により、絶対に人間に危害を加えられないはずのロボットが犯人なのか?その謎を追及する刑事のスプーナーとロボット心理学者のカルヴィン博士は、やがて、人類の存亡がかかった驚愕の真相に迫っていく…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910111213
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
251.《ネタバレ》 お掃除ロボット、自動運転や、声に反応するスピーカー等、この映画のようなロボットが実現する日も近いのかも、とふと思った。
戦場では、リモコンながら無人の殺戮マシーンが活躍している。これらが意志をもったら本当に怖い・・・
ストーリーは、ちょっとひねりが足りない気がした。腕だけでなくウィル・スミス全体がロボットだった、とか、博士の死体がニセモノだった、とか、もう少し意外性がほしかった。
チェブ大王さん [地上波(字幕)] 4点(2018-04-22 14:15:51)
250.アウディの自動運転車とか、JVCの音楽プレーヤーとか、これらの企業が近未来まで存続しているという設定に安堵感。別に関係者ではありませんが。
これ、主要登場人物はせいぜい5人くらいでしょうか。けっこう壮大なスケールで描いていましたが、時間も画面も半分程度は大量のロボットで占められていた印象です。いかにもCGな感じでしたが、慣れてしまえば気になりません。そのうち、人間の出演者がゼロの実写映画も登場するんじゃないでしょうか。当たるかどうかはともかく、有名な役者に高額なギャラを支払わなくて済む分、制作費は大幅に抑えられるはずです。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-04-21 18:10:11)
249.《ネタバレ》 よきできたSF映画です。異常に滑らかなロボットの動きがリアルでど迫力でありながら違和感がなく、ストーリーも練られています。
まぁこの手の映画ではありがちな、ラストに向けてパニックに陥るのですが、うまくまとめ上げているなという印象です。
たまにはこんなサスペンス映画も気分転換にいいかもしれない。ムキムキのウィルスミスが本当に良い味を出しています。
mhiroさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-03-31 21:01:46)
248.《ネタバレ》  終盤のパニック、こーゆーのが大好きなんで、もっと見ていたかったです。『警察VSロボット』『市民VSロボット』。でもここからクライマックスまでは、わりとあっとゆー間。もっと見たい・・・!という個人的ニーズはさておき、テンポとスピード感に秀でている作品だからこれくらいがちょうど良いのかもしれませんね。私のような人間は、これより長いと『冗長』とか言い出しかねませんから。
 SF映画の傑作と言っていいのではないでしょうか。よくある『ロボットの反乱』を描いているものですが、ハイクオリティなCGと映像、無駄の無い流れるようなストーリーで、『ありきたり』を『一級品』に仕上げています。
 ロバートソンという黒幕的人物を配置したのも面白い。たいしたミステリーではありませんが、カフェラテ飲みながらお手軽にミステリー要素を楽しむことができます。
 また、この作品における近未来構想はかなり絶妙。アナログ(バイク、DVD、ウィルスミス)と最新のロボット世界との対比が面白い。それにロボットのアニメーションが大変なめらかで、違和感を全く感じないのがすごい。CGもここまでくると、その恩恵に感謝したくなります。
 スプーナー刑事がNS-5の大群に襲撃されるシーンが2回あります。車での移動のときと、クライマックス。どちらも見応えのあるアクションシーン。ラニング博士の自宅を捜査しているときの、工事用マシンの襲撃も大迫力。過去の記憶を断片的に見せる夢のシーンは、ストーリーに深みとミステリアスな雰囲気を持たせてくれる。近未来のアイデアでは夢を見させてくれる。この映画には、楽しめる要素がふんだんに盛り込まれています。これぞエンターテイメント、これぞ映画です。
 職場でルンバをかけながら仕事をしていると、最近やたらとルンバが私に突撃してくる。何回も。もしルンバがあのエリア内で、最大のゴミを私だと認識しているのなら、もうロボットの反乱は始まっているのかもしれないな。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 9点(2017-12-05 11:45:47)(笑:1票)
247.考えてみればありがちがストーリーだが、結構引きつけられる。闘いのシーンもアリそうで、それでも斬新な感じがする。
大作という感じはしないけど、まあいいと思う。
simpleさん [地上波(吹替)] 6点(2017-12-02 12:29:42)
246.当時ウィルスミスという俳優が苦手なので映画館で見なかった事を後悔した良作。
人工知能が自我に目覚めて・・のお話は星の数程ありますが、なかなか良いです。
主役がロボットに不信感の下りが、少々違和感ありますが大目にみましょう。
結果として、主役よりも、人間味豊かな1台のロボットの方に親しみがあって
ウィルスミスが食われてしまっています。それはそれで良いと思いました。
この題材の映画は、AIとかアンドリューとか、アニメのアトムなど、好きな作品が
多いのですが、人間ドラマより引き込まれるのは、自分の人間性が問題なのだろうか?
それにしてもこのタイトル「アイ、ロボット」句読点の存在忘れて検索すると出ません。
シネマレビューの検索機能、シビア過ぎます。一文字違っても候補としてヒットするよう
グレードアップお願いしたい。
グルコサミンSさん [DVD(字幕)] 9点(2017-02-19 18:03:10)
245.ロボット版ファンタジー。特筆、面白いとは感じることができず普通。
マザーコンピュータの論理はどこかで聞いたことがある設定だし、意外性も無くロボットのデザインも普通(むしろ不自然か?)。
唯一ウィルスミスはこの映画に合っている俳優かなと。
Mighty guardさん [映画館(字幕)] 5点(2017-02-15 12:35:34)
244.人間中心主義のロボット工学3原則だったけど中味はなかなか面白い。脳内ニューロンの電気化学的反応だけで意識を説明できれば、心を持つロボットも現実味を帯びてくるけど、実際はどうなんだろ?
ProPaceさん [地上波(吹替)] 7点(2016-09-12 22:11:58)
243.《ネタバレ》 ロボット三原則を生み出した事であまりにも有名なアイザックアシモフ(正しい発音だとアジモフ)の小説「アイロボット」を元に映画化したのかと思いきや、なんと「ロボット三原則」というキーワードだけ使った完全オリジナル映画。

実際、映画を観てるとアシモフ先生だったらこんな話は絶対書かねーwという、この手のSF映画で超ありふれた「賢すぎる人工頭脳反乱もの」。
(アシモフ先生はミステリ作家でもあったのでこういう謎の殺人事件は「裸の太陽」のようなミステリに仕上げちゃいますから)

まぁ映画の場合は地味な推理をやられてもなかなか観客は飽きるわけで、派手なアクションと展開、そしてわかりやすいラスボスという意味で、この「高度な人工頭脳反乱」物が後を絶たないんだと思うわけですが、しかしさすがにこのネタの映画はあまりに大量に作られている昨今、さすがに観客が食傷気味になってしまうのは、観客側のせいだとは言えないでしょう。

と、後半の展開にはわりとがっかりした本映画ですが、観る前の(個人的な)予想と違って映画の中盤まではかなり真剣につくられたしっかりした映画で、「あれ、これ結構おもしろいじゃん」と思ってたのは事実。
謎解きが進むほどにがっかりする展開とありがちラスボスでマイナス1点は避けられませんが、しかし予想よりずっと面白い映画だった事は確かです。
いい意味で裏切られました。
残念なのは警察の上司とかをもっと生かせなかったかな?ってとことかでしょうか。あのキャラただの無駄になってますよね。

ヒロインのブリジッドモイナハン、外見的にも、博士という役どころからも映画を観てるときはアラフォーかと思ったんですが、この映画の撮影時点でまだ32歳。
飲み会あたりで「私の歳あててみて!」と言われたら、「たぶん40近いと思うんだけど、安全考慮でここは思い切り下にふって32歳くらいで答えとくか?」と考えるくらいの雰囲気なのに、それでほんとに32歳と言われると「え、老けてね?」と思ってしまうのは避けられないところ。
日本人以外の年齢ってほんとわかんないなぁ、と思う今日この頃です。
ちなみに、女性に年齢を聞かれたときはあまりわざとらしい下の年齢を答えてもしらけるので「ギリギリありそうな範囲の下限」を答えるのがミソです。これ豆知識な。
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-08-25 09:14:40)
242.《ネタバレ》 こいつはロボットなのか人間なのか。という疑問を抱きつつを2015年の今に見直すととても面白かった。今の人間の方が人と目をみて話さない。それでも人間らしいことをできるだろうか。本当に人間を救いたいときに、人間を救うだろうか。最後にサニーと握手を交わしたときに、むしろ自然を感じた今日この頃。
元祖さん [インターネット(字幕)] 8点(2015-11-01 00:51:25)
241.ウィル・スミスが好きです
Mementoさん [DVD(字幕)] 7点(2014-12-02 11:51:15)
240.うーん、やっぱり面白くない。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 3点(2014-09-26 00:21:29)
239.《ネタバレ》 マザーコンピューターの暴走話はもうごまんとあるし、ストーリー自体には新鮮味はないけれど、結構面白く観られた。ベタと言われて開き直ってか、余計な枝葉をつけずにシンプルにロボットvs人間の構図に集中した潔さが吉と出た。人間側にはアナログにこだわるW・スミスというキャスティングも正解で、この人は仕草や表情が多彩で魅力的。人を惹きつける生まれ持った特性というのはロボットには決して持ち得ないもので、対機械の相手として実に適役。一面ロボロボロボのCGには圧倒された。きっともっと外観も人間そっくりに進化して、無機質な気色悪さも払拭されてゆくんだろうな。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-05-30 00:57:28)(良:2票)
238.意表を疲れたところはありましたが、もう少し展開を楽しみたかった。
HRM36さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-02-26 11:49:41)
237.《ネタバレ》 ロボット映画の定番ですかね。
近未来、ロボット社会、人工知能の暴走、反乱、鎮圧、エピローグ。。。
曰く付きの主人公、感情を持ったロボットの葛藤、反乱シーンのアクション、どれもこれもこれまでのロボット作品の域をでません。
CG技術は流石のものですが、なんだかなぁって感じ。
これぐらい一辺倒なロボット社会しか想像できないようじゃ、実際そんな時代が訪れた時にやっていけるのかいささか疑問が残りましたね。
健気なロボットたちには愛着を持てましたが、その分、人間が傲慢になりそうで怖いなぁとも思いました。
ろにまささん [地上波(吹替)] 5点(2013-08-21 17:52:06)
236.わりと面白かった。ウィル・スミスはあんまり好きじゃないのだがこの映画に関しては好感がもてる。ロボットもCGなんだろうけどいい演技をしていた。日本の何を演らせても同じの俳優よりもマシな気がする。最近のロボットの進化は目を見張るものがあるがいつかこんな未来が来るのだろうか。旧型のロボットがちょっとかわいそうだった。
イサオマンさん [地上波(吹替)] 8点(2013-07-13 23:29:37)
235.《ネタバレ》 いくらなんでも、ありきたりすぎると言いますか。
あんなにCGを駆使して、ストーリー展開も大ヒット作の必勝パターンをなぞらえておきながら、
ターミネーターに、まったくかないもしない作品に仕上っているのに、妙な哀愁を感じる。
ここまでワンパターンだと客を舐めてるとしか思えないぞ。最近のハリウッドは。
バニーボーイさん [地上波(吹替)] 3点(2013-07-05 22:59:40)
234.ロボットが反乱を起こすという話はよくあるパターンでまったく斬新さは感じなかったので、映画に対する評価としては可もなく不可もなく平凡な作品としか言い様がない。
それでも、登場するロボットに対する感情に関しては少し面白い感覚を得た。
まず特別な存在であるサニーは確かに他のNS-5とは一線を画して好感度が高かった。
見た目は同じだけど、やっぱりサニーにだけは好感を覚える。
それはサニーの話し振りや表情、行動から齎される感情なんだろうけど、皮肉にもそれを上回る親近感をNS-4の方に感じてしまった。
ご主人様の為に一生懸命に走って吸入器を届ける健気な姿。
泥棒と間違われて押し倒されても文句一つ言わず逆に謝罪しちゃう謙虚さ。
僕からしたらNS-4の方がよっぽど特別な存在に感じられましたよ。
NS-4萌えと言っても過言ではないくらいに愛らしい。
もとやさん [地上波(吹替)] 5点(2013-06-29 11:37:13)(良:1票)
233.面白かった。ロボット三原則を勉強したことがあったので楽しく見れました。
黒ネコさん [地上波(吹替)] 7点(2013-06-28 22:54:40)
232.映像は確かに見応えがある。テーマも何とか伝わったものの、事件の真相を含め、
ストーリーに粗が多過ぎて素直に楽しめなかった。近年のハリウッド映画はこんなのばっか。
最先端の映像技術と今回はちょっとアクションシーンを加えておけば納得してくれるだろう、
といった作り手の意識の低さが窺える。ネタがない、などと愚痴っている以前の問題。
もっとシナリオのほうに力を入れて頂きたいものだ。
MAHITOさん [地上波(吹替)] 4点(2011-08-02 19:42:02)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910111213
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 251人
平均点数 6.23点
010.40%
110.40%
241.59%
362.39%
4145.58%
54618.33%
66927.49%
75722.71%
84216.73%
983.19%
1031.20%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.60点 Review25人
2 ストーリー評価 6.38点 Review39人
3 鑑賞後の後味 6.60点 Review35人
4 音楽評価 5.50点 Review32人
5 感泣評価 5.00点 Review24人
chart

【アカデミー賞 情報】

2004年 77回
視覚効果賞 候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS