国定忠治(1958)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ク行
 > 国定忠治(1958)
 > (レビュー・クチコミ)

国定忠治(1958)

[クニサダチュウジ]
1958年【日】 上映時間:95分
平均点:7.00 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
公開開始日(1958-08-27)
時代劇戯曲(舞台劇)の映画化
新規登録(2004-06-26)【バカ王子】さん
タイトル情報更新(2021-11-28)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督小沢茂弘
助監督工藤栄一
キャスト片岡千恵蔵(男優)国定忠治
里見浩太郎(男優)板割の浅太郎
長谷川裕見子(女優)お仙
桜町弘子(女優)お芳
杉村春子(女優)おれん
月形龍之介(男優)御室の勘助
進藤英太郎(男優)山形屋藤造
尾上鯉之助(男優)美代太
柳永二郎(男優)日光の円蔵
薄田研二(男優)喜右衛門
原健策(男優)村井清右衛門
加賀邦男(男優)清水の巌鉄
清川荘司(男優)三ツ木の文蔵
富田仲次郎(男優)伝吉
阿部九州男(男優)竹垣三郎兵衛
片岡栄二郎(男優)五目牛の千代松
堺駿二(男優)音松
吉田義夫(男優)惣兵衛
瀬川路三郎(男優)川村屋紋造
梅沢昇(男優)平作
八汐路佳子(女優)千代春
小山正(男優)勘太郎
時田一男(男優)伊助
有馬宏治(男優)松吉
水野浩(男優)仁右衛門
星十郎(男優)三太
楠本健二(男優)権三
尾上華丈(男優)留吉
百々木直(男優)馬吉
大丸巖(男優)
村田宏寿(男優)清作
山内八郎(男優)三日月の男衆
仁礼功太郎(男優)杉村五太夫
青柳竜太郎(男優)赤倉恭之進
月形哲之介(男優)源次
長田健(男優)大田屋六兵衛
木南兵介(男優)
関根英二郎(男優)
岡島艶子(女優)おつる
泉春子(女優)おぎん
本郷志津子(女優)お杉
和歌林三津江(女優)お松
疋田圀男(男優)三吉
加藤浩[男優](男優)平吉
遠山恭二(男優)助六
原作行友李風
脚本高岩肇
結束信二
音楽山田栄一
撮影三木滋人
製作杉井進(進行主任)
企画玉木潤一郎
配給東映
美術桂長四郎
編集宮本信太郎
細谷修三(編集助手)
録音佐々木稔郎
照明山根秀一
増田悦章(照明助手)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.国定忠治といえば赤城山ですが、赤城山といえば栃赤城という力士がおりました。土俵際に追い込まれてのサーカス相撲が人気で、やたら〝とったり〟や〝さかとったり〟を連発していたような印象があります。さて、この国定忠治さんも相手に強気に攻め込ませておいて、土俵際から、やいやいやいやい!と体勢を立て直し一気の寄り、見ているものはすかーっ。栃赤城の苦し紛れのとったりとは少し違うところですな。それから国定忠治の名刀が「小松五郎義兼」ということを学びました。職場の女子社員にはさみを借り返す時に「流石は小松五郎義兼よく斬れる」「あっ、それ国定忠治ですね」とそんな会話からロマンスが生まれる可能性が出ました。うっ、こんな妄想している私が一番土俵際に追い込まれていますな。それにしても山中貞雄の「国定忠治」が見たーい、ぞ。
彦馬さん 6点(2004-09-16 23:06:51)(笑:1票)
1.国定忠治初めて見たけど意外に面白かった。予想通り地味なんだけど渋い。おそらく国定忠治の名場面を集めたって感じの作り。ラストシーン、「国定忠治 鬼より怖い にっこり笑えば・・・人を斬る!」の後の30人斬り。「流石は小松五郎義兼 よく斬れる」とか言ってるけど斬れすぎ・・・。ヤクザっぽい千恵蔵も面白かった。
バカ王子さん 8点(2004-06-28 00:04:37)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 7.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6150.00%
700.00%
8150.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS