スクールウォーズ HEROのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > スクールウォーズ HERO
 > (レビュー・クチコミ)

スクールウォーズ HERO

[スクールウォーズヒーロー]
2004年【日】 上映時間:118分
平均点:7.21 / 10(Review 28人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-09-18)
ドラマスポーツものスポコンもの青春もの学園もの実話ものTVの映画化
新規登録(2004-06-26)【すぺるま】さん
タイトル情報更新(2019-08-24)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督関本郁夫
キャスト照英(男優)山上修治
和久井映見(女優)山上悦子
内田朝陽(男優)小渕弘之
SAYAKA(女優)和田道代
中川家剛(男優)亀田
小林且弥(男優)後藤信吾
中川家礼二(男優)赤塚
弓削智久(男優)荒井邦男
尾上寛之(男優)望月浩(フーロー)
宮川花子(女優)島津澄江
間寛平(男優)後藤大吾
里見浩太朗(男優)神林明彦
趙民和(男優)
新田亮(男優)
井田國彦(男優)
船越英一郎(男優)
河原崎建三(男優)
黄川田将也(男優)
原日出子(女優)
笠原秀幸(男優)坂口
脚本佐伯俊道
主題歌大黒摩季「HERO」
撮影猪本雅三
製作宮島秀司
迫本淳一
早河洋
松竹(「スクール・ウォーズ HERO」製作委員会)
テレビ朝日(「スクール・ウォーズ HERO」製作委員会)
電通(「スクール・ウォーズ HERO」製作委員会)
ホリプロ(「スクール・ウォーズ HERO」製作委員会)
吉本興業(「スクール・ウォーズ HERO」製作委員会)
企画木村純一
宮島秀司
配給松竹
編集奥原好幸
あらすじ
元ラグビー全日本のスター選手・山上修治(照英)は、ある日、伏見第一工業高校校長・神林(里見浩太朗)から、教師就任の誘いを受ける。 しかし、有名実業団チームの監督の依頼をすでに受けていた彼は、その話を断ることに。 それでも諦めない校長は、彼を口説き続けた。そしてある雨の夜、彼は不良たちが校長を取り囲み暴行しているのを見かける。 それでもなお、生徒を愛することをやめない校長。山上はその熱意にうたれ、伏見第一工業に体育教師として赴任する。そして1974年、彼のラグビー部再生物語が始まる。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
28.《ネタバレ》 まずは、山下真司が一生イメージを消せなくなってしまった伝説のドラマを映画化した勇気に敬意を表したいと思います。
当然ながらハードルは相当高く上げて鑑賞したわけですが、照英がはまり役だったこともあり(ちょっと気持ち悪いんですが)、それなりに健闘していたと思います。
ただ、箇所箇所ではいいシーンもあれど、全体的には粗っぽい作りなので大甘に採点してこの点数。
もともとテレビでは半年かけて様々な事件がおきた重厚な内容だっただけに、映画の2時間ではあまりに短い。
後半になってようやく「109対0」が出てきたときに嫌な予感がしましたが、最後は流すように終わってしまったのが残念です。
午の若丸さん [DVD(邦画)] 5点(2013-10-21 23:46:10)
27.失笑の嵐。
Junkerさん [DVD(邦画)] 3点(2011-12-18 02:00:05)
26.《ネタバレ》 いい映画と、うわさは聞いてました。

週末に、焼酎を飲みながらDVDで鑑賞しました。
アルコールの力もあるかもしれませんが、後半は、もう涙涙でした。

ちょっとテレビドラマのような安さも感じますが、全体の流れがすごくよかった。
前評判にたがわぬよさでした。まだ見てない人はお勧めです。


●ここからは蛇足の感想(気分が悪くなる人がいたらごめんなさい)
キャストについて言うと
サヤカは、ミスキャスト。無名の新人のほうがいい。
照英は、はまり役。モデルになった実在の監督さんと、持ってる雰囲気がよく似てます。
男性マネージャーとその死は不要。2時間の尺では消化不良になるエピソード。
ひであきさん [DVD(邦画)] 8点(2011-07-08 22:37:52)
25.《ネタバレ》 恥ずかしながら、中盤ぐらいから涙が止まりませんでした。こんないい映画があったとは!!   照英、熱い!マジで感動した!!ホントめちゃくちゃ良かった、確かに「男」な面が強すぎる感はありますが、この「熱い想い」を、ぜひぜひ感じていただきたいと切に願う次第でアリマス
Kanameさん [CS・衛星(邦画)] 10点(2009-09-19 00:07:18)(良:1票)
24.TVドラマ版(全話)を観た直後に劇場版を観ました。原作に近いのは劇場版のほうですが、2時間はやはり短いですね・・・。でも短時間なのに、上手くまとまってます! 人間の真っ直ぐで純粋な想いというのは、本当に感動的ですね。人生において学ぶべきこともたくさん詰まっている、とても素晴らしい映画です。TVドラマ版の主題歌「HERO」もリメイクされていて、当時のファンも楽しめる作品だと思います。
たけたんさん [DVD(邦画)] 8点(2009-08-23 23:15:52)
23.熱い演技の照英が素敵すぎる。日本のスポ根映画としてはトップクラスの出来だと思う。ドラマはビデオで半分程しか鑑賞できなかったが、ラストが尻切れっぽいのが残念だった。自分も高校の頃にスポーツに打ち込んでおけばよかったなぁと思わせてくれる一本でした。
真尋さん [地上波(邦画)] 9点(2009-02-16 03:03:23)
22.《ネタバレ》 自分は山下真司主演の大映ドラマをリアルタイムで観た世代です。でもうちの学校は、校内暴力はほとんど無かったと記憶しています。BE-BOPハイスクールに感化されたであろう短ランは流行っていましたが。自分はノーマルの学ランに“つぶしていない”鞄。どちらかと言うと真面目タイプでした。いや臆病だったのかもしれません。完全燃焼した青春ではなかった。ツマラナくは無いけど、もっと後先を考えずに行動しても良かったかなと。なので、本作に出てくる子供たちを見ると羨ましい。ラグビーに心血を注ぎ、負けて悔しいと泣ける無防備さ。リスク管理は不可欠だけど、過ぎると身動きが取れなくなる。下手に小賢しいより、バカになってチャレンジする方が幸せなんだと、今になって思う。子供は未熟なのでバカで当たり前。でも分別ある大人がバカになれるのはスゴイこと。ですから山上先生のように損得勘定抜きで動ける人間を心から尊敬します。物語的には3年生が卒業した時点で、「学校を立て直す」当初の目的が、ほぼ達成されています。ゆえにクライマックスで得られるカタルシスが目減りしているのが惜しい。フーローの件も、同じく勝利の余韻を打ち消す作用があり、ラストで失速した感は否めません。それでも鑑賞後、十分な満足感が得られるのは、照英の熱演があったればこそ。実は『魁!!男塾』での、彼の吹っ切れた演技を見て本作の鑑賞に至ったのですが、予想通り素晴らしかった。バラエティ畑での「熱血バカ」というポジションは松岡修造が独占していますが、俳優界では照英が今や第一人者。表裏を感じさせないキャラクターは貴重。これからの活躍に期待したいです。
目隠シストさん [DVD(邦画)] 7点(2009-01-17 19:56:35)(良:1票)
21.あざとさが無かった分、TV版以上に泣きました。
かなり地味ですが、学校や部活の素晴らしさを真面目に描いた良作です。
今の時代、山上先生のような教師や管理職が少なくなったなぁと思うのは私だけ?
そういう方用の研修用の教材として、各所で是非とも採用して欲しい作品である。
なおてぃーさん [DVD(字幕)] 9点(2008-02-17 01:21:44)
20.テレビで2回見たが、それでも展開に飽きがないなぁ。昭英のキャライメージそのままな感じが心地よい。
ノマドさん [ビデオ(邦画)] 7点(2008-01-08 00:26:39)
19.連日の様に報道される児童・生徒・教師の自殺、過労・心身症で休職する教師達、ろくに子供を躾けられない上、給食費も払わないくせに要求ばかり過剰な親達…。そう、今やこれはファンタジーかパロディにしか感じられない。最初の内は、この恥ずかしい程のアナクロニズムに身体が痒くなりそうでもあった(元のTVドラマは知らないので、私は「飛び出せ!青春」辺りを連想)。しかし照英が何度も何度も泣きじゃくってる内に、こちらも自然と泣けてきてしまう。洗練されてはいませんが、悪い映画じゃありません。本作にはリアリズムも演技力も不要。ストーリーは実話なんだから、どんなに臭かろうが納得するしかない。そして、今現在この主人公を違和感なく演じられるのも、熱く無骨な照英しかいなかったでしょう、6点献上。
sayzinさん [地上波(邦画)] 6点(2007-02-09 00:00:51)
18. ドラマは見ていません。あまり期待しないまま見ているうちに完全にペースにはまっていました。
海牛大夫さん [地上波(邦画)] 7点(2007-01-10 20:45:20)
17.この物語を理屈ぬきに感動できた俺様ちゃんは勝ち組。
嗚呼、昭和のあの時…20年以上昔を思い出すよ。
真面目なヤツも、不良なヤツも、普通のヤツも皆単純かつ、シンプルだった。
何かを切っ掛けに分かり合い、一生のツレとも言える関係になる…そんな話があの頃は山ほどあったのに。
教師が生徒を殴るのにも、ワルは抵抗しながらも心の中では納得していた。
少なくとも時間が経てば「殴られた意味が納得」できた。
あれだけムカついた先生たちも、社会人になり学校に挨拶に訪れたとき…俺たちを見て涙混じりの笑顔を見せてくれたのは忘れない。
古き良き時…相対化した価値観に溺れ、教師が見下される現在…
ゆとり教育…学級崩壊…教師の不当暴力…教師の淫行…もう、情け無い。
しかし、俺様ちゃんの学生の頃には「聞かなかった言葉」だ。
それは「教師たちが変化した」のか?それとも「細かい事を騒いでる」のか?それは俺様ちゃんには解らない。
でも生徒と教師も自分本位である現在なのは間違いない。
あの頃は「何かをしなきゃいけない」と使命に燃える教師が沢山いた。
明らかに自分の枠を超えて、はみ出してでも…それが鉄拳制裁であろうとも。
生徒に対して全力で感情を放ち、コミュニケーションを図る教師が居たんだ…。
そんな教師を描いたこの映画。
教師と生徒という人間関係の、一つの理想の形が此処にある。
そういえば、俺を泣きながらブッ飛ばしてくれたU谷先生…元気かなぁ~…。
…で、下の【あしたかこ】さんのレビューにも感動したのはナイショだ。
映画の奴隷さん [地上波(邦画)] 8点(2007-01-08 05:00:11)(良:2票)
16.原作も読んでないしドラマの存在も知らなかった。ただ、深夜テレビであってたから何も期待せずに見た。最初、私はラグビーというスポーツがどうも苦手で・・・なんとなく暑苦しいし、男臭いし、騒々しいし、まずぶつかり合う意味がわからなかった。正直、「昔ラグビーやってた」と聞いただけで、その男性が恋愛対象から外れるくらい、「ラグビー=暑苦しい男たちのスポーツ」という勝手な偏見さえ持っていた。けれど、この映画を見て、今までの自分がちっぽけに見えた。変な屁理屈持って冷めた目で世間を見てる私なんかより、この映画のラグビーを一生懸命やってる男子たちは数倍輝いていて、熱くて、生きてる!!って感じがした。もう感動して涙が止まりませんでした。私も将来子供が産まれたら、絶対スポーツをさせよう!と思いました。こんなになにかに必死になって、仲間と切磋琢磨してなにかをやり遂げる青春を送ったら、絶対ダメな人間にはならないと思う。スポーツは、人を素直に純粋にさせる、素敵な魔法を持ってる。そんな当たり前のことを改めて教えてくれた映画でした。
あしたかこさん [地上波(字幕)] 8点(2007-01-08 04:37:07)(良:2票)
15.ごめん。すまん。山下真司のドラマも観てなかったし、原作本も読んでいないけれど、多分実話の方は感動的だったんだと思う。でもこの映画は、映画として駄目だった、個人的に。熱血先生と不良たちの間には、もっとキレイ事じゃ済まないような、生々しい葛藤やら何やらがあったはずだと思う。それが単純な図式に押し込められ、「感動の物語」という枠に無理矢理収められる。何だか観てて息苦しい、というか、パロディ映画のようだとさえ思ってしまう。■そもそも、そういう風に感じてしまうのは、僕自身が歪んだ人間だから、なのかもしれない。んでも、何つうのかな、正直言って「学校」という一時的共同体に対して、自分は幻想を持てないのです。モデルになった先生に対して敬意は持つけどね。
ぐるぐるさん [DVD(邦画)] 2点(2006-10-31 18:58:54)
14.ラグビーと共に過ごす青春。とても熱くしてくれます。
ユウヤさん [DVD(字幕)] 8点(2006-04-16 18:37:01)
13.ドラマにハマった身としては、ちょっと物足りない部分がありました。
バイオレットさん [DVD(字幕)] 5点(2006-01-09 16:11:32)
12.ドキュメンタリー風にやりたいのか、ドラマ風にやりたいのか、イマイチ中途半端だった。ムダにドラマ版を踏襲してしまったようなナレーションがそのあらわれだった気がする。でも数々のエピソードにはやはり感動。思い切って現代にアレンジしたほうが面白かった気がするなあ。
ぽん太さん [DVD(字幕)] 5点(2005-11-27 11:24:06)
11.やり過ぎな演出もないことはないですが,こんな真っ直ぐな映画はなかなかないと思います.最近の「いやだったらやめればいい」,「行きたくなかったら行かなくていい」的風潮の中で思春期を過ごしている方々に観ていただきたいですね.昭英の目と寛平さんの「ついてったらどうや」という台詞がジーンときました.ただ,個人的にはフーロというキャラはない方が良かったように思います.
マー君さん [CS・衛星(字幕)] 8点(2005-11-19 15:10:20)
10.《ネタバレ》 フーロの葬儀シーンではさすがに泣けたが、全体的には時間のせいかTV程登場人物には感情移入ができませんでした。あとみんなラグビーが素人っぽくみえた。
やっぱトラボルタでしょうさん [DVD(字幕)] 7点(2005-11-18 11:15:46)
9.これはいい映画だった。SAYAKAは相変わらずだったけどね。久しぶりに純粋でまっすぐないい作品を見ました。ぜひ観て泣いて欲しいです。
たかちゃんさん [DVD(吹替)] 8点(2005-09-27 11:04:02)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 28人
平均点数 7.21点
000.00%
100.00%
213.57%
327.14%
400.00%
5310.71%
613.57%
7517.86%
8932.14%
9414.29%
10310.71%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.00点 Review2人
2 ストーリー評価 8.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 9.00点 Review4人
4 音楽評価 8.50点 Review2人
5 感泣評価 9.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS